Out of Town

Out Of Town-1

“Run down out of town” by Brian James

先日の Dan Miller の記事が心にひっかかっている。

ニュースを追いかけているつもりが、いつの間にやらニュースに追いかけられているという話は、なんだか身につまされる・・・

ニュースの追っかけは依然続けているのだが、ヨコのものをタテにしてきちんとエントリーする気力がなくなった。

楽しみが楽しみでなくなる瞬間とも微妙に重なる。

しばらく東京を離れて、マックも、ニュースもない世界に身を置いてみたい・・・

タグ: ,

コメント / トラックバック10件 to “Out of Town”

  1. TORIO Says:

    京都でもいらしてください。今は一番よい季節です。

  2. boz Says:

    そういう時もあると思います。たまには忘れてしまうのも良いのかも知れません。
    私の場合はちょいと事情が違いますが今はBlogでは無く違う物でやっています。
    また書きたくなれば書きますよ。
    だってあなたはBloggerじゃないですか。
    書かずにいられない時は気付けば書いている筈です。
    楽しみましょう、他にも色々と面白い事はありますよ。

    いきなりの長文で偉そうに言って済みませんでした。
    では、enjoy!
    i’m Twitter now.
    i’m boz thankyou.
    :-3

  3. cinquantanoveventisette Says:

    maclalalaさん、あなたがタイトル・イメージに選ばれた写真を見て、それに続く文章を読む前に自分がやっていた行動を想い出しました。街から離れてあちこちの田舎、山の中に住いを求めて放浪した約10年が有りました。人里離れたとも言える場所もありましたが電話はもちろんある環境でダイアル・アップのネットは遅々としたものでしたが、そういう環境の中にいると自身で動ける事が必須ですが世の中のあれこれを遮断してくれる時間が増え、自然を見つめるようになり、そういう世界に住む人達のシンプルさに感謝する事が度々ありました。そしてたまに大都会に移動する時の不安と喜びも多大なモノでした。私の場合は生活源となる資金の問題だけでいままた元の世界に戻りざるをえない事になりましたが。それは他界からの帰還という感じでした。それから4年近く、そしてmaclalalaさんのブログを読始めて、ただただ感心していました。翻訳技術とその流暢な文章の流れ、自分もある外国語をネイティブとまでは行かずとも、それ近くまで話せて書けますが訳すとなると出来ません。私なら、その技術と知識と文章力を活かす、しかしのんびりと好きなようにやれる事を考えますね。
    私の歳はメールアドレスです。マック歴は21年。
    Bocca a lupo!!!

  4. アンクル・ホイヤー Says:

     ふむふむ・・。よくわかりますねー・・。以前は ひたすら毎日欠かさずマック関連の記事をアップしていましたけど いまは 間があいても マイペースで あせらず 自分のペースで ぼちぼちとやっとりますー・・。
     なにか きめて やりとげようとすると せわしくなって おいたてられてしまうような気持ちになってしまうことが ありますねー・・。
     そんなときに あたたか コメントなどをいただくと また 気持ちがふるいたって できるものですけどね。無理は からだにもこころにも よくありません・・。長続きさせるためには やすみながら ゆったりと されていくといいですよね。

     わたしも よくバイクとか車で 山の中とか海をみて 時間をわすれることがあります・・。そういう時間 空間を大切にしたいですねー・・。ぼちぼちとねー・・。

  5. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    TidBITS日本語版最新号 TidBITS#903,05-Nov

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「OutofTown」と 「VintageComputerFestivalレポート」と「TidBITS日本語版最新号 TidBITS#903,05-Nov」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独…

  6. +.kだいひょう Says:

    シローさんが望むままで良いのですよ。
    そうそう、上で書き込まれているTRIOさんが言われる様に
    今の京都は良いですよ。人が多いですけど(冷汗)…
    何てたってApple Product designerの西堀晋氏のお店
    efishだってあるのですから(笑)。
    ちなみにウチの近所です(爆)…

  7. かめまる Says:

    息抜きも必要だし、気楽に楽しく続けられればそれでいいかと思いますよ。
    仕事じゃないので、ブログに追われて悩むのはナンセンスです。
    美味しいもの食べたりいい景色を見たり仕事したり。
    人生を楽しんで、できればそのお裾分けなどしてもらえればと思います。
    ところで、このブログのおかげで英語のサイトにもどんどん踏み込む事が出来るようになったので、すごく感謝しています。
    まさしく人生の楽しさのお裾分けをいただいた気分です。

  8. Metal Says:

    シローさん いつも興味深く読ませていただいています。
    「ニュースを追いかけているつもりが、いつの間にやらニュースに追いかけられている」
    ニュースを書かされていると理解してよろしいでしょうか?

    私の場合は、ニュースblogではないのですが、以前は「書かなければ」という気持ちに囚われて記事を書いたことがありますが、そういう場合はたいがい不作です。
    なので、最近は自分が書きたくなるまでじっとしていることにしています。

    休養することで、新しく見えてくることもありますし・・・
    今は、MacのこともAppleのことも忘れてしばらくゆっくりするのがよろしいのかと思います。

  9. TORIO Says:

    コメントが一挙に増えましたので、東京へ帰って来られたと推測します。
    今、Macが旬です。Leopardの季節です。日本人にとって今が一番Leopardに関する情報が見たい時だと思います。誠に勝手な言い分かも知れませんが、自信をお持ちになって、時期が来れば、海外の情報の発信を再開されることを切に願っています。

  10. beta mac Says:

    シローさま、私もみなさんの意見に賛成でして、ときには何も考えない時間という時の流れが
    必要だと思っております。実は私自身、一年に一度は自然の中に身をまかせるときを持つよう
    心がけています。というのも、私も都会暮らしなわけですが、いっとき自分自身が人間らしく
    ないという感覚に陥り、まるでロボットのように忙しく動き回っている時期がありました。

    それを機に、どこか何もないところに行ってみようかと思ったのがきっかけだったのですが、
    個人的にはそれが正解だったように思います。つい先日も自然のあふれたところに行ってきた
    ばかりですが、水が青く湧き出ていて、水に手を浸すだけで、とても冷たく癒されました。
    そこにはきれいな水草が育ち、小さな魚が泳ぎ、そして川エビなどもいました。川沿いを
    歩いていると、たまたま木から柿が落ちてきて、川で洗って一口かじりました。おいしい。

    デジカメで何枚も撮影してきましたが、やはりそういった自然を自分自身できれいだなと
    感じることで、自分は人間なんだなと改めて感じた瞬間でもありました。自然を良いなと
    感じるということは、やはり人間も自然から生まれてきたんだと実感することができます。
    あとは旅館の西日が射す部屋の中で、何も考えず、畳に寝転がっていました。なーんにも
    ないんですが、これが都会暮らしの人間に足りない贅沢な時間の流れなのかも知れません。

    そして帰る当日になって、ふと思い出したんです。そう言えば木から落ちた柿を食べたと。
    落ちてきたのがりんごだったら…一口かじったわけですから、まさにになっていたのに。
    「そうだ、家ではmacが待ってる。帰ろう」そう思った瞬間でした。そんな感じで、私は
    毎年一回、自然のあふれるところでボケーッとしています。それは私が人間らしさという
    ものを失わないため、そして自分が人間であるということを証明するための手段であると
    感じているからでもあります。長駄文失礼しました。日本は良い所がたくさんありますよ。

コメントは受け付けていません。