iPod touch は iPod かそれとも iPhone か

Ipods

日本のユーザーにもやっと iPod touch が届き始め、その印象記がネットを賑わすようになった。(ここここここなど。)

iPod touch を iPod と見るか、それとも iPhone と見るか。それによって iPod touch の印象が微妙に変わってくるようだ。

少し前になるがマックワールド誌の Christopher Breen が興味深い記事を書いている。

Playlist: “That’s what happens in technology” by Christopher Breen: 20 September 2007

     *     *     *

まず iPhone ありき

最近書いたレビュー記事で私はつぎのように書いた。確かに iPod touch には、iPod という「電話ではない」(noPhone)ものを思わせる名前がついているけれども、新しい 3G nano や iPod classic という「これまでの伝統的」iPod と比較されるべきではなく、iPhone との観点から比較されるべきだと・・・。「iPhone ではなく iPod なのだから」といって欠点を片付けてしまうかもしれないが、iPhone が先に存在しているという事実がどうしても iPod を見る目を変えてしまうのだ。

In my recent review of the iPod touch, while acknowledging that the touch bore the iPod name rather than something along the lines of “noPhone,” I suggested this iPod must be viewed through the filter of the iPhone rather than compared to “traditional” iPods like the new 3G nano and iPod classic. Try as one might to dismiss its faults because “it’s an iPod, not an iPhone,” the iPhone’s existence necessarily changes how we view the device.

     *     *     *

iPhone がなかったら・・・

iPhone の明るくてすばらしいディスプレイを見ていなかったら、私もほかのひとも、iPod touch のディスプレイの質が落ちたことに舌打ちしたりはしないだろう。

Were there no iPhone with a gloriously bright display, I and others like me wouldn’t be clucking our disapproving tongues at the quality of the iPod touch’s display.

予定を自由に書き込める iPhone のカレンダーアプリがなかったら、なぜ意図的にこの機能を削除したのかと頭をかいたりはしないだろう。だって iPod touch の Contacts アプリでも書き込みは自由なのだから・・・

Were there no iPhone with a calendar application that allowed us to input events on the device, we wouldn’t be scratching our heads over why this feature was intentionally removed—particularly when the touch’s Contacts application does allow editing.

iPhone に音量ボタンや小さなリモート付きイヤフォンがついていなかったら、なぜアップルがポータブル・メディアプレーヤからは明らかに音量調節用と見てとれる物理的ボタンをなくしてしまったのだろうと考えなくて済む。

Were there no iPhone with volume buttons and a headset that contains a tiny remote you might not question Apple’s decision to place no physical controls on a portable media player that begs to be controlled.

バーチャルキーボードやそれを利用する Notes アプリが iPhone になかったら、iPod touch には似たようなアプリがないことをみんなが「えっ、どうして?」といわなくて済む。

Were there no iPhone with a virtual keyboard and a Notes application to take advantage of that keyboard, the lack of a similar application on the touch might not have elicited a collective “Huh!?”

iPhone にワイヤレス機能を利用する Mail、Maps、Stocks、Weather などのアプリがなかったら、同じアップルのワイヤレス機器なのにどうして同じことができないだろうと触ってみたひとが質問しなくて済む。

Were there no iPhone with Mail, Maps, Stocks, and Weather applications that take advantage of the device’s Wi-Fi capabilities, some looking at the iPod touch might not question why their Apple Wi-Fi device can’t do the same thing.

     *     *     *

同じ 400 ドルで

もし 16GB iPod touch と iPhone がまったく同じ値段でなかったら、携帯電話機能が必要ない、あるいは欲しくないから iPod touch を買おうとしているひとは、次のように考えて悩むこともなかっただろう。「iPhone の機能の大部分を iPod touch に入れてもよかったのじゃないか。そもそも電話を買うのとメディアプレーヤを買うのはまったく別の行為だ。私はそのどちらかを買うわけだが、400 ドルをどちらに使うかということがアップルにとってどんな意味があるのか」と。

Were the iPhone and 16GB iPod touch not priced exactly the same, those considering the iPod touch who don’t need or want a new mobile phone wouldn’t wonder, “What harm would it have done to give me most of the phone’s features on the iPod touch? Buying a phone and a media player are two completely different propositions. I’m going to buy one or the other so what’s it to you where my $400 goes?”

     *     *     *

で、アップルは・・・

こういう考えはフェアでないだろうか。そうかもしれない。しかしこの理屈にも意味があることを示すため、Steven P. Jobs がいったことばを引用したい。最近の iPhone 大幅値下げに反発したユーザーに向かって彼はこういったものだ。

Unfair? Perhaps. But in defense of this argument I’ll quote one Steven P. Jobs who, when asked how Apple might respond to customers upset about the recent iPhone price cuts, replied:

「それがテクノロジーの世界というものだ」と。

“That’s what happens in technology.”

問題は、iPhone が既に存在するということだ。その技術を利用して iPod touch が作られたことは明白だ。それに、この新しいデバイスの輝くメタルの背面に iPod と刻印されているのを見るだけでも、この二つを比較せずにはおれないのだ。

The fact is that the iPhone does exist. The iPod touch was clearly built on that technology and you can’t avoid comparing the two simply because the thing has a shiny metal back with iPod imprinted on it.

     *     *     *

差別化は十分か

アップルが二つを差別化しようとしているのはよく分かる。理想的には、お客が両方とも買ってくれるのが一番いい。しかしこの場合はそうもいかない。なぜなら、それぞれの違いが明確になっていないからだ。iPod touch は iPhone の持つクールな部分(Safari、タッチスクリーン・インターフェイス、Contacts、YouTube)を備えている。しかし、欠けているもの(カレンダーの編集、物理的コントロールボタン、iPhone みたいに明るいディスプレイ)もある。それに、付けてほしかったのにないもの(Notes、ゲーム、多くの iPod アクセサリとの互換性)もある。

It makes sense that Apple would try to distinguish the two. Ideally, customers would buy both. But spin doesn’t match reality in this case because Apple hasn’t clearly defined the two feature sets. It gives us some very cool parts of the iPhone (Safari, the touch screen interface, contacts, and YouTube), leaves out others (calendar editing, physical controls, the iPhone’s brighter display), and skips expected iPod features (notes, games, and compatibility with a lot of iPod accessories).

     *     *     *

いささか中途半端

iPod touch は十分に好感が持てるが、それにしてもいささか中途半端な製品だ。

While there’s much to like in the iPod touch it remains a confusing compromise.

     *     *     *

さて、あなたは iPod touch を iPod として見るか iPhone として見るか、そのどちらだろうか・・・

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック4件 to “iPod touch は iPod かそれとも iPhone か”

  1. swooon Says:

    こういう事取り上げてくれるだけで少しスッキリした気分に。
    相変わらずおもしろいblogです。

  2. 少しはスッキリします Says:

    […] 鼻づまりでお悩みの方に こんな記事はいかがか? iPodtouchはiPodかそれともiPhoneか […]

  3. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    iPodtouchはiPodかそれともiPhoneか

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「アップル、新小型PC「Macnano」を年内発表とのうわさ–米報道」と「iPodtouchはiPodかそれともiPhoneか」他をご案内いたします。○アンクル・ホ…

  4. macnote Says:

    Touchを触って5日、使いやすさと今後の可能性に興奮しています。
    特にSafariでの縦横拡大縮小自在なブラウズ体験には目を見張るものがあり、UIのベクター化がもたらす恩恵を強く感じています。
    噂によればLeopardではFinderのUIを全てベクター化しているとか。
    そんなわけで私はiPodTouchを超小型Macだと思っていたりします。

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。