ノーベル賞とプレゼンテーション・ツール

Al Gore

A scene from “An Inconvenient Truth.”: New York Times

Al Gore のノーベル賞受賞の理由を、ノーベル賞委員会は「人間の活動によって引き起こされる気候変動の問題を知らしめ、対応策の土台を築いた」(for their efforts to build up and disseminate greater knowledge about man-made climate change)ためとしている。

2007 年にアカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画「An Inconvenient Truth」(不都合な真実)がその活動のひとつであることは明らかだ。

Academy Award

Academy Awards: New York Times

An Inconvenient Truth の製作にあたって大きな役割を果たしたある民間会社のソフトウェアについて、Carl Howe が触れている。

Blackfriars’ Marketing: “Keynote: the presentation tool of Nobel prize winners” by Carl Howe: 12 October 2007

     *     *     *

Editing

Al Gore Editing: Apple

今朝のビッグニュースは、Al Gore が国連の「気候変動に関する政府間パネル」(UN Intergovernmental Panel on Climate Change)と一緒にノーベル平和賞を受賞したことだった。アカデミー賞を受賞した映画「不都合な真実」(An Inconvenient Truth)はパワーポイントによるものだったというひとも多いが、実は Al Gore や Davis Guggenheim、Lesley Chilcott たちは、映像については専らアップルのプレゼンテーションツール「Keynote」を使って、プレゼンテーションや映画の作業をしたというのが本当のところだ。ハイデフィニション映像を扱える Keynote から直接 Avid ソフトに出力して、それが最終的なフィルムに使われたのだ。

Presentation

Al Gore Presentation: Apple

The big news this morning is that Al Gore is sharing the Nobel Peace prize with the UN Intergovernmental Panel on Climate Change. Despite many claims that Gore’s Academy Award-winning movie, An Inconvenient Truth, was a PowerPoint presentation, Al Gore, Davis Guggenheim, and Lesley Chilcott actually developed the visuals for the presentation and movie entirely in Apple’s Keynote presentation software. The high-definition Keynote output was then exported directly to Avid software that was used to make the final film.

Editing2

Al Gore Editing: Apple

グローバルな問題についてみんなの関心を高めるのに、民用のプレゼンテーションツールがかくも大きな役割を果たしたのは初めてのことではないだろうか。この気候変動プロジェクトやそのためのツールについて、みんなとは違う考え方をした(thinking differently)Al Gore および映画制作チームに心からの拍手を贈りたい。そして、この問題を広く知らしめた彼らのすばらしい成果を認めたノーベル賞委員会に対しても・・・

This may be one of the first times that a commercial software presentation tool has played such a prominent role in raising awareness of a global issue. Congratulations to Al Gore and the entire movie production team for thinking differently about this project and the tools they used. And kudos to the Nobel Committee for recognizing their tremendous achievement in raising the global awareness of this problem.

     *     *     *

映画製作に使った Keynote や機材のことは、アップルサイトの「Key to “An Inconvenient Truth”」に詳しい。

     *     *     *

参考:

・Blackfriars’ Marketing: “Keynote: the presentation tool of Nobel prize winners” by Carl Howe: 12 October 2007

・New York Times: “Gore and U.N. Panel Win Peace Prize for Climate Work” by Walter Gibbs and Sarah Lyall: 13 October 2007

・CNN: “Gore: Nobel win a chance ‘to change the way people think’“: 12 October 2007

・Apple: “Key to ‘An Inconvenient Truth’” by Barbara Gibson: 12 October 2007

・Movie Trailer: “An Inconvenient Truth

     *     *     *

追記(10月14日):

かつてのノーベル平和賞受賞者セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt)大統領の名スピーチと重ねて、Al Gore について書かれたすばらしい記事がある。

Long Tail World: “アリーナのアル・ゴア:Al Gore in The Arena“: 12 October 2007

なお、こちらも参考まで・・・

maclalala:annex: “心に残ることば:The Man in the Arena“: 14 October 2007

Technorati Tags: , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “ノーベル賞とプレゼンテーション・ツール”

  1. TORIO Says:

    今日からノブヒョン〜TORIOに変更いたします。
    Keynoteが使われたのは当然のこととして、パワーポイントとも互換性が高いのでWindowsオンリーの人は当然パワーポイントと思うでしょうね。Keynoteはひと味違います。エフェクトなどは特にインパクトあります。民用のプレゼンツールも映像に使われる時代になったのですね。Appleのソフトがすばらしいものであることを世間も認識して欲しいですね。Leopardも10月発売が固まってきているようですし。ここであっと言わせて欲しいところです。

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。