チップを見れば全体像が見える

Otellini

今回のマックワールドや MacBook Air については、ひとによってその評価が必ずしも一致しないようだ。

例の Robert X. Cringely が興味深い見方をしている。これは周到に計算された壮大な計画のワンステップに過ぎない、チップを見れば全体が見えてくるというのだ。

PBS [The Pulpit]: “The Big Picture: Apple’s methodical moves show it takes time to change the world.” by Robert X. Cringely: 18 January 2008

     *     *     *

株価が下がった

上がるのか、それとも下がるのか。ほとんどのニュースメディアにとって、今週のマックワールドは煎じ詰めればそういうことだった。アップルが発表する新製品はアップルの株価を上げるのか、それとも下げるのか。株価は下がった。マックワールドは失敗だったと、まるでそのこと自体に意味があるかのように何度もいわれた。私自身はアップルの株を持っていない。だから上がろうと下がろうとどうでもいい。たいていのひとがそうだろう。アップルは iPod や iPhone に代わる「i」のついた何か(iSomething)を発表して、今後 200 日の間に 400 万台、1000 万台と売って株価を上げるはずだった。しかしそうはならなかった。確かにクールな製品をいくつか発表した。しかし 400 万台も売れるようなものではなかった。かくて株価は下がった。

Up or down? That’s what this week’s Macworld show came down to for most news organizations. Would the new Apple products make the company’s shares go up or down? They went down. Macworld was a bust, we were told repeatedly, as if it really mattered. I don’t own Apple stock so I couldn’t care less whether it goes up or down, nor could most customers. Apple was supposed to introduce another iPod or iPhone, or iSomething that would sell four million or 10 million copies in the next 200 days, driving share prices higher. But it didn’t happen. Apple introduced some cool stuff, but nothing that would sell four million units this year, hence the letdown.

まったくナンセンスだ。

Hogwash.

     *     *     *

マックワールドとはいったい何だったか

マックワールドの期間中に手早く1割の儲けを出そうというデイトレーダーはたくさんいたが、今年はそうできず失望することとなった。デイトレーダーのことなんかどうでもいい我々一般人はといえば、今回の発表がいったい何を意味するのか、雲をつかむような気持ちだった。そこでじっくり考えてみて、この問題をはっきりさせたいと思う。

A bunch of day traders that used to making a quick 10 percent on their money during Macworld week didn’t make that 10 percent this year, so they were disappointed. A bunch of reporters eager to write about those day traders making their 10 percent were disappointed, too. Meanwhile, the rest of us who don’t care about day traders were left without much perspective on what any of these announcements actually mean. So I’ll do the heavy lifting here and gratefully get back to something non-Apple next week.

     *     *     *

MacBook Air の何が重要か

まず、MacBook Air について考えてみよう。確かにクールな製品だ。しかし名前が悪い。マイケルジョーダンならピッタリだったが[注:Air Jordan のこと、付記参照]、だからどうだというのだ。MacBook Air が来年 100 万台売れるかどうか極めて疑わしい。半分の 50 万台でもどうかと思う。それは Steve Jobs にもよく分かっている。ここで重要なのはサブノートブックコンピュータではない。アップルがいずれ出すことになるより興味深い製品に、MacBook Air の何が影響を与えるだろうかということが重要なのだ。

First let’s look at the MacBook Air, which is a cool product with a bad name, though I guess it worked well for Michael Jordan, so what the heck. It is very doubtful that Apple will sell a million Airs in the next year. It is doubtful Apple will sell even half a million Airs and Steve Jobs knows this. What’s important here is not the subnotebook computer but the bits of it that will likely make their way into much more interesting Apple products to come.

     *     *     *

インテルを納得させるには・・・

Little Chip

例えば、インテルがアップルのために特別にパッケージにした CPU はどうやって生まれたのか。50 万台にも満たぬハコに入れる小さな CPU のために、インテルの Paul Otellini の尻を叩くなんてことを Steve Jobs はしない。Steve Jobs のやり方はいつも同じだ。彼はこういって Paul Otellini を督励したのだ。この小さな CPU はいずれ何百万というアップル製品が搭載することになると約束したのだ。その製品は MacBook Air なんかよりはるかに安い筈だ。また向こう半年の間はアップルだけが独占的に使用するという話にした筈だ。

Take that specially packaged Intel CPU, how did that come about? Steve Jobs didn’t beat the heck out of Intel CEO Paul Otellini to get a little CPU that would go into fewer than half a million boxes. Steve did what he always does. He beat the heck out of Paul Otellini with the promise that this little CPU — for which we can expect Apple will hold some exclusive for the next six months — will end up in millions and millions of Apple products, nearly all of them costing a lot less than a MacBook Air.

     *     *     *

アップルタブレット

インテルにとってアップルは大変重要な存在だ。誰も口にしないが、100% インテルプロセッサを使う最後の有力コンピュータメーカーなのだ。ぎりぎりムダを省いて多くのことを成し遂げるアップルのやり方(Apple’s ability to do more with less)は、他のメーカーにとっても常に刺激となっている。アップルが家電とネットワークにより傾斜していくとき、インテルもまたそうするのだ。今年中にはアップルタブレットが登場すると私は今でも信じている。そのタブレットには、これと同じインテル CPU を使う筈だ。

Apple is very important to Intel. Though nobody says it out loud, Apple is the last of the major computer companies that uses 100 percent Intel processors. And Apple’s ability to do more with less has to be a continual inspiration to its competitors. As Apple slides further and further into the consumer electronics and networking markets, Intel will be right there, too. I still expect we’ll see an Apple tablet this year, for example, and it will use this same Intel CPU.

     *     *     *

マルチタッチトラックパッド

じゃあ、マルチタッチのトラックパッドはどうか。私がかつて予言したように、マウスに代わるものが今年初めて登場するということか。そうかもしれない。今後いたるところでトラックパッドを目にするようになることだけは確かだ。

How about that new trackpad with the multi-touch interface? Could that be the first look at that mouse replacement I predicted would be coming from Apple this year? Maybe. You can be sure we’ll see a lot more of that baby.

     *     *     *

光学ドライブ

MacBook Air が光学ドライブをなくしてしまったことはどうか。あんなに薄いのでは、光学ドライブの収納スペースを確保するなんて至難の業だ。でも、Steve Jobs がアップルに復帰したとき、ノートブックからリムーバブルメディアをなくすることには激しく反対したのではなかったか。PowerBook 100 や 2400 も PowerBook Duo もそうではなかったか。なぜ Steve は今になって考えを変えたのだろうか。それは、すべての光学ドライブをネットワーク経由のものへ、出来れば iTunes に置き換えたいと彼が考えているからなのだ。Blu-ray について今週アップルが触れなかったのはそういうわけだ。Jobs のやり方がこのまま通るなら、今後とも Blu-ray について目にすることはないだろう。

What about the Air’s lack of an optical drive? It’s hard to find a place for an optical drive in such a thin computer, but isn’t Steve Jobs the guy who when he returned to Apple railed against notebooks without removable media, like the PowerBook 100 and 2400 and the various PowerBook Duos? Why did Steve change his mind now? Because Steve wants to replace optical drives of any sort with bits provided over the network, preferably from iTunes. That’s also why we didn’t see an Apple Blu-ray announcement this week and — if Jobs has his way — we’ll never see one.

     *     *     *

Apple TV

第二世代 Apple TV について考えてみよう。私以外は誰も尋ねなかった質問がある。  229 ドルに値下げしたのは何故かという質問だ。99 ドルに下げたのなら、「うん、レンタルマーケットを育成するためには、持ち出しになってもいいと判断したのだな」と考えるだろう。でも何故 229 ドルなのだ。どこかのフォーカスグルーブが Apple TV は 230 ドルでも売れると入れ知恵したのだろうか。所詮これはセットトップボックス(set-top box)に過ぎない。セットトップボックスなんかにカネを払いたいひとはいないし、払うにしても 299 ドルや 229 ドルなんてとんでもない。

Let’s turn now to the second-generation Apple TV and the question I seem to be the only one asking: why did they drop the price to $229? Had they dropped the price to $99 I’d say, “Okay, they’ve decided to lose money on this thing to grow the rental market.” But why $229? Did some focus group tell Apple there was price resistance to the Apple TV above $230? It’s a set-top box! People don’t want to pay anything for a set-top box and if they do pay something they sure don’t want to pay $299 OR $229.

     *     *     *

Apple TV はマックだ!

Apple TV にからむ分野はどれも Steve Jobs にとっては地雷原だ。ここで注目すべきは、Apple TV が小さなマックだということだ。ただ、生まれながらに備えているマックとしての能力(innate Macness)は注意深く隠されている。映像出力こそ HDMI ディスプレイに限られているものの、実は Apple TV は正真正銘のマックなのだと発表していたら、マックワールドはぶっ飛んだに違いない。大型液晶テレビ(HDTV)に繋いで、ウェブサーフィンその他 Apple TV で出来ることならなんでも出来るマックが、たとえ当初の 299 ドルという価格であってもそれで買えるなら、これはもう間違いなく大ヒットだろう。しかし、そうなれば Mac mini や iMac の売上げを大きく食ってしまうおそれがあるので、Steve としてはそうはいえないのだ。

The entire Apple TV category is a minefield for Steve Jobs. It’s a tiny Macintosh, remember, though with its innate Macness carefully hidden. Steve COULD HAVE blown the doors off Macworld if he had simply allowed the Apple TV to BE a Mac, albeit limited to HDMI displays. If you could buy a Mac that attaches to your HDTV for web surfing as well as all the other Apple TV functions, even at the original $299 price, it would have been a HUGE hit. But it might also have hurt Mac Mini and iMac sales, so Steve couldn’t bring himself to do it.

     *     *     *

Apple TV Nano

長期的にみれば、Apple TV の関連製品はいずれテレビそのものに組み込まれると思う。ここにもまた地雷原がある。なぜなら、コンピュータは次々に買い替えられるが、テレビとなるとそうはいかないからだ。だから、 デルや HP がやったようにアップルがテレビ部門に進出しても、確かに初めは売上げが伸びるだろうが、いずれは伸びが止まる。結局アップルの進む道は、ケーブルカードに Apple TV を組み込んだような製品、いわば Apple TV Nano を作る方向に向かうことになるだろう。これは技術的には今でも可能だ。1年半もすればどこでも見られる存在になるだろう。大型液晶テレビのベンダーはこれに飛びつくはずだ。ケーブルカードを備えた大型液晶テレビは、爆発的とはいわないまでも大いに売れる筈だからだ。

In the long run I think the whole Apple TV product category will be subsumed into the television, itself. Here, too, is another minefield because people replace their computers a lot more often than they replace their televisions, so Apple going into the TV business (like Dell and HP have) might help sales at first but later hurt. The more likely move for Apple, therefore, is to eventually create the Apple TV Nano, which is an Apple TV built into a CableCard. This is technically feasible right now and 18 months from now it will be a no-brainer. The big HDTV vendors would jump on that one like crazy since it would drive CableCard-equipped HDTV sales, which have been less than stellar.

     *     *     *

映画レンタルサービス

アップルの映画レンタルサービスも大きな話題だ。私にとって興味があるのはブロードバンド ISP[Internet service provider:インターネット接続サービス業者]に与える影響だ。アップルに限らない。アマゾン、Netflix、その他たくさんいる。アップルのおかげで競争が激しくなっているのは事実だ。

Apple’s movie rental service offers a lot to talk about, too, though the part I find most interesting is simply the likely impact on broadband ISPs. It’s not just Apple, but also Amazon, Netflix, and others that will drive this impact, though those competing efforts are accelerating right now because of Apple.

     *     *     *

料金値上げの絶好のチャンス

ブロードバンド業者は今でも優位を保とうと、回線容量を制限したり、HD 映画をダウンロードする周波数帯域に30ドル課金する話を持ち出したりしている。しかしそんな回線容量のサポートに必要なバックボーンの増強についてカネを出す気はさらさらない。それなのにブロードバンド業者が動き出した理由は、料金値上げの絶好のチャンスが到来したと見ているからだ。これらのブロードバンド業者(ケーブル会社や電話会社)は、これまでの電話やテレビといったサービスより、ブロードバンドの売上げから利益を上げている。ケーブル料金が上がり続けているのは事実だが、そのほとんどはコンテンツ料金の値上げによるものだ。ブロードバンド業者にとってインターネットのコンテンツそのものにはコストはかからない。しかしコストがかからないからといって、みんなからカネがとれるものなら、それを辞めるというわけでもないのだ。

The broadband ISPs are already jostling for advantage, talking about limiting throughput and making people pay $30 for the bandwidth to download an HD movie. They simply don’t want to pay for the additional backbone capacity required to support this level of traffic. But the even bigger reason why the ISPs are moving right now is they perceive a perfect storm that will allow them to RAISE PRICES. Whether we are talking about a cable company or a phone company, these ISPs make more profit from selling broadband than they do from selling their original service, whether it is phone or TV. Cable prices keep going up, true, but nearly all of that goes for increasing costs for content. Internet content costs an ISP nothing, but that doesn’t mean they won’t try to charge us more if they can.

     *     *     *

グーグルがダークホース

もっと奇妙なことは、みんながビックリする HD コンテンツが静的だ[static:増加したりせず変化がないの意か]ということだ。これまで制作されたあらゆる映画を1台のサーバーに入れ、ケーブル会社や DSL マシンルームに置いておいて、以後そのコンテンツのバックボーンには一切手を触れないというのも、完全に合理的なのだ。大手ブロードバンド業者は IP マルチキャストを通じてすでにそれを始めている。ただし彼らはカネを取りたいと考えているのだ。この分野でのダークホースはグーグルだ。この数年グーグルは、消費者のために、ブロードバンド業者に成り代わって、これらのサービスの提供者として自らを位置づけ、注力してきた。我々がコマーシャルをちょっと見てくれさえすればという話だが・・・。決めるのが消費者ということなら、成功するのはグーグルになるだろう。

What’s crazy about this is that most of the HD content we’re getting upset about is static. It is perfectly reasonable to put every movie ever made on a server and put just such a server in every cable company or DSL machine room and never have to touch the Internet backbone for that content, which is exactly what I’ve explained the big ISPs are already starting to do through IP multicast. But now they’ll want to be paid for it. The dark horse here is Google, which has spent a couple years positioning itself to offer to handle this service on behalf of ISPs and consumers alike in exchange for us watching some commercials. If it is up to consumers, Google will succeed.

     *     *     *

Jobs は知っている

Steve Jobs はこのことを知っている。アップルとグーグルは、それぞれ役員が重複していることから、相手が何をしようとしているのか正確に把握している筈なのだ。

And Steve Jobs knows this, because with their interlocking boards, Apple and Google have to know precisely what the other is up to.

     *     *     *

周到に計算され尽くした計画

したがって、マックワールドは十分に計算され尽くした計画に至るステップのひとつに過ぎないのだ。アップルが(多分グーグルも)情報メディアの世界支配を図るという計画の・・・。この計画には忍耐がいる。この点をプレスは理解できないし、理解しようともしない。結局、これが良いことかどうかを決めるのは我々ひとりひとりだということになる。現時点では、まだその評決が出ていないようだ。

So Macworld was just another step in a very measured plan to establish global media dominance for Apple and probably for Google, too. But it’s a plan that requires patience, which the press can’t — or doesn’t want to — understand. So it is up to us as individuals to decide whether this is good or bad. I’d say the jury is still out on that one.

     *     *     *

なるほど話は壮大だ。

ISP にまで広がって、門外漢にはよく分からないところもあるが、アップル特注のチップの話は確かにこれだけではあるまい。

Cringely のいうとおり、マックワールドで明らかになったのはほんの一部に過ぎないのだろう。

なお、MacBook Air 搭載のチップについては、Anand Lal Shimpi の記事が詳細で興味深い。

AnandTech: “The MacBook Air CPU Mystery: More Details Revealed” by Anand Lal Shimpi: 17 January 2008

★初出はこちら[maclalala:annex

     *     *     *

付記:ナイキの Air Jordan(1月27日)

Michael Jordan

Michael Jordan poses with the new Air Jordan XX3 basketball shoe

ナイキが生み出したスニーカーシリーズの最高傑作。

Air Jordan

Air Jordan – Michael Jordan won the NBA Slam Dunk Contest in 1987 and 1988.

Michael Jordan の脅威のジャンプにあやかって Air と命名したといわれる。

たくさんのシリーズが出て、爆発的にヒットした。

Air Jordan のコマーシャルはこちら

教えてくださった ryo さんに感謝します。

Technorati Tags: , , , , , ,

コメント / トラックバック5件 to “チップを見れば全体像が見える”

  1. TORIO Says:

    グーグルCEOが昨年Appleの取締役になっているので、グーグルと壮大な連携の実現を早くから期待している1人です。マックワールドでその発表を待っていたが・・・

    MacBook Airは確かに先進性はあると感じる。ただ、今年の世界経済情勢が昨年と大きく変わっており、消費マインドが冷え込んでいる時だけに、廉価なMacを期待していたのではないでしょうか。NANDフラッシュが高ければ、HDDタイプでもいいですから、タブレットにもなる液晶マルチタッチキーボードのようなものが出ていたら株価もこんなに下がらなかった気がします。今年中には出て来ると思いますが。

    それにしても連日Appleの株価は下げ幅大きいですね。

  2. ryo Says:

    いつも丁寧な翻訳で楽しませてもらっています。

    it worked well for Michael Jordan
    はNIKE AIRのことを言っているのではないかと思いました。

  3. shiro Says:

    > ryo さん ありがとうございました
    さっそく 注記させていただきました

  4. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    チップを見れば全体像が見える

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「期待のタブレット型Mac「Modbook」開発者インタビュー」と「TidBITS日本語版最新号」と「MacBookAirの“凸凹(デコボコ)”具合」と「チップを見…

  5. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] チップを見れば全体像が見&#1… [image] […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。