アップルの未来にあるもの

Steve Jobs-2

少し前に、正月記事として書かれたものだが、2008 年のアップルを占うバラ色の記事がある。

Architosh: “Apple in 2008 – What Likely Lies Ahead” by Anthony Frausto-Robledo: 02 January 2008

     *     *     *

プラットフォームとしての iPhone

2007 年は、アップルが「驚くべき iPhone」で携帯電話業界を変えた年として終わる。いかなる点から見ても、iPhone の導入は、初代マッキントッシュに比肩(ひけん)する大きな成功でありビッグイベントだった。だが、2008 年はまさにこの iPhone がプラットフォームとして発展を遂げる年なのだ。

Obviously 2007 will go down as the year Apple changed the mobile cell phone industry with its wondrous iPhone. By all accounts the iPhone introduction was as breakthrough and as big an event as the original Mac. Yet 2008 will be the year the iPhone really takes off as a platform.

     *     *     *

iPhone SDK の発表

2008 年の大きな期待のひとつは、2月に iPhone SDK[software development kit:ソフト開発キット]が発表されることだ。テクノ業界全体が大々的に取り上げ、2008 年のビッグサプライズとなるだろう。覚えておいて欲しい。iPhone SDK およびそれに関連することは、2008 年を通じて大きな話題となり続けるということを・・・

For Apple, one of the best things that will happen in 2008 will be the release of the Apple iPhone SDK (software development kit) in February. And one of the surprises for the entire tech industry in 2008 will be its phenomenal take-up. Mark my word, the iPhone SDK and what people will be doing with it will be one of the big discussions throughout 2008.

     *     *     *

真のモバイルコンピュータ

いずれアップルは 3G iPhone やより安価なナノバージョン iPhone を出すことになるだろうが、SDK が発表された暁には、iPhone が真のモバイルコンピュータ(true mobile computing deviceとして変化し、適応できるかどうかということでますます議論が沸騰するだろう。その副産物として、ウェブブラウザ Safari の重要性にも焦点が当たることになるだろう。

Although Apple is destined to release both a 3G iPhone and a nano version that is much cheaper, the iPhone discussion is likely going to intensify around its adaptability and flexibility as a true mobile computing device after the release of the SDK. And a by-product of that hype will continue to drive importance and focus to the Safari web browser.

     *     *     *

マルチタッチのマック

さらにうれしいこととして、2008 年は、アップルが iPhone の輝かしきマルチタッチインターフェイスを未来のマック、特にモバイルマックに採用して、テコ入れする年になるだろう。アップルはこのインターフェイスを使って、マックがあたかも iPhone の延長上にあるように(その逆ではなく)見せる筈だ。デザイン上そうなると誰もが考えるかもしれないが、マルチタッチスクリーンを含む点が注意すべきなのだ。

Perhaps one of the more delightful twists that should emerge in 2008 will be the way Apple leverages the iPhone’s enduring Multi-touch interface with future Macs, particularly mobiles. Apple will put that interface on the Mac in a way that will make the Mac feel like an extension of the iPhone — not the other way around. In which form this comes is anybody’s best guess but obviously it involves a Multi-touch screen or screens, as in plural.

     *     *     *

タブレットやスレートも

新しいラップトップが、タブレットに変化できるという可能性もある。パームレストの部分がマルチタッチになるというひともいる。さらには、映像スレート(media slateの可能性もある。家庭や職場のマックから映像をワイヤレスで受信して見れるのだ。

Some possibilities include new laptops that convert to tablets. Some folks have written about multi-touch areas near the palm rest area. Yet other possibilities include Apple media slates which simply obtain their image, wirelessly, from another Mac in the house or office.

     *     *     *

映画のレンタルサービス

アップルは新しく iTunes 映画レンタルサービスを始めるといわれている。ソニーと競争して大型フラットスクリーンテレビを競おうという考えはもはやない。ということは、新しい何らかのコンセプトが必要ということだ。映像スクリーンを持ったデバイスで、 AppleTV と関係があり、家電製品としてアップルが技術革新の腕を揮える分野のものが・・・

When one thinks about where Apple is likely headed with the new iTunes movie rentals, and where it has already shunned the idea of competing with Sony on large flat-screen TVs, this forces you to think of new concepts for other types of media screen devices related to AppleTV and where Apple can innovate at the consumer device level.

     *     *     *

ビッグビジネスから一般消費者へ

また、コンピュータ技術の重要な変化についても思いを致す必要がある。最先端のコンピュータ技術は、いまやビッグビジネスから一般消費者の世界へと地殻変動を起こしているのだ。

This of course leads to another major realization about computing technology in general. And that is that the leading edge of computing technology is making a tectonic shift, from the world of big business to the world of the consumer.

     *     *     *

オモチャみたい

最先端のコンピュータグラフィックスがボーイングや SGI からソニーや ATi に移行したように、情報技術のマーケットでも消費者と、彼らの持つデバイス、彼らが必要とするニーズに向けて移行が始まっているのだ。1984 年にアップルがマックを導入したとき、グラフィックインターフェイスがあまりに簡単で「オモチャみたい」だったことから随分とバカにされたものだ。しかしそれは今日主流となっている「電気製オモチャ」そのものなのだ。(Wii、iPod、iPhone、 Garmin などなど・・・)

Much like how leading-edge computer graphics shifted from places like Boeing and SGI to Sony and ATi, the market shift in information technology will continue its trek towards the consumer and their device and information needs. Apple may have been ridiculed in 1984 because the Mac and its graphical interface was so easy it was “like a toy” but now it is actually electronic toys themselves (Wii’s, iPods, iPhones, Garmins, etc.) that rule the day.

それをオモチャと呼ぶひとがいないだけの話だ。

Except we don’t call them toys now, do we?

     *     *     *

オモチャの使い易さ

オモチャは生活に欠かせないものだ。そしてオモチャの使い易さ(ease-of-useこそ日常使う家電製品に欠かせないことを、我々はやっと気付き始めている。

Toys are things we can live without. But the ease-of-use of a toy is something we are finding we must have with the electronic devices we rely on each day.

     *     *     *

新しい救いが必要だ

地球上どこだろうと21世紀の生活は圧力釜のようなものだ。25年前、50年前の親や祖父母の世代よりみなよく働く。社会はより複雑に、より競争が激しく、より困難になってきている。でもアップルがいてくれる。アップル以外のどのテクノロジー会社も、このことを理解してはいないようだ。我々にとって真に必要なのは救いを新たにもたらしてくれるものだということを・・・

Life in the 21st century is a pressure-cooker on a global scale. People work harder today than their parents and grandparents did 25 and 50 years ago. Society has gotten more complex, more competitive, and more difficult. Thank god there is Apple. No other tech company seems to understand this — that what we really need, is a kind of new relief.

     *     *     *

Apple is Easy

21世紀の生活はすべて繋がり(connectionに依存している。

…. Life in the 21st century is about connection.

すべてのものに関して、常時繋がることだ。ネットは「新しい街」(new city)そのものだ。そしてアップルはそのセントラルパークであり、その周囲から際立った存在だ。ソフトで、近づき易く、快適で、温かい。アップルの「使い易さ」はまさに一陣の涼風だ。だからひとびとはその周りに集まるのだ。

To everything. All the time. The Net is the “new city.” And Apple is Central Park, a sharp contrast to all its neighbors. Soft, inviting, comfortable and warm. Apple’s famous “ease-of-use” is where the fresh air is. And people are flocking to it.

     *     *     *

例えばテレビ・・・

例えばテレビだ。時々窓から外にぶん投げたくなることがある。テレビを見ながら番組を探そうとすると、これがとてもイライラする上に時間がかかる。200 を超えるチャンネルから、反応の遅いケーブルテレビのインターフェイスを使って、見たい番組を探すとなると、これはもう苦痛だ。テレビは時間を持て余しているひとのためのものだ。カネを払ってくれるのは概して時間が限られているひとだ。購買力を持ったひとは、めちゃ遅く、複雑なテレビなんか振り向かなくなる。

Let’s start with the TV. Sometimes I just want to throw the thing out the window. Why? Because finding content to watch, in situ, is utterly frustrating and time consuming. Wading through 200+ channels on ultra-slow cable box interfaces is agonizing. The TV is for people who are time-rich. But those who usually hold the money are time-poor. Those who hold actual purchasing power are walking away from the television because the television is too damn slow and complex.

     *     *     *

AppleTV と映画レンタル

しかしアップルなら、AppleTV のバージョン2でこの問題を解決してくれるだろう。時満ちればアップルは映画レンタルサービスを開始し、他の問題も解決してくれるだろう。覚えておいて欲しい。これぞアップル得意の領域なのだ。

But Apple will begin fixing this issue with the AppleTV device, version 2. They will start with renting movies and fix the other issues in the fullness of time. Mark my word, this is ripe Apple territory.

     *     *     *

音や手触りは喜びの一部

忙(せわ)しないといえば、もしアップルが21世紀の新しい街(すなわちネット)におけるセントラルパークだとするなら、実際の生活で喜びと大きく結びついている音とか手触りなどはどうなるだろうか? コンピュータの0や1を音や手触りに変えることが安らぎにつながる大事なキーなのだ。任天堂はこのことを理解している。だから Wii は魅力的で、成功を収めたのだ。

And speaking of hectic. If Apple is Central Park in the new city of the 21st century — the Net. Then what about sounds and touch? This is part of what delights us in life. Translating zeroes and ones into touch and sound is a key part of the magic of the relief. Nintendo partly understands this. That is why the Wii is so magical and successful.

     *     *     *

触覚インターフェイス

ここでもアップルは他より優れている。顔色の変化、脈拍、体温 — これらはすべて「触覚インターフェイス」(haptic interfaceとして知られているものの一部だ。2008 年には、このうちいくつかが実際にアップルのデバイスに取り入れられる、それもまさにアップルらしいやり方で取り入れられることになる。言い換えれば、ソフトとハードの完全な結合だ。

But Apple could excel here too! Color changes, pulses, temperature zones. These are just some of the possibilities in what is known as haptic interface design. In 2008 some of this will start to enter into Apple’s physical devices in a way that is uniquely Apple. In other words, the perfect marriage of software and hardware.

     *     *     *

その先にあるものは・・・

2008 年は技術の分水嶺をなす年となるだろう。なぜならいくつもの重要な変化が同時に起きるからだ。

I could easily go on about the nitty gritty of what Apple may actually introduce in 2008, but that would pointless. 2008 will be a watershed year for tech because of several tipping points going on simultaneously.

我々はネットが引き起こしている社会革命のまっ直中にいる。Jobs 株式会社がこれに気付いていないわけはない。アップルが Facebook キラーを持ち出すには遅すぎるかもしれないが、すでに iTunes というソーシャルネットワーク的なものがあるのだ。あとは、よりソーシャルに、より「繋がった」形にすればいいだけだ。

We are in the midst of a social revolution on the Net and this has not gone unnoticed by Jobs & Co. While it is too late for Apple to introduce the Facebook killer, it already has a social scene at iTunes. It just needs to make it more social and more “connected.”

     *     *     *

2008 年のアップル

大づかみに言えば、2008 年のアップルは、iPhone を中心とする消費者向けのデバイスで成功を収めることになるだろう。1月のマックワールドでは AppleTV と iTunes 映画レンタルサービスが第4の柱として姿を現すだろう。この二つだけでもアップルを忙しくさせておくのに十分だ。

The broad picture for Apple in 2008 will center around its continued consumer device success with the iPhone being the epicenter. The fourth leg of Apple will emerge this January at Macworld with the AppleTV and the iTunes movie rentals strategy. These two alone will keep Apple quite busy.

     *     *     *

マルチタッチマックも Mac Touch

触覚インターフェイスのマルチタッチ機能を備えたマックや、ひょっとしたらタッチスクリーンベースの Mac Touch という新製品が、マックワールドエキスポを皮切りとして 2008 年中にはすべて姿を現すことになるだろう。

Haptic interface features, Multi-touch on the Mac, and possibly a new product called the Mac Touch, a new type of screen-based device, should all emerge in 2008 at some point starting at Macworld Expo.

今年もまたアップルにとって素晴らしい年となるはずだ!

It should be another rocking year for Apple!

     *     *     *

★初出はこちら[maclalala:annex

Technorati Tags:

コメント / トラックバック8件 to “アップルの未来にあるもの”

  1. TORIO Says:

    これは、ハードの進展により、Leopardの真価が発揮される時が2008年ということだと思います。その最初の発表がマックワールドで行われる。
    いままで使ってきたLeopardの機能は助走に過ぎなかったということになるのでしょう。

  2. 予想屋 Says:

    新しい噂のノートは、あれだ。
    iPhoneをドッキングさせる。
    ノートの液晶画面にiPhoneが表示されつつ、
    事務的なものとか、DVDとか、ブログとか。
    さらに言えば、ドッキングしていなくても、
    iPhoneから、コントロールできるのだろうね。

  3. うし Says:

    希望をかき立てる、いい記事ですね。iPhoneを使用している人が発する称賛を、「単に見せ方の問題でしょ」と言ってしまう人からは見えない世界なんでしょうね(携帯の企画側には本当にこう思っている人が多いんです)。
    来週がますます楽しみです。

    # 一点だけ、”オモチャは生活に欠かせないもの”の下りですが、逆のように思えます。
    # “オモチャは日常生活に必要なものではないけれども、オモチャの使い易さに関しては
    # 日常生活で使う家電に必要なものだ”といった所でしょうか。結論は変わらないので
    # 揚げ足取りですみません…

  4. links for 2008-01-12 « 個人的な雑記 Says:

    […] アップルの未来にあるもの « maclalala (tags: trends apple) […]

  5. shiro Says:

    > うし さん
    丁寧に読んでくださって ありがとうございます
    ご指摘を受けて もう一度読み直してみました

    たぶん オモチャというものの捉え方が 関係しているのではないかでしょうか
    「それなしの生活なんて考えられないもの」という認識は 「日常生活に必要なものではない」とは異なって オモチャに積極的な役割を与えているように思います
    誰もそうはいわないけれど マックも iPod も「electronic toys」だという認識は 決してオモチャを卑下しているものではないような気がします
    ここはやはり 「オモチャとは人生に必須なもの」という 元の文章のトーンに従いたいと思いますが・・・

    無意識に使ってしまうことばについて 鋭い指摘をしていただいたことに 感謝します
    これからも よろしくお願いします

  6. Says:

    毎度どうもです。
    私は a kind of new relief の部分が気になりました。「一種の安堵感」だと、new の感じが出ていないように思います。その後の fresh air の fresh の感じも同様です。

    私は new relief を「新しいリリーフ」、つまり野球のリリーフ投手のような、ピンチを救ってくれる存在という意味に理解したのですが、いかがでしょうか。そうすると、fresh air は、「ホッとする」というよりは、文字通り「新しい空気」でもいいし、「雰囲気の違う世界」というような意味として理解できると思います。

    ともあれ、15日にはどんな air が発表されるのか、楽しみですね。

  7. akiko Says:

    こんにちは。すごく為になる記事で、おもしろいです。
    ひとつ、質問があります。
    私に全く検討のつかないことなので、ご意見を頂けるとうれしいです。
    ウェブサイト作成といった視点でマルチタッチスクリーンを見てみますと、
    アップルのビジュアルインターフェイスにおける革命の後、
    CSSやJAVAscriptといった従来のウェブ作成技術というものは変わっていくと思われますか?

  8. shiro Says:

    > む さん いつもありがとうございます
    忙(せわ)しなく辛い現実から 解放し 安堵感をもたらしてくれるもの と理解したのですが・・・
    基本的にはあまり変わらないと思いますが ご指摘を受けて 少しいじってみました

    > akiko さん
    読んでくださって ありがとうございます
    ウェブ作成については 残念ながら 当方まったくのシロウトです
    どなたか akiko さんのご質問に お答えいただけるとありがたいです

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。