多島の海に日が沈む

Sunset

長距離旅行の許可が出たので、保護者同伴の旅に出た。

同じ頃に入院、手術した身内のことがずっと気に懸かっていた。見舞いを兼ねての旅。

大病にも拘らず明るい笑顔だったのがうれしかった。

心づくしの手料理を二組の夫婦が囲む。スペインのシャンペンが彩(いろど)りを添える。

何くれとなく世話をする伴侶の姿がうれしい。

     *     *     *

Nuno Ehon

正面から病気を受けとめる覚悟が心に沁みた。

心の通った友人と作っている布絵本を見せてもらった。

「おかあさん」というタイトルの絵本には、さまざまの動物の親子が姿を写す。

その手触りと雰囲気がとても暖かい。

そんな手作りの作業に気持ちが向いていること、一緒に作ってくれる友人がいることがうれしい。

少しでも一緒の時間をとりたくて、毎日通った。

双方とも体調のいい、元気なときに会えたのがなによりだった。

     *     *     *

Huki

汽車を乗り継いでの旅だった。

泊まった宿からは多島の海が見える。

時々刻々と表情を変える海はいつまで見ても飽きない。

沈む夕日は絶景だ。

裏山には櫨(はぜ)と蔦(つた)の紅葉、石蕗(つわ)の花。

テレビも新聞も見ない時が過ぎる。

身体は疲れたが、心の解放される旅だった。

タグ: ,

コメント / トラックバック2件 to “多島の海に日が沈む”

  1. TORIO Says:

    闘病中のなか、思い切って旅に出られたんですね。正直言って私も周りに病人を抱え介護に奔走している日々です。
    でも、MacもLeopardが出てから爆発的に売れている様子です。Windows派だった同僚も初めてiMacを買って感動しています。
    Macがいま旬です。Appleにとっても今年最大の山場を迎えています。また、Leopardに関する海外の情報があれば、是非、載せていただきたいと希望しています。

  2. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] 多島の海に日が沈む [image] […]

コメントは受け付けていません。