There’s something in the air.

Something In The Air

アップルサイトもマックワールド一色。ついに例の “There’s something in the air.” がトップページを飾った。

元の意味は「何かが起きそうな気配がする、そんな予感がする」ということだろうが、文字通りに解釈して「空にみなぎっているもの」、「空中にあるもの」が何かを求めて議論が沸騰している。

その中で次のビジネスウィークの記事は特におもしろい。WiMax の可能性にも触れたあと、次のように述べている。

BusinessWeek: “What’s ‘In The Air’ At MacWorld? WiMax? Or Ultra-WideBand?” by Arik Hesseldahl: 13 January 2008

     *     *     *

ひょっとしてアップルが UWB[Ultra-Wideband:超広帯域無線]技術を展開する準備ができたということだろうか。

… Could Apple be ready to deploy Ultra-Wideband technology?

そうだとすると、そのもたらす可能性は非常に興味深い。例えば2台以上のマックがファイル共有をするところを想像して欲しい。それも、1台のマックが他のマックの一定範囲内にくると即座に形成されるワイヤレスネットワークを通じて、だ。もちろん設定許可は Bluetooth の場合と同じで必要だ。インスタントとはいえ、あなたのネットワークにつなぐためには許可が必要だ。でも、どんな話かということは分ってもらえるだろう。ネットワークを通じたファイル共有のためには、多分アップルの Bonjour 技術も使われるだろう。

The potential is very interesting. Imagine sharing files between two or more Macs through a wireless network that creates itself instantly on the fly simply when one Mac is brought within range of another. Of course there would be permission settings involved, just like Bluetooth pairing. You’d have to give another Mac permission to join your own in any instant network and then set the terms of sharing, but you get the idea. Apple’s Bonjour technology for sharing over the network would probably come into play as well.

この UWB については、2005 年の終わりに記事にしたことがある。いよいよ時機到来なのだと思う。

I wrote about UWB at the end of 2005 and I think it’s time has come.

基本的にこれは、ひとつの場所から他の場所へ大量のデータを搬送するのに、ケーブルやコードは要らなくなるという短距離間高速無線技術なのだ。それは例えば、一定の範囲以内にあれば、STB[set top box]とテレビがケーブルで接続されていなくても、HD 品質のビデオをテレビへ伝送することができる。UWB は既に登場し始めており、CES でも Philips や Westinghouse Digital などから「ワイヤレス HDMI」の名前で発表されているのだ。

Essentially it’s a short-range high-speed wireless technology that is intended to replace the cables and cords usually required to convey big batches of data from one place to another. For instance, it’s suitable for pushing a stream of HD-quality video from a set top box to a TV without the need for a cable connection between them, so long as they’re within reasonable range of each other. UWB is already showing up in TVs announced at CES under the name “wireless HDMI from Philips and Westinghouse Digital among others.

     *     *     *

ケーブルで繋がなくても大量のデータ転送が可能になる。たとえ、HD 映画やビデオでも・・・

ほんとにそうなら、これまで考えられなかったようなスゴい展開もあるのではないか。

果たしてそうなるのか、あと数時間の辛抱だ・・・

Technorati Tags: , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “There’s something in the air.”

  1. TORIO Says:

    媒体は衛星?。BSとかだと指向性が強すぎる。ですから無理。BS以外のもので何がある。

    これはグーグル・シュミット博士との共同開発。アップルTVも絡んでくるでしょうね。

    “air”がキーワード。これはまさに無線で、なにか大きなことをやるのは間違いなさそうです。

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。