次期 iPhone のプロセッサはインテル製?

Silverthorne

Intel Silverthorne

日本ではまだ iPhone が手に入らないというのに、海の向こうでは早くも次期 iPhone プロセッサのウワサが出てきた。

現在の ARM プロセッサから x86 プロセッサに移行するのだという。

Reg Hardware: “Apple to dial x86 for iPhone?” by Tony Smith: 03 October 2007

     *     *     *

DigiTimes の情報

アップルがなぜサードパーティの iPhone ソフトを潰してみんなをがっかりさせたのか、その理由がにわかにはっきりしてきたように思われる。台湾のスパイの話では、アップルはインテルの次世代ウルトラモバイルプラットフォーム(Ultra Mobile Platform)の上に将来の iPhone を構築しようとしているのだという。

Suddenly, Apple’s apparent downer on third-party iPhone software development becomes much clearer. Taiwanese moles claim the company is considering founding future iPhones on the next generation of Intel’s Ultra Mobile Platform.

     *     *     *

ARM から x86 プロセッサへ

現在 iPhone は ARM プロセッサを使っている。インテルが ARM チップラインを実際に放棄したのは去年のことだ。しかし 2005 年には x86 プラットフォーム(x86 processor platform)に注力することに内心決めていた。それ以来この二つのプロセッサの間には互換性がなくなった。iPhone を x86 ベースに移行しようとすれば、新しいプラットフォームでは iPhone のすべてのアプリケーションが使えないことになる。

Today’s iPhones are based on ARM processor technology. Intel abandoned its ARM chip line in practice last year, but focused its efforts on its own x86 processor platform in spirit back in 2005. Since the two are incompatible, moving to x86-based iPhones would by necessity render all existing iPhone apps unusable on the new platform.

     *     *     *

プロセッサ移行はおおごと

確かに過去において、マックについてはそのようなプロセッサ移行うまくやり遂げることができた。まず、モトローラの 680×0 ファミリーから PowerPC プラットフォームへ、さらに最近では、 PowerPC から x86 へと移行した。アップルは二つとも立派にやってのけた。しかし多数のユーザーを抱えていたことから、この移行には多大のヒトとカネを割かなければならなかった。

Now, Apple has managed such transitions in the past, on the Mac. First, it moved from Motorola’s 680×0 family of CPUs to the PowerPC platform. More recently, it migrated from PowerPC to x86. In both cases, Apple did a good job, but the size of its userbase made putting big resources behing the migration essential.

     *     *     *

移行コストを抑える

同じことを iPhone についても出来るかもしれない。しかしアップルとしては、新プラットフォームへの移行に多大のカネを必要とするようなソフト開発は少しでも抑えようと考えるだろう。まさにそのことが今回アップルがやったことの理由なのかもしれない。

Apple could do the same thing with the iPhone, but since the handset is a new platform and Apple is in a position to minimise the development of the kind of apps that would require it to subsequently invest big dollars in transitioning to a new iPhone platform, that could well be exactly what it’s done.

     *     *     *

サードパーティソフトは再コンパイルが必要

アップルが奨励している唯一の iPhone ソフトは、Safari ブラウザ上で動く小プログラム(applet)だけだ。これなら新しいプラットフォームへの移行も比較的容易だ。それ以外のものはすべて ARM から x86 へコンパイルし直す必要がある。仮にそうしても、ユーザーが新しいバージョンに移行する保証はないし、そのソフトを作ったプログラマーが再コンパイルする保証もない。

The only iPhone application development Apple has encouraged are applets that run within the Safari browser, and these would be relatively easy to move to a new processor platform. All the others will require re-compiling from ARM to x86, and even then Apple can’t guarantee that users will upgrade to new versions – or even that the original coders will do the re-compile.

     *     *     *

予想されるサポートの困難

この結果アップルのサポートチームは、これこれのアプリケーションが動かないという iPhone ユーザーからの電話の応対に追われることになる。しかもこれらのユーザーの多くは、初代 8GB iPhone に大枚 699 ドルをいやいやはたいた見返りに、サービス特約パッケージの対象になっているのだ。

That leaves Apple’s support teams fielding calls from iPhone users – many of whom have priority service packages, part of the lure to get them to fork out up to $699 for original 8GB iPhone – who complain their handsets crash when they run application X.

     *     *     *

エミュレータを組み込むか

アップルとしてはそんな事態を避けるため、ソフトの動作を確保する ARM エミュレーションを iPhone に組み込まざるを得ず、たとえそうしても、ちゃんと動くかどうか確実ではないのだ。

To avoid that, Apple has to incorporate ARM emulation technology in the iPhone so that such apps will run – and even then it’s not a certainty.

     *     *     *

いっそ切ってしまえば・・・

しかし、サードパーティのネイティブなアプリケーションを切り離してしまえば、これらの問題は一切片がつく。

But cut off third-party native application development and you can head off all these problems at once.

     *     *     *

第3世代 iPhone のときか

Menlo With Penny

Menlow と1セント硬貨

この考え方は当たっているだろうか。それは、アップルがインテル移行を考えているという[台湾の]情報がどの程度正確かによる。情報では、移行するのは「Moorestown」のときだという。これは来年登場する UMP プロセッサ「Menlow」の次にくるものだ。インテルによれば、Moorestown が入手可能になるのは 2009/2010 年の時点だという。だとすると、インテルプロセッサへの移行は第3世代 iPhone のときということになる。

There’s the logic – is it likely? That depends on the veracity of the claim Apple is pondering a move to Intel technology. It’s said the shift would take place with ‘Moorestown’, the follow-up to next year’s version of UMP, aka ‘Menlow’. Moorestown is due to become available in the 2009/2010 timescale, according to Intel, so if Apple does shift to Intel, it’ll almost certainly happen with the third generation of iPhone.

     *     *     *

まず Menlow、そして Moorestown

スムーズな移行を図るため、アップルとしては Menlow を使うことになるだろう。これは 2008 年第1四半期に登場予定で、インテル 45nm「Silverthorne」プロセッサとオンボードグラフィックス付きの「Paulsbo」チップセットとを組み合わせたものだ。ただ、Menlow は電話より小型ウェブ端末(タブレット)に向いているという話もあるので、そうなればアップルとしては Moorestown まで待つ可能性もある。Moorestown はプロセッサとチップセットをひとつのチップに組み込んだもので、電力消費は大幅に減少し、Menlow の 20 %程度になるといわれている。

To make the move sooner, Apple would have to go with Menlow, due in Q1 2008 and which combines Intel’s 45nm ‘Silverthorne’ processor and the ‘Paulsbo’ chipset with on-board graphics. But Menlow’s perhaps aimed more at small web tablets than phones, so Apple might well want to wait for Moorestown, which puts processor and chipset into a single chip, and its forecast big reduction in power consumption: 20 per cent of what Menlow uses.

     *     *     *

なかなか興味深い推論だ。OS X の役割はますます重要になってくるようだ。

     *     *     *

参考:

・Reg Hardware: “Apple to dial x86 for iPhone?” by Tony Smith: 03 October 2007

・Intel [News Release]: “Intel to Combine WiMAX and Variety of Mobile Devices to Shape Future Wireless Broadband Internet World“: 19 September 2007

・DigiTimes: “Apple reportedly considering Intel platform for iPhone” by Monica Chen and Joseph Tsai: 03 October 2007

・MacNN: “Apple to use Intel MID chips for iPhone?“: 03 October 2007

・Ars Technica: “Future iPhones could feature Intel processors” by Justin Berka: 03 October 2007

・Engadget: “Apple eyeing Intel platform for future iPhone?” by Darren Murph: 03 October 2007

・AppleInsider: “Apple considering Intel chip for future iPhone” by Prince McLean: 03 October 2007

・silvervine の定点観測所:”AppleInsider: 将来の iPhone Intel チップを検討する Apple“:04 October 2007

・O’Grady’s PowerPage: “Apple May Consider Moorestown MID Processor for Future iPhone Generations” by chrisbarylick: 03 October 2007

・Mac Rumors: “Intel Inside Future iPhone?“: 03 October 2007

Technorati Tags: , , , , ,

コメント / トラックバック2件 to “次期 iPhone のプロセッサはインテル製?”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    次期iPhoneのプロセッサはインテル製?

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「Apple、MacBookPro15インチモデルを対象に「BatteryUpdate1.3」を公開」と「次期iPhoneのプロセッサはインテル製?」他をご案内いたします。○アン…

  2. 通りすがり Says:

    Cocoa-Javaをやめなければ、良かったのにね。

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。