Steve Jobs の肉声がうかがえるインタビュー

Leopard Jobs-1

Paul Sakuma/AP/New York Times

Leopard の発売を直前に控え、ニューヨークタイムズの John Markoff が久しぶりにアップルの記事を書いている。

市場予想を大幅に上回る増益に沸く四半期決算発表のあった10月22日の記事だが、書かれたのはそれ以前だ。

Steve Jobs の喜びと自信を肉声で窺わせるようなインタビューだ。

New York Times: “As Apple Gains PC Market Share, Jobs Talks of a Decade of Upgrades” by John Markoff: 22 October 2007

     *     *     *

コンピュータも売っている

社名から「コンピュータ」ということばを落としたとはいえ、アップルはちゃんと沢山のマックを売っている。

SAN FRANCISCO, Oct. 21 — It may have dropped the word “computer” from its name, but Apple is certainly selling plenty of Macs.

     *     *     *

ヘイロー効果

いわゆるアナリストがいうところの iPod や iPhone のヘイロー効果(halo effect)もあって、アップルのパーソナルコンピュータのマーケットシェアは急増している。

Driven in part by what analysts call a halo effect from the iPod and the iPhone, the market share of the company’s personal computers is surging.

     *     *     *

全米第3位

コンピュータマーケットをカバーする二つのリサーチ会社が先週述べたところによれば、アップルは、月曜日の第4四半期の決算報告および製品出荷報告の時点で、Hewlett-Packard および Dell に続く全米第3位のコンピュータメーカーとなる。

Two research firms that track the computer market said last week that Apple would move into third place in the United States behind Hewlett-Packard and Dell on Monday, when it reports product shipments in the fiscal fourth quarter as part of its earnings announcement.

     *     *     *

大きな弾みが・・・

「今やマッキントッシュには大きな弾みがついている」とアップルの CEO Steven P. Jobs は、先週の電話インタビューで語った。「業界を凌駕するペースだ。」

“The Macintosh has a lot of momentum now,” said Steven P. Jobs, Apple’s chief executive, in a telephone interview last week. “It is outpacing the industry.”

     *     *     *

Leopard の発表

金曜日にアップルは OS X の新バージョン Leopard の販売を開始する。これは様々な機能を備え、あるものは Windows Vista と並び、またあるものはそれ以上だ。

On Friday, Apple will start selling the new Leopard version of its OS X operating system, which has a range of features that in some cases match those in Windows Vista and in others surpass them.

     *     *     *

10年は続く OS

Jobs 氏は、今後少なくとも10年間は、Leopard が皮切りとなって OS アップグレードが予定に組み込まれることなるだろうと語った。

Mr. Jobs said that Leopard would anchor a schedule of product upgrades that could continue for as long as a decade.

     *     *     *

12〜18か月のペースで

「今後当分の間、12〜18か月のペースで新しい OS のアップグレードが出来ることを大変よろこんでいる。メジャーなリリースはこれまでのところ平均して毎年一回だった。そうすることで我々は、磨きに磨きをかけ、改良に改良を加えることができたのだ。」

“I’m quite pleased with the pace of new operating systems every 12 to 18 months for the foreseeable future,” he said. “We’ve put out major releases on the average of one a year, and it’s given us the ability to polish and polish and improve and improve.”

     *     *     *

成熟期にはいったコンピュータ

アップルはマイクロソフトからウインドウズの顧客を奪って好調な伸びを示すかもしれないが、しかしこの二つの会社は同じような問題に直面している。業界自体が成熟期にはいり、成長を飛躍的に活性化するほど明白かつラジカルな技術革新が見られなってしまったことだ。

Although Apple may be able to grow briskly by taking Windows customers from Microsoft, the two companies face a similar problem: the industry is maturing and there have been no obvious radical innovations to jump-start growth.

     *     *     *

マルチタッチインターフェイスこそ核心

確かに Leopard の新機能の多くは漸進的な改良(incremental improvements)だ。しかし Jobs 氏はいう。iPhone 向け OS X の核心をなすマルチタッチインターフェイス(multitouch interface)が成功したのはスゴいことだと。このインターフェイスのお陰で、ユーザーはスクリーンの複数のポイントに触れることによって、例えば写真の一部をズームして拡大することが可能になるのだ。

Indeed, many of the new features in the Leopard operating system version are incremental improvements. But Mr. Jobs said he was struck by the success of the multitouch interface that is at the heart of the iPhone version of the OS X. This allows a user to touch the screen at more than one point to zoom in on a portion of a photo, for example.

     *     *     *

これは新しいインターフェイスだ

「我々が発明したのは新しい種類のインターフェイスだということを、みんなはまだ分かっていない。」

“People don’t understand that we’ve invented a new class of interface,” he said.

彼は、マイクロソフトがタブレットコンピュータで採用したスタイラスインターフェイス(stylus interface)と比較してみせた。それは多くのコンピュータが 1980 年代半ばから使っていたインターフェイスとさして変わりないものだ。

He contrasted it with stylus interfaces, like the approach Microsoft took with its tablet computer. That interface is not so different from what most computers have been using since the mid-1980s.

それに比べてマルチタッチは、コンピュータを制御する方法を大幅に単純化したのだ、と Jobs 氏はいう。

In contrast, Mr. Jobs said that multitouch drastically simplified the process of controlling a computer.

     *     *     *

iPhone UI には「動詞」が存在しない

Jobs 氏はいう。iPhone のインターフェイスには「動詞」(verb)が存在しないと。例えばこれまでのマウスやスタイラスの場合、ユーザーは写真のような対象を選択(select)し、そしてそれとは別に動作(action)、即ち「動詞」を選択することによって何かをさせた。

There are no “verbs” in the iPhone interface, he said, alluding to the way a standard mouse or stylus system works. In those systems, users select an object, like a photo, and then separately select an action, or “verb,” to do something to it.

     *     *     *

うまくいかないのではと恐れていた

Jobs 氏は更にいう。アップルの開発チームはいつも恐れていたんだ。この[マルチタッチインターフェイスによる]アプローチは iPhone を造っている間に失敗することになるのではないかと。

The Apple development team worried constantly that the approach might fail during the years they were creating the iPhone, he said.

「我々は Newton を笑いモノにした Garry Trudeau のマンガのことをいつも心に思い浮かべていた」と、手書き文字認識システム[注:Newton]のことをからかった Doonesbury の 1993 年の4コママンガのことに触れて彼はいった。「今度はうまくやらなきゃ・・・」

“We all had that Garry Trudeau cartoon that poked fun at the Newton in the back of our minds,” he said, citing Doonesbury comic strips that mocked an Apple handwriting-recognition system in 1993. “This thing had to work.”

     *     *     *

バカにされた Newton のことを思いながら頑張っていたという秘話は、iPhone 成功のよろこびがひとしおであることを窺わせる。

電話のインタビューだそうだが、Steve Jobs の肉声が伝わってきそうなところはさすがだ。

10月26日の Leopard 発表とともに、次の10年が始まる・・・

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック2件 to “Steve Jobs の肉声がうかがえるインタビュー”

  1. TORIO Says:

    Leopardのお届け日時についてはアップルジャパン・ストアも大混乱の様子です。

  2. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    SteveJobsの肉声がうかがえるインタビュー

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「iTunesトライアングは変わらない」と「SteveJobsの肉声がうかがえるインタビュー」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・…

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。