本家アップルによる iPhone のロック解除

Iphoneentsperrt

Ihr iPhone wurde erfolgreich entsperrt.:iPhone のロック解除は成功しました]

アップルが iPhone をロック解除すると、数秒しかかからないという。

あの牢破り(jailbreak)騒動はなんだったのか・・・

MacRumors: “German iPhones Unlocked by iTunes“: 26 November 2007

     *     *     *

追加料金 600 ユーロが必要

ドイツの MacNotes.de は、ロックフリー iPhone を買った顧客の話を載せている。

MacNotes.de (German) provides early notes and experiences from customers who have bought unlocked iPhones in Germany.

ロックを外した初めての iPhone が、11月21日にドイツで販売された。SIM カードをロックした通常のiPhone に比べると、かなり値段が高く、追加料金が 600 ユーロも必要だ。ここで「ロックを外した」(SIM-unlocked)とは、AT&T や T-Mobile のような特定のネットワークプロバイダに固定されず、どのキャリアの SIM カードでも使えるという意味だ。

The first SIM-unlocked iPhones went on sale in Germany on November 21st with a considerable (600 euro) premium over the usual SIM-locked iPhones. “Unlocked” simply means that the phone is not tied to any one network provider (such as AT&T or T-Mobile) and can accept any SIM card.

     *     *     *

ロック解除方法

ロック解除の方法はつぎのとおり。まず、通常の(ロックされた)iPhone を購入し、他に追加料金を払う(合計で 999 ユーロ)。その際、iPhone のシリアルナンバー(IMEI number)が記録され、アップルに送信される。約24時間後にアップルのデータベースがアップデートされる。その時点で iPhone を iTunes に接続すると、自動的にロックが解除される。(記事によれば「ほんの数秒」だという。)その後、ロック解除された iPhone を iTunes に同期させる。ロック解除後のファームウェアはバージョン 1.1.2 のままだ。このやり方についてはいくつも疑問があるが、アップル非公認のロック解除法もすぐに登場しそうだ。

The unlocking process is as follows: You simply buy a regular iPhone (“locked”) and pay the additional premium (999 euro total). Your iPhone’s IMEI number is recorded and sent to Apple. After 24 hours or so, Apple’s database is updated. At this stage, once you connect your iPhone to iTunes, the iPhone is automatically unlocked in a process that is described as taking only “seconds”. You can then proceed to sync your now-unlocked iPhone with iTunes. The firmware remains at version 1.1.2 after the unlock. The process raises a number of questions and also opens the possibility of unauthorized unlocking solutions to become readily available.

     *     *     *

一時差し止め命令

ドイツにおけるロックフリー iPhone の発売は、T-Mobile に対する一時的差し止め命令(temporary injunction)によって強いられたものだ。将来裁判所によって覆される可能性もある。

The sale of unlocked iPhones in Germany was forced by a temporary injunction against T-Mobile, and could potentially be overturned at a future court date.

     *     *     *

フランスでも・・・

それとは別に、フランスにおいては国内法の定めるところにより、6か月後にはロックフリー iPhone を販売しなければならない。従って、iTunes の[ロック解除]インフラはそのまま残しておく必要がある。フランスにおける iPhone の発売開始は11月29日だ。

Regardless, Apple is required to offer unlocked iPhones in France after 6 months according to French law, so the infrastructure must remain available in iTunes. The iPhone will launch in France on November 29th.

     *     *     *

このロック解除方法について Carl Howe がつぎのような感想を述べている。

Blackfriars’ Marketing: “How iTunes unlocks German (and presumably French) phones” by Carl Howe: 26 November 2007

     *     *     *

バックエンド部分はまだ未完成か・・・

どう見ても奇妙で、まだ未完成ではないかと思われるのが、アップルに対し T-Mobile が電話の IMEI[international mobile equipment identifier:携帯電話の機体識別番号]を送信しなければならないという部分だ。アメリカでは iPhone のアクチベーションをシームレスかつ瞬時にしようと、アップルがすごいこだわりを見せている。それに比べると、データベースをアップデートして iPhone が使えるようになるまで24時間も待つ必要があるというのは、クパチーノのユーザー体験担当デザイナーにとってはイライラする話だろう。もし裁判所命令がこれからも有効なら、きっと T-Mobile や Orange は、そのバックエンド[ユーザーには見えない後方支援のデータ処理部分]を統合して、このプロセスをスピードアップするに違いない。

The clearly awkward and probably not finished part is the need for T-Mobile to record and transmit the phone IMEI (that’s the phone’s unique electronic serial number used on the phone network) to Apple. Given Apple’s obsession in making the whole iPhone activation a seamless and near-instantaneous experience here in the US, the concept that a customer has to wait 24 hours for a database update in Germany to use their unlocked iPhone must grate on the user experience designers in Cupertino. I expect to see some further back-end integration for T-Mobile and Orange to speed this process up in the future should the court order stand.

     *     *     *

以下はまったくの想像だが、つぎのようなシナリオはどうだろうか。

1)キャリアの加入契約からアップルが吸い上げる分は非常に大きい。

2)アップルは1国1キャリアというビジネスモデルに固執する。

3)キャリアからの収入を確保するため IMEI の報告を求めて、キャリア販売分を正確に抑える。

4)オイシい話を阻害する iPhone のロック解除には徹底的に抗戦する。

5)しかし jailbreak は防ぎようが無い。

6)ドイツ(裁判所命令)とフランス(国内法)ではロックフリーの iPhone を売らざるを得なくなった。

7)そこで本来台数確認のためだった IMEI を活用して、ロック解除の対抗策とする。

8)途中から出てきた話なので、iTunes によるロック解除には時間がかかる。

この想像が当たっているかどうかは別にして、アップルにとってキャリアの iPhone 加入契約が非常にオイシい話であることは間違いないようだ。

明日はいよいよフランスで iPhone が発売される。

ロックフリー iPhone に関する情報ももっと出てくることだろう。

先日 Steve Jobs が、お忍びでパリを訪れた理由もあきらかになるかもしれない。

Technorati Tags: , , , , , ,

コメント / トラックバック2件 to “本家アップルによる iPhone のロック解除”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    iPodtouchを買う理由

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「Apple、MacBookが“絶好調”――デスクトップシェアを引き離す」と「iPodtouchを買う理由」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独…

  2. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] 本家アップルによる iPhone […] [image] […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。