シリコンバレーのスタートアップ企業で働くとは・・・

Inside Mahalo

世界中から技術者がシリコンバレーなどアメリカ西海岸に吸い寄せられる。アメリカで一旗揚げるという夢に駆られて・・・

アメリカのスタートアップ企業で働くというと、グーグルのような至れり尽くせりの職場環境を想像したりするのではないだろうか。

動画ニュースサイトの Mahalo を立ち上げた Jason Calacanis の記事がとても興味深い。

calacanis.com: “How to save money running a startup (17 really good tips)” by Jason Calacanis: 03 March 2008

「スタートアップ企業を経営するのにどうやってカネを節約するか」という話だが、ひとを雇う立場から書かれているのがミソだ。

     *     *     *

マックを買え

1)コンピュータはマックを買うこと。IT 部門に使うカネを節約できる。

1. Buy Macintosh computers, save money on an IT department

     *     *     *

モニターは2台与えよ

2)みんなに2台目のモニターを買ってやること。それで少なくとも1日30分の節約になる。ということは1年で 100 時間、すなわち 2000 ドルの節約だ。3年なら 6000 ドルにもなる。どれを選ぶかにもよるが、2台目のモニターの値段はせいぜい 300 ~ 500 ドルだ。ということは投資したカネの10倍から20倍が戻ってくるということだ。そして作業するみんなもハッピーになる。

2. Buy second monitors for everyone, they will save at least 30 minutes a day, which is 100 hours a year… which is at least $2,000 a year…. which is $6,000 over three years. A second monitor cost $300-500 depending on which one you get. That means you’re getting 10-20x return on your investment… and you’ve got a happy team member.

     *     *     *

安いテーブルと高価なイス

4)テーブルは安いものを、そしてイスは高価なものを買うこと。テーブルなんてボッタクリだ。ウチで買うのはレストランにあるようなステンレス製のテーブルだ。100 ドルで買える。ただしイスは Areon 製の 600 ドルもするものだ。で、ワークステーション当たりのコストは計 700 ドル。500 ドル~ 1500 ドルするキューブ/デザイナーのワークステーションを買うのと比べてみろ。唯一大切なのはイスだけ・・・だからカネをかけろ。

4. Buy cheap tables and expensive chairs. Tables are a complete rip off. We buy stainless steel restaurant tables that are $100 and $600 Areon chairs. Total cost per workstation? $700. Compare that to buying a $500-$1,500 cube/designer workstation. The chair is the only thing that matters… invest in it.

     *     *     *

自宅用にコンピュータを買ってやれ

10)仕事熱心なヤツには自宅用コンピュータを買い与えてやれ。毎日毎週、超過勤務を厭わないヤツがいたら、自宅用にコンピュータを買い与えるべきだ。自宅で週3時間働いてくれるようになれば、1年では 150 時間分になるってことは誰でも分かるだろう。そいつがワーカホリックなら機材に投資しろ。

10. Buy your hardest working folks computers for home. If you have folks who are willing to work an extra hour a day a week you should get them a computer for home. Once you get to three hours of work a week from home you’re at 150 hours a year and that’s a no brainer. Invest in equipment *if* the person is a workaholic.

     *     *     *

ワーカホリック以外はクビにしろ

11)ワーカホリックでないヤツはクビにしろ。仕事ぶりに惚れるな。しっかりしてくれよ、みんな!こちとらはスタートアップ企業で遊びじゃないんだぞ。それがイヤならスタートアップには来るな。仕事と家庭のバランスが大切なんて考えるのなら、郵便局とかスターバックスで働け。マジで(For realz)・・・

11. Fire people who are not workaholics. don’t love their work… come on folks, this is startup life, it’s not a game. don’t work at a startup if you’re not into it–go work at the post office or stabucks if you’re not into it you want balance in your life. For realz.

     *     *     *

時間外労働も認めてやれ

14)時間外に働くのも認めてやれ。通勤なんて時間のムダだ。朝6時からでも11時からでも、好きな時間に仕事を始めさせろ。そうすれば通勤時間は半分になる(少なくともロスでは)・・・

14. Allow folks to work off hours. Commuting sucks and is a waste of time for everyone. Let folks start at 6am or 11am and you’ll cut their commute in half (at least in LA).

     *     *     *

中西部の人間を雇え

18)アウトソーシングするならアメリカ中西部だ。サンフランシスコ/ロスアンゼルスとニューヨークの間には、優れた人材がいくらでも住んでいる。彼らは 4000 ドルもするワンベッドルームのアパートに住んでいるわけでもなければ、シャツのクリーニング代に8ドルも払ったりしない。そいつらを雇え!

18. Outsource to middle America: There are tons of brilliant people living between San Francisco, Los Angeles, and New York who don’t live in a $4,000 one bedroom apartment and pay $8 to dry clean a shirt–hire them!

     *     *     *

こんな調子で18項目の賢い節約術が続く。

ランチ(3)、電話(5)、コーヒーメーカー(12)、お得意さんまわり(15)、リクルート(16)の話など、妙に具体的で雇う側のメンタリティが透けて見えておもしろい。

要は、いい人材を雇って、とことん働かせろというわけ・・・

これを読んだあと、冒頭の Mahalo の内部らしい写真を見ると、いかにも実感をもって迫ってくる。

シリコンバレーで働こうと思っているあなた! シリコンバレーで事業を起こそうとしているあなた! ご感想はいかが?

     *     *     *

実はこの話には、まだ続きがある・・・

Technorati Tags: , ,

コメント / トラックバック7件 to “シリコンバレーのスタートアップ企業で働くとは・・・”

  1. TORIO Says:

    この続きを見たいところですが・・・

    これは私も実践していますが、MacでWindowsとMac OSを併用することで凄いメリットがあります。

    ただこれを知らない人は多過ぎる。残念なことだ。

  2. macfan Says:

    TORIOさん
    デュアルにするとどういったメリットがあるのでしょうか?この話の続きもかなり気になりますが、二つのOSを持つすごいメリットも気になりました。デュアルブートの導入を検討していたのものでして、、、

  3. TORIO Says:

    macfanさん初めまして。
    私の場合、会社にSAPが導入されたのですが、それが還って端末を扱うものにとって手を煩わしているのが現状です。そこでSAPを補う端末としてWindows環境の会社で私はMacをあえて選択したのです。
    SAPが導入されたことで入力工数が煩雑になり、1年以上経過してもSAPのおかげで、かえって業務スピードが落ちているのが現状です。ライセンスを持たない人間にとって見え難い状態に陥っています。(ライセンスを持っていても見え難いようだが)そこでMacのスポットライト検索が重要になった。コード番号をより早く利用するために。そのことでPDF文書の内部検索機能も仕事では大いに活躍しています。WindowsのエクセルとMacのエクセルは互換性が乏しいのが残念ですが、特に最近はマクロ機能が多く使われているのですが、これがネックといえば一番のネックです。
    しかし、私はそれも含めて利用しています。つまり、Windowsではエクセルだけを使い、他はMacを使っています。
    わたしのブログでも書いていますが、電話でカスタマサポートをしているものにとってはLeopardは本当に便利です。クイックルックはWindowsではできない。あえて私はWindowsオンリーの会社で挑戦しています。会社全体でデュアルを考えていらっしゃれば、なおさらよい話で、うらやましい限りです。
    なお、この記事で書かれているMacを買えというのは別の意味だと思いますが。シローさんこの続きを早く見せてください。

  4. トリプル・ディスプレイ,は快適 Says:

    […] こんな、シリコンバレーのスタートアップ企業で働くとは・・・ の記事も引き金になっています […]

  5. TORIO Says:

    Mac1台、ディスプレイ2台でWindowsとMacが同時に使えます。

    VM wareの仮想ソフトで実現したようです。

    ここのビデオで出ています↓
    http://www.applelinkage.com/

  6. TORIO Says:

    追記です。

    ディスプレイ付きMacなら、他に1台のディスプレイがあれば実現出来るということですね。

    良いものが出来ました。

  7. またぼん家具で机を買う気でいる « ALBATROSS Says:

    […] ここ、安いってのが売りだと思うんだけど、けっこう頑丈で良い品だと思う。そりゃ、デザイン物に比べりゃ安っぼく感じるかもしんないけど、机にはそれほどお金をかけないで、椅子にお金をかけるべきって話しを聞いたことがある(参照)。 […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。