3G iPhone がやってくる!

Pavarotti-1

Pavarotti ファンにはごめんなさい・・・

第3世代 iPhone(3G iPhone)がクリスマスまでには登場するという。

どうやらロンドンでのアップルイベントとも大いに関係がありそうだ。

Ars Technica: “3G iPhones will arrive before Christmas, says analyst” by Justin Berka: 13 September 2007

     *     *     *

クリスマスまでには・・・

アップルと InterDigital の契約締結発表で、アナリストたちが俄然色めき立っている。InterDigital は第3世代携帯電話(3G)の技術に大きく関与しているから尚更だ。目下の議論は 3G iPhone(第3世代 iPhone)のスペック、特にそんな電話が出るとしたらチップメーカーは誰になるかという話題が中心になっている。あるアナリストの報告によると、3G iPhone の登場は必至であり、それもクリスマスまでには登場するとのことだ。

The announcement of Apple’s deal with InterDigital has caused quite a flurry of analyst activity, particularly because InterDigital is big into 3G technologies. The discussion has turned to the specifics of a 3G iPhone, including who’s making the chips and when such a phone might be available. According to a report by one analyst, a 3G iPhone is definitely coming, perhaps as soon as this Christmas.

     *     *     *

Infineon? UMTS? HSDPA

Forward Concepts のアナリスト Will Strauss の最新の報告書は、iPhone の 3G ラジオ機材を供給するのは Infineon だと名指ししている。Infineon はすでに 2G EDGE 機材を生産しており、既に 3G 機材を「ある名前を明かせない会社」のために生産開始していることは明らかだ。製造中のチップセットはヨーロッパで通常見かける UMTS 技術[注:Universal Mobile Telecommunications System、3G の欧州での名称]を利用している。また UMTS には、欧州主要国やアメリカの (AT&T を含む)3G ネットワークで見られる高速通信規格 HSDPA[注:High Speed Downlink Packet Access:高速通信の規格]を含むことができる。

The latest report, from Forward Concepts analyst Will Strauss, names Infineon as the company that’s providing 3G radio equipment for the iPhone. Infineon already produces the 2G EDGE equipment, and is apparently already producing 3G equipment for “unnamed companies.” The chipsets in production use the UMTS (Universal Mobile Telecommunications System) technology commonly seen in Europe. UMTS can also include the faster HSDPA technology seen in several European and US 3G networks (including AT&T’s).

     *     *     *

近々何かが・・・

いつものように、この 3G iPhone が正確にはいつ発表され、いつ出荷されるかということが大きな問題だ。Staruss は iPhone の次期機種がすでに開発中であり、クリスマス以前には出荷されるものと信じている。それは第3世代携帯電話(3G)ではあるが、HSDPA プロトコルを含むかどうかはターゲットのネットワーク次第だろう。また、3G iPhone がクリスマスの頃にヨーロッパで出されるためには、少なくともキャリアと実機が近々発表される必要がある。だから来週にも何か動きがあるかもしれない。

The big question, as always, is exactly when the 3G iPhone will be announced and/or released. Staruss believes the next variant of the iPhone is already in development, and may be coming sometime before the holiday season. It’s going to be 3G, but may or may not include the HSDPA protocol, depending on the targets networks. And speaking of networks, a 3G iPhone coming to Europe around Christmas would seem to necessitate an announcement of both the carrier and the device sometime soon, so perhaps we’ll see something in the coming weeks.

     *     *     *

この件に関しては AppleInsider も詳しく報じている。(silvervine 氏の名訳でお読みください。)

AppleInsider: “Analyst sees 3G iPhone from Apple by Christmas” by Aidan Malley: 12 September 2007

silvervine の定点観測所:”AppleInsider: アナリストは Apple 3G iPhone はクリスマスを予測“:13 September 2007

     *     *     *

iPhone については、ヨーロッパの動きを伝える話には事欠かない。

Reuters: “iPhone headed for Germany: source” by Nicola Leske and Knut Engelmann: 14 September 2007

TechCrunch: “Apple EU iPhone deal expected” by Mike Butcher: 14 September 2007

TechCrunch Japanese:”iPhone EU版、英国の提携相手は02か?“:15 September 2007

Ars Technica: “T-mobile named again as German iPhone carrier (Updated)” by Justin Berka: 14 September 2007

Blackfriars’ Marketing: “A great combination: European iPhones, Starbucks coffee, and Pavarotti” by : 13 September 2007

Macworld: “The iPhone in Europe: To 3G or not 3G?” by Jim Dalrymple: 14 September 2007

Engadget: “iPhone for T-Mobile Germany announcement on the way?” by Joshua Topolsky: 14 September 2007

Engadget Japanese:”3G iPhone16GB11月登場??“:10 September 2007

     *     *     *

目の肥えた欧州市場

Apple Store London

[Apple Store London]

そして、近々に何か・・・ということになると、明日に迫ったロンドンでのアップルイベントとの関係も気になるところだ。

CNET: “Apple schedules London press event, iPhones expected” by Tom Krazit: 13 September 2007

CNET Japan:”アップル、「iPhone」欧州展開を発表か?ロンドン発表会で招待状“:14 September 2007

Apple’s forays into Europe will be very interesting, given the quality and quantity of mobile phones in that market. It’s likely to produce the first 3G-based iPhone, and it’s likely to be a much tougher go for Apple amid stronger competition and choosy shoppers.

Appleの欧州進出は、同市場における携帯電話の質と量という条件において、興味深いものとなるだろう。iPhone初の3G対応版を生産することになる可能性が高く、また、より激しい競争と好みがうるさい顧客を相手にするという意味ではAppleにとって厳しい挑戦となる可能性も高い。[CNET Japan 編集部訳]

目の肥えた欧州市場を相手にするのは、アップルにとっても正念場を迎えるということだろう。

     *     *     *

在庫圧力

ところで、次世代モデル 3G iPhone に関連しては、若旦那氏の鋭い指摘がある。

若旦那の独り言 Ver.X:”iPhone値下げのホントの訳“:11 September 2007

・・・要はヨーロッパ販売の発表が間近に迫ってきて、16GB3G対応でHSDPAまで対応してしかもSIMフリーなiPhoneが発売されちゃう前に、今の初代を売りさばきたいっていう事情なのだということであったと。まぁよくある話ですわな。

次世代モデル(3G iPhone)がほんとに年末商戦の前に出てしまえば初代モデルは売れなくなる。だからなんとかしてはかせる必要があったというわけ。

アーリーアダプターを泣かせた 200 ドルの背景にはそんな在庫圧力があったのだという若旦那の指摘は鋭い!

     *     *     *

Woz の直感

Woz In Line

Woz in line

この在庫圧力についてはもうひとり指摘しているひとがいる。ほかならぬ Steve Wozniak だ。

Seeking Alpha: “Apple Co-Founder Thinks iPhone Price Cuts Reflect Inventory Problems” by Paul Kedrosky: 11 September 2007

アップルの設立者 Steve Wozniak は、なぜアップルが iPhone の値下げをしたかということについてアップルの発表とは別のことをいっている。

Apple founder Steve Wozniak is off-message with respect to the rationale for Apple’s iPhone price cut:

[以下 IBC Daily の引用記事]

予想外の誤り

IBC Daily に対し、アップルの共同設立者 Stephen Wozniak は次のように語った。売り出してからたった2か月しか経っていない iPhone の価格を 50 %も値下げしたのは「予想外の誤り」だと思う。「値下げがよかったと考えるひとには誰にも会っていない」と。

Stephen Wozniak, the co-founder of Apple, told The IBC Daily that he thinks Apple’s decision to drop the price of the iPhone by up to 50% only two months after it went on the market was “an accidental error” and that he “hasn’t talked to anyone who thinks it was a good idea.”

在庫をなくす必要

Wozniak は、アップルの共同設立者であり友人でもあるより有名な Steve Jobs との関連で「もうひとりの Steve」と呼ばれることが多いが、みんなが新しい iPhone のために大枚 600 ドルをはたいたのはごく最近のことなので、あまりに早すぎる値下げについては「残念に思う」と語った。「なぜそんなことをしたのかということについて私の考えはこうだ。それは大きな在庫を抱えているからで、これまで売ったものより沢山製造することにしており、したがって在庫をなくす必要があったからではないか。値段が下がるのはどんなテクノロジー製品でもあることだ。しかしいくらなんでも2か月はないだろう。少なくとも1年はかかるものだ。」

The man who is often called the “other Steve” in reference to his more high-profile friend and Apple co-founder Steve Jobs, Wozniak said he “feels badly” about the early price cut because of all the people who had only recently shelled out $600 for the new iPhone. “My opinion about why they did it is that they have a large inventory and they are set up to build more than they have sold by a bit and they have to keep things moving,” said Wozniak. “It happened to every technology product with the price coming down – but you don’t expect it to be two months, you expect it to be at least a year.”

[以上引用記事]

Wozniak は要注意人物(loose cannon)だ。彼はインテルチップの採用について文句をいった人間であり、iPod 部門を売り払うようアップルに勧めた人間だ。だから私はあまり重きをおかない。とはいっても、かなりのひとの注目を惹くことになるだろう。

Wozniak is a loose cannon — this is the same guy who raked Apple for adopting Intel chips, and recommended the company sell off iPod — so I don’t read ever-much into this, but it’s still going to get some people’s attention.

     *     *     *

こうしてみると、3G iPhone の登場と 200 ドル値下げ、ロンドンでのアップルイベントがなんとなくつながってくるような感じがしないだろうか。

明日のロンドンでのイベントが待たれるところだ。

Technorati Tags: , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “3G iPhone がやってくる!”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    3GiPhoneがやってくる!

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「TidBITS日本語版最新号TidBITS#895,10-Sep」と「3GiPhoneがやってくる!」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は …

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。