どうも解せない:Rob Griffiths

Dont Understand

アップルのプレスイベントの発表内容をほぼ言い当てた Rob Griffiths が首をひねっている。今回の発表にはどうも解せないことがある、と。

Macworld: “Three things I don’t understand about Apple’s moves” by Rob Griffiths: 08 August 2007

     *     *     *

感心半分、困惑半分

火曜日のアップルの発表を聞いて、感心半分、困惑半分の気持ちで会場を後にした。新しい iMac はしっかりしたデザインだし、 2.8GHz のスピードはものすごいだろう。(例外はつやつやディスプレイだが、これについては後で触れる。)iLife と iWork はこれまたよく出来たアップグレードだと思う。一刻も早く Numbers、Keynote、iPhoto、作り直された iMovie、その他のソフトに実際に触れてみたい。「感心した」のはこんなところだ。

After Tuesday’s announcements from Apple, I walked away both impressed and confused. The new iMac, with the possible exception of the glossy screen—more on that below—seems to be a solid design, and, at up to 2.8GHz, it should be screaming fast as well. iLife and iWork both look like solid upgrades, and I’m anxious to spend some time with Numbers, Keynote, iPhoto, the remade iMovie, and the rest of the collection. So much for the “impressed” side.

「困惑した」のは、何故アップルが次の三つの決定をしたのかという疑問だ。

The “confused” side is curious about three decisions Apple has made regarding the following items:

     *     *     *

その1)iMac のつやつやディスプレイ

Glossy Imac

私はつやつや(glossy:光沢液晶、光沢仕上げ)ディスプレイの MacBook を暫くの間所有していたが、結局本格的な MacBook Pro と取り替えた。二つの理由からだ。つやつやディスプレイへの外光の映り込み(glare)にガマンできなくなったことと、MacBook が搭載しているインテルのグラフィックカードよりもっといいものが欲しくなったからだ。

• The iMac’s glossy screen: I owned a glossy MacBook for a while, but finally traded up to a full-fledged MacBook Pro, for two reasons—the glare on the glossy screen became too much to deal with, and I wanted a better graphics option than the integrated Intel graphics in the MacBook.

iMac にはつやつやオンリーバージョンしかないので、自分で買うかどうか、ひとに薦めるかどうか自信がない。最終的に考えを決めるのはしばらく触ってみた後になるだろう。13インチスクリーンへの映り込みは気になって仕方がない。映り込む外光がもっと増える24インチではどれほどひどいことになるか想像できない。もしかしたら、iMac のスクリーンはコーティングが異なっているのかもしれない。今いるオレゴンのアップルストアにストックがはいったら、自分の目で確かめてみたい。

With the iMac being glossy-only, I’m not sure I would buy or recommend one, but my final judgment will have to wait for some hands-on time. I know I found glare annoying on a 13-inch screen; I can’t imagine how bad it might be on a 24-inch screen that catches even more of the ambient lighting. Perhaps the iMac screen is coated differently, though, so I’ll go check it out in person once Apple has some in stock up here in Oregon.

その結果がどうであれ、BTO としてつやつやでないディスプレイを選択できる道がないというのはどう考えてもおかしい。MacBook Pro ではそうできるのだから。多分、つやつやでないディスプレイを用意することによって生ずるコスト増(特に20インチと24インチ)のせいでそうしなかったのだろうと思う。

Regardless of how good the screen may turn out to be, it seems odd not to at least offer the non-glossy option as a BTO choice, as they do on the MacBook Pro. Perhaps the cost delta for the non-glossy screens, especially in 20-inch and 24-inch sizes, makes this a non-viable option, though.

     *     *     *

その2)新型キーボード

Mini Keyboard

アップルの誰かが、ワイヤレスキーボードのユーザーはテンキー(numeric keypad)や専用キー(ホーム/文末/ページアップ/ページダウン)なんか使わないと決めたせいのようだ。そんな「気の利いた」ものが欲しいなら、コード付き(有線接続)キーボードを買え、と。

• The new keyboard: Someone at Apple has apparently decided that wireless keyboard users don’t use the dedicated numeric keypad and home/end/page up/page down keys. If you want such “niceties,” you must opt for the wired keyboard.

私の場合、テンキーをよく使う。仕事だけではない。テンキーを使うゲームがあるからだ。だからどうしても必要なのだ。コード付きキーボードが大嫌いな私は、昨日限りでアップルから次のキーボードを買うことができなくなった。白の Bluetooth のキーボードがアップルの在庫からなくなる前に、予備のものをいくつか買っておくつもりだ。そうすればいずれあとで使えるだろう。

In my case, I rely on the numeric keypad, not just for work, but also for some keyboard-based games. So I pretty much must have the numeric keypad. That means that, as of yesterday, Apple took itself out of the running for my next keyboard, as I really despise wires. I’m actually going to go buy a couple of spare white Bluetooth keyboards before they vanish from stock, just so I’ll have some around for future use.

今回の決定に至る考え方が理解できない。アップルがコンパクトなワイヤレスキーボードを出すというのならそれはそれで結構なことだ。しかしフルサイズキーボードが欲しいひとのためには、どうしてそうしないのか。また、コード付きキーボードを使うひとのためにも、どうして(もし使いたいというのなら)コンパクトキーボードを用意しないのか。どちらかしか提供しないという考え方には面食らってしまう。アップルが過ちに気付いてくれることを祈りたい。すべてのワイヤレスユーザーが、コンパクトだが機能縮小したキーボードを望んでいる訳ではないと・・・

I really don’t understand the thinking behind this decision. If Apple wants to offer a compact wireless keyboard, that’s great. But for those of us who would prefer a full-size keyboard, why not give us that choice as well? Alternatively, why not let wired users pick the compact keyboard, if that’s their preference? I’m completely baffled by the either/or approach here. Hopefully Apple will see the error of its ways and realize that not all wireless users want a compact feature-deprived keyboard.

     *     *     *

その3)触れられなかったアップグレード

Core2Duo Mini

アップルのプレスリリースを見ると、火曜日の発表では4つのこと(新しい iMac、iLife ’08、iWork ’08 それに .Mac の充実)しかなかったと思うかもしれない。

• The unspoken upgrades: If you were to visit Apple’s Press Info pages, you’d think there were only four things of note Tuesday: the new iMac, iLife ’08 and iWork ’08, and the .Mac enhancements.

しかしそれは正しくない。アップルはその他にもつぎのようなアップグレードをしている。1)Mac mini を Core 2 Duo チップにアップグレードし RAM を増やした、2)AirPort Extreme にギガビットイーサネットを追加した、3)Xserve に RAID カードオプションを追加した。アップルの PR ページを見るだけでは、あるいはプレスイベントのビデオを見るだけでは、そのどれにも気付かないだろう。(mini については話が出たけれど、それはプレゼンテーションの終わりの Q&A セッションで聴衆の誰かが質問したからだ。)

But you’d think wrong if that’s what you thought. Apple also upgraded the Mac mini with a new Core 2 Duo chip and extra RAM, added Gigabit ethernet to AirPort Extreme, and added a RAID card option to the Xserve. If you checked Apple’s PR pages or watched the event yourself, you wouldn’t know any of that. (The mini was mentioned in the Apple event, but only because someone in the audience asked about it during the Q&A after the main presentation.)

スペシャルイベントに時間の余裕がなかったので全部について触れられなかったということは分かる。それはそれで結構だ。しかしプレスリリースから削除したことの言い訳にはならない。消費者は、知らないものについて買うかどうかの意思決定なんて出来ないからだ。プレスリリースさえないのでは、知ること自体とてもむずかしいだろう。[編集者注:マック系のニュースサイトがカバーしてくれてよかったね、Rob。]

Now I can understand that there’s only so much stage time at a special event, so some things don’t get covered. That’s fine. But there’s no excuse to not put out a press release over each of these things. After all, as a consumer, I can’t make a decision to buy something if I don’t know about it! And if there’s no press release, then it becomes much tougher to find out about such changes. (Editor’s Note: Good thing there are Mac-based news sites to cover these things, huh, Rob?)

     *     *     *

隠密裡のアップグレード

今回の場合、三つともすべてプラスの変化で、いずれも製品をより魅力的にするものだった。(例えば、オリジナルの AirPort Extreme は、ギガビットイーサネットが欠けていたことが最大の欠点だったではないか。)なのにアップルは、どうしてこのいい話をしなかったのか。この「隠密裡にアップグレード」(stealth upgrade)するというやり方を私は理解できない。アップル自身の利益にも、また消費者の利益にもかなわないではないか。

In this case, all three of these things are very positive changes and make the products more appealing. (The lack of Gigabit Ethernet on AirPort Extreme, for example, was a major shortcoming of the original version of the product.) So why didn’t Apple want to tell us about these nice changes? I don’t understand this “stealth upgrade” approach, as I can’t see how it benefits Apple or the consumer.

如何だろうか。つやつやディスプレイだけにしたことが意思決定として悪かったと思うひとがほかにもいるだろうか。ワイヤレスキーボードからテンキーを外したことがバカげた決定だったと思うひとがいるだろうか。またアップルは、いくつもの製品にこんな重要な変更を加えたのに、どうして発表する必要がないと考えたりしたのだろうか。私個人としては、この三つの決定をした理由がまったく理解出来ない。

So how about it? Anyone else think glossy-only is a really bad decision, or that removing the numeric keypad from the wireless keyboard is a dumb move? And why would Apple make significant changes to a number of products and yet not feel the need to tell everyone about those changes? Personally, I don’t understand the thinking behind these three decisions at all.

     *     *     *

さて読者のみなさんはどうお考えだろうか。

Technorati Tags: , , , , , ,

コメント / トラックバック8件 to “どうも解せない:Rob Griffiths”

  1. アップル好き Says:

    いつも楽しく読ませて頂いています。コメントは初めてです。
    私なりの考え(想像)を少し…

    1.なぜつやつやなのか
     コストが安くすむ、液晶が明るいから気にならない?、iPhoneもつやつや
    2.新型キーボード
     テンキーを使うなら近くにいるだろう、離れて使うなら小さい方がいいだろう
     (要望があれば増やせばいい、出した製品は消し難い)
    3.秘密裏にアップグレード
     発表に含めると、主張する部分(iMac.iLife,etc)が弱まる
     さりげなくアップグレードしても、欲しい人は買うとき調べる。(普通はそうだ。現行のスペックを常に暗記してるやつなんてアップル狂かパソコンオタくらいだろう)

    こんな感じです。
    それぞれ正しい判断かは別として、理由はそんなとこだろうと思います。

    最後になりましたが、藤シローさん、お体には気をつけて。

    悪文失礼致しました。

  2. ノブヒョン Says:

    わたしも会社でMacBookを使っていますが、たしかにつやつやは目が疲れます。いままでのiMacは目が疲れにくいということで、楽でした。家にはMacBookProも持っていますが、これもつやつやではないので、(Core Duo15インチ)目は疲れません。Winマシンの日本メーカーは殆どつやつやです。若い人は気にならないかも知れませんが、わたしはつやつやは嫌いですね。選択肢を持たせて欲しい。もっとも今回のiMacは買う気は全然起こりません。

  3. のぼる Says:

    映画館の暗室のような環境下で使うことを想定しているのかな? キーは、文章入力が主体の人は、キータッチも重要なんだけど。なので、あくまで、テレビのような位置ずけで、さらに大胆に予測すると、文字入力や事務的にも使いやすい、300ドルMacとかがクリスマスにでてくるとか。たぶん、一台ですべてでなく、様々な目的に応じたマシンにデザインされていくのかもしれない。そもそも、インターネットと事務として利用するなら、スペックが良すぎるし、どちらかというと、iphoneと連携させることができる、小さいモニタとキー入力できるだけのものとかか?

  4. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] どうも解せない:Rob Griffiths [image] […]

  5. shiro Says:

    > アップル好き さん
    |現行のスペックを常に暗記してるやつなんてアップル狂かパソコンオタくらいだろう

    いや ホントですね
    買う気のあるヤツは ちゃんと調べて買うだろう ということでしょうか・・・

    ただ アメリカ人の場合 消費者と関係ある情報はちゃんと公開すべきだ という考え方とも関係ありそうです

    > ノブヒョン さん
    会社では 仕方なしにウインドウズマシンを使っています
    採光環境が悪いせいか つやつやディスプレイの方がハッキリ見えるような気もします

    いろんなことが関係してきそうで むずかしい問題ですね

    > のぼる さん
    今回 Leopard との関係が 一切触れられなかったのは意外でした
    スペック的にみて どうなのか興味があるところですね

  6. mass Says:

    個人的にはRob Griffithsとちょうど反対の意見です
    Appleは「なんでもできる」技術を売るのではなく
    「スマートで使いやすい」をユーザー体験を売っているのだと思います
    はっきりとユーザーを見て機能を削ぎ落とし「スマートで使いやすい」を追求しているのだと思います

    1.なぜつやつやなのか
     iMacは長時間モニタ前で作業するビジネスユーザーより
     WebやMailさらにはメディアを楽しむユーザーへの提案として
     ムービー等が楽しみやすいつやつや液晶を選んだのだと思います
     もちろん最近のつやつや液晶の普及から
     コスト面でもコンシューマ向けとして正しい判断かと思います

    2.新型キーボード
     テンキーが必要なタイプのユーザーなら
     現時点での技術と価格のバランスからも
     電池切れや反応速度等の実用性に不満の可能性があるワイヤレスより
     有線を選択するのではないでしょうか
     本当に(numlock以上の)テンキーが必要なら
     より自分に合った独立テンキーを選択した方が快適かと思います

     キーボードにワイヤレスを求めるタイプのユーザーは
     小さく軽くどこにでも置きやすいものを求めているのではないでしょうか
     (ワイヤレスでテンキーレスを求めていた自身の感覚ですが)

    3.秘密裏にアップグレード
     技術だけが製品なのではなく
     技術を組み込んだユーザー体験こそAppleの製品ということで
     miniのアップデートは技術的な側面でしか無く
     Appleとしては何ら新しいものではないということではないでしょうか

  7. ノブヒョン Says:

    ただ、macBookとiMacはつやつやだけでは議論出来ないでしょう。解像度の違いも大きい。実際にNew iMacはまだ見ていないので、正直、評価はできないですね。近いうちに一度見てみます。

  8. shiro Says:

    > mass さん
    選択肢を絞り込んで 優れたユーザー体験を売る 併せて コストも削減する
    どうやら アップルのお得意芸みたいですね
    液晶の種類 つやつやの選択も それと無縁ではないように思えます

    > ノブヒョン さん
    ハードのスペックを押さえた レビュー記事も欲しいですね

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。