Jackass of the Week(今週の間抜け)

Donkeys Ears

iMac が発表されたプレス説明会は、こじんまりとしてなかなかアットホームな雰囲気だったらしい。

アップルの催しとしては珍しく最後に Q&A セッションも設けられた。[アップルの QuickTime ビデオでは省略されている。]

そのことがちょっとした波紋を呼んでいる。

Austin American-Statesman: “And They Call it the Cult of Mac…” by Bob Keefe: 10 August 2007

     *     *     *

インテルステッカー野郎

私がその「今週の間抜け」(Jackass of the Week)だ。

I’m the Jackass of the Week.

ある「ジャーナリスト」が、Daring Fireball というサイトで私のことをそう呼んだのだ。また別の権威あるニュースサイト「macuser.com」が、スクープの形で、「悪名高き卑劣なインテルステッカー野郎」が私だと暴いたのだ。

That’s what another, er, “journalist” is calling me at a Web site called Daring Fireball. Another esteemed news site, macuser.com, reveals in a “World Exclusive” that I’m the “infamous and dastardly Intel Sticker Guy.”

     *     *     *

iMac プレス発表会での Q&A

一体全体何のことかって?

What, you say, is this all about?

Intel-Inside

すべては、先日の[iMac 発表]プレス会合で、私が Steve Jobs にある質問をしたことから始まった。私がした明らかにバカバカしく、侮辱的で、卑劣な質問とは、(気を確かに持ってくれたまえ)、何故アップルはインテルの「Intel Inside」プログラムに加わらないのかというものだった。このプログラムはコンピュータ本体にステッカーを張り、広告にロゴをつけるのと引き換えに、コンピュータのメーカーにカネを払うものだ。

It all stems from a question I asked Apple CEO Steve Jobs the other day at a press conference in Cupertino, Calif. My apparently stupid, insulting, dastardly question was — brace yourself: Why doesn’t Apple participate in Intel’s “Intel Inside” program (which pays computer makers for putting their stickers on its boxes and logos in their ads)?

     *     *     *

マックファンの攻撃

「我々は自分たちのステッカーの方が好きなのだ」と、Jobs はうまく切り抜けた。さらに、誰でもマックにはインテルチップが入っているのを知っているから、ステッカーみたいなものは不要なのだと言葉巧みに説明した。

Jobs quipped, “We like our own stickers better,” and then went on to adroitly explain how since everybody already knows Macintoshes now come with Intel chips, stuff like stickers would be redundant.

しかし、マックファン(Mac world)は明らかにキレた。お前はバカだというEメールが殺到しはじめ、まともなジャーナリストなら(in the name of good journalism)もっとましな質問をしろといってきた。Macuser のサイトに至っては、そんなバカな質問をしたヤツは誰か、徹底的に調査してあぶり出そうとした。最終的に私にたどり着き、私の経歴とEメールアドレス、ウェブ情報をそのサイトで公開した。(ただし、私に直接コンタクトしようとはしなかったけれど・・・。)投稿者のひとりは、私の自宅とオフィスをスパイして、インテルステッカーの付いたパソコンが何台あるか調べてはどうかと提案した。(ちなみに私が持っているのはステッカーの付いていない MacBook なんだけれど・・・。)アップルや「すばらしいデザイン、趣味の良さ」について、私が何にも知らないのだという投稿者もいた。

But the Mac world apparently went wild. Emails started coming in calling me an idiot and pleading with me “in the name of good journalism” to ask a better question next time. The Macuser site apparently launched an in-depth investigation to uncover just who would be stupid enough to ask such a ridiculous question. Ultimately, Macuser tracked down and posted my bio, e-mail address and Web site info (but didn’t bother contacting me). One poster to the site suggested someone spy on my home and office to see how many Intel stickers I have on my computer (which by the way is a sticker-less MacBook). Others said I obviously know nothing about Apple, “good design or good taste.”

     *     *     *

質問したわけ

もちろんこれらのウェブ「ジャーナリスト」たちの誰ひとり、私に電話して直接尋ねようとしたものはいなかった。私が質問したのは、アップルやアップルコンピュータのデザインと関係があったわけではない。実はこれまで長く続いた「Intel Inside」プログラムが将来どうなるかということについて記事をまとめていたのだ。その話はここで読むことが出来るし、日曜日には我々の紙面で連載が始まる。

Of course none of the Web “journalists” bothered to call and ask me, but my question had nothing to do with Apple or its computer design and all to do with a story I’m working on about the future of the long-running “Intel Inside” program. You’ll be able to see that story here and in our papers beginning Sunday.

Dunk Tank

[dunk tank]

今回の件はつまらぬことについて空騒ぎしただけだったかもしれないが、自分自身が「オンラインの dunk tank になってみて[オンラインでしたたかやられて]」(私の編集者の言)、マックカルト(Cult of Mac)が如何に強烈かということを思い知らされた。[注:dunk tank、的(まと)にボールを命中させて、大きな水槽の上に座っているひとを水槽の中に落とすゲーム:ここここの記事を参照]

Even though this was all much ado about nothing, finding myself in the “online dunk tank” as my editor puts it, reminds me of just how thick the “cult of Mac” can be.

そしてまた、つぎのようなことも思い知らされた。いまどきのインターネットでは、自分たちが大切だと思っていることを誰かがけなしているかもしれないと、(たとい不正確でも)ちょっとほのめかすだけで、恐ろしいスピードで大騒ぎが始まるのだということを・・・

It also reminds me of how scarily quick people can get stirred up in today’s Internet world if somebody else even hints — even if incorrectly — that something might be connected with something that’s important to them.

     *     *     *

アップル批判に対する「マック狂信者」の攻撃は悪名高いが、今回の場合はマック系サイトも含まれていてなかなか微妙だ。

上に紹介したのは総攻撃を受けた当人が書いたいささか突き放した記事だが、一般紙からマック系まで各紙の反応も様々で、考えさせられるところが多い。

特にコロンボ刑事を例に挙げて、バカげた質問にもそれなりの意味があると指摘した Derek Powazek の擁護論は、ジャーナリズムの本質を考えさせる貴重な発言のように思える。

Q&A-3

なお、問題となった Q&A でのやりとりはここで聞ける。[via BusinessWeek]

     *     *     *

参考:

・Austin American-Statesman: “And They Call it the Cult of Mac…” by Bob Keefe: 10 August 2007

・Q&A Session: Audio [via BusinessWeek]

・Daring Fireball: “Linked List: August 2007 – The Dumbest Question I’ve Ever Heard” by John Gruber: 07 August 2007

・MacUser: “World exclusive!!! Bob Keefe is not Fake Steve Jobs. But he is the ‘Intel Sticker Guy.’” by Dan Moren: 09 August 2007

・MacJournals: “Logotards“: 09 August 2007

・CNET Blogs [The Macalope]: “Ridicule has its place.“: 09 August 2007

・BusinessWeek: “In Mild Defense of Bob Keefe” by Arik Hesseldahl: 10 August 2007

・Derek Powazek: “The Columbo Technique“: 10 August 2007

・Joy of Tech: “How Apple may deal with the dreaded ‘intel inside’ sticker.“: 15 June 2005

Technorati Tags: , ,

コメント / トラックバック3件 to “Jackass of the Week(今週の間抜け)”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    iPhoneから新世代ケータイのセンスを探る

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「JackassoftheWeek(今週の間抜け)」と「TidBITS日本語版最新号TidBITS#891,06-Aug」と「iPhoneから新世代ケータイのセンスを探る」他をご案内いたし…

  2. ひろっち Says:

    確かにアップルファンには自明の事でも、一般の人にはまだよく伝わっていないことがたくさんあるでしょうね(見れば分かるだろう!と思うことがいかに他人に伝わらないことか。。)。そういう意味では良い質問なのかも。

  3. shiro Says:

    > ひろっち さん
    自明のことというのは 意外と適用範囲が限られているのかもしれません
    どちらの地平でモノを見るか ということなのかも・・・

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。