アップルと組む代償

Jobs Uk

ロンドンのアップルイベントを皮切りに、iPhone の欧州展開戦略が姿を現してきた。

イベントの前日、地元紙 The Guardian はアップルと欧州キャリアとの折衝状況を伝え、それを各紙が取り上げた。

翌日のイベントおよびその後の一連の動きをみると、記事の内容は正確のように思える。

イベントからは見えてこない、地元紙ならではの交渉の内幕が赤裸々に語られていることがショッキングだった。

The Guardian: “O2 wins Apple iPhone deal – at a hefty price” by Richard Wray: 17 September 2007

     *     *     *

とんでもないカネ食い虫

英国最大の携帯オペレータが最後の土壇場で背後から現れ、英国での iPhone 販売契約をかっ攫って Steve Jobs と合意した。しかし他のオペレータのひとりは、この契約が「とんでもないカネ食い虫」(madly money-losing)だといっている。

The UK’s largest mobile operator came from behind at the last minute to seal an agreement with Steve Jobs, Apple’s chief executive, to market the iPhone in the UK, but one other operator described the deal as “madly money-losing”.

     *     *     *

40%を吐き出す

O2 はアップルと小売価格のマージンについて合意したものと考えられている。(明日確認がとれるはず[注:ロンドンのアップルイベントのこと]。)それはなんと、顧客から生じる全 iPhone 収入の40%をアップルに戻すというものだ。

O2 is understood to have agreed a margin on the retail price – to be confirmed tomorrow – but will return to Apple as much as 40% of any revenues it makes from customers’ use of the device.

     *     *     *

それだけではない

電話との組み合わせ価格および iPod の価格は、いつでもアップルが変更できることになっており、先日アメリカで見たとおりだ。また、O2 の取り分の中からコミッションや今後 Carphone Warehouse と行うレベニューシェアも支払われる。ちなみに Carphone は、O2 の唯一の iPhone 販売店となる権利を取得したものと考えられている。

The price of the combined phone and iPod can be changed by Apple at any time, as happened recently in the US. Out of O2’s share also comes a commission and further revenue share with Carphone Warehouse, which is understood to have secured the right to be the sole independent retailer of the device on behalf of O2.

     *     *     *

さらに Carphone も・・・

Carphone が引き入れられたのは、O2 が英国で十分なプレゼンスがないのではないかとアップルが恐れたためと思われる。O2 は昨年 The Link の店舗を取得して英国全土にかなりの店舗を展開しているにも拘らず・・・。また急いで iPhone の独占契約を結んだことは、iPod Touch が登場したことからも疑問視されている。iPod Touch は電話を除き iPhone ができることはすべてできる。これはアップルと交渉したどのオペレータにとっても想定外のことだった。

Carphone appears to have been drafted in because of Apple’s fears that O2 did not have a big enough presence in the UK even with its sizeable store portfolio which was enlarged by last year’s acquisition of The Link stores. The rush to secure an exclusive iPhone deal has also been called into question by the arrival of the iPod Touch device, which does everything the iPhone does except make phone calls. This was not expected by any of the operators involved in negotiations with Apple over the phone.

     *     *     *

互いを競わせる戦法

欧州での iPhone 販売交渉に当たって、アップルは英国の主要四大ネットワーク、すなわち O2、Orange、T-Mobile、Vodafone を互いに競わせた。各社とも交渉のある段階では、自分たちだけが英国市場の独占権を握るものと信じていた。

Throughout discussions over marketing the iPhone in Europe, Apple has played off the UK’s four main networks – O2, Orange, T-Mobile and Vodafone – against each other. All of them, at one stage, believed they had an exclusive deal for the British market.

その結果、オペレータ会社の経営者たちの多くは、このカリフォルニアの会社が大西洋のこちら側で行ったビジネスの進め方にひどく印象を悪くした。たとえアメリカではそんなやり方をするものだとしても・・・

As a result, many mobile phone company executives are unimpressed with the way the Californian computer group has conducted businesses this side of the Atlantic, although similar tactics were used in the US.

     *     *     *

それぞれの事情

Vodafone は、レースのかなり早い時期に身を引いたと考えられている。アップルの「分割統治」(divide and conquer)作戦を見て、特定の一社に欧州主要国である英仏独の iPhone を一手に扱わせる気がないことを見てとったからだ。

Vodafone is understood to have dropped out of the race relatively early as Apple pursued a “divide and conquer” strategy and decided against having just one operator stock the phone across the three initial territories of France, Germany and the UK.

当初計画によると、ドイツでは T-Mobile が、フランスでは Orange が iPhone 販売に当たることになっていた。(ドイツについては水曜日、フランスについては木曜日に発表の予定。)当初英国については、この二社がシェアする筈だった。というのも英国市場は二つの大陸国よりはるかに細分化されているからだ。

The plan is believed to have switched to T-Mobile providing the device in Germany, which will be confirmed on Wednesday, and Orange in France, to be announced on Thursday. In the UK, the idea initially was for both operators to share the device because the British market is much more fragmented than in either continental country.

Orange および T-Mobile の二社は契約に署名し、少なくとも一社ではアップルの職員が彼らのネットワークで iPhone を使うのを手助けしていたと考えられている。然るに最後の最後になって O2 が英国の権利を攫ってしまった。競合他社ではとても手のでない額をアップルに申し出て・・・。いずれにせよその額では競合二社とも、たとえ3年後でも収益はだせないと思われた。まったく損失しか生まないマーケティングをするぐらいなら、別なところで金を使った方がずっとましだと・・・

Orange and T-Mobile are understood to have signed contracts and at least one had Apple employees helping to implement the device on their networks. But at the 11th hour O2 snatched the UK deal with an offer that gave such a high proportion of revenues to Apple that none of its competitors could see any way of making any return on the phone, even over three years. They believed that even if it was treated as purely a loss-leading marketing product, a better return could be had by spending the money elsewhere.

     *     *     *

将来 iPhone が日本に投入される日がきたとき、O2 の役回りを果たすのは誰だろうか。

「分割して統治する」というかつての植民地支配方式で臨むことになるのだろうか。

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック3件 to “アップルと組む代償”

  1. ノブヒョン Says:

    傲慢になると後は落ちるだけ。
    アイフォン・アイポッドタッチの話題はもう食傷気味。今の世界のアップルサイトはこれしかないのか・・・
    10月発売「予定」のLeopardの話題がないのは何故か不自然。

  2. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    第3世代iPodnano、使ってわかった「進化と成熟」

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「Macの市場シェア3%は「負け」か?」と「第3世代iPodnano、使ってわかった「進化と成熟」」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの…

  3. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] アップルと組む代償 [image] […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。