2008 年は小型ノートブックの年

Macbooktouch

ウワサの小型マックのひとつ:MacBook Touch

ついに、ビジネス誌トップのビジネスウィークまでマックワールド予想に名乗りをあげた。

小型マックがどんなデザインになろうと、使わざるを得ないチップの方から考えてみようというわけ・・・

これがなかなか説得力があっておもしろい。

BusinessWeek: “A Little ‘Intel’ on Apple’s Next Move” by Arik Hesseldahl: 04 January 2008

     *     *     *

Steve Jobs が1月15日のマックワールドで何を発表するのか気になるって? アップルにチップを提供している唯一のメーカーの最新のチップを見れば、心躍るヒントが得られるよ。

Wondering what Steve Jobs will announce in his Macworld keynote on Jan. 15? The newest chips from Apple’s sole supplier offer some intriguing hints

     *     *     *

ウワサの渦

マックワールドエクスポが数日後に迫った。Steve Jobs のキーノートを待ちかねてそこら中ウワサの渦だ。iTunes の映画レンタルサービスか、Apple TV か、それとも新しいタブレット PC か・・・

With Macworld Expo just days away, the pre-“Stevenote” buzz is building fast. The rumors about what Apple Chief Executive Steve Jobs might unveil in his keynote speech run the gamut from a new movie-rental service for iTunes and Apple TV to a new tablet PC.

     *     *     *

インテルがカギ

アップルがこの新しい年に何をやろうとしているのか、それを知るにはインテルのロードマップが大いに役立つ。インテルこそ 2006 年以来アップルにチップを提供している唯一のサプライヤーだからだ。どうやら見るところ、このチップメーカーは 2008 年の後半には、アップルを未踏の、しかも実入りがいいと思われる領域に導いてくれそうだ。

But when guessing what Apple will do in the coming year, it’s particularly helpful to look at the roadmap of Intel, which has been Apple’s only chip supplier since 2006. And from the looks of things, the chipmaker may help lead Apple into uncharted, possibly lucrative, territory starting in late 2008.

     *     *     *

ノートブックに変化が・・・

アップルは小型のノートブックコンピュータを導入すると予測するものが多い。私の考えでも、これは的を得ていると思う。ひとつには、2006 年にアップルが PowerPC チップからインテルのプロセッサに移行したことを除くと、ノートブックのラインナップについてアップルはここしばらく大きな変更を加えていないからだ。サブノートブックというカテゴリーはアップルのラインナップで明らかに欠けているものだ。一番小さい MacBook でも 13.3 インチで、5ポンドも重量がある。

A lot of the speculation has focused on Apple’s apparent plan to introduce a small notebook computer, and I think these rumors are pretty close to the mark. For one thing, beyond switching from PowerPC chips to Intel processors in 2006, Apple hasn’t made any serious revisions to its notebook line in some time. And the most obvious hole in Apple’s computer lineup is in the subnotebook category. Right now, the smallest MacBook sports a 13.3-inch screen and weighs a hefty 5 pounds.

     *     *     *

Silverthorne ファミリー

だから、スクリーンサイズが10インチ以下で、重さが2ポンド以内の、一部のひとが「MacBook Mini」と呼ぶ新しい製品をアップルは出すに違いないと考えるわけだ。インテルチップの Silverthorne ファミリーが、今後長い期間にわたってそれを助けることになるだろう。このチップは、大変小さなサイズ、かなりの処理能力、大幅に少ない電力消費量で知られている。

That’s why it’s time for Apple to launch a new product some are calling the MacBook Mini, with a screen of less than 10 inches and weighing no more than 2 pounds. A new family of Intel chips named Silverthorne may go a long way toward helping Apple get there. These chips will be notable for their very small size, relatively beefy computing power, and very low power consumption.

     *     *     *

Menlow から Moorestown

Silverthorne ファミリーの第一弾は Menlow(コード名)チップで、今年前半、それも6月以前に登場すると考えられている。第二弾は 2008 年後半ないしは 2009 年初頭に登場すると考えられている Moorestown だ。インテルの 32 ナノ技術によって製造される。Menlow よりさらに小さく、より強力で、消費電力もより少ない。これはサブノートブック用の候補というだけでなく、新世代 iPhone の候補にもなるのだ。

The first chip of the Silverthorne family, code-named Menlow, is expected to arrive in the first half of this year, probably before June. A second, known as Moorestown, due in late 2008 or early 2009, will be built on Intel’s 32-nanometer manufacturing process, which means it will be even smaller and more powerful and it will consume even less power than the Menlow. This will make it a contender for use not only in subnotebooks, but in a new generation of iPhone devices.

     *     *     *

2008 年は小型ノートブックの年

インテルチップを使用する他のベンダーを見ると、2008 年はサブノートブックの年になるだろうと予測出来る。Asus Eeepc は 350 ドルでスクリーンは7インチ、重さは1ポンドという小型ノートブックだ。インテルの Celeron を搭載し、リナックスで動き、Wi-Fi をサポートする。聞くところでは全世界で40万台を売り上げたという。富士通にも、5.6 インチでスクリーンが回転する LifeBook U810 がある。重さは1ポンド半、チップはインテルの A110 モバイルチップだ。

There are hints from other vendors using Intel chips that the subnotebook category could be a winner in 2008. Consider the Asus Eeepc, a tiny, $350 notebook with a 7-inch screen that weighs less than a pound and uses an Intel Celeron chip. It runs Linux, supports Wi-Fi, and from what I’m hearing has sold some 400,000 units worldwide. There’s also the tiny LifeBook U810 from Fujitsu that sports a 5.6-inch rotating screen, weighs about a pound and a half, and uses an Intel A110 mobile chip.

     *     *     *

x86 命令セットのサポート

小さな Silverthorne は、最上級の Core2 や Core2 Duo ほどの力はないけれど、それでも PC チップが PC チップたる所以の x86 命令セット(x86 instruction set)をサポートしている。これは特に iPhone に関して注目される点だ。現在 iPhone が搭載するチップはインテル製ではなくサムスンのもので、x86 チップではなく英国の ARM Holdings のコアを採用している。

Although the tiny Silverthorne is not as powerful as Intel’s top-of-the-line Core2 or Core2 Duo, it will support the x86 instruction set that makes a PC chip a PC chip. That’s especially noteworthy in terms of the iPhone. Right now, the main chip inside the iPhone comes not from Intel, but from Samsung. And the Samsung chip is not an x86 chip, but one based on a core from Britain’s ARM Holdings.

     *     *     *

マックから iPhone

将来の iPhone が Silverthorne のような x86 チップを搭載するようになれば、アップルの携帯機器用に将来マックが出すソフトを iPhone 向けに適応させるのは大幅に容易になるということだ。(アップルが iPhone のソフト開発を容易かつオープンなものにするという公約を守るという前提での話だが・・・。)かくて iPhone は、突如、マックのソフトならどれでも、ほとんどプログラミング変更を加えることなく動かせることになる。

The possibility of squeezing an x86 chip like Silverthorne inside a future iPhone would make adapting software from a future Mac computer for Apple’s handheld substantially easier. (This assumes that Apple makes good on its promise to make the iPhone software development process easy and open.) Suddenly, the iPhone would be capable of running pretty much any Mac software with few, if any, programming changes.

     *     *     *

サプライズはほかにも・・・

インテルの小型チップの重要性はいうまでもないが、その他にもアップルはドラマチックなサプライズを用意しているのだ。

While Intel’s tiny new chips will be an important factor, Apple may have more dramatic changes in store.

     *     *     *

ソリッドステートのストレージ

新しい小型のノートブックには、従来型のハードドライブは搭載されないと思う。その代わりストレージには 32GB のフラッシュメモリーを使うだろう。アップルは SanDisk に次いで NAND フラッシュメモリーの最大の顧客だ。アップルはどのベンダーよりもソリッドステートのストレージを主流にできるいい立場にいる。Samsung や Toshiba、Micron などと長期の供給契約を結んでいることは、フラッシュメモリーのユニークな特徴を生かすソフトを設計しようとする上で大きなインセンティブになる。Dell や Hewlett-Packard のようなウインドウズをベースとするベンダーもこれには従わざるを得ない。

I’d expect the new little notebook to ship without a traditional hard drive, relying instead on at least 32 gigabytes of flash memory for storage. Already the world’s largest consumer of NAND flash memory after SanDisk, Apple is in a better position to popularize solid-state storage in mainstream computing devices than any other vendor. Long-term supply contracts with Samsung, Toshiba, and Micron give Apple plenty of incentive to design software that can take advantage the unique properties of flash memory. Windows-based vendors such as Dell and Hewlett-Packard will have to follow its lead.

     *     *     *

マルチタッチスクリーン

ところで、この新しいミニ MacBook は、 iPhone と同じようなタッチスクリーンを採用するだろうか。そうかもしれないが、多分そうはならないだろう。スクリーンサイズを大きくすればコストも大きくなる。小売価格を抑えるために、アップルはマルチタッチスクリーンを見送るだろうと私はみる。

But will this new mini-MacBook also get a touch screen like the iPhone’s? Perhaps, but probably not. The bigger the screen, the more it will cost. I think that means Apple will skip the multitouch screen to keep the retail price manageable.

     *     *     *

One More Thing…

MacBook Mini は、多分 Jobs のキーノートの最後の場での「Just One More Thing」として登場するだろう。発表後直ちに発売されるかどうか分らない。Menlow はまだ大量出荷の段階には至っていないと考えられるからだ。ただアップルとインテルのことだからサプライズがあるかもしれない。インテルが昨年出荷したコンピュータチップは2億 1000 万個だが、そのうちの 700 万個はマック用だ。ということはアップルはインテルにとって一番大切な顧客のひとりだということであり、みんなの予想を裏切って変化が起きてもおかしくはないからだ。

The MacBook Mini could conceivably be unveiled as the “Just One More Thing” that appears at the end of every Jobs keynote. It’s doubtful the machine would be available for immediate sale because Menlow isn’t thought to be shipping in volume yet. But Apple and Intel could surprise us. Intel shipped some 210 million PC chips last year, 7 million of which were for Macs, making Apple one of Intel’s most important customers and giving it a reason to move faster than anyone expects.

     *     *     *

あれこれウワサに振り回されていると、基本に立ち返ったこのような考え方は大変新鮮に見える。

インテルのロードマップから振り返るというのは、なかなか説得力があるように思われる。みなさんはどうお考えだろうか。

★初出はこちら[maclalala:annex

Technorati Tags: , , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “2008 年は小型ノートブックの年”

  1. TORIO Says:

    これでドッキングステーションの意味が理解出来ました。Intelチップの動向を見ると、やはり小型化になるのですかね、時代の趨勢としては仕方ない。しかし大型でも見たいという人のためにドッキングステーションを用意するということでしょう。もっともアップルTVもあるので、ステーションまで作る必要があるのかという疑問も残りますが。まあ噂の段階ですから。
    私はキーボードタイプの液晶マルチタッチMacBook Touchが理想的だと思います。もちろんBluetoothで大画面でも操作出来て見られるということが前提ですが。

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。