アップルの次の一手

Intel Atom

Intel Atom processor

インテルのチップを見れば、アップルの次の一手が分かるという。

Forbes: “Why Apple Will Go Atomic” by Brian Caulfield: 02 April 2008

     *     *     *

Atom チップがカギ

Steve Jobs のつぎの一手はなんだろうか。

What will Steve Jobs do next?

秘密主義に包まれたアップル総帥の意図を読み解くカギはインテルの計画にありそうだ。この水曜日、上海で開催されるインテル開発者フォーラム(Intel Developer Forum)がヒントになるだろう。ハンドヘルド機器やチップを内蔵したデバイス向けの低コスト・低消費電力の Atom チップの新しいラインナップが発表されるからだ。

Intel’s plans may offer the best Rosetta stone for decoding the secretive Apple chief executive’s intentions. The latest clue will come Wednesday in Shanghai at the Intel Developer Forum, where the chip maker will detail its new lineup of low-cost, low-power processors, dubbed Atom, for handheld devices and embedded gizmos.

     *     *     *

未だ態度表明せず

しかし、インテルにとって最も興味ある顧客のアップルは、未だにその意向を明らかにしていない。新しいチップがより強力に、より効率的になり、アップルの採用は間違いなしとアナリストがいうにも関わらず、だ。「アップルは決して他社の引き立て役には終わらないから、必ず採用するはずだ」と Roger Kay(Endpoint Technologies Associates 社長)はいう。いずれアップルは「これらインテルチップを使って iPhone や iPod Touch よりやや大きめのもの」を作るだろう。

Intel’s most intriguing customer, however, isn’t showing its intentions. This is despite the fact that analysts say Apple will almost certainly dip into Intel’s new line of processors, as they grow both more power-efficient and more powerful. “They are going to pick and choose, they are not going to be anybody’s stooge,” said Roger Kay, president of tech-tracker Endpoint Technologies Associates. Eventually, however, Kay said he sees Apple building “what I imagine is a slightly bigger version of the iPhone, or the iPod Touch” around Intel’s chips.

     *     *     *

新しいクラスのデバイス

Intel Atom Logo

では Atom のスペックから分かることは何か。新しいプロセッサのスピードは1.83 Ghz に達するが、これは 2004 年当時のノートブックに匹敵するパフォーマンスだ。しかも消費電力はほんの少しで済む。その結果、ポケットサイズでバッテリーで動く新しいクラスのデバイスが登場することとなる。今四半期の後半にはそれが登場するとインテルはいっている。しかも今日の PDA とは異なり、PC クラスの OS(ウインドウズ Vista など) を駆動することも可能だという。

So what do Atom’s specs tell us? The new processors will run at speeds of up to 1.83 Ghz–cranking out performance comparable to a 2004 era notebook–while using only modest amounts of power. The result will be a new class of pocket-sized, battery-powered gizmos, which Intel says will begin shipping later this quarter. And, unlike today’s personal digital assistants, Intel boasts such devices will be able to run PC-class operating systems, such as Windows Vista.

     *     *     *

ウワサのアップル製品か

そうなるとどう考えてもアップルが開発中というウワサのデバイスになりそうだ。タブレットサイズ、Web サーフィンが可能で、タッチスクリーンを備えたヤツだ。もしそうなら、決して安くはないだろう。最新のインテルチップはキットで45ドルはするから、新しいデバイスの価格は 500 ドルプラスマイナス 100 ドルというところか・・・

Such a gizmo sounds an awful lot like the tablet-sized, Web-surfing touch-screen gizmo some speculate Apple is working on. If so, it won’t come cheap. Intel will sell a kit including its latest chip starting at $45, and figures devices built around its new offering will go for $500, plus or minus $100.

     *     *     *

Atom を使わないテはない

アップルが新製品を投入するのは何時かということがいつも問題になる。それでもいつかはインテルの新しいプロセッサを iPhone にも採用するだろうと Endpoint の Kay はいう。アップルが Atom プロセッサの最初出荷分については見送ることがあっても、「このプラットフォームはあまりにスグレモノなので決して見過ごせないだろう。2009 年バージョンになると特にそうだ。」

Of course, with Apple, timing is always the big mystery. But, eventually Endpoint’s Kay says an iteration of Intel’s new processors will end up in the iPhone, even if Apple decides to pass on Intel’s first b of Atom processors. “I just think the platform is too good, particularly the 2009 version,” Kay said.

     *     *     *

Silverthorne-1

Silverthorne Layout

インテル発表は予定通り行われ Atom の詳細が明らかになりつつある。これまで Silverthorne のコード名で呼ばれていたプロセッサが Atom になり、同プロセッサをベースとするプラットフォームが Centrino Atom[コード名 Menlow]になったということらしい。

いよいよアップルにとって欠くべからざるプロセッサの登場だが、アップルの対応や如何というわけ・・・

新チップを搭載した他社製品がまず登場、しばらくしてデザインや UI のひと際目立つアップル製品が出るというのがこれまでのパターンだが、さて今回はどうなるか。

なお、Atom プロセッサについては、後藤弘茂氏の詳細な解説が大変参考になる。

Technorati Tags: , , , , , , ,

コメント / トラックバック1件 to “アップルの次の一手”

  1. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    MacをAppleTVにする「ATV4mac」・・他。…

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「[噂]3GiPhoneらしき・・・」と「MacをAppleTVにする「ATV4mac」」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は 先日 みつけたおもしろソフトで るんるんですね。 それとは別にFirefox3ベータ5(……

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。