iPod Touch の先にあるもの

Itouch

いまや iPod ラインの主力商品となった iPod Touch からすばらしい製品が生まれようとしている。iPod Touch はその先駆けだと、ビジネスウィークが書いている。

BusinessWeek: “The iPod Touch: Apple’s Sleeper Device” by Arik Hesseldahl: 13 March 2008

     *     *     *

コンピュータ vs 家電製品

iPhone の発表以来、アップルは新しい道を踏み出した。マックだけでなく、ポケットに入れて持ち運べるデバイス上でも動く OS X の新しいバーションを開発したことによって、これまで我々が「コンピュータ」と呼んだものと「家電製品」のデバイスと呼んできたものとの間の区別がはっきりしなくなっている。

Since it first unveiled the iPhone more than a year ago, Apple has been heading down a new path. Having developed a version of the OS X operating system that runs not only on a Macintosh but also on a device that fits in your pocket, Apple has blurred the distinction between what we know of as a “computer” and what we think of as a “consumer electronics” device.

     *     *     *

iPod Touch

その一番いい例は、かつてこの欄でも触れたことがあるが、つい見過ごされ勝ちな iPod の親戚、すなわち iPod Touch だ。外見上は iPhone から電話機能を省いたものにしか見えない。電話回線にもインターネットにも接続できず、オンラインにするためには Wi-Fi に頼らざるを得ない。音楽やビデオを再生できるほか、Eメール、YouTube ビデオ、株式情報、天気予報なども探してこれる。グーグルマップを使ってA地点からB地点へナビとして使うこともできる。

The best evidence of this point, which I’ve argued before in this space, is the iPhone’s overlooked cousin, the iPod Touch (BusinessWeek.com, 1/11/07). On its face the Touch may seem to be little more than an iPhone without the phone features. It can’t connect to cellular networks for calls or Internet access, relying instead on Wi-Fi to go online. Aside from playing music and video, it can fetch e-mail, clips from YouTube, stock quotes, and weather forecasts. It can also help you navigate from point A to point B via Google Maps.

     *     *     *

モバイル Wi-Fi プラットフォーム

アップルの COO Tim Cook が、2月27日の Goldman Sachs のカンファレンスで Touch のことを「モバイル Wi-Fi プラットフォーム」(mobile Wi-Fi platform)と呼んだことは注目に値する。アップルの他の重役連と話してみても、今や Touch iPod ファミリーの主力製品だといっている。Nano でも Shuffle でもなく Touch なのだ。(iPhone はそれ自体独立のカテゴリーの別製品だ。)

Notably, Apple Chief Operating Officer Tim Cook has taken to publicly describing the Touch as a “mobile Wi-Fi platform,” as he did in remarks at a Goldman Sachs conference on Feb. 27. And in conversations with other Apple executives, I’ve been told that the Touch can now be considered the flagship product of the iPod family (not counting the iPhone, which remains a product category unto itself). Not the Nano. Not the Shuffle. The Touch.

     *     *     *

Eブックリーダー

Touch に対するこうした新しい考え方は、Touch がいろいろなものに分化していく可能性を示唆している。iPhone iPod Touch のスクリーンでウェブサイトの記事やEメールが読めるということなら、書籍や雑誌を読むのにだって適しているといえないか。すべては iTunes Store にコンテンツを供給する側の意思に懸っている。iTunes Store はすべてのデジタルメディア配信の中心たり得るのだ。レコード店、ビデオショップ、本屋、ニューススタンド、それらを全部兼ね備えたものに・・・

This emerging realization about the Touch has multiple possible ramifications. If the screens on the iPhone and the iPod Touch are suitable for reading Web site content and e-mail, why shouldn’t they be suitable for reading books and magazines? All that’s needed are willing content suppliers for the iTunes Store, which could become a central distribution point for all kinds of digital media—a record store, a video shop, a bookstore, and a newsstand all at once.

     *     *     *

デジタル出版物

ニューヨークタイムズの John Markoff を初めとして、論理的に考えれば次に出るのはアマゾンの Kindle に類似したアップルリーダーApple reader)になるという。当たっている点もあると思う。つまるところアマゾンだって今や音楽ビジネスに関わっているのだ。コピープロテクションフリーの MP3 ダウンロードという点で iTunes と完全に競合している。アップルは今やエンターテインメントの殆どの分野を扱っている。音楽、テレビ番組、映画、オーディオブック、それに間もなく iPhone および iPod Touch のソフト販売も開始する。デジタル出版物がつぎに来ると考えるのは理にかなっている。

John Markoff of The New York Times and others have mused that a next logical step might be an Apple reader akin to Amazon.com’s Kindle (BusinessWeek.com, 11/19/07). I think they may be at least partially right. After all, Amazon.com is now in the music business, selling unprotected MP3 downloads in direct competition with iTunes. Now that Apple offers most major types of entertainment media on iTunes—music, TV shows, movies, audio books—and will soon be in the business of selling applications for the iPhone and iPod Touch, it stands to reason digitized print media could be next.

     *     *     *

スクリーンサイズ

デジタル出版物も加わるということになれば、Touch の(そして iPhone についても)スクリーンサイズが問題となる。Kindle のスクリーンサイズは6インチで、iPod Touch の2倍近くある。Touch Kindle 双方を使ってみた経験からすると、5分以上文字を読むのには大きいスクリーンが望ましいといわざるを得ない。

But once print media becomes part of the equation, the size of the screen on the Touch, and for that matter the iPhone, becomes an issue. The screen on the Kindle measures 6 inches diagonally, nearly twice that of the iPod Touch. Having used both the Touch and the Kindle, I have to say that the larger screen is preferable for reading anything that takes longer than five minutes.

     *     *     *

読書のためだけ?

そんな製品をもしアップルが準備中なら、読書のためだけというのでは夢がなさすぎると思う。iPod Touch が本当にこれから出る新しいデバイスファミリーの先駆けだというのなら、スクリーンの大きいその後継機はデジタル出版物を読む以上のことが出来る必要がある。

Yet even if Apple does actually have one in the pipeline, I’d say that a reading device alone would be thinking too small. If the iPod Touch is indeed the vanguard of a new family of media devices, any larger-screened descendant would have to do much more than simply add the ability to read digital versions of the printed page.

     *     *     *

仕事もこなせる「何か」

iPod Touch バージョンの OS X がアップルのいうように強力なものだとしたら、いずれ出てくる「アップルリーダー」はエンターテインメントのプラットフォームであるに止まらず、仕事もこなせる「何か」になり得るのではないか。マックノートブックは Wi-Fi を通じて遠隔地から自宅のマックにあるファイルへアクセスを可能にする「Back to My Mac」機能を持っているが、この機能をアップルリーダーでも使えるようにしたらどうか。そうすれば、自宅のコンピュータに忘れてきたプレゼンテーションのファイルをとってくることもできれば、誰かに教えてやった曲をかけてみることもできるだろう。そんなハンドヘルドに十分な容量のストレージ、たとえば 64GB のフラッシュメモリーを付けてやれば、音楽やビデオライブラリーだけでなくいろんな重要書類も常時持ち運べることになる。

If the iPod Touch version of OS X is truly as powerful as Apple says it is, shouldn’t this prospective reader serve as more than an entertainment platform, as something that can help you get things done? Why not adapt Apple’s “Back to My Mac” feature, which lets you gain access to files on your home Mac remotely from a Mac notebook, to let you do the same via Wi-Fi from your Apple reader? You’d be able to grab that presentation you forgot on your home computer, or play that song you were just telling someone about. Give that handheld sufficient storage, say 64GB of flash memory, and you just might go to the trouble of carrying all sorts of important documents around, not just your music and video library.

     *     *     *

ポータブルミニコンピュータ

書類を表示できるだけではない。スクリーン上でそれらを編集して手を加えたいと思うかもしれない。そうなればこれはポータブルミニコンピュータportable minicomputer)だ。キーボードはどうする? バーチャルの Qwerty キーボードをマルチタッチスクリーンで使えばいい。iPhone Touch のものより少し大きめで、二本指でのタイピングが可能なもの。Bluetooth のワイヤレス接続にすれば(iPhone では可能だが Touch にはない)、普通のワイヤレスキーボードという選択肢も加わる。

And why stop at simply displaying documents? You’d want to edit them right there on the screen. That would make it a portable minicomputer. So where’s the keyboard? Right on the screen. Put that multitouch screen to work displaying a virtual Qwerty keyboard, only bigger than that found on the iPhone and the Touch, and suitable for two-fingered hunt-and-peck typing. Add a Bluetooth wireless connection—which the iPhone has, but the Touch lacks—and you’d also have the option of using a conventional wireless keyboard.

     *     *     *

Gizmo Project

Skype でインターネット電話をするのに Bluetooth ワイヤレスヘッドホンは便利だが、Gizmo Project のクライアントもいずれそうなる。ソニーの Wi-Fi メッセージングデバイスである Mylo ではすでに Skype が利用できるし、Cisco Systems Netgear Wi-Fi ハンドセットにも内蔵されている。SIPphone Gizmo Project 通話ソフトがノキアのウェブタブレットで利用できるようになって久しい。

Bluetooth would also come in handy for a wireless headset to make Internet phone calls on the Skype and Gizmo Project clients that would inevitably follow. Skype is already available on Sony’s Mylo, a Wi-Fi messaging device, and has been embedded in a series of Wi-Fi handsets from Cisco Systems and Netgear. And SIPphone’s Gizmo Project calling software has been available on Nokia’s Web tablets for some time.

     *     *     *

Atom 効果

このワイヤレスのマイクロマックmicro-Mac)には本格的マックノートブックほどのパワーはないが、それでもそこらのハンドヘルドよりは多くのことがこなせるなかなか強力なデバイスだ。このところインテルはノートブック PC とスマートフォンの中間に位置する新しいタイプのデバイスをプッシュしているが、それは低消費電力の Atom チップを備え、新しいカテゴリーの創出が期待されているものだ。2006 年当時初めてこの話を聞いたときはピンとこなかったが、当時はアップルのようなクリエイティブな会社(いまやインテルの花形顧客だ)がなにをやらかすかということに思いが至っていなかった。

This wireless micro-Mac wouldn’t have the processing power of a full-fledged Mac notebook, but it could serve as a pretty robust dinghy that would do plenty more than most handhelds. Intel, which has been talking about a new class of devices that lie somewhere between notebook PCs and smartphones, has a new low-power chip called the Atom that it hopes will drive the creation of this new category. I’ll admit I’ve been skeptical of the idea since it was first floated in 2006. But I hadn’t been thinking of what a company as innovative as Apple, now Intel’s marquee customer, might do with this idea.

     *     *     *

すばらしい方向に向けた第一歩

iPod Touch から何が出てくるか、それをあれこれ推測することはこれから数か月の間の楽しみだ。アップルが出すシグナルから分ることは、アップルがすばらしい方向に足を踏み出したということだ。

The conjecture and speculation about what devices the iPod Touch may spawn will certainly be interesting to watch in the coming months. Given the signals it’s sending, Apple is just starting down what looks to be a fascinating path.

     *     *     *

ニューヨークタイムズに続いてビジネスウィークまでこんな記事を書き始めたということは、何かそれらしき予兆があるということか・・・

Technorati Tags: , , , , , ,

コメント / トラックバック7件 to “iPod Touch の先にあるもの”

  1. TORIO Says:

    これですね、前から言っていたことは。
    キーボードにもなり、タブレットにもなり。

    マイクロマックって良い響きですね。

    今4台持っているMacを1台売ってこの製品を買おうと真剣に考えています。

    これを早くAppleは出さないと景気はどんどん悪くなる。

    正直いって、じらされています。

  2. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    iPodTouchの先にあるもの・・他。

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「MightyMouseにはKURE5-56が効く!!」と「iPodTouchの先にあるもの」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は いい…

  3. 土岐正造 Says:

    出版にとって最大の敵は、流通が思うようにならないという点ですからね。再販制度によって、輸送費がかかる離島でも同じ価格で販売はされますが、流通量には過多がありますから。

    音楽と違って文字データは、読みやすさとかレイアウトの問題でいろいろ制約がありましたが、デジタルでの流通が可能になれば、出版社としても大助かりですからね(特に弱小は)。個人的には、文庫本サイズあれば、本の体裁としては十分かなと思っています。たぶん、PSPサイズの液晶がひとつの基準になるんだろうなと。出て欲しいですねぇ……。

  4. shiro Says:

    > 土岐正造 さん
    個人的には Eブックリーダーよりも ウェブ端末を期待しています
    スクリーンサイズが 最大の関心事です
    今でも本は好きですが 目が悪いせいもあって 文庫本を買うことはほとんどなくなりました
    せめてナビサイズは欲しいところですが 海の向こうの「常識サイズ」とは どんなものでしょうか・・・

  5. TORIO Says:

    私の場合、細かい仕事は3.0の老眼鏡をかけないと見られないくらい。

    B5〜A4サイズが欲しいですね。

  6. iPod Touch の先にあるもの | iPhone iPod touch 脱獄囚情報 Says:

    […] iPod Touch の先にあるもの « maclalala […]

  7. New iBook | Black Comet Club Says:

    […] iPod Touch の先にあるもの-maclalala […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。