iPhone はクセになる

Touching
iPhone はクセになる

しばらく留守にしたインターネットを、改めて遡って見ている。

iPhone については山ほど記事が書かれているが、Carl Howe の第一印象記はとくに光っているように思える。

同僚の iPhone を息子たちと一緒に触らせてもらった印象記だが、簡潔でポイントを衝いていてすばらしいと思う。

Blackfriars’ Marketing: “iDay+3: iPhone Buzz Index rises to 16,492 as half a million join the iPhone nation” by Carl Howe: 02 July 2007

     *     *     *

限られた時間だったが、iPhone を触ってみた印象をいくつか・・・

Some quick impressions from the limited time I had with the phone:

・マニュアルがなくても全く問題ない。私の14才の息子 Robert は、iPhone を手にするや否や、ほとんどの機能をマニュアルなしですぐ使うことができた。11才の息子 David も同じだった。iPhone の使い方は信じられないほど直感的で分かりやすい。そのこと自体、テクノロジーとその使いやすさの大きく証明するものだ。

• No manual is no problem.. My 14-year-old son Robert picked up the phone and could use nearly every function immediately with no instructions. So could my 11-year-old David. The iPhone feels incredibly intuitive and obvious to use, which is a huge testament to its usability and the technology inside it.

iPhone のプロセッサは早い。ジェスチャを認識するには高速のプロセッサが必要だ。さもないとタッチや動きを捉え損ねる。高速のプロセッサを搭載していれば、使いやすさという面でも大きな利益がある。ユーザーがレスポンスタイムにいらいらしなくても済むからだ。息子の Robert は、iPhone のメインプロセッサが ARM だというファームウェアのタグを見つけたが、私の感じではスピードからみて Marvell XScale プロセッサではないかと思う。Marvell のプロセッサはどの ARM プロセッサよりワット当たり最大の実行速度を誇るからだ。私にとって興味があるのは、このプロセッサを製造している工場(以前インテル、現在は Marvell)が、私の家からほんの5マイルほどのところにあることだ。

• The iPhone processor is FAST. You need a fast processor to do gesture recognition; otherwise you miss touches and movement. But having a fast processor yields remarkable usability dividends as well, because the user never feels like they are waiting for the phone to respond. My son Robert has looked at some iPhone firmware that claims to have tags indicating that the iPhone’s main processor is an ARM. My belief judging by its speed is that it is a Marvell XScale processor inside, which is one of the fastest and provides the maximum execution speed per watt of any of the ARM processors I know. Fun fact (at least for me): the formerly Intel, now Marvell factory where they make those processors is about 5 miles from my home.

訂正:私の間違いだった。iFixit によると、プロセッサは Marvell XScale 製ではなく Samsung 製の ARM だ。WiFi チップが Marvell XScale 製だった。ひとつ向こうの通りまで行けばサンプルを入手できると思ったのに残念だった。

UPDATE: I got it wrong; according to iFixit, the processor is a Samsung ARM, not a Marvell XScale; Marvell makes the WiFi chips. So much for my hopes to get free samples from down the street.

iPhone は信じられないほどクセになる。iPhone を10秒でも触ると、ひとには渡したくなくなる。その虜(とりこ)になり、もっと触って、いろんな機能を試してみたくなる。如何なる技術であれ、優れていることの究極の証しは、それが目の前からなくなったり、スイッチをいれて動かしたときに分かる。その意味からいうと iPhone は間違いなく大成功だ。

• The iPhone experience is incredibly addictive. Nearly everyone who played with the iPhone for more that 10 seconds had a very hard time giving it up to someone else. The user experience just draws you in and makes you want to experiment and discover more and more functions. The ultimate testament to any technology is when it disappears and turns into play; by that standard, the iPhone is a smashing success.

     *     *     *

アップルストアや ATT の店頭で実際に iPhone に触らせるのは、この意味で大変賢明なことだと Carl Howe はいう。手にすると欲しくなること間違いなしだからだ。

そして、iPhone のデザインについてもつぎのように高く評価する。

iPhone を全体としてみると、趣味の良さと優れたデザインは溢れんばかりだ。家電製品としては初めてニューヨーク現代美術館の殿堂入りを果たすこと間違いなしだと思う。それほど iPhone 美しい。

And the overall look of the device just screams taste and design. I fully expect the iPhone to be one of the first electronic devices to be placed in the Museum of Modern Art. It’s that beautiful.

Technorati Tags: , ,

コメント / トラックバック1件 to “iPhone はクセになる”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    iPhoneはクセになる

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「赤ん坊でも使えるiPhoneとギークにも使えないW-ZERO3CommentsAddStar」と「iPhoneはクセになる」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独…

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。