Google Phone はアップルを狙ったものではない

Gphone-1

グーグルの携帯電話戦略が発表されたばかりだが、Carl Howe が興味深い考察をしている。

Blackfriars’ Marketing: “Google’s phone targets Windows Mobile and RIMM, not Apple” by Carl Howe: 05 November 2007

     *     *     *

グーグルの発表内容をまとめると・・・

グーグルの携帯電話戦略に関して最初のニュースがはいってき始めた。グーグルの公式見解についてはグーグルブログを参照のこと。[Andy Rubin についてはこちら。]今回の発表について私の印象をまとめると次のようになる。

The initial reports about the Google announcement of its mobile phone strategy are coming in now. You can look at Google’s blog for its official viewpoint. My summary is that Google announced:

1)携帯電話のオープンソースソフト群

グーグルのデバイスは出ない。携帯電話やグーグルのサービス利用に必要なオープンソースのソフト群を出しただけ。

An open-source mobile phone software stack. Google’s not making any devices; it’s just creating a standard set of open source software to run mobile phones and use Google services.

2)テクノロジーおよびキャリアの30社と提携

端末メーカーの HTC、Motorola、Samsung に加えて T-Mobile、Sprint などの有名キャリアを Open Handset Alliance(OHA:オープン携帯端末団体)に参加させた。

An alliance of 30 technology and carrier companies. Google got handset makers HTC, Motorola, and Samsung on board, as well as notable carriers T-Mobile and Sprint to sign up for its Open Handset Alliance

3)ソフトウェア開発キット

グーグルはソフトウェア開発キット(SDK)を11月12日の週にリリースする予定。

A software developer kit. Google will make the SDK available in about a week on November 12.

4)ハードウェアは無し

モックアップやプロトタイプの写真がいろいろ出回ったが、ハードウェアの発表はなかった。2008 年後半までは出ないものと思われる。

No hardware. Despite the many mockups and prototype pictures running around, no hardware was announced and none is expected until the second half of 2008.

     *     *     *

で、その影響はどうか

今回の発表内容は先週私が予想した線にかなり近い。これら Open Handset Alliance のメンバーがグーグルの 700 MHz 帯域の公開入札の手助けになるかどうかはまだ分らないが・・・。ただ、つぎのような質問をすることはできる。今回の件は他の競合ソフトウェアハウスや端末メーカーにどんな影響を与えるのかと。以下、心に浮かんだことをいくつか・・・

So far, this announcement lines up pretty well with what I had predicted last week, although we still don’t know if these OHA partners will help Google in its bid for 700 MHz spectrum. But in the meantime, we can ask the question, what does this mean for competing software companies and handset providers? Here are a couple of my top of mind thoughts:

     *     *     *

1)Open Handset Alliance の狙いは Research in MotionSymbianPalm そしてマイクロソフトだ

グーグルは次世代携帯電話ソフト群の価格をゼロに設定したことになる。それは端末メーカーが通常1台当たり3~8ドル支払っているものに相当する。モトローラやサムスンのような端末メーカーなら、うまくいけば年間 1500 万ドルから1億ドルの額が約束されたことになる。一方 RIM や Palm、マイクロソフトにとっては、ライセンスを受けた相手に対し、ライセンスがそれだけの額に相当することを納得させなければならない難しい問題に遭遇することを意味する。

The OHA targets Research in Motion, Symbian, Palm, and Microsoft. Google has just set the going price of a next generation mobile phone software stack to zero, which compared to the $3 to $8 handset makers normally pay per unit. If you’re a handset maker like Motorola or Samsung, that promises to have you anywhere from $15 to $100 million a year if you can make it work. On the other hand, if you’re RIM, Palm, or Microsoft, you now have a tough marketing job ahead to convince your licensees that you’re that much better than free.

     *     *     *

2)iPhone キラーにはならない。

gPhone は iPhone キラーになるのではないかと先週期待したものもいたが、アップルの競争相手は来年後半までは出てこない。それまでには iPhone のバージョンが二つないし三つ出て、1000 万台を全世界で売り上げているだろう。Open Handset Alliance の端末はどっと出てくるだろうが、それは要すればリナックス上で動くアプリケーションがたくさん出るということにすぎない。それらソフトの人気が出れば、アップルとしては iPhone(Mac OS X)上で動くように手を加えるのは簡単だ。

There’s no iPhone killer here. Despite some who hoped that the gPhone was an iPhone-killer last week, there’s no competition for Apple in this announcement before late next year. You can expect Apple to be selling two or three versions of its iPhone by then and to have about 10 million iPhones in the market around the world. And while the OHA handsets may take the world by storm, more likely they’ll simply produce a lot more application software that runs on top of Linux — which Apple can easily adapt to run on Mac OS X on the iPhone should they become popular.

     *     *     *

ただし・・・

ただし、一点だけ注意する必要がある。グーグルのソフトウェア開発キット(SDK)がマーケットに出回るのはアップルより3か月も早い。そのことでヨダレを垂らすデベロッパは多数いるだろう。もっとも、それでも大きな問題が残る。アプリケーションを書いたとして、いったいどこでそれをテストするのだろうか?

I will note one thing though: Google is going to have its SDK in the market about three months before Apple will. And that’s got to have a lot of mobile application developers drooling. The big question remains though: once you’ve written your application, what are you going to test it on?

     *     *     *

なかなか強力な推論に思えるがどうか・・・

     *     *     *

追記(11月08日):

Android

Android by Steph W

グーグルのアンドロイドに対するたくさんの反応のひとつ・・・

BusinessWeek: “Does The World Need Another Mobile OS?” by Arik Hesseldahl: 06 November 2007

     *     *     *

以下順不同で[携帯電話の OS を挙げると]・・・

Listed in no particular order…

Microsoft Windows Mobile

Research In Motion Blackberry OS

Symbian

Mobile Linux in its various flavors

OS X

Palm OS

で、どうしてグーグルの Android OS が必要だって?

Tell me again why we need Google’s Android OS?

Technorati Tags: , , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “Google Phone はアップルを狙ったものではない”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    新タイプのミュージックゲームに対応した「iTunes7.5」が公開

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「GIGABYTE、ロール式のアルミ製ノートパソコン冷却パッド「ROLLPAD」」と「新タイプのミュージックゲームに対応した「iTunes7.5」が公開」他を…

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。