お気に入りの造反

Mossberg-2

ウォールストリートジャーナルの Walt Mossberg といえば、誰もが認めるアップル(= Steve Jobs)のお気に入りだ。

Steve Jobs と Bill Gates が一堂に会して世紀の顔合わせといわれたD会議を取り仕切ったのも Mossberg だった。

iPhone 発表のときも、Steve Wozniak でさえ行列して手に入れたのに、Mossberg は事前に実機を貸与された4人のうちのひとりだった。

その Mossberg が、Microsoft Office に対抗するといわれる iWork についてなかなか手厳しいレビューを書いている。iWork は力不足だというのだ。

AllThingsD [Wall Street Journal]: “Apple’s iWork Package Is Elegant but Wimpy Compared With Office” by Walter S. Mossberg: 16 August 2007

     *     *     *

ビジネスソフトとしての iWork

アップルは過去10年の間、マイクロソフトおよび PC メーカーに対しいくつもの主要なデザイン分野で水をあけてきた。でも、ビジネスソフトの分野で、アップルは真にマイクロソフトに取って代わることができるのだろうか。この分野は、ウインドウズであれマックであれ Microsoft Office が支配しているのだ。その答えを求めて、マックのみで動く iWork とマック版 Office とを比較、テストしてみた。

In the past 10 years, Apple has out-designed Microsoft and its hardware partners in a number of key areas. But can Apple really take on Microsoft in the category of productivity software, where Office rules on both Windows and the Mac? To find out, I’ve been testing the new iWork, which runs only on the Mac, against the Mac version of Office.

     *     *     *

テストの結果は・・・

私の結論はこうだ。iWork ‘08 はいい製品だ。洗練され、魅力的で、ワープロ、プレゼンテーション、表計算をこなすことができる。Microsoft Office の書類は、マックで作成したものであれ、ウインドウズで作成したものであれ、iWork に読み込むことができるし、それを Microsoft Office のフォーマットで保存してまたマックあるいはウインドウズで開くこともできる。

My verdict: iWork ‘08 is a nice product, capable of turning out sophisticated and attractive word-processing, presentation and spreadsheet documents. It can even read Microsoft Office documents, whether created on the Mac or on Windows computers, and can save documents in Microsoft Office formats so they can be opened in Office on the Mac or on Windows.

しかし、iWork は Microsoft Office ほど強力ではないし、万能でもない。とくに表計算とワープロに関してそうだ。書類がより美しく見えることにデザインの力点が置かれ、文章作成プロセスや計算処理という実際の力仕事(nuts and bolts)に設計の重点が置かれていないためだ。

But iWork simply isn’t as powerful or versatile as Microsoft Office, especially when it comes to word processing and spreadsheets. And it suffers from a design that places far more emphasis on making documents look beautiful than on the nuts and bolts of the actual process of writing and number-crunching.

     *     *     *

Excel に劣る Numbers

Numbers は、(取っ付きやすい、スライダーで数値をコントロールする、ソートが容易など)斬新な点もいつくかあるが、重要な点で Excel に劣るという。

しかしながら、表計算のプロにとって、Excel に比べて Numbers は力不足(wimpy)だ。函数の数は約半分しかないし、ピボットテーブルは持っていない。

For real spreadsheet jockeys, however, Numbers is wimpier than Excel. It has only about half as many functions for making calculations and doesn’t do pivot tables.

     *     *     *

ワープロ機能もいまひとつ

Pages はワープロというよりページレイアウトのためのプログラムだった。新しいバージョンではその欠点を正そうとしたが、必ずしも成功しているとはいえない。

The Pages program was originally more of a page-layout program than a writing tool. The new version attempts to fix this imbalance with a less artsy word-processing mode. But the effort is only partly successful.

     *     *     *

強みはプレゼンテーション

唯一の強みは Keynote だ。美しくリッチなスライドを作るという点では、マイクロソフトの PowerPoint より容易だ。

The strongest part of iWork is Keynote, the presentation program, which still makes it easier than Microsoft’s PowerPoint does to make rich, beautiful slide shows.

     *     *     *

見てくれより機能を選ぶなら・・・

ワープロや表計算の基本的機能しか必要でなく、デザイン性に強くこだわるマックユーザーならば、iWork は確かにいいソフトだ。特に Microsoft Office との完全な互換性はあまり求めないということなら尚更だ。しかし形式より機能を重視するビジネスユーザーに対しては、Office を使い続けることを私は薦める。

If you’re a Mac user with basic word-processing and spreadsheet needs, and a strong emphasis on design, iWork is good choice, especially if perfect compatibility with Microsoft Office isn’t a high priority. But for office-suite users more concerned with function than form, I’d recommend sticking with Office.

     *     *     *

アップルのお気に入りから聞くことばとしては随分と手厳しい。

[この記事のビデオが、同じリンク先で見れる。]

しかし、お気に入りの造反はこれだけではない。

iPhone の事前貸与を受けた4人のうちのもうひとり、ニューヨークタイムズの David Pogue も、iMovie ’08 についてこれまた手厳しい発言をしている。

New York Times: “Apple Takes a Step Back With iMovie ’08” by David Pogue: 16 August 2007

     *     *     *

「iMovie ’08」という名前は完全なる間違いだ。それは iMovie なんかではあり得ない。事実、前のバージョンとは似ても似つかぬものだし、同じコードも、同じデザインもまったく含まれていない。それはまったく別な作業のためにデザインされたものだ。これじゃ完敗だとわめいているひとがたくさんいる。

IMovie ’08, on the other hand, has been totally misnamed. It’s not iMovie at all. In fact, it’s nothing like its predecessor and contains none of the same code or design. It’s designed for an utterly different task, and a lot of people are screaming bloody murder.

     *     *     *

アップルのお気に入り David Pogue のことばとしては、これまた激しい。

Mossberg や Pogue の記事は、いつもなら間違いなくアップルサイトの「Hot News」に載るのだが、今回はその姿はどこにも見えない。

     *     *     *

参考:

Mossberg iWork 批判]

・AllThingsD [Wall Street Journal]: “Apple’s iWork Package Is Elegant but Wimpy Compared With Office” by Walter S. Mossberg: 16 August 2007

・The Mac Observer: “Mossberg: iWork ’08 Nice, Innovative, but Numbers Wimpy” by John Martellaro: 16 August 2007

・MacDailyNews: “Mossberg reviews Apple’s iWork ’08: Elegant but ‘wimpy’ compared with Microsoft Office“: 16 August 2007

・MacNN: “Mossberg: iWork slick, but second to Office“: 17 August 2007

・Engadget: “Walt Mossberg tackles Apple’s iWork ’08” by Joshua Topolsky: 17 August 2007

Pogue iMovie 批判]

・New York Times: “Apple Takes a Step Back With iMovie ’08” by David Pogue: 16 August 2007

・TUAW: “David Pogue on iMovie ’08: ‘What the [bleep]!’” by David Chartier: 17 August 2007

・MacDailyNews: “The New York Times’ Pogue on iMovie ’08: What was Apple thinking?“: 17 August 2007

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック15件 to “お気に入りの造反”

  1. ぺをを Says:

    「造反」とは穏やかでないですね ( ̄▽ ̄;)

    文面を読む限りでは、公平に評価しようとして、結局きびしい結果になったように見受けられますが。

    盲目的にヨイショしているような記事よりは、よい部分、そうでない部分をできるだけあきらかにしてきちんと書こうとしている記事のほうが信頼しようという気になります。
    また、そうしたはっきり書こうとする態度が、結局はメーカーに対して敬意をあらわしたり、応援をしているということになると思います。

    ワタシ自身、自分でこれらの新しいアプリを試してるわけではないので、自分の判断としてどうこうとは言えませんが…
    個人的には、たとえばPegesが、あいかわらず日本語の縦書き表示には未対応らしいのが気になります。

    重要な市場のひとつであるはずの日本で、その縦書きに対応せずに「ワープロ」を名乗るのは、どうなのかな、と思っているのですが。

  2. ふくしま Says:

    shiroさんこんにちは。いつも楽しく拝見しております。

    私はPagesを以前から気に入って頻繁に使っています。’08はいま試用版を使ってみているところですが、『新しいバージョンではその欠点を正そうとした』というのは、今回のバージョンアップの新機能の解釈としては当てはまらないように思います。むしろアップル社は『ワープロというよりページレイアウトのためのプログラム』であるという特徴をさらに伸ばそうとしたのでは無いでしょうか。

    Numbersはまだ少ししか触っていませんが、Mossberg氏の言い方になぞらえれば『表計算というより表作成のためのプログラム』という感想です。機能を絞ることで操作性が良くなっていて、大抵の用途ではExcelよりも素早く、美しい表を作る事ができるだろうと思えます。
    そんなNumbersにとって関数の数やピボットテーブルの無い事が大きな問題とは思えません。マクロを搭載していないんですから、そもそもExcelをリプレースできるわけもありません。

    両ソフトについて、Mossberg氏の評価はやや的外れのように思えてしまいます。
    Pogue氏の発言が真っ当かどうかについては、私はiMovieの新バージョンについて紹介ビデオを見た程度にしか知らないので何とも言えませんが、ただ革新性を好むアップルファンとは思えない保守的な仰りようですよね。コードやインターフェースが変更されたこと自体は褒めても良いと思うのですが。
    なんだか本当にこの二人は、Jobs氏とケンカでもして造反したのかと疑いたくなります。

    もしかすると、Mac関連の発表への期待がすべて新ソフトに向けられてしまい、つい厳しい目で見てしまったのかもしれませんね。なにしろLepardは大幅に延期、新しいビジュアルはまるでWindowsVISTAのコピー、Top secretが本当にあるのか分からず、期待のiMacは第4世代とはいえずせいぜい第3.5世代。そこでiWorkやiMovieをビューしてみたものの、膨らみきった期待を満たすほどの驚きは無く…といった具合に。

    もしLepardにさらに隠された何かが無ければ、今年はMacファンにとって意外と淋しい年かもしれません。特にiPhoneを入手困難な日本では…。

    などと考えながら、今回の記事もとても面白く読ませてもらいました。いつもありがとうございます。
    それでは、くれぐれも体調にお気をつけられて。長文になりすみませんでした。

  3. hiro Says:

    >新しいビジュアルはまるでWindowsVISTAのコピー
    米国でもこの点を勘違い満載のお粗末な記事にして、
    笑いものになった人が最近いますね(汗

    >もしLepardにさらに隠された何かが無ければ、
    >今年はMacファンにとって意外と淋しい年かもしれません。
    断言は出来ませんが、Top secretとは、新しいFinderとDesktopのことでしょう。
    それに、今の時点でも期待している人は多いですよ。Leopardは総合的にみても
    過去最大のアップグレードだと思うのですが、無知な人には、「なんだか分からないけど、
    もの凄い何か」が必要なのでしょうね。逆に言えば、その点しか視界に入っていない
    のでは?

    iWorkやiMovieに関しての今回の記事についてですが、
    やはり厳しい意見ですね。個人的にも、仕事以外で使用する場合には
    とても有効なアプリだとは思うのですが、仕事では厳しいという印象はあります。
    この記事を書いた人物は、Appleに対しても影響力があるということですし、
    良い意味で刺激になればと思います。ビジネス向けのものは、こういう
    プロセスも重要なのかも知れません。それに答えられるかどうかですよ。

  4. まさひろ Says:

    Numbers(評価版)を少しだけ使ってみたのですが、
    Excelの対抗というより、
    MacDrawの再来といった感じを持ちました。使えそうです。

    仕事で、Excelを使っているのですが、用途は2つ。
    1)簡易ワープロ
    2)簡易データベース
    高機能表計算として、使うことはありませんし、マクロも使っていません。

    Microsoft Officeに対抗するのは、Microsoft Officeのそれぞれに対抗する商品ではなく、オフィスパッケージに対するAppleの考え方だと思います。

    iWork08のパッケージの5角形の3つが出た訳です。
    後2つ、
    1)MacPaintアゲイン(これは、iLifeか?)なら、プロジェクト管理ソフト
    2)Macらしいデータベース(Hypercardアゲインかな?それとも、Excel+Accessのような何か。但し、使いやすいこと)
    なんかが、欲しいですね。。。

  5. shiro Says:

    > ぺをを さん
    すこしタイトルが キツすぎたでしょうか
    訳出した部分が 否定的な発言に偏ったかもしれません
    Mossberg としては いくらアップルが好きでも 譲れない点がある ということなのだろうと思います

    > ふくしま さん
    いつもは 新ソフトを積極的に評価する Mossberg ですが 今回はビジネスソフトということで 互換性を最重要ポイントとして判断したのでしょう
    何を基準にするかによって 結果はずいぶん違ってきそうです

    > hiro さん
    10月の発売時に アップルが Leopard をどう盛り上げるかは 大変興味のあるところですね
    Leopard への対応と ビジネスソフトへの対応という二つの面で 今回のアップルの姿勢にはやや不鮮明な部分があったような気がします

    > まさひろ さん
    何を求めるかによって 答えも異なってきそうです
    私個人についていえば サクサクと動く無料のワープロと 画像ソフトがないことが 一番の不満です
    中途半端なビジネスソフト(?)より マックライトやマックペイントの再来を 期待したいところです

  6. ノブヒョン Says:

    私もiWork08 iLife08をいち早く買いブログで紹介しています。この記事以前の問題としてコンシューマ向けのG5ではNumbers・iMovieはまず使えません。Intel Macでないと厳しい。ユニバーサル バイナリと謳っていますが、G5ではLeopardも動作しない可能性もあるのでは・・・
    NumbersはG5では重すぎる。iMovieに至っては起動しない。Core DuoのMacBookProで試したところiMovieは08の方が気に入っています。私のようなムービーに素人なものには直感的で分かり易い。Numbersは簡単な表を見栄えよくするのには良いと思います。Officeと比較すること自体ナンセンスのような気がします。私は普通のワークアプリが欲しいとブログで書いていますが。

  7. ノブヒョン Says:

    言い忘れましたが、08にバージョンUPしても旧iMovie HDは使えるようにAppleは配慮しています。 

  8. ぺをを Says:

    >グラフィックソフト

    実はワタシ自身もグラフィックを扱う必要があるので、Appleがまた2Dグラフィックソフトを自ら作ったりしないかな、と思っています。
    いまはもっぱら映像関係が注目されて、3Dどころか2Dに関してはあまりかえり見られていませんが…

    Pixelmatorなどは、現在ちょっと注目すべきアプリですね。
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070601_pixelmator/

    ひたすら発達したハードのもとでの、新しい2Dグラフィックの展開がまだまだありそうな期待をもたせてくれます。

    あとは、かつてのハイパーカードのような、自分でたやすく「組み立てる」ようないじりかたのできるアプリとか…

  9. satomi Says:

    Shiroさん、ciaoです~、更新好調ですね! iPhoneはウォズニアック氏、持ってたんだけど並んだんだと思います、たしか発売前のインタビューで「持ってるけど話さないよ」というようなコメントがあったので、たぶん。並ぶ必要なんかないのに会社の一大事でジッとしてられなくて最前列で野宿した、というような話だったと思います、違ってたらごめんね!

  10. satomi Says:

    あ、、違いましたね、すみません、土曜にタダでくれるものを断って並んだんでした。。。ひー。汗
    http://digg.com/apple/No_Thanks_Steve_Woz_Waits_in_line_Like_Everyone_Else

  11. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    iPhone販売台数、80万台超える可能性

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「GoogleEarthに「宇宙を眺める」新機能」と「iPhone販売台数、80万台超える可能性」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・…

  12. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] お気に入りの造反 [image] […]

  13. ノブヒョン Says:

    iMovieの使い勝っては、人それぞれの問題でしょうね。私の場合、08が出てビデオカメラを買う気になりました。いづれにしても08にアップデートしてもiMovie HDも使えるのですから目出たし目出たしではないのでしょうか。

  14. ノブヒョン Says:

    Walt Mossbergさん私はiMovie08は完勝だと断言します。Numbersは簡単なデータを見栄えよくすることついてはエクセルを上回っています。ただ、Intel Macでしか、スムーズに動かない方が問題ですね。

  15. shiro Says:

    > ノブヒョン さん
    iWork は すべてのマックにバンドルされていないところが 一番の問題だと思います
    iLife では ちゃんとそうしているのに・・・

    > ぺをを さん
    そうでした ハイパーカードもありましたね
    アップルは ビジネスソフトに殴り込みをかける前に 無料でベーシックな機能のワープロや画像ソフトぐらいは準備して 足場を固めておいてほしかったと思います

    > satomi さん
    あげるという話を断って わざわざ並ぶところが Woz らしい
    そんなところに Woz の人気があるのかもしれませんね
    それにしても ガールフレンド(?)や スピード違反で お忙しいことです

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。