真夜中の大騒ぎ

Securityguard

5番街アップルストアのガード:A security guard stands watch over the Apple Store Fifth Avenue entrance.

iPhone を大量に買い込む動きが目立ってきているらしい。

GigaOM: “Midnight Madness: Benjamins for iPhones in Manhattan” by Liz Gannes: 26 September 2007

     *     *     *

今週 NewTeeVee Pier Screenings のためにニューヨークに出掛けた。しかし、アップルの大切な道具を忘れてしまったので途方に暮れ、真夜中にアップルストアに駆け込む羽目となった。時差の関係で私にとってはまだ真夜中になっていなかったので、まず先に従姉妹の友人のバンドを見に行くことにした。五番街のアップルストアは24時間開いていると聞いていたからだ。

In New York this week for the NewTeeVee Pier Screenings, I was stranded without a crucial piece of Apple equipment and had to make an emergency run to the store tonight. I decided that with the time difference in my favor I’d go out and see my cousin’s friend’s band first, since she had told me the Fifth Avenue Apple Store is open 24 hours.

タクシーを降りてガラスキューブの店に入ったのは真夜中の1時前だった。ところがなんと店はひとでごった返していた。必要な品を掴んで行列にならんだ。水曜日の午前1時だというのにいったいこれは何事、と私の前に並んだひとに聞いたものだ。「午前3時になってもこんなにひどかったのを見たことがあるよ」というのが答えだった。アップルストアの店員の話では、このままずっと減らないのだそうだ。並んでからカウンタにたどり着くまで15分もかかった。

After cabbing over, I descended from the street, through the glass cube, and into the store shortly before 1 a.m. I was shocked to see that it was totally packed. I grabbed what I needed, got in line, and asked the guy in front of me what was going on at 1 a.m. on a Wednesday.”Oh, I’ve seen it this bad at 3 a.m.,” he replied. An Apple Store employee later said that it never, ever slows down. It took 15 minutes of waiting in line just to get to the counter.

Checkoutline

会計に並んだ客の列:The checkout line snakes around as we wait to give Apple money.

いったい何が買いたくてみんな真夜中に詰めかけるのか。答えは iPhone だ。それも一度に5台も。周りをみまわしてみて、みんなが20台も鷲掴みにしているのに気付いた。私の前に並んだひとは100台も持っている。「いったい何処でそんなに売るつもりなの?」私は知りたかったのだ。「ヨーロッパだよ」というのが彼の答え。

So what is every in such a rush to buy in the middle of the night? iPhones. Five at a time. I started looking around and realized everyone else in line was clutching stacks of twenties. The guy in front of me had hundreds. “Where do you sell these?” I wanted to know. “Europe,” he said.

「だってあっちじゃ信じられないほど高くつくんじゃない?」「うん、データ通信はバカ高い。それでもみんな買いたがるんだ。だからおれの知ったことじゃない。」私の番がきたとき店員に尋ねてみた。毎晩売り上げはどのくらいになるのかと。見当がつかないと彼はいった。

“But isn’t it incredibly expensive to use them there?モ I asked. メYeah, the data fees are crazy. But people still want to buy them, so that’s not my problem,” he replied. I asked the clerk who helped me if he had any idea how much money the store pulls in each night. He said he had no idea.

現金を鷲掴みにして真夜中に電話を買うなんて、忙しくてクレージーなニューヨーカーにとっては珍しくないのかもしれない。私がとやかくいうことではないけれど・・・。しかしこの経験から、iPhone が発売されて3か月も経ち、ロック解除やデータ通信の遅さ、最初に払う高いコストなどいろいろなことがあるのに、ひとびとがまだ正気を取り戻すに至っていないことだけは明らかだ。iPhone 現象は未だ勢いを失っていない・・・

Maybe buying a phone at midnight and carrying fistfuls of cash around is just something busy, crazy New Yorkers do — who am I to judge!? However the experience made it clear to me that three months after the iPhone went on sale, things like unlocking, slow data rates, and high-ticket prices have yet to knock sense into people’s heads. The iPhone phenomenon is far from losing steam.

     *     *     *

Carl Howe もこの騒ぎをいくつか記事にしている。

・「5番街のアップルストアでは iPhone の在庫切れ」

Blackfriars’ Marketing: “New York Fifth Avenue Apple Store now out of iPhone stock” by Carl Howe: 27 September 2007

・「アップルと闇市商人が iPhone の客を競う」

Blackfriars’ Marketing: “Apple and gray market enterpreneurs compete for iPhone customers” by Carl Howe: 28 September 2007

日本ではそもそも iPhone を買えないことから、もっぱら関心は iPod touch に向いているが、どうやらアメリカ(の一部?)では大変なことになっているようだ。

iPhone を買いに走っているのはハッカーや一般ユーザーだけではないらしい。

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック2件 to “真夜中の大騒ぎ”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    真夜中の大騒ぎ

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「がんばれ!!ゲイツ君最新号」と「真夜中の大騒ぎ」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日から 10月ですねー…

  2. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] 真夜中の大騒ぎ [image] […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。