ひとまず休載・・・

Nozomi

Earth and Moon by Nozomi

突然だが、ブログを休載したいと思う。

前のブログを中断する際に次のように書いた。

休んでいる間にいろいろ考えた。

いつの間にやら翻訳サイトみたいな形になってしまったが、これは必ずしも本意ではない。

いまのやり方を一度リセットして、ブログのあり方を考え直してみたいと思う。

結局は同じことの繰り返しだった。

あれこれ試行錯誤を重ねているが、自分のやりたかったこと、自分のできることが何なのか確たるものが掴めないままだ。

読者のひとりとしてあちこちサイトを巡ってみると、マックやアップルのニュースの花盛りだ。

海外記事の翻訳もどきという当ブログのような存在は、もう役割を終えたという気が強くしている。

しばらくサイトを閉じていろいろと考えてみたい。

10か月という短い間だったが、このささやかな個人の試みに付き合ってくださった方々には心から感謝したい。

これまで読んでくださってありがとうございました。

またいつかどこかでお会いできることを祈念しつつ・・・

     *     *     *

追記:ブログ再開(8月15日)

休載した後も当ブログを訪ね、励ましてくださった読者の方々には心から感謝したい。

休載後3か月あまり経ったが、新たにブログを再開することとした。

 maclalala2:藤シローの複眼ウォッチング

これまで読んでくださった方々と、そちらでお会いできるとうれしい。

Technorati Tags: ,

タグ: ,

コメント / トラックバック34件 to “ひとまず休載・・・”

  1. yuzuki Says:

    いつも楽しみにしていました。Macにスイッチして、アップルのニュースを探していたときに見つけた、もっとも素晴らしいサイトの一つでした。

    いままでありがとうございます。お体を大事になさってください。いつかまたお会いできることを楽しみにしています。

  2. yamaq Says:

    非常に残念ですが、これまでありがとうございました。

    海外記事の紹介は、私にとっては今後も貴重な存在で、ネットの情報がアメリカから多く輸入している日本では、とくに貴重だと思います。
    大手商用サイトでの情報は、迅速ですが情報の傾向がどうしても偏ってしまうため、個人で運営されるサイトの重要性は、blogを書いている者からするとよく理解できます。

    ともあれ十分検討されてのことと思います。きっと何らかの形でもう一度私たちの前に戻ってくださることを期待しています。

  3. Ronron Says:

    ROMでしたが、いつも楽しみに拝読させていただいてました。
    Mac関連の中でも、少し視点が違うな・・・と感じていたのですが。
    おつかれさまでした。次回作を楽しみにしております。

  4. to Says:

    お疲れさまです

    どんな形でも、また戻ってくることを楽しみに待っています

  5. 通行人 Says:

    何時も楽しく拝見させて頂いております。誠に身勝手ですが名前は伏せさせていただきます。
    ここは自分にとって,Mac系Blogにあっても高い品質と矜持のある数少ないBlogだと思います。まさに読みたいことが正論とともに正確に語られています。ご自分の言葉で、営利目的なしに、誠意のある言葉が綴られています。翻訳文が多くても,シローさんご自身のお言葉はしっかり感じられるので、全く気になりません。やはり綴られる動機がピュアだからでしょうか。まさに心に残る文章なのです。

    残念乍ら、広告満載の某Bolg集団のように、クリック数稼ぎだけのためにニュース元へのリンク貼っただけの無内容な記事、さらにはそれにすら自分のところを通過させようする親Blog経営者の営利的魂胆には辟易させられます。Mac系のニュースなら誰でも主要なサイトは巡回しているので無用の集団だと思います。

    シローさんご指摘のように,Bolgで稼げるか、をテーマにされたときには、案の定スルーされましたが、よくぞ仰ってくださった、と、感動すらいたしました。でも、そのことで、多少、冷遇されるようになったにせよ、お気にされることはないと思います。まさに膨大な数の心ある読者たちが、ブックマークに登録して、ここの更新を楽しみにしていると思いますので。

    今後のことはシローさんがご自身でご自由にご判断くださいますように祈念いたします。
    不肖、自分は一読者の分際なので、その判断を心から尊重したく思います。

    ただ、全く個人的な手前勝手な願望を僭越にいえば、時には更新があってほしいな、というのが偽らざる感想です。

    ともあれ、素晴らしい記事を毎回読ませて頂いて、有難うございました。

  6. 通行人 Says:

    すみません。誤植です。L8,12:Bolg→Blog
    失礼いたしました。

  7. TORIO Says:

    前のブログから約2年ほど見さしていただきました。

    でも、藤シロー氏のこのブログは他にない内容だと思います。ひと味も二味も違います。

    非常に興味深く読ませていただきました。

    ひとまずと付いていますので、また何らかの形で再開されることを願うばかりです。

    有り難うございました。感謝いたします。

  8. ageha Says:

    たった10か月とは思えないほど楽しく読ませていただいた気がします。
    またいつかどこかでお会いできますように。

  9. keizo Says:

     別館の方も休憩なさるのですね。更新を楽しみにしていた読者としては残念です。ただ、当たり前ですが、続けられるのも止められるのも、僕は書き手の自由だと思っています。何か引っ掛かるようなことがあり、かつ、書き手も楽しめないのなら、休憩も、あるいは更新しないのもまた良いのではと思います。もちろんその逆に書きたくなったからまた書くのも良いかと。
     よく、毎日更新が読者を増やす秘訣とか言われますが、確かに一理あるのでしょう。でも僕自身の話なのですが、そのようなことに捕らわれるのもどうなのかなって、思ったことがあります。
     長々とすみません。要するに今の形態にとらわれず、書きたくなったら、ぜひまた書いて下さいね。

  10. Arageo Says:

    休載は残念です。こちらの新鮮な話題には連日楽しませていただきました。読み返してみると、シローさんのしたためられた文章は、”the Mac universe”の近年のchronicleのようです。進化し続けるMac OSにはさらにexcitingな展開が待っているのでしょうか。

    ともあれ、これだけのqualityのblogを続けてこられたのは大変なご苦労があったと想像します。お疲れさまでしたーーーいつまでもご健康で!
    Hope to see you again someday…

  11. ema Says:

    藤シロー様、ご苦労様でした。
    いつも更新を楽しみにしていましたので、正直残念な想いもありますが、これまらずっと質の高い情報を提供して下さっていたことに感謝します。
    またいつか藤様の書かれたものに出会えることを楽しみにしています。
    ありがとうございました。

  12. ogawama Says:

    シローさん、お疲れさまでした。
    今まで本当にありがとうごさいました。
    また、ネット上のどこかでお会いしたいです。

  13. けんご Says:

    ありがとうございました。ずっと愛読させていただいていました。
    みなさんおっしゃっておられるように、唯一無二のサイトだったと私も思います。
    またいつか、気が向いたら、何か書いてくださったらうれしいです!

  14. いちろう Says:

    藤シローさん

    ゆっくりとお休みください

  15. Bluespeaker Says:

    ゆっくり… ゆっくり…
    休んでください

    シローさんの感じたコトまたいつか発信してください
    待ってます

  16. 一読者 Says:

    今までご苦労さまでした。
    そして、本当にありがとうございました。

    また、どこかでお会いできたら・・・と思います。

  17. カワキタ Says:

    いつも楽しみに読ませてもらっていました、翻訳がメインだとしても、英語の苦手な私にとってはAppleやMacの貴重な情報源でした。
    またいつか気が向いたら不定期でもいいので情報を発信してくださいね。

    ゆっくり休んでください、今までありがとうございました、そしていつかまた会える事を願っています。

  18. beta mac Says:

    複雑な気持ちではありますが、何かをやり始めてから「これは違うかもしれない」
    と思ったときに、一度振り返ってみてすぐに他の行動を取ることができるように
    準備したり自分に正直であることは、とても素晴らしいことだと思っております。

    人間というのは感覚が正直なことを言っているのだと個人的には感じていまして、
    どうもおかしいと感じているのに「いやそんなことはない」と思ってしまう
    人間の判断こそが、自分を混乱させているのではないかと思っています。

    しかしshiroさんが今回休載されるという判断は、どうも違うと感じてることを
    そのまま判断として発言されていることから、shiroさんの誠実さがとてもよく
    伝わってきます。自分で自分に嘘をつかないと言うのは本当に難しいことです。

    これからはshiroさんが「これだ!」と思えるものに
    辿り着くまで、良い意味で試行錯誤をされて欲しいと思っております。

    また来ます。ご御身、大切に。

  19. アメフト Says:

    藤シローさんのブログ、楽しく読んでいました。とても残念ですが、休む事もステップ
    だと思います。今まで色々な情報を提供して頂き感謝します。また、どこかで会える事を願ってます。

  20. sleepyspooky Says:

    最後の最後ではじめまして。
    ずっと拝見させていただいておりました。
    役割を終えた、とおっしゃっておられますが、
    余計な主観を交えず、要点を的確にまとめて紹介されている
    ブログはまだまだ決して多いわけではないと思います。
    むしろ存在感を増していたようにすら感じられるのですが…。

    同様なことをやっているブログが確かにたくさんあるかも
    しれませんが、切り口と文章力の点でもこのブログのクオリティは
    抜きんでていたように思います。

    とはいえ、この労力がどれほど大変なものか、
    また続けていく上での様々な葛藤はお察しします。

    されど当たり前にあったものが当たり前でなくなるさびしさと共に
    貴重なソースを失って戸惑う、自分の不勉強を悔やむばかりです。

    最後に応援しても仕方ないかもしれませんが、
    本当にお疲れ様でした。

    またどこかで藤様のコンテンツと出会える日がくるのを
    楽しみに待つことにします。

  21. Ohjiro Says:

    藤シローさん、休載される段になって初めて書き込みします。

    このブログを楽しみにしていた一人として休載は残念でなりませんが、ブログの性質上その決断は
    藤シローさんの自由な判断に任されているので、受け入れることにします。

    以下のブログは毎回圧倒的な量の文章とその論旨を固めるために海外の情報を貪欲に取り込んでいる
    点では、私見では右に出るものがいないのではないかと思っているブログです。単行本も出版されて
    いる方なのでその点から当然だとも言えるのですが、翻訳という媒介を通さず彼の論理を助ける情報
    を各所から集めて独りよがりのものでないように補強するのに使っておられることが私には信頼性を
    感じられる情報源です。
    http://www.tanakanews.com/080520BRIC.htm

    このような例を挙げて何になるのかと問われるのも分かっていますが、藤シローさんの書きたいこと
    を補強するような情報源を集めてきて、それらを散りばめながら御自身の伝えたいことを素直に書く
    という方向性もあるのではないかと思ったのです。

    私はブログを書いたりしていないので、所詮他人事ではないかとお叱りを受けるかも知れませんが、
    結局書いてみたいことを持った瞬間から書くという創造行為が始まるのであって、この点だけ見つめ
    ていれば、いつも立ち位置はブレないと思います。英語の翻訳に携わる一人として藤シローさんの
    書いてこられた文章の素晴らしさをもっと広く様々な人々に知ってもらえたらと思い、筆を取りました。

    今回の決断、本当に熟慮された結果だと思います。また書きたいことが見つかったらどうぞ遠慮なく
    書き出してみて下さい。私のようにその時を心待ちにされている方々が沢山いらっしゃると思います。

  22. snapshots Says:

    以前のblogの時から、ずっと楽しみに読み続けてきました。
    「ひとまず」休載
    ひとまず「休載」
    そのどちらだとしても、帰ってくるわけですから、
    その日を待つことにします。

    ひとまず、今までありがとうございました。

  23. mac Says:

    お疲れ様でした。
    ROMだけでしたが、楽しませてもらってました。
    ありがとうございます~

  24. みらい Says:

    これまで本当にありがとうございました。
    最近のエントリーで感じてた不安が的中した形となり、大変残念です。
    私はシローさんのエントリーされる記事をいつも心待ちにしていた中で
    シローさん自身が悩まれている所と違う部分に魅力を感じ読んでいました。
    確かにシローさんの視点や最新のAppleの記事は魅力的だったのですが、
    私はそれよりもシローさんの文章が好きなのです。
    文才が無いため言葉で表わせないのですが、読んでいて心地よい文体に読む喜びを感じていました。
    しかも欲しい情報とともにそれが綴られている。情報は事実関係が正確でなければなりません。
    しかし、たとえ同じ情報が他にあったとしても「読みたくなる」文章が書けるシローさんの才能は今後も大切にされてください。

    あと許す限りこのサイトは公開し続けてください。お願いいたします。

  25. Jack Says:

    シローさん、こんばんは。そしてお疲れ様でした。
    Macにかんするブログ数あれど、「maclalala」はそのなかでも珠玉でした。
    終わってしまうのはとても残念です。
    でも一方で、いいんじゃないんですか?という気もしているのです。
    ブログを書くのは時間がかかるし、骨が折れるけど、ブログばかりが Mac を楽しむ方法じゃないです。たとえば Mac でポッドキャストを作ったり、絵を描いたり、写真を公開したりしてもいい。表現にはいろんなあり方があるとおもうのです。

    「maclalala」を通じてシローさんの Macに対する想いに触れられてとてもよかったです。また、いつか、どこかで会いましょうね!

  26. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    3G版iPhoneに高まる期待――販売奨励金付きの販売も?…

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「ひとまず休載・・・」と「Appleを支える日本の職人技術」と「次期「iPhone」、22%薄型に?」と「3G版iPhoneに高まる期待――販売奨励金付き…

  27. 前田 Says:

    ぼくは面白かったです。
    楽しみでした。
    またの登場を待っています!

  28. stilllife Says:

    残念です。
    まずは、ゆっくりお休みください。

    ありがとうございました。またの日をお待ちしております。

  29. 短かったROM Says:

    >翻訳サイトみたいな形になってしまったが、これは必ずしも本意ではない
    意図にかかわらず非常に有益だったのは忘れないで下さい。
    そういうブログは他に無いんです。
    今後「意図的に」翻訳サイトをやられることを期待してます。

  30. □■4■□ Says:

    24inch iMacが出てWinからMacにシフトしました。
    がむしゃらにMacサイト探しまわって、一番、目にとまったのがこのサイトでした。
    他のサイトではあまり取り扱わない部分をクローズアップしていて大好きでした。
    またいつの日か。

  31. YSK Says:

    今まで本当にありがとうございました。今までのご苦労にひたすら感謝する次第です。
    ただ正直に申しますと…、残念な気持ちが強いことも事実です。
    しかし、このような作業はご家族のご理解とご自身の体力・気力が充実していなければなし得ないと思います。
    是非ともゆっくり休養なさってください。もしご自身の気が向いたときがあったら…、良い意味で「適当」に、更新を義務と感じない程度に更新していただけたら、と思います。

  32. bobissyu Says:

    お休み残念です。
    熱すぎず冷めすぎない文章がとても好きでした。
    会社でこっそり読むページが減ります。
    いつかまた。

  33. west Says:

    これまで楽しく読ませて頂きました。

    ありがとうございました。

  34. oda-k Says:

    あら・・・、とても残念です。

    僕はまたの復活を期待しています。
    また〜!

コメントは受け付けていません。