明日へようこそ:Ars Technica

Leopard Desktop-1

Ars Technica の John Siracusa が、長文だがすばらしい Leopard のレビューを書いている。

Siracusa はこれまでも Mac OS X のメジャーアップデートについて欠かさず書いてきた。

今回は格段に力がはいっており、プリントアウトすると 100 枚を超える大作だ。

まだ読み始めたばかりだが、とりあえず最後の結論の部分「明日(あした)へようこそ」を紹介したい。

Ars Technica: “Mac OS X 10.5 Leopard: the Ars Technica review” by John Siracusa: 28 October 2007

     *     *     *

アップグレードに値する

このレビューを書き始めるにあたって、私は期待を述べることから始めた。Leopard のことがよく分かるにつれ、2年半に及ぶ開発の努力がどこに投じられたのかますますハッキリと見えてきた。まさしく Leopard はいろいろな改良で満ちみちている。OS のどの部分をとっても手が加えられなかったところはないように見える。

I started this review talking about expectations. As I’ve learned more about Leopard, it’s become increasingly clear where, exactly, those two-and-a-half years of development time went. Leopard is absolutely packed with improvements. It seems that not a corner of the OS has gone untouched.

Leopard の表面的な変化しか見ず、主な機能だけをときたま使うユーザーには、そのことが分からないかもしれない。しかしそういう場合でも、Leopard は推薦するに十分値する。もしあなたが Leopard にアップグレードするかどうか迷っているなら、その答えは、これまでのメジャーなアップグレードと同じように、イエスだ。

Perhaps that’s not as clear to the casual user who just sees the surface changes and the major new features in Leopard. But even in that case, there’s more than enough to recommend it. if you’re wondering whether you should upgrade to Leopard, the answer, as it’s been for every major revision of Mac OS X, is yes.

     *     *     *

UI については強い嫌悪感

実はユーザーインターフェイスの大方の変更について私は強い嫌悪を感じているのだが、それでもなお以上のことを申し上げる次第だ。私は平均的なマックユーザーとは異なるかもしれず、私の嫌悪感は多分、大方のユーザーにとっては時たまあるいは何度か感じる軽いいらだち程度に過ぎないだろうから・・・。それに、Mac OS X の歴史を見れば分かるように、ひとはどんなものにでも慣れてしまうものだ。

I say this despite my deep hatred for many of the user interface changes. But perhaps I’m not representative of the average Mac user. In all likelihood, my hatred will translate into an occasional-to-persistent mild annoyance for most users. And truthfully, people can get used to just about anything (as the history of Mac OS X has shown).

     *     *     *

内部構造はすばらしい

Leopard の内部構造(internals)についてはとても興奮を覚える。たとえトップの番付けがついていなくても、これこそまさに今回のリリースのスターなのだ。これまで Leopard だけでしか動かないすばらしいソフトがたくさん発表されたのには十分なわけがあるのだ。これこそまさにデベロッパが望む世界だ。

I’m most excited about Leopard’s internals. They’re the star of this release, even if they don’t get top billing. There’s a good reason we’ve already seen so many prominent Leopard-only software announcements. This is where developers want to be.

     *     *     *

タイムマシンのすばらしさ

Leopard がデベロッパを惹き付けるということは、いずれユーザーにとってすばらしいアプリケーションが登場するということだ。それまでの間、手間のかからない魔法のような Time Machine のバックアップから恩恵を蒙らないマックユーザーをたった一人でもみつけろといわれても四苦八苦するだけだ。あなたがアップグレードするためには、何かひとつ決定的な理由が必要だというなら、まさにこれがそうだ。そうなんだ。バックアップなんて退屈な作業だ。あなたがきちんとバックアップしないのも多分そういうわけだろう。しかしそんな言い訳は最早通用しない。

Leopard’s pull on developers will translate into better applications for users… eventually. In the meantime, I’m hard pressed to think of a single Mac user I know who wouldn’t benefit from Time Machine’s hassle-free backup magic. If you’re looking for one reason to upgrade, this is it. Yeah, backups are boring, which is why you’re probably not doing them regularly right now. No more excuses.

     *     *     *

新しい始まり

多くの点で Leopard は新しい始まりのように感じられる。Tiger が API[Application Programming Interface]をモノにして GUI[Graphical User Interface]の新しい可能性を模索するまでにはバージョン 10.0 から 10.3 まで待たなければならなかった。しかし、Leopard の歩みはもっと大胆だ。新しい特別な外観(look)を採用し、すべてにそれを使うことを強制し、インターフェイス最大のビジュアル効果のデザインを変え、あたかも猫の皮のように古い技術を脱ぎ捨てたのだ。

In many ways, Leopard feels like a new beginning. While Tiger consolidated the gains made in 10.0 through 10.3, pinning down APIs and dipping its toe into a few possible future directions for the GUI, Leopard charges bravely forward, choosing one particular new look and mandating it everywhere, redesigning all of the most prominent visual elements of the interface, and shedding old technologies like cat fur.

     *     *     *

変わった獣

登場したのは実に変わった獣(けもの)だ。中味はとても美しいが、見かけは・・・そのう、ちょっと可愛くない代物だ。時間の経過とともに、ユーザーのフィードバックによって角(かど)が取れることを期待したい。私が夢見るドラスチックな外観の変更は 10.6 以降に伸ばしてもいいから・・・。そしてまた、この10年の間に HFS+ の後継となる次のファイルシステムについても、アップルがやっと決断してくれるなら尚うれしい。

What’s emerged is quite a strange beast: beautiful on the inside and, well, a bit unlovely on the outside. I hope a few years of user feedback will file down some of the sharper edges, even as my dream of a radical new look is postponed until 10.6 or later. It’d also be nice if Apple would finally make a decision about the successor to the HFS+ file system some time this decade.

     *     *     *

長い道のり

これまでの道のりは、なんと長く、そして奇妙な旅だったことか・・・。一年前に私が想像したものより Leopard はすいぶん違ったものとなった。開発の最終段階でいくつかの大きな失望(新しいドック、メニューバー、その他ファインダのへま)を味わったが、その基礎はこれまでになく強固なものとなった。

What a long, strange trip it’s been. Leopard turned out very differently than I imagined it would only a year ago. Despite some big disappointments near the end of its development process—the new Dock, the menu bar, more Finder floundering—the foundation is stronger than it’s ever been.

     *     *     *

今後のバージョンアップに期待

そうなるかどうか分からないが、Leopard の持つ大きな問題点は、バージョン 10.5.x のリリースの時点でその大部分が解決されることを期待したい。もっとも、Mac OS X のどのバージョンをとってみてもそうはならなかったけれど・・・。Leopard によってアップルは、完全な勝利を収めたかに思われたが、敗北とはいわないまでも、一部屈辱を蒙(こうむ)ってしまったのだ。[注:ここは不明]

Though this is not likely to happen, most of Leopard’s biggest problems could be fixed in a 10.5.x point release. That’s something that certainly could not have been said about any prior version Mac OS X. With Leopard, Apple has managed to snatch, certainly not defeat, but at least partial ignominy from the jaws of absolute victory.

これまでに先行するバージョンの域を越え、 Mac OS X 10.6 が勝利に向かう舞台は整った。それまでは、マックの開発者コミュニティが煌(きら)めくときだ。Tiger のように2年半、あるいはもっと長い間君臨することになるかどうか、宇宙船 Leopard 号に乗る日を心待ちにしたい。(注意:[宇宙船 Leopard 号のドックは]濡れると滑りやすいので気をつけてください。)

The stage is set for Mac OS X 10.6 to triumph beyond the bounds of its ancestors. In the meantime, it’s the Mac development community’s opportunity to shine. Whether it reigns for two and a half years, like Tiger, or even longer, I’m looking forward to my time aboard starship Leopard.

(Caution: Dock slippery when wet.)

     *     *     *

結論の部分はたいへん散文的だが、それでも待ちに待った Leopard への期待が大変大きいことを思わせる。

John Siracusa は、Leopard の内部については大いに満足しているものの、ユーザーインターフェイスには大きな不満(というより嫌悪)があることを隠そうとしない。

この点についてはレビュー本文の中に詳説されているのだが、MacNN が短くまとめたもの(「Leopard はインターフェイスを変えたことにより損なわれた」)があるのでそちらも紹介したい。

MacNN: “Ars: Leopard marred by interface changes“: 29 October 2007

     *     *     *

石板のような灰色の外見

Mac OS X Leopard は全体的にみるとすばらしい OS だが、新しい外見によって損なわれている、と ArsTechnica は書いている。このレビュー記事は、タイムマシンのバックアップ、困難だが避けて通れない64ビットコードへの移行など、OS 内部の変更については褒めているが、インターフェイスの変更については使い勝手と関係ないどころか、かえって邪魔になると批判している。Garage Band のような特別な場合を除き、すべてのソフトで新しい「石板のような灰色」(slate gray)の外見を使用するよう強制されている。これはまったく魅力がないではないわけではないが、Aqua タイプのダイアログボタンなどとは矛盾する。

Mac OS X Leopard is in general a fantastic operating system, but hurt by its new look, ArsTechnica writes. The publication’s new review praises the “internal” changes of the OS, such as Time Machine backup and the tough-but-necessary migration to a 64-bit codebase, but complains that several changes to the interface are unnecessary or even detrimental to usability. With the exception of custom programs such as Garage Band, for instance, all programs are now required to use the new “slate gray” appearance, which is said to be not entirely unattractive but in conflict with items such as Aqua-like dialog buttons.

     *     *     *

けばけばしいドック

Leoparddock

レビューの中で特に激しく非難されているのが新しいドックだ。「疑似 3D」風に表示され、近くのアイコンやウインドウが影を落とす。これは「9才の少女がお人形さんに施した化粧のように」けばけばしいと表現されている。また、ドックをスクリーンの左右に配したときにはこのビジュアル効果がまったく失われてしまう。同じ効果を左右に残したときの批判をかわそうとしたものだと思われる。

More harshly attacked in the review is the new Dock, which is rendered in a “pseudo-3D” appearance that reflects icons and any window placed nearby. This is described as gaudy, akin to a “nine year-old girl putting make-up on her dollie,” while it is noted that the effect disappears entirely when moving the Dock to the side of the screen — possibly as a move to appease critics of the alternative.

     *     *     *

見にくいフォルダとメニューバー

Leopardfolders

Leopard のインターフェイスについては、ユーザーにとって特に二つの点が邪魔になるという。フォルダの新しいアイコンとメニューバーだ。フォルダにはアプリケーションなどの特別のアイコンがついているのだが、コントラストのはっきりしない浮き出し模様で表現されており、サイズが小さくなるととても分りづらい。新しいメニューバーによってもっとひどくなる。背景となる壁紙によっては、半透明のメニューは読むのが困難になる。アップルはプレリリース版よりこの効果を抑えているが、これは Leopard のインターフェイスの最大の問題だという。これを修正するためにはサードパーティのハックが必要となるだろう。

Two aspects of Leopard’s GUI are said to actively hinder users, these being the new folder icons and the Menu Bar. Folders with special icons on them, such as Applications, are now rendered with low-contrast embossing, making them much harder to identify at small sizes. The same problem is amplified by the new Menu Bar, which is translucent and can be difficult to read if used in combination with the wrong wallpaper. Though Apple has toned down the effect since pre-release versions of the OS, this is said to be the primary problem with Leopard’s interface, one that will most likely require third-party hacks to remedy.

     *     *     *

以上、はしょった形でしか紹介できなかったが、John Siracusa のレビュー記事は大変読み応えがあるので興味のある方はぜひ目を通されるといいと思う。

実は筆者も Leopard にアップグレードを済ませた。[詳細は別掲予定。]

作業もスムーズで、処理速度も向上してそれなりにいい感じなのだが、なにかひとつ、新しい OS に変わったというよろこびがいつもと違って薄い気がする。

あれこれ試して、結局前の Tiger に近い壁紙を使っているが、なんだか落ち着きが悪い。

そんなときに Siracusa のインターフェイスに対する不満を読んで、自分の心の中にひっかかっていたのはこれだったのかという思いがした。

灰色のデザインに気乗りがしないのは筆者だけではなかった・・・

     *     *     *

追加:Leopard ハックがつぎつぎに(11月02日)

Leopardgraydock

John Siracusa のレビューで指摘されたと思ったら、すぐに Leopard ハックが登場した。

3D の影をなくしたり、ドックをいじったりといろいろだ。

Triangle Dock

この調子だといろんなハックが現われそう・・・

壁紙もたくさん登場しそうで楽しみだ。

参考:

・Ars Technica: “Fear change? Revert to the traditional Dock, complete with black triangles” by David Chartier: 30 October 2007

・TUAW: “How to tweak the Leopard Dock’s color” by Mike Schramm: 30 October 2007

・TUAW: “Triangles back on the Leopard Dock” by Mike Schramm: 30 October 2007

・Silver Mac: “Leopard Dock with black triangle” by : 29 October 2007

・InsanelyMac Forum: “Modding Leopard’s Dock” by Numberzz: 30 October 2007

Technorati Tags: , , , , ,

コメント / トラックバック12件 to “明日へようこそ:Ars Technica”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    OSXLeopardを買う前に知っておきたい10のポイント

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「林信行の「Leopard」に続く道 第6回:Leopardへの助走――MacOSXの誕生からTigerまで」と「OSXLeopardを買う前に知っておきたい10のポイント」他…

  2. pochi Says:

    はじめまして
    灰色は目に一番優しい色なんです、、、が優しい分長時間続いてしまうと飽きてきてしまうんですよね(^^;)

  3. 徳力基彦 Says:

     はじめまして
     アルファブロガー・アワードという企画を運営しております徳力と申します。

     このたび、運営されているブログが、アルファブロガー・アワードのノミネー
    トブログとして推薦されました。
     メールの連絡先が掲載されていなかったようですので、コメント欄からのご連
    絡で失礼させていただきます。

     アルファブロガー・アワードというのは、初めてブログを始める人、また面白
    いブログを探しているけれど、どこで探せば良いのか分からない人、そんな方々
    に参考になるブログをピックアップしていこうという企画です。

     下記のウェブサイトにブログで確認した情報を元に基本情報や画像キャプチャ等
    を掲載させていただいておりますのでご確認ください。
     http://alphabloggers.com/

     よろしければ、コメント投稿時のメールアドレスにお返事いただければ幸いです。
     いきなりのコメントでのご連絡で恐縮ですが、ご確認のほどよろしくお願いいた
    します。(このコメントは確認後削除していただいて結構です。)

  4. yk Says:

    私も、メニューバーの半透明化と、Dockの無駄な反射、起動中のアプリケーションの分かりにくさなど
    外館に対して改悪された印象が強いです。
    この機能をオフにするアップデートが提供されることを期待。

  5. TORIO Says:

    私はちょっと違います。メニューバーの半透明は気に入っています。前にも言いましたがピクチャー5秒変化を使えば、おもしろい。グレーとピクチャー半透明のメニューバーは良いコントラストです。
    スタックも大変便利な機能だと思います。
    特にカスタマイズして書類、写真など入れておけば一目で分かり、最も直感的かつスピーディーにファイルを開ける。
    人それぞれですね。

  6. shiro Says:

    > 徳力 基彦 様

    アルファブロガー・アワードにノミネートされた旨のお知らせを頂きありがとうございました。

    個人のささやかな試みが、そんな企画の対象に取り上げられたことにびっくりしています。

    駆け出しのブログにとってはノミネートされたことだけでも大変な光栄です。励ましを頂いたものと心から感謝しています。

    まずは御礼まで・・・

      藤 シロー 拝

  7. Reny Says:

    [注:ここは不明]のところを考えてみました。
    アップルは確かに失敗ではないが、少なくとも部分的な不名誉を、完全な勝利の狭い入り口からもぎ取って来ることができた。

    ちょっと嫌みを言って、次の文章で今後に期待してるぞ、ということだと思います。

  8. Hiro Says:

    まったく本題に関係ないのですが、散文という単語の使われ方が微妙に違うような…

  9. shiro Says:

    > Reny さん

    “snatch defeat from the jaws of victory”[勝つかと思われたのに敗北を喫してしまった(?)]という言い方があるようなのですが・・・

    ・It is amazing how many ways the Democrats have found to snatch defeat from the jaws of victory.

    ・Lewis Hamilton managed to snatch defeat from the jaws of victory in the Formula 1 championship.

  10. mar Says:

    はじめまして。

    ドックとグレーの色のコントラストは上がり、
    メニューバーとフォルダはコントラストは下がりましたね。
    なにか狙いがあるのでしょうかね〜。
    全体的にな印象はぎらぎら感が増してますよね。
    ジョブスさんの視力が落ちたのかなと余計な心配をしちゃいます。。

  11. TORIO Says:

    私のスタックは元々入っていたフォルダを全部取っ払い、いろんなファイル、書類でいっぱい。ドックはアプリよりスタックの方が多くなっています。ウィンドウ上でファイルを更新してもスタックに入っている同じファイルも自動的に更新されています。編集中のファイルを主にスタックにしています。これは思った以上に超便利機能です。
    デスクトップも700枚位のピクチャーをランダムで5秒変えしていますので、ウィンドウを最大にしても、透け透けメニューバーで変化を楽しめます。
    Leopardは使い方によっておもしろくなります。

  12. TORIO Says:

    スタックをフォルダ表示したくなければ、そのフォルダの先頭に写真とか絵とかを置けば
    ドックに入れたフォルダは先頭の写真とか絵で表示されます。

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。