不協和音が聞こえ始めた iPhone Dev Team

Ipod Touch Iphone Jailbreak

破竹の勢いで iPhone ハックに取り組んできた iPhone Dev Team だが、どうやら内部分裂が始まったらしい。

TUAW: “First signs of a schism in the iPhone dev community” by Michael Rose: 10 October 2007

     *     *     *

臨時にチームを組んだオープンソースのデベロッパたちが遭遇するチャレンジのひとつは、遅かれ早かれ不協和音が生じるということだ。対人的にうまくいかないことから摩擦が生じ、オンラインでの通信のせいや、文化や言語の違いから事態が悪化する。技術的には最適の解決方法でも、中傷や非難が高まるにつれてぼやけてしまう。

One of the challenges of ad-hoc open source development is that, sooner or later, disagreements arise. Personality conflicts generate friction (often exacerbated by the limits of online communication, and cultural or linguistic differences). Optimal technical solutions may be obscured by the rising heat of names called and accusations leveled.

こんな緊張が iPhone のデベロッパ・コミュニティを襲うことになる。どうやら今がそのときのようだ。iPhone Dev Team は、どう見てもハッカーの非公式の集まりで、実力がものをいう世界だ。ところが今や、自らを iPhone “Elite” Team と呼ぶ分裂派から叱責を浴びることとなった。分裂した原因はテクニカルな問題と個人的な問題の両方だ。個人的な理由とは、Zibri と呼ばれるハッカーが IDT irc チャンネルの出入り禁止にされたこと。技術的な理由とは、”Elite” Team の Google Code wiki によれば、iUnlock や AnySIM というロック解除ユーティリティには致命的エラーが含まれていて、そのために iPhone 1.1.1 によるレンガ化(bricking)が起きたというものだ。

This tension was bound to hit the iPhone developer community, and it seems like the time is now. The iPhone Dev Team, by most accounts an informal collection of hackers run pretty much on a meritocracy basis, is now being called on the carpet by a splinter group calling itself the iPhone “Elite” Team. The cause of the split is both technical and personal: personal, a hacker called Zibri was banned from the IDT irc channel; technical, the “Elite” Team is claiming on its Google Code wiki that the iUnlock and AnySIM unlocking utilities contained critical errors that led directly to the 1.1.1-related iPhone bricking problems.

アンロッキングと 1.1.1 firmware が一緒になれば iPhone にとって毒薬となることを我々は知っている。しかし、ハッキングをしたこともなければ、アンロックをしたこともない多くのひとたちが iPhone のレンガ化(iBrickage)の被害をこうむったところをみると、ファームウェアのアップグレード自体にも危険なバグが潜んでいる可能性を排除するわけにはいかなくなった。

We know that the combination of the unlocking utilities and the 1.1.1 firmware has been a poison pill for iPhones; however, with the substantial population of never-hacked, never-unlocked phones that have also suffered iBrickage, we can’t exclude the likelihood that there are some dangerous bugs lurking in the firmware upgrade itself.

時間をかけて iPhone 内部の仕組みを探った頭のいい連中が、お互いに調和と互助の精神で協力してくれるならどんなにいいだろう。しかし現実には、たとえ iPhone のようなクールな世界でも、みんながいつも仲良くすることを望むのは求め過ぎというものだろう。

It would be nice if all the clever folk who have taken the time to explore the iPhone’s inner workings could cooperate in the spirit of harmony and mutual support… but even in a world with something as cool as the iPhone, maybe it’s too much to ask that everyone get along all the time.

     *     *     *

Jailbreak Apps 1 1 1

時あたかも、iPhone と iPod touch の二つのハックが成功したというニュースが伝わってきたところで、なかなか皮肉なものだと思う。

Engadget: “iPhone, iPod touch v1.1.1 jailbroken, apps ported and running” by Ryan Block: 08 October 2007

Engadget Japanese: “iPhoe, iPod touch v1.1.1もクラックに成功、独自アプリも起動“: 09 October 2007

TUAW: “Beta Beat: iPhone/iPod touch Jailbreak Beta test announced” by Erica Sadun: 10 October 2007

TUAW: “Third Party Apps ported to iPhone 1.1.1” by Erica Sadun: 08 October 2007

TUAW: “Breaking: iPod touch root read access achieved” by Erica Sadun: 08 October 2007

Ars Technica: “Preliminary iPhone 1.1.1 jailbreak announced” by David Chartier: 08 October 2007

     *     *     *

一方アップルでは、すでに iPhone 1.1.2  の準備ができているという話もあるようだ。こうなるとまさにモグラたたき(cat and mouse game)だ。

TUAW: “Rumor: Apple using 1.1.2 internally” by Erica Sadun: 10 October 2007

Technorati Tags: , , , , , ,


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。