Steve Jobs の遠大なる計画

Iphone Unlocked

iPhone unlocked!

登場してまだ2か月にしかならないというのに、iPhone ハックの話を聞かない日はない。

内部をハード的に改造する方法、ソフトだけで出来る方法など、あらゆるハッキングが目白押しだ。

ハッキングに対してアップルがどう出るのか注目されるところだが、実はこうなることは Steve Jobs の遠大なる計画(Steve Jobs master plan)には織り込み済みだという話がある。

もともとは Don Reisinger が CNET に書いた記事から始まった話だが、MacNN が要領よくまとめている。

MacNN: “iPhone unlocking: Part of Jobs’ master plan?“: 28 August 2007

     *     *     *

ワイヤレス業界の大転換

iPhone のロック解除は、一部のひとが考えるほどアップルにとって悪いことではないのかもしれない。もしかしたらそのこと自体 Steve Jobs の計画に織り込み済みかもしれないのだ。確かに AT&T との契約によってアップルは大きなコミッション収入を得ているかもしれない。しかしアップルの真の目的は、ワイヤレス業界に大きな転換をもたらすことなのだ。すなわちケイタイ端末そのものの売り上げから収益をあげることだ。その意味でロック解除は妨げになるどころか、むしろその方向へプッシュするかもしれないのだ。ロックを本格的に解除できれば、iPhone はアメリカのみならず海外においてもどこでも見かける存在となり、爆発的に売れる可能性があるのだ。そして、AT&Tとの受信契約から生ずるコミッションより遥かに大きな利益を恒常的に生み出すことにつながる。アップルはつまるところハードを売ることによって食っている会社だ。これまでのことを思い起こせばずっとそうだったし、それによって成功してきたのだ。

Unlocking the iPhone may not be as bad for Apple as some have speculated, and may have actually been part of CEO Steve Jobs’ plan all along. Though the company reaps significant revenue from its partnership with AT&T and the associated cut of subscriber fees, its real objective is to evoke a sea change in the wireless industry and generate revenue by selling actual handsets — something that unlocking mechanisms will do nothing to hamper, and may actually promote. A full-blown unlocking procedure could make the iPhone as ubiquitous overseas as it is in the U.S, potentially culminating in a huge sales surge for Apple. This could, in turn, result in a sustainable profit stream that far outweighs the money generated by AT&T subscriber fees. After all, Apple is a company that primarily subsists on hardware sales — a model that it has embraced for all recent memory, and has paid off well.

     *     *     *

ハッキングのもたらす損得

CNET の記事はつぎのように書いている。「Steve Jobs はバカではない。iPhone について[AT&T と]排他的契約を結ぶと、国内および海外における多くのマーケットを失うことになるのを彼は知っていた。アップルの未来に関する彼のビジョンには、これらはじき出されるひとびとも含まれているのだ。しかし、排他的契約は必ずしも受け入れ難いものではなかった。我々と同じように彼もまた知っていたのだ。直ちにみんなが iPhone ハックを始め、ロックを解除して、T-Mobile や海外のサービスを使えるようにするだろう、と。そしてまた、一端始まったら、ハッキングがもたらすコストよりメリットの方が遥かに大きくなるだろう、と。」

A CNET article speculates “Steve Jobs is not a dumb man. He knew that by making the iPhone exclusive, he was losing out on a significant market of people both home and abroad and his vision for the future of Apple included those that were left out. But alas, the exclusivity deal wasn’t that hard to swallow. He, like all of us, knew that people would immediately start to hack the iPhone and unlock it for use on T-Mobile and other services abroad. And once that happened, the benefits could far outweigh the costs of such a hack.”

     *     *     *

iPhoneSIMfree:いかなるキャリアでも

iPhoneSIMfree.com のチームが金曜日に語っている。如何なるキャリアのネットワークでも iPhone を使えるようにするソフトを開発した、と。それは AT&T がアップルと排他的に結んでいる契約を無視して、iPhone がアメリカの T-Mobile のようなキャリアのネットワーク(海外の場合は GSM ネットワーク)を使うことを可能にするのだ。

The iPhoneSIMfree.com team on Friday said they also had developed a software solution to use Apple’s iPhone on any any [sic] carrier network, threatening to bypass AT&T’s exclusive contract with Apple and enable the device for other carrier networks such as T-Mobile in US (and GSM networks in other countries).

     *     *     *

17才の少年のハッキング

一方、間もなく大学生になるニュージャージーの George Hotz は、内部部品のハンダ付けやコマンドラインをいじる複雑なハード的手法で iPhone のロックを解除して、AT&T 以外のキャリアでも使えるように iPhone を改造した。そして改造した3台の iPhone と Nissan 350Z(日産のフェアレディZ の米国仕様)とをまんまと交換したのだ。

Meanwhile, George Hotz, the soon-to-be college student from New Jersey who unlocked the iPhone for use on wireless carriers other than AT&T via a complex hardware method that involves soldering internal components and using a number of command line utilities, has traded the unlocked device for a Nissan 350Z and three 8GB iPhones.

     *     *     *

記事の中でも触れられているが、Steve Jobs の遠大なる計画に関する Don Reisinger の長文の記事は非常におもしろい。

CNET: “The Steve Jobs master plan: iPhone hacking” by Don Reisinger: 28 August 2007

CNET の記事だからいずれ邦訳されるだろうが、ぜひとも眼を通しておかれるといいと思う。

ここでは、最後の一部を紹介するに留める。

     *     *     *

完全制覇の遠大なる計画

多分 Steve Jobs は、神がハイテク業界に与え給うた最も聡明で先見の明のある CEO の一人だろう。AT&T のサービスプランは iPhone を売るに際しての、いつでも使い捨てにできる副産物に過ぎず、iPhone そのものもアップルがこの業界を完全制覇するためのジグソーパズルの一片に過ぎないということを Steve Jobs は十分理解しているのだ。

Steve Jobs is probably one of the most intelligent and forward-thinking CEOs who has ever graced the tech industry. Jobs understood that AT&T service plans were a disposable by-product of iPhone sales and realized that the iPhone was just another piece in the puzzle of Apple’s complete domination of this industry.

Technorati Tags: , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “Steve Jobs の遠大なる計画”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    アップル、iTunesで着信メロディ販売?–米紙報道

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「iPhoneはスマート・フォンではない」と「アップル、iTunesで着信メロディ販売?–米紙報道」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤー…

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。