iPhone SDK は予定どおりに発表されるか

Iphone Sdk-1

2月末のアップルイベントのウワサが出始めた。

予定どおりなら iPhone SDK[ソフト開発キット]関連のはずだが、デベロッパの間では SDK が遅れるという観測もあるようだ。

Erica Sadun が興味深い記事を書いている。

TUAW: “Will the iPhone SDK offer a built-in simulator?” by Erica Sadun: 07 February 2008

     *     *     *

リバース・エンジニアリング

リバース・エンジニアリングをやっていると、出くわしたものが何を意味するのかはっきりしないことがある。例えば、iPhone がサポートするプラットフォームにはつぎのようなものがある。

Platforms = (M68, N82, simulator);

Platforms = (N45);

When reverse engineering, it’s sometimes hard to figure out exactly what you’re looking at, and what it all means. For example, the iPhone’s supported platforms include the following.

Platforms = (M68, N82, simulator);

Platforms = (N45);

M68 プラットフォームが何かということはもう知っている。iPhone だ。また N45 が iPod touch だということも知っている。じゃあ N82 は何か。iPhone ファミリーの他の機種だろうか。そうかもしれない。もっとデータがないと呼び出すのはむずかしい。そこで N82 はほっておいて次の項目の「simulator」を見てみよう。

We know what the M68 platform is. It’s the iPhone. And we know what N45 is, the iPod touch. So what’s the N82? Could it be another member of the iPhone family? Perhaps. It’s hard to make that call without any more data — so rather than worry about N82, let’s consider the next entry: “simulator.”

     *     *     *

シミュレータ

まもなく発表される SDK には、マックベースの開発シミュレータ、すなわち「iPhone in a box」が含まれているということだろうか。そう願いたいものだ。そうなれば iPhone を持っていないプログラマーでも iPhone を買わなくてもすぐプログラミングが開始できる。しかしアップルがどちらを向いて進んでいるのか知るのはなかなか難しい。SDK についてはみんな手の内を見せたがらない。噂系サイトもダンマリで、iPhone 内部情報の雫(しずく)すらないほど干上がっている。iTunes でのアプリケーション販売方法が解決する前でも、シミュレータならデベロッパが iPhone プログラミングを開始するのに十分役に立つ。

Does this indicate that the upcoming SDK may offer a Mac-based developer simulator, an “iPhone in a box?” One would certainly hope so, and it would allow iPhoneless programmers to begin work immediately without buying devices — but with Apple it’s sometimes hard to tell where things are going. With this SDK everyone is playing their cards especially close to the vest. There’s been a lockdown on the rumor channels, and the small trickle of iPhone inside intelligence has been squeezed dry. A simulator would certainly help developers begin their iPhone projects even before any iTunes app-shipping solution had been ironed out.

iPhone 開発サポートの最初のユニットが出荷されるずっと前から、そのフルセットがあることは知られている。Mac OS X で頼りになる Shark パフォーマンスツール[注:付記参照]は、これまでも何度かちょっとだけ触れられたことがある。多分 SDK には、printf 命令などよりずっとちゃんとした完全なデバッギングツールがついているということだろう。

We know a rather full suite of iPhone development support was in place long before the first unit shipped. There have always been fleeting references to the Shark performance monitoring system that’s a Mac OS X standby. Perhaps a full debugging suite (a lot better than printf statements) will accompany the SDK as well.

     *     *     *

SDK が遅れる?

ウワサの雫といえば、最大のものは SDK が大幅に、それも WWDC までずっと遅れるかもしれないというものだ。ということは、近々ウワサのアップルショーは iPhone とは無関係かもしれないということ。SDK を公開できるように準備し、ドキュメントを整え、サードパーティが使えるようにテストするという作業は、とてつもなく大掛かりな仕事だということだろう。このためアップルは必死になってひとを雇っている。・・・しかしまた、アップルのウワサは必ずしも頼りにならない。マックワールドで約束したとおり、2月の末には出荷する準備がちゃんと出来るのかもしれない。

Speaking of the rumor trickle, the big one that I’m hearing right now is about big SDK delays — perhaps all the way to WWDC (which makes us think that the big Apple show coming up may not be for the iPhone). It sounds like putting together a public SDK, documented and tested for third-party use, is a huge, huge project, and that Apple is busy hiring people to make this happen. On the other hand, Apple rumors are…unreliable. Could be that Apple is right and ready to ship end of February, exactly as promised at MacWorld.

もしウワサが正しければ、発表の遅れは、アップルが最大限のコントロールを行使しようとしていることを示すものだろう。デベロッパが SDK を使って出来ること出来ないことを、セキュリティの観点から細かくコントロールしようというアップルの意図だ。牢破りされた iPhone のためのアプリケーションと同じようなものを、サードパーティのデベロッパが作れるようになると考えているひとが多いが、SDK がどんな形になるのかアップルは一度も明らかにしていない。

Something that may slow down the release–if these rumors are credible–is Apple’s desire to exercise the greatest amount of security-based control over exactly what the developers will and will not be able to do with that SDK. Although many have assumed that 3rd party developers will be able to build applications similar to the ones currently shipping for jailbroken iPhones, Apple has never announced what form the SDK will take.

     *     *     *

サンドボックス

もしアップルの出すのがサンドボックス[sandboxなんかだったりしたら、iPhone デベロッパの革命が起きることを覚悟した方がいい。でも、シミュレータが遅れて、iTunes を通じたサードパーティのアプリケーション発売が何か月も遅れることになっても驚かない方がいい。

Expect an iPhone developer revolution if Apple ships a sandbox, but don’t be shocked. And don’t be surprised if a simulator allows Apple to delay the release of third-party apps via iTunes for months to come.

     *     *     *

具体的に何がどうなのかシロウトの筆者にはよく分らない。

それでも、デベロッパが SDK について何を期待し、何を恐れているのかは窺えるような気がする。

     *     *     *

追記:Shark

Shark

Great White Shark

「Shark」は Xcode のパフォーマンスツールで、ソースコードレベルでの負荷状態を調べ、実行速度などを最適化するために使う。

関係記事はつぎのとおり。

シロウトの筆者に教えてくださった Y さん、tm さんのお二人に感謝します。

・Apple [Developer Connection]: “Shark User Guide: Introduction“: 31 October 2007

・Apple [Developer Connection]: “Optimize with Shark: Big Payoff, Small Effort“: 19 January 2004

・Spread Your Wings!: “Shark“: 24 October 2007[日本語]

・瀬戸亮平: “Shark — Xcode パフォーマンスツール“: 10 August 2007[日本語]

・Apple: “デベロッパ – Westlakeの手がけたヘイロー コンバット エボルヴ Mac 開発秘話に迫る“: n.d.[日本語]

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック4件 to “iPhone SDK は予定どおりに発表されるか”

  1. Y Says:

    「サメ情報モニタリングシステム」Developer Toolsに入ってるSharkですね。どの関数がどの位時間を費やしてるか見るアプリです。

  2. tm Says:

    >サメ情報モニタリングシステム[?]
    たぶんこれの事でしょう。
    http://homepage.mac.com/nsekine/SYW/SYWSoft/CocoaDocs/shark1.html

  3. shiro Says:

    > Y さん
    > tm さん
    さっそくのご教示 ありがとうございました
    訂正して 注記を加えました

  4. iPhone SDK は予定どおりに発表されるか | iPhone iPod touch 脱獄囚日本語情報 Says:

    […] iPhone SDK は予定どおりに発表されるか « maclalala […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。