Archive for the ‘Apple’ Category

アップルの次の一手

2008年 4月 4日

Intel Atom

Intel Atom processor

インテルのチップを見れば、アップルの次の一手が分かるという。

Forbes: “Why Apple Will Go Atomic” by Brian Caulfield: 02 April 2008

     *     *     *

Atom チップがカギ

Steve Jobs のつぎの一手はなんだろうか。

What will Steve Jobs do next?

秘密主義に包まれたアップル総帥の意図を読み解くカギはインテルの計画にありそうだ。この水曜日、上海で開催されるインテル開発者フォーラム(Intel Developer Forum)がヒントになるだろう。ハンドヘルド機器やチップを内蔵したデバイス向けの低コスト・低消費電力の Atom チップの新しいラインナップが発表されるからだ。

Intel’s plans may offer the best Rosetta stone for decoding the secretive Apple chief executive’s intentions. The latest clue will come Wednesday in Shanghai at the Intel Developer Forum, where the chip maker will detail its new lineup of low-cost, low-power processors, dubbed Atom, for handheld devices and embedded gizmos.

     *     *     *

未だ態度表明せず

しかし、インテルにとって最も興味ある顧客のアップルは、未だにその意向を明らかにしていない。新しいチップがより強力に、より効率的になり、アップルの採用は間違いなしとアナリストがいうにも関わらず、だ。「アップルは決して他社の引き立て役には終わらないから、必ず採用するはずだ」と Roger Kay(Endpoint Technologies Associates 社長)はいう。いずれアップルは「これらインテルチップを使って iPhone や iPod Touch よりやや大きめのもの」を作るだろう。

Intel’s most intriguing customer, however, isn’t showing its intentions. This is despite the fact that analysts say Apple will almost certainly dip into Intel’s new line of processors, as they grow both more power-efficient and more powerful. “They are going to pick and choose, they are not going to be anybody’s stooge,” said Roger Kay, president of tech-tracker Endpoint Technologies Associates. Eventually, however, Kay said he sees Apple building “what I imagine is a slightly bigger version of the iPhone, or the iPod Touch” around Intel’s chips.

     *     *     *

新しいクラスのデバイス

Intel Atom Logo

では Atom のスペックから分かることは何か。新しいプロセッサのスピードは1.83 Ghz に達するが、これは 2004 年当時のノートブックに匹敵するパフォーマンスだ。しかも消費電力はほんの少しで済む。その結果、ポケットサイズでバッテリーで動く新しいクラスのデバイスが登場することとなる。今四半期の後半にはそれが登場するとインテルはいっている。しかも今日の PDA とは異なり、PC クラスの OS(ウインドウズ Vista など) を駆動することも可能だという。

So what do Atom’s specs tell us? The new processors will run at speeds of up to 1.83 Ghz–cranking out performance comparable to a 2004 era notebook–while using only modest amounts of power. The result will be a new class of pocket-sized, battery-powered gizmos, which Intel says will begin shipping later this quarter. And, unlike today’s personal digital assistants, Intel boasts such devices will be able to run PC-class operating systems, such as Windows Vista.

     *     *     *

ウワサのアップル製品か

そうなるとどう考えてもアップルが開発中というウワサのデバイスになりそうだ。タブレットサイズ、Web サーフィンが可能で、タッチスクリーンを備えたヤツだ。もしそうなら、決して安くはないだろう。最新のインテルチップはキットで45ドルはするから、新しいデバイスの価格は 500 ドルプラスマイナス 100 ドルというところか・・・

Such a gizmo sounds an awful lot like the tablet-sized, Web-surfing touch-screen gizmo some speculate Apple is working on. If so, it won’t come cheap. Intel will sell a kit including its latest chip starting at $45, and figures devices built around its new offering will go for $500, plus or minus $100.

     *     *     *

Atom を使わないテはない

アップルが新製品を投入するのは何時かということがいつも問題になる。それでもいつかはインテルの新しいプロセッサを iPhone にも採用するだろうと Endpoint の Kay はいう。アップルが Atom プロセッサの最初出荷分については見送ることがあっても、「このプラットフォームはあまりにスグレモノなので決して見過ごせないだろう。2009 年バージョンになると特にそうだ。」

Of course, with Apple, timing is always the big mystery. But, eventually Endpoint’s Kay says an iteration of Intel’s new processors will end up in the iPhone, even if Apple decides to pass on Intel’s first b of Atom processors. “I just think the platform is too good, particularly the 2009 version,” Kay said.

     *     *     *

Silverthorne-1

Silverthorne Layout

インテル発表は予定通り行われ Atom の詳細が明らかになりつつある。これまで Silverthorne のコード名で呼ばれていたプロセッサが Atom になり、同プロセッサをベースとするプラットフォームが Centrino Atom[コード名 Menlow]になったということらしい。

いよいよアップルにとって欠くべからざるプロセッサの登場だが、アップルの対応や如何というわけ・・・

新チップを搭載した他社製品がまず登場、しばらくしてデザインや UI のひと際目立つアップル製品が出るというのがこれまでのパターンだが、さて今回はどうなるか。

なお、Atom プロセッサについては、後藤弘茂氏の詳細な解説が大変参考になる。

Technorati Tags: , , , , , , ,

広告

次世代コンピューティングはアップルが席巻する

2008年 3月 27日

Iphone Os

iPhone SDK が発表された直後に書かれた興味深い記事がある。

ReadWriteWeb: “Why Apple Will Dominate Next Gen Computing” by Alex Iskold: 09 March 2008

プログラミングというものに対するアップルの考え方をよく反映しているように思えるからだ。

3月6日のイベントではマイクロソフトの Exchange サポートという企業向け対策と iPhone SDK が発表されたが、後者の方がはるかに重要だという。

     *     *     *

iPhone SDK でゲームが変わる

Exchange  のサポートによる企業への対策がいかにクールに見えても、もうひとつのより重要な発表の前では影が薄くなる。iPhone SDK のことだ。アップルが MacOS や iPhone のアプリケーション作成に使うこの強力なプラットフォームは、いまや完全にオープン化された。この Objective-C をベースとする[プログラミング技術の]蓄積は、10年という時間をかけて完璧なものとなった。ソケット、グラフィックス、オーディオ、モーションコントロール、ユーザーインターフェイスの構成要素などといった OS のためのインターフェイスが完璧なものとなったのだ。このプラットフォームには完全な iPhone シミュレータ、XCode 開発環境、ワンクリックによるコンパイル/ビルド/展開プロセスが含まれている。まさにこのプラットフォームによってゲームが変わるのだ。

No matter how cool the exchange support and the enterprise play is, that news is dwarfed by the other, much more important announcement – the iPhone SDK. The powerful platform that Apple uses to create beautiful applications for MacOS and iPhone is now completely open. Over a decade in making, this Objective-C based stack is complete with interfaces for operating system, sockets, graphics, audio, motion control and UI components; just to name a few. The platform comes with complete iPhone simulator, XCode development environment and 1-click compile/build/deploy process. This platform is a game changer.

     *     *     *

言語よりライブラリが重要

ハッキリさせておきたい。重要なのは開発言語ではなく、ライブラリの方なのだ。新しい言語が登場するたびにこれこそベストだとデベロッパはいうが、私はそうは思わない。今日では、ライブラリがちゃんと整っていない開発言語なんて使用に耐えないのだ。ソフトウェアの複雑さが増すにつれ、ますますライブラリが重要になる。マイクロソフトですらこのことを .Net が何年も遅れるという苦い経験から学んだのだ。当時 Java を採用して最適化していたら、他社に何年も先んずることができた筈だ。

Let’s be clear. It is not the language, but the libraries that matter. Every time I hear developers talk about a new language and say it is by far the best one, I just shake my head. A new language is not going to be usable in today’s world unless all of the libraries are in place. As the complexity of our software increases, so do demands on libraries. Microsoft learned it the hard way with years of set backs when it rolled out .Net. Had it simply embraced and optimized Java, it could have been years ahead instead.

     *     *     *

コードを築いてきたアップル

アップルの選んだ道はまったく異なるものだった。この10年アップルは、非の打ち所のないすばらしいやり方で、顧客や投資家の賞賛を勝ち得てきた。アップルが新しい発表をするたびに、もうこれ以上はないだろうと何度も考えたものだが、しかしその都度 Jobs とその仲間たちは新しい手品を帽子から出してみせたのだ。アップルが実行という技を完璧なものにしたマシンであることは明らかだ。それだけではない。アップルの秘密はソフトウェアにある。他の連中は、新しい言語とその骨格を作ったかもしれないが、アップルはそのコードを完成させ、蓄積してきたのだ。

Apple choose a different path. For the last decade Apple has been wowing the crowds and investors with its flawless and lightning quick execution. Every new Apple announcement, we keep thinking that they won’t top it. But every time, Jobs and his crew pulls another trick out of the hat. Clearly, Apple is a well-oiled machine that has perfected the art of execution. But beyond that, Apple’s secret sauce has been its software. While others have been inventing new languages and frameworks, Apple kept perfecting and building up its code.

     *     *     *

Objective-C

アップルはその初期から Objective-C と呼ばれる言語を取り入れてきた。手続き型言語の中でオブジェクト指向の言語だ。Jobs がアップルに復帰したとき、それまでの OS をボツにして Unix 支持に方針転換したが、それは正しい選択だった。そうすることでアップルは、美しくシンプルなユーザーインターフェイスを保持しながら、本格的プログラマーを直ちに利用できるようになった。Java が登場したときもアップルは動かされなかった。あまりにスピードが遅かったからだ。概していえば、アップルはずっと新しい言語を無視し、[Objective-C という]プラットフォームに固執し続けたのだ。賢く、よく規律がとれて、慎重なやり方だった。

Since the early days, Apple embraced a language called Objective-C – an object-oriented flavor of the popular procedural language. When Jobs returned to Apple, one of the early smart decisions was to ditch the old operating system in favor of Unix. This moved [sic] allowed Apple to instantly tap into serious programmers while retaining a beautiful and simple UI. When Java came along, Apple was unmoved, because it was just too slow. In general, over the years Apple has ignored new languages and just stuck with its platform. Smart, disciplined and mature.

     *     *     *

iPhone プラットフォーム

アップルの iPhone プラットフォームは MacOS の開発で得られたものとその多くを共有している。アップルがそれまでの OS を iPhone でも動くようにしたのはすばらしいことだった。これまで蓄積してきたコードのすべてが瞬時にして新しいデバイスで利用可能になったのだ。唯一の例外はユーザーインターフェイスのライブラリだった。マルチタッチスクリーン、モーション、iPhone 特有のグラフィックスやサウンド、そういったものを取り入れなければならなかったからだ。

The Apple iPhone platform shares a lot with the MacOS developer stack. Brilliantly, Apple made its operating system run on iPhone, instantly leveraging its entire code base on a new device. The one exception is the UI libraries, which had to be designed specifically for multi-touch screen, motion, unique graphics and sound on iPhone.

     *     *     *

開発ツールのワンセット

Iphone Tools

iPhone Development Offering

デベロッパが利用できるのは非常に安定した API だけではない。入り口から出口まで目的に応じて開発ツールが揃っているのだ。XCode(無料ではない)が開発アプリケーションの中心だ。それには最新のエディタ、デバッガ、ソースコード統合などが含まれ、ドラッグ&ドロップが可能なユーザーインターフェイスビルダではウィジェットの形で iPhone の標準的コントロールが利用できる。iPhone の診断分析にはインスツルメントと呼ばれるツールセットが準備されている。ツールセットの中で最もすごいのは iPhone の本格的シミュレータだろう。デベロッパは、iPhone がなくても書いたコードをマック上で直ちにテストできるのだ。

Beyond rock-solid APIs, developers get an end-to-end set of development tools. XCode is the studio for developing applications (not free) and it includes a modern editor, debugger and source code integration. It also features a drag-and-drop UI builder, which has all the standard iPhone controls available as widgets. For profiling and diagnostics of iPhone, Apple offers a set called Instruments. And the most impressive piece of the tool set is a fully-fledged iPhone simulator. Developers can write and immediately test the code right on their Macs, without deploying it to iPhone.

     *     *     *

デスクトップのさらに先へ

これまでのウェブアプリケーションは、様々の点でデスクトップアプリケーションに追いつこうとしてきた。今やハンドヘルドデバイスの方が大きく進歩している。現行のいかなるブラウザより何年分も先に進んでいる。アップルのグラフィックスやモーション、サウンド API の力そのものによって、これまでウェブでは不可能だったものへの扉が開いたのだ。

In a lot of ways, web applications have been playing catch up with Desktop apps. Now, a handheld device has lept forward, years ahead of what is available inside any modern browser. The sheer power of Apple’s graphics, motion and sound APIs just opened the door for things that have not been possible before on the web.

     *     *     *

最後の一花

6月の App Store 発表のときには、何千というアプリケーションが登場するだろう。多くの会社がこの偉大な新しいプラットフォームでアプリケーションを作成しようと殺到し、デベロッパは書店で Objective-C の本を買おうと押し掛ける。この言語も最後の一花を咲かせるというわけ。かつて JavaScript の人気が沸騰したのはウェブで使用可能な言語がそれしかなかったためだが、Objective-C だって新しいパワフルなプラットフォームで使えるベストの言語というわけではないのだ。[注:ここは Objective-C を積極的に解すべきとの意見もある。コメント参照。]

When the App Store launches in June, there will be thousands of applications. Companies are rushing to build apps using this great new platform. Developers are rushing to the stores and are creating Objective-C books. This language is having the last laugh now. Like JavaScript, which bubbled up because it was the only choice in the web medium, Objective-C is not a language of choice in this new and powerful platform.

     *     *     *

次世代コンピューティングはアップルが席巻する

アップルはこの移行を見事にやってのけた。企業向け対策と SDK は両々相俟って、iPhone を未来のハンドヘルドデバイスとしての地位に高めるだろう。PC は最後の一撃をくらったことになるが、皮肉なことにそれは MacBook(増加しているのは確かだが)のせいではなく、新しいちっちゃなコンピュータのせいなのだ。アップルは優雅に、容赦なく、そして創造的に復讐を成し遂げた。次世代のコンピューティングはアップルが席巻することになるだろう。果たしてそれはいいことか? 多分そうだ。マイクロソフトが牛耳る世界よりは間違いなくいいに違いない。

Apple has made this play flawlessly. The enterprise and SDK solutions will go hand-in-hand to propel the iPhone to be THE handheld device of the future. Ironically, the PC just got its final blow not from a MacBook (which has been on the rise too!), but from a small new computer. Apple got its revenge elegantly, relentlessly and creatively. The next era of computing will be dominated by Apple. Is this a good thing? Likely yes, and it is surely better than one dominated by Microsoft.

     *     *     *

★初出はこちら[maclalala:annex | アップルは次世代コンピューティングを席巻する

Technorati Tags: , ,

アップルのデザインはこうやる・・・

2008年 3月 20日

Apple Speaker

Apple Speaker by GeekAlerts

少し前だが、アップルのデザイン現場を彷彿とさせる記事がビジネスウィークに載った。

アップルにおけるデザイン開発の現場が垣間見えて興味深い。

BusinessWeek: “Apple’s design process” by Helen Walters: 08 March 2008

     *     *     *

SXSW プレゼンテーション

アップルのシニアエンジニアリングマネージャの Michael Lopp が SXSW[South by Southwest]で興味深いプレゼンテーションをした。他の会社ではやってみても失敗することが多いのに、どうしてアップルではすばらしいデザインに到達できるかということを説明したのだ。これまでもアップルは何度も消費者に対してすばらしいプレゼントをしてきた。(「すばらしいアイディアをすばらしいアイデアに包んで」、言い換えれば、すばらしいソフトウェアをすばらしいハードに載せ、美しいパッケージにして・・・。)そして、みんなが自問してきた質問をしてみせた。「なんでこんなスゲーことができるんだ?」と。(South by Southwest ではパネリストはこんなくだけた喋り方をする。)それから彼はいくつか具体例を挙げた。

Interesting presentation at SXSW from Michael Lopp, senior engineering manager at Apple, who tried to assess how Apple can ‘get’ design when so many other companies try and fail. After describing Apple’s process of delivering consumers with a succession of presents (“really good ideas wrapped up in other really good ideas” — in other words, great software in fabulous hardware in beautiful packaging), he asked the question many have asked in their time: “How the f*ck do you do that?” (South by Southwest is at ease with its panelists speaking earthily.) Then he went into a few details:

     *     *     *

細部まで完璧なモックアップを作る(Pixel Perfect Mockups

Lopp によれば、このためには膨大な量の作業と時間が必要だ。しかし、「こうすることで曖昧なところがなくなる。」当初は時間がかかるかもしれないが、あとで誤りを修正するための時間は要らなくなる。

This, Lopp admitted, causes a huge amount of work and takes an enormous amount of time. But, he added, “it removes all ambiguity.” That might add time up front, but it removes the need to correct mistakes later on.

     *     *     *

10対3対1(10 to 3 to 1

アップルのデザイナーはどの製品についてもまったく異なるモックアップを10は作る。Lopp 曰く、「3つがよく見えるようにあと7つ」作るのではない。そんなことならみんながやっているだろう。そうではなくて、まったく制限を設けず心行くまでデザインさせたものを10作るのだ。それから何か月もかけて3つに絞り込む。そして最後に3つの中からこれはと思うものを決めるのだ。

Apple designers come up with 10 entirely different mock ups of any new feature. Not, Lopp said, “seven in order to make three look good”, which seems to be a fairly standard practice elsewhere. They’ll take ten, and give themselves room to design without restriction. Later they whittle that number to three, spend more months on those three and then finally end up with one strong decision.

     *     *     *

平行するデザイン会議(Paired Design Meetings

これは実に興味深い。デザインチームは毎週二つの会議をこなす。ひとつはいろんな制約を無視して、自由に発想するブレインストーミングだ。Lopp のことばを借りれば「クレージーになる」(go crazy)。またこれとは別に、その対極ともいえる生産会議(production meeting)を定期的に開く。こちらでは、この途方も無いアイデアをどうやったら実現できるか、デザイナーとエンジニアが一緒になって細部まで見極めるのだ。この会議と手順がすべてのアプリケーション開発に適用される。アプリケーションが進行するにつれて、その比重が変わっていくのは当然だ。しかし、最後の段階まで創造的発想(creative thought)の可能性を残しているのは実に見事だ。

This was really interesting. Every week, the teams have two meetings. One in which to brainstorm, to forget about constraints and think freely. As Lopp put it: to “go crazy”. Then they also hold a production meeting, an entirely separate but equally regular meeting which is the other’s antithesis. Here, the designers and engineers are required to nail everything down, to work out how this crazy idea might actually work. This process and organization continues throughout the development of any app, though of course the balance shifts as the app progresses. But keeping an option for creative thought even at a late stage is really smart.

     *     *     *

ポニー会議(Pony Meeting

Eriskay Pony

Eriskay Pony

これは Lopp がプレゼンテーションの初めの方で話したことと関連する。シニアマネージャがあれこれと彼らの要望を列挙するプロセスのことだ。「私が欲しいのは WYSIWYGだ・・・。主要なブラウザをサポートするようにして欲しい・・・。アップルの精神を反映するようなものが欲しい・・・。」要すれば Lopp のいう「ボク、ポニーが欲しい!」というヤツだ。[注:pony、小馬、子供たちが欲しがる愛玩物]「誰だってポニーを欲しがるだろう。ポニーってゴージャスだから・・・。」問題は、自分が欲しいものを挙げているだけだということだ。見当違いの要望でも、給与を払ってくれる連中の話はムゲにできない。

This refers to a story Lopp told earlier in the session, in which he described the process of a senior manager outlining what they wanted from any new application: “I want WYSIWYG… I want it to support major browsers… I want it to reflect the spirit of the company.” Or, as Lopp put it: “I want a pony!” He added: “Who doesn’t? A pony is gorgeous!” The problem, he said, is that these people are describing what they think they want. And even if they’re misguided, they, as the ones signing the checks, really cannot be ignored.

     *     *     *

解決策は?

で、解決策はこういうことだと Lopp はいう。平行するデザイン会議が決めた最善のアイデアをトップに見せておくのだ。これこそ長年欲しかったポニーだというかもしれない。こうしてポニーは実行可能なものとなる。そもそもトップ連中[C-suite:注参照]は、デザイナーが何をやっているのか知りたいと思うだろうし、当然自分たちにはそれに意見をいう権利があると思うだろう。こうすることによって彼らの意見も吸収され含まれることになる。その結果後々ひどい間違いを犯すことも避けられるのだ。

[注:C-suite、CEO(最高経営責任者)や CFO(最高財務責任者)、COO(最高業務執行責任者)から CIO(最高情報責任者)、CTO(最高技術責任者)、CMO(最高マーケティング責任者)まで、Chief で始まる肩書きを持つ人たち]

The solution, he described, is to take the best ideas from the paired design meetings and present those to leadership, who might just decide that some of those ideas are, in fact, their longed-for ponies. In this way, the ponies morph into deliverables. And the C-suite, who are quite reasonable in wanting to know what designers are up to, and absolutely entitled to want to have a say in what’s going on, are involved and included. And that helps to ensure that there are no nasty mistakes down the line.

     *     *     *

どうやら Michael Lopp はデザイン現場に近いように思える。

現場の意見にどうやってトップの同意をとりつけるかというアップル内部の様子が想像できておもしろい。

Michael Lopp 自身、多彩な経歴の持ち主で興味深い人物のようだ。

アップルのデザインというと Jonathan Ive しか念頭に浮かばないが、他にもいろいろな人材がいるということだろう。

B3 Annex の名訳を参考にさせていただきました。]

     *     *     *

参考:

・BusinessWeek: “Apple’s design process” by Helen Walters: 08 March 2008

・TUAW: “Michael Lopp on how Apple thinks different in design” by Mat Lu: 12 March 2008

・Ars Technica: “Apple’s Michael Lopp: The devil is in the details” by Chris Foresman: 13 March 2008

・Mac Rumors: “Insight into Apple’s Design Process” by Arnold Kim: 13 March 2008

・iPod WeBlog: “Appleのデザインプロセス。“: 15 March 2008

・B3 Annex: “Appleエンジニアが語る、Appleがデザインプロセスで行っている4つのコト“: 16 March 2008

・Macin’ Blog: “Appleのデザインプロセス“: 17 March 2008

Technorati Tags: , , ,

アップルが認めたデベロッパはいるのか?

2008年 3月 18日

Iphone Sdk Prog

iPhone Developer Program には誰でも参加できるのか関心が集まっている。

応募したデベロッパにアップルが送ったEメールについて、John Gruber がつぎのように書いている。

Daring Fireball: “So Who’s In Already?” by John Gruber: 17 March 2008

     *     *     *

誰もまだ参加していない?

iPhone SDK beta program に応募したデベロッパに対してアップルが先週送ったEメールの大きな問題点は、そもそもアップルが認めたデベロッパがいるのかどうかということだ。確かなことはアップル以外には分からないが、どうやら答えはノーのようだ。99ドル払って申し込んでも、ベータプログラムに参加できたものは誰もいないようだ。

So the big question regarding the email Apple sent last week to developers who applied for entry to Apple’s iPhone SDK beta program is whether anyone at all has been admitted already. Only Apple knows for sure, but so far as I can tell, the answer is no — no one has been admitted into the beta program via the $99 sign-up process.

     *     *     *

ひと握りのデベロッパ

アップルが選んだほんのひと握りのデベロッパがすでに「参加」しているのは間違いない。[3月6日の]イベントでステージに立って「二週間の成果」をデモして見せた連中と同じように、これらのデベロッパは SDK が正式に発表される以前から参加しているのだと思う。

I believe there are a small handful of developers who are sort of “in” already, but they were hand-selected by Apple. Perhaps, as with the ones who came on stage during the event to demo their “two weeks worth of work” apps, they were involved before the SDK was even officially announced.

     *     *     *

裏口から入ったものはいるが、正面から入ったものはいない

先週プログラムに応募したデベロッパに送付されたEメールは、これまで私が聞く限り、応募者全員に送られたようだ。ということは裏口から入ったデベロッパはいるが、正面玄関から入ったものはまだ誰もいないということだ。

But everything I’ve heard suggests that last week’s email from Apple was sent to everyone who applied for the program. I.e., there are developers who’ve been let in through the back door, but no one has gotten in through the front door yet.

     *     *     *

なぜ?

その原因のひとつは、認定したデベロッパのソフトが実際に iPhone/iPod touch で動くことを保証するアップルのデジタル認証システムがまだ完成していないためだろうと思う。アップルがデベロッパを今すぐ参加させたいと思っても、すぐすぐは出来ないのだろう。もうひとつの原因は、みんなの反応が予想を大幅に上回るものだったということだ。99ドルのベータプログラムに申し込んだアプリケーションは少なくとも1万を超えたと、二つのソースから聞いている。

One factor, I think, is that Apple’s system for digital certificates (which will allow approved developers to test and run apps on actual iPhones) isn’t yet fully baked — I don’t think Apple could let more developers in today even if they wanted to. Another is that the response has been simply overwhelming. Two sources told me that Apple has received at least 10,000 applications to the $99 beta program.

     *     *     *

6月の時点ではどうか

ただし、iPhone SDK beta program が如何に限定されたものだとしても、6月に正規バージョンが出るときでも限定的だとは誰もいっていない点には注意しておきたい。(長期的観点からすると、正規デベロッパプログラムが限定的かどうかということより、App Store が限定的に運用されるかどうかという方が大きな問題だ。)

It’s also worth reiterating that however exclusive the iPhone SDK beta program is going to be, there’s no indication that the program will remain exclusive once it’s out of beta come June. (The big question, long-term, isn’t how exclusive the official developer program is going to be, but rather how exclusive the App Store is going to be.)

     *     *     *

新しいプラットフォームには産みの苦しみが伴うということか・・・

Technorati Tags: , , ,

Jobs なしでもやっていけるか:フォーチュン誌

2008年 3月 9日

Fortune Steve

[フォーチュン誌 2008 年 4 月 21 日号表紙]

先週来、株主総会や iPhone SDK イベントの記事で花盛りだが、Steve Jobs のインタビュー記事がフォーチュン誌に載っている。

Fortune: “Steve Jobs speaks out” by Betsy Morris: 05 March 2008

同誌の企画「アメリカで最も賞賛される企業」(アップルがトップ)の一環で、家族旅行中のハワイ(コナ)で、今年の2月に行なわれたインタビューだという。

多岐にわたる話題をカバーしているが、その中に次のような興味深い部分がある。

     *     *     *

Jobs がいなくてもアップルはやっていけるか

On whether Apple could live without him

「アップルには大変優れたひとたちがいる。 Tim Cook を COO にしてマック部門をまかせたが、彼は立派にやった。『Jobs がバスに轢(ひ)かれでもしたら、アップルは大変なことになる』というひとがいるのを知っている。まさかパーティはしないと思うけど、アップルにはほんとにすばらしいひとたちがいるんだ。だから取締役会は CEO に誰を選ぶか、何人も然るべき心づもりがある筈だ。現在の役員の誰もが後継者となり得るようにすること、それが私のなすべきことであり、そうしようと心掛けている。」

“We’ve got really capable people at Apple. I made Tim [Cook] COO and gave him the Mac division and he’s done brilliantly. I mean, some people say, ‘Oh, God, if [Jobs] got run over by a bus, Apple would be in trouble.’ And, you know, I think it wouldn’t be a party, but there are really capable people at Apple. And the board would have some good choices about who to pick as CEO. My job is to make the whole executive team good enough to be successors, so that’s what I try to do.”

     *     *     *

いささか優等生的答えだが、Tim Cook とはっきりいっているようにも思える。

後継者に関する話題を Steve Jobs が口にしたのはこれが初めてではないだろうか。3月4日の株主総会での彼の発言もこのラインに沿っていることが分る。

このインタビューでは広範囲の話題が取り上げられていること、Jobs の生のことばがそのまま載っていることの二つの点で大変興味深い。

ウェブ上で 15 ページにも及ぶものだが、アップル社内での仕事ぶりに触れた「月曜マラソン会議」(marathon Monday meetings)など興味深い話題満載なので、是非とも全訳が出ることを期待したい。

     *     *     *

もっとも記事の構成については、John Gruber がつぎのように苦言を呈している。

Daring Fireball: “Fortune Interview With Steve Jobs” by John Gruber: 04 March 2008

     *     *     *

「アメリカで最も賞賛される企業」の企画(アップルがトップ)の一環として、フォーチュン誌は Steve Jobs との稀有なインタビューを載せている。ただ、その構成はひどいものだ。3000 語の文章がウェブの 15 ページにわたって点在し、各ベージ 200 語程度の記事になっている。ページビューを増やそうという恥知らずなやり方だ。しかし中味そのものは一読に値する。

As part of their “America’s Most Admired Companies” package (Apple placed first), Fortune has a rare interview with Steve Jobs. The format is horrible ― 3,000 words spread over 15 web pages, averaging just 200 words per page. Shameless page-view-inflation at its worst, but it’s worth it.

Technorati Tags: , ,

新しいプラットフォームを立ち上げる意味をアップルはちゃんと理解している

2008年 3月 8日

Sdk 2.0

Carl Howe が3月6日の iPhone SDK イベント日本語訳]について興味深い第一印象を述べている。

新しいプラットフォームを立ち上げるということがどういうことか、アップルはちゃんと理解しているというのだ。

Notes From Anywhere: “Apple knows how to launch a platform” by Carl Howe: 06 March 2008

     *     *     *

デベロッパのエコシステム

アップルは、「デベロッパのエコシステム」(developer ecosystemをどうやって育てるかということをみんなに示してみせた。

Apple just showed everyone how to grow a developer ecosystem.

     *     *     *

企業向けの新機能

まず手始めは企業向けの新機能だ。企業で iPhone の使用が認められるために必要だとされていた機能だ。

Apple kicked off the announcement by giving enterprises features they had requested to approve iPhone uses in business, including:

・電子メールの安全性のために ActiveSync をビルトイン、リモートワイプ、Exchange サーバとの統合

• Microsoft ActiveSync built in for secure push email and remote wipe and Exchange integration,

・802.1x および WPA2 WiFi の安全性

• 802.1x and WPA2 WiFi security,

・通信安全のため VPN をサポート

• Cisco VPN support for secure communication

     *     *     *

iPhone SDK の詳細

それから、SDK についてひとつずつ詳しい紹介をした。

But then Apple kicked things up a notch with the SDK details, which included:

・これまでのアップルの開発者向け Xcode との完全な統合

• Complete integration with Apple’s existing developer framework, Xcode,

・iPhone アプリケーションを高速化するためのパフォーマンスツール

• Performance analysis tools to make apps run fast on the iPhone

・OpenGL、マルチタッチ、WiFi、accelerometer など、ほとんどの API に対するアクセス

• Access to nearly every API on the device, including OpenGL, multi-touch, WiFi, accelerometers

・デバッギングのための完全な iPhone シミュレータ

• A full iPhone simulator to help with debugging.

     *     *     *

二週間でこれだけ出来る

これが単なる誇大宣伝ではないことを示すため、数社に二週間で何が出来るかをやらせてみて、その結果を披露した。Electronic Arts の Spore、Salesforce の Salesforce Automation program、AOL の instant messenger、Hippocrates の Drug Identifier、Sega の Super Monkey Ball などだ。二週間という限られた期間の仕事にしては悪くない出来だ。

Just to prove this wasn’t hype, Apple gave the SDK to a group of companies for about two weeks to see what they could do with it. Each of those companies created versions of their applications in that time, including Electronic Arts’ Spore, Salesforce’s Salesforce Automation program, AOL’s instant messenger, Hippocrates Drug Identifier, and Sega’s Super Monkey Ball. Not bad for two weeks of work.

     *     *     *

アップルが本当にやったこと

しかし、真に驚くべきはアップルの払った努力だ。サードパーティの iPhone 開発エコシステムを発展させ、市場化するためにアップルが行なった取り組みだ。マーケティングとアプリケーション配信に関する要点はつぎのとおり。

But the real surprise was Apple’s efforts to market and develop an ecosystem for third-party iPhone development. Marketing and distribution terms were:

・サードパーティのアプリケーションはすべて新しい iPhone AppStore を通じて配信される。デベロッパは99ドル支払えば、自分のソフトの価格を自由に設定でき、無料にすることもできる。

• All third-party applications will be distributed through a new iPhone AppStore. Developers wishing to do so pay a $99 fee, but can set their own prices for their apps, including free should they choose to do so.

・iTunes ストアにはサードパーティのアプリケーション専門のコーナーが設けられ、トップダウンロードも宣伝する。有料アプリケーションの売り上げの70%をデベロッパはもらう。

• iTunes will have a part of its store dedicated to third-party apps and promoting the top downloads. Developers get 70% of revenues for paid apps.

・クライナーパーキンスは iPhone のソフト開発企業を支援するため1億ドルの iFund を創設する。有望なサードパーティの iPhone ソフトビジネスを立ち上げるのにカネは問題でなくなる筈だ。

• Kleiner Perkins is launching a $100 million iFund to fund iPhone developer companies. That means money shouldn’t be a barrier to getting an great third-party iPhone software business off the ground.

     *     *     *

これだけやって出来なければ・・・

みんなが細かいところまで同意しているわけではないし、iPhone 開発のためアップルが SDK をシードするだろうとみんなが期待したのも知っている。だがアップルが本当にやったこととは、企業向けの新機能のために土地を耕し、SDK で種をまき、マーケティングや流通に水をやり、カネで肥料を施すことだった。これだけのサポートがあってもサードパーティのアプリケーションが増えないということなら、何をやってもダメだろう。

Now I know that not everyone will agree with all the details, and I think everyone expected Apple to seed iPhone development with its SDK. But what Apple actually did is till the ground for development with enterprise features, seed it with the SDK, water it with marketing and distribution, and fertilize it with cash. If third-party apps don’t grow with that kind of support, nothing will.

Technorati Tags: , , , , , ,

新しいプラットフォームの登場だ!

2008年 3月 7日

Iphone Sdk-3

今日の iPhone SDK の発表は期待以上だった・・・

     *     *     *

Jason Fried

37signals: “iPhone SDK, Apple’s Touch Platform, and The Next Two Decades” by Jason Fried: 07 March 2008

我々が今日目にしたのは火花の煌めきだ。これから二十年は爆発が続く。その熱はこれからみんなに伝わってくるだろう。

What we saw today was the spark. The explosion will continue for twenty years. We will all feel the warmth.

今日我々が目にしたのは、今後二十年にわたってアップルがモバイルの世界を支配する、その始まりなのだ。デスクトップコンピュータでマイクロソフトと Windows が果たした役割を、モバイル[コンピュータ]についてアップルと Touch が果たすのだ。

What we saw today was the beginning of two-decades of mobile domination by Apple. What Microsoft and Windows was to the desktop, Apple and Touch will be to mobile.

[via John Gruber

     *     *     *

Apple March 6 Event で語られたことばをいくつか・・・

Steve Jobs

Steve Jobs-3

「これで初めて、真の意味でインターネットをポケットに入れて持ち運べるといえるのだ。」

“So for the first time, you really do have the Internet in your pocket.”

     *     *     *

Scott Forstall, VP, iPhone Software

Scott Forstall-1

「アップルはプラットフォームの会社だ。Mac OS X という世界で最も進んだプラットフォームを持っている。」

“Apple is a platform company. We have the most advanced platform in the world in the form of Mac OS X.”

     *     *     *

John Doerr, Kleiner Perkins

John Doerr

「今日我々は歴史に立ち会っているのだ。iPhone と iPod Touch のための SDK の発表、すなわち第三の偉大なるプラットフォームの創造という歴史的な場に・・・。考えてみて欲しい。ポケットに常時ブロードバンドにつながったものを持ち運べるのだ。しかもパーソナルなものだ。あなたが誰かも、あなたが何処にいるのかも知っている。すごいことじゃないか。ほんとうにすごいことだ。パーソナルコンピュータよりもっとすごいことだ。」

“Today we’re witnessing history, the launching of the SDK, the creation of the third great platform—the iPhone and iPod Touch. Think about it. In your pocket, you have something that’s broadband and connected all the time. It’s personal. It knows who you are and where you are. That’s a big deal. A really big deal. It’s bigger than the personal computer.”

Technorati Tags: , ,

マックブックのモデルチェンジにも株価は反応せず・・・

2008年 2月 28日

Aapl-1

昨年12月には 200 ドルを超えたかに思われたアップル社の株(AAPL)だったが、その後下落を続け、最近では 120 ドルを割っている

Steve Jobs の社内向けEメールもむなしく、iPhone は目標の 1000 万台を達成できそうにないとか、iPod の伸びが鈍ったという声も聞かれ始めた。

MacBook と MacBook Pro のモデルチェンジが発表されたというのに、とうとう予想株価を大幅に引き下げるアナリストも出てきた。

Ars Technica: “Golden AAPL tarnishes, even as Mac sales shine” by Charles Jade: 26 February 2008

     *     *     *

成長が見込めるのはマックだけ

月曜日に BMO Capital Markets のアナリスト Keith Bachman は、アップル株の目標を 160 ドルから 140 ドルに引き下げた。顧客に配ったリサーチノートで次のようにいっている。「アップルの成長を支える三本柱(iPod、iPhone、マック)はいまやひとつになった」と。これはコンピュータのマックことだ。

BMO Capital Markets analyst Keith Bachman on Monday cut his price target on Apple’s stock to $140 a share from $160, and said in a research note that ” Apple’s three growth drivers (iPods, iPhones and Macs) has now turned to one,” that being the company’s line of Macintosh computers.

     *     *     *

マックのないアップルなんて・・・

これからどうなるだろうか。私はおバカなマックおたくだが、株価について云々することはもう辞めた。しかしアップル株など持たぬマックユーザーとしては、マックがまたアップルのメイン製品に返り咲いたことについてうれしくないわけではない。アップルの社名からコンピュータの文字は外せても、マックのないアップルなんて考えられないのだから・・・

So, what can we expect? As an idiot fanboi, I am no longer making guesses about stock prices. However, as a Mac user who does not own stock in the company, I’m not-so-secretly pleased that the Mac may once again become the central focus of the company. You may be able to take the Computer out of Apple, but you can’t do it without the Mac.

     *     *     *

来週は3月4日に株主総会、3月6日に iPhone イベントを控え、アップルとしてはなんとしてもテコ入れを図りたいところだろう。

この投稿の時点でアップル株は 122.96ドル、グーグルは 472.86ドルだ。

超優良の2社がこうでは、他は推して知るべし・・・

Technorati Tags: , ,

アップルの狙いは Cloud Computing?

2008年 2月 22日

Nicholas Carr

2003 年の Sun Network Conference における Nicholas Carr / John Todd

MacBook Air を Cloud Computing の視点から捉えた記事が大変おもしろい。

Macin’ Blog の Double KO 氏がすでに概要を紹介しておられるが、なかなか興味深いのでアップルに関連する部分を訳出してみた。

HowStuffWorks: “How the Google-Apple Cloud Computer Will Work” by Chris Pollette: February 2008

     *     *     *

Cloud Computing こそ Next Big Thing

ハーバードビジネスレビューの元編集主幹で、コンピュータ業界に関するライターである Nicholas G. Carr は、その近著「The Big Switch: Rewiring the World, from Edison to Google」の中で、コンピュータの未来における変化について論じている。劇的な変化のひとつは「クラウドコンピューティング」(cloud computing)への移行だ。そこではアプリケーションもファイルもすべて中央のスーパーコンピュータに保存されることになる。すなわちネットワーク上に保存されるということだ。エンドユーザーは自分のファイルにアクセスするのに、現在使っているような高度なコンピュータではなく、もっとスリム化したマシンを使うことになる。

In his new book “The Big Switch: Rewiring the World, from Edison to Google,” computer industry writer and former executive editor of the Harvard Business Review Nicholas G. Carr discusses the changes he sees in the future of computing. One of the more dramatic changes is a shift to cloud computing — where applications and files are stored on a large, centralized supercomputer or network. The end user accesses his or her files using computers that are more streamlined but less sophisticated than today’s typical machines.

     *     *     *

グーグルとアップルが組む

Carr はこの考え方をさらに進めて、2007 年10月17日には自らのブログ Rough Type につぎのように投稿している。すなわち、グーグルとアップルという二つのホットなテクノロジーカンパニーがまさにパートナーを組もうとしており、アップルはユーザーが簡単に持ち運びできる廉価なハードウェアを作るだろうと書いた。グーグルは膨大な数のユーザーがアプリケーションやデータを保存しておけるように広大なデータセンターを建設中だが、この考え方はそのコンピュータ能力に大いにテコ入れするものだ。

Dalles Data Center

グーグルがオレゴン州ダレスに建設した巨大なデータセンター / Craig Mitchelldyer

On October 17, 2007, Carr took the idea a step further in a posting on his Rough Type blog. He called out two hot technology companies, Google and Apple, and said they were on the verge of a partnership in which Apple would make an inexpensive piece of hardware users could carry around. This would leverage the computing power of the vast data centers Google has been building to hold the applications and the data for millions of users.

     *     *     *

完璧なバックエンドを提供できる

グーグルの Eric Schmidt は、2006 年8月にアップルの取締役会に加わった。アップルと組むことの意味を尋ねられた Schmidt は、Wired マガジンのインタビュー(2007 年12月)で、次のように直截に述べている。「グーグルはブロードバンドやそれに係るサービスを中心とする事業モデルの会社だ。アップルの強力なデバイスやサービスにとってまさに打ってつけだ。我々は彼らが解決しようとしている問題に完璧なバックエンドを提供できる。」

Google CEO Eric Schmidt joined Apple’s board of directors in August 2006. When asked about the idea of teaming up with Apple in a December 2007 interview with Wired Magazine, Schmidt said it plainly: “Google’s architectural model around broadband and services and so forth plays very well to the powerful devices and services Apple is doing. We’re a perfect back end to the problems that they’re trying to solve” [source: Vogelstein].

     *     *     *

他にも可能な会社が・・・

Carr によれば、アップルはバックエンドに必要な強力なコンピュータ処理能力を持っていない。持っている会社はさして多くない。グーグル、ヤフー、マイクロソフト、IBM、アマゾンなどに限られると Prabhakar Raghavan[ヤフーのリサーチのトップ]はいう。グーグルとアップルは何年も前からパートナーを組んでいる。マイクロソフトの2月1日の買収提案が成功すれば、合併会社は高度のクラウドコンピューティング会社としてやっていく弾みがつくだろう。

According to Carr, Apple doesn’t have the kind of supercomputing power that would be required to drive the back end of the partnership. There aren’t many organizations that do. Only Google, Yahoo, Microsoft, IBM and Amazon have the ability, says Prabhakar Raghavan, the head of research at Yahoo [source: Baker]. Google and Apple have had a partnership dating back years. If Microsoft succeeds in its bid to acquire Yahoo announced Feb. 1, 2008, the combined companies may well be able to leverage a sophisticated cloud-computing environment.

     *     *     *

グーグル/アップルのクラウドコンピュータ

もしグーグルとアップルが組むことになれば、そのクラウドコンピュータはつぎのようなものになると Carr は考える。

If Google and Apple do team up for this sort of partnership, here’s what Carr feels their cloud computer would be like:

安価:ハードは200ドル以下で買えるだろう。アプリケーションもデータの送信料もタダだ。

Inexpensive: The machine you’d buy would be under $200 and there would be no charge for applications or data transfer.

環境にやさしくグリーン:アップルのシンクライアントthin client、ネットワークコンピュータのこと)は、消費電力の低いチップとフラッシュメモリーを備え、電力消費の大きい光学ドライブやハードドライブは付属しない。

Green: With a low-power chip and flash memory, an Apple thin client — a network computer — would have no power-hungry optical drive or hard drive.

保守が簡単:光学ドライブやハードドライブがないということは可動部分が少ないということだ。したがって耐用年数も長い。

Easy to maintain: No optical drive or hard drive also means fewer moving parts, which means it would probably live a longer life.

アップデートが容易:ソフトのアップデートについて心配する必要はない。すべて向こうでやってもらえる。あなたはマシンがダメになるまで使っていればいいのだ。

Easy to update: You wouldn’t have to worry about updating your software, that would all be taken care of for you. You could just use your machine until it simply wore out [source: Carr].

     *     *     *

主導権を握るのはどちらか

有名な技術ライターでコラムニストの Robert X. Cringely も、グーグルとアップルがクラウドコンピュータで手を組むだろうという Carr の考えに同意する。ただし彼は、Carr が考えるほど簡単には進展しないと考える。むしろアップルのアイコンである Steve Jobs の性格からして、Schmidt やグーグルの頭痛のタネになるだろうと考える。「Schmidt は(そして Carr も)、アップルにはスーパーコンピュータがないと考えているが、Jobs にしてみればグーグルは自分が所有するスパコンの使い方を知っていないと確信しているのだ。それに、グーグル以外にも、望めばいくらでも借りれるスパコンはあるのだから。」

Robert X. Cringely, noted technology reporter and columnist, agrees with Carr that a Google-Apple cloud-computing partnership could take place, but he also believes the deal might not be as simple as Carr makes it out to be. Instead, the personality of Apple’s iconic CEO and co-founder Steve Jobs might provide a source of irritation for Schmidt and Google. “Schmidt (and Carr) see that Apple doesn’t have the supercomputer, but Jobs just as firmly believes that Google doesn’t know how to run the supercomputer it has, and besides, he can rent a supercomputer anytime he wants one, so there” [source: Cringely].

     *     *     *

アップルが運転席・グーグルは後部座席

Cringely はアップルが Carr の考えるクラウドコンピュータをいずれ作るようになるだろうと信じている。しかしまた、他にもいろいろな価格のデバイスを出してくるに違いないと確信している。Cringely いわく、パートナーを組んだとき、主導権を握るのはアップルの方であって、グーグルは後部座席に座っているようなものだと。」

Cringely believes that Apple will make Carr’s cloud-computing device but will also make other cloud computing devices at a variety of prices. He says that Apple will be the dominant company in the partnership, and Google would take a back seat.

     *     *     *

最近出た MacBook Air こそ cloud computing device だと Chris Pollette は考える。たしかに MacBook Air は上述のクラウドコンピュータの特色を備えており、その視点からすれば「Something in the Air」の意味もハッキリするように思える。

また、MacBook Air だけでなく iPhone だって cloud computing device のひとつと考えてもおかしくない。

個人的には、超小型ウェブ端末(iPhone より一回り大きい)への期待がまたぞろ頭をもたげてくる・・・

     *     *     *

Blue Cloud Initiative

IBM Blue Cloud initiative

この他にも本稿では、

・グーグルのデータセンター整備

・グーグルの 700 MHz 周波数帯入札

・マイクロソフトのヤフー買収提案

・マイクロソフトの Windows Live

・アマゾンの Amazon Simple Storage Service (S3)

・IBM の Blue Cloud initiative

など Cloud Computing に関係する事象が多数取り上げられている。

末尾の記事索引も充実しているので、Cloud Computing に関心を持つ読者には見逃せない。

★初出はこちら[maclalala:annex

Technorati Tags: , , , ,

くじけずに頑張れ!

2008年 1月 29日

Aapl Comparison

5社の業績比較チャート

マックワールドでも、四半期決算報告でも、アップルに対するウォール街の厳しい仕打ちが続いている。

たまりかねた Steve Jobs が従業員向けの社内メールを出したという。

AppleInsider: “Steve Jobs to Apple investors: ‘hang in there’” by Kasper Jade: 28 January 2008

     *     *     *

なんとひどい数日間だったことか

先週私信の形で Steve Jobs は、アップルの株が景気の先行き不安の中で打撃を受けたことを認めた。しかし、アップルに忠実な投資家は、長期的には必ず報われると信じていると述べた。

In a private communication last week, Apple chief executive Steve Jobs acknowledged the beating his company’s shares have taken during this time of economic uncertainty, but remained confident that investors would again see rewards for their loyalty in the long run.

「あーあ、なんとひどい数日間だったことか・・・。我々にはどうすることもできないいろんな原因のせいで、我が社の株はひどい打撃を受けた」と Jobs は、AppleInsider が入手した従業員宛のEメールで述べている。

“Wow… what a remarkable last few days,” he wrote in an email to employees, a copy of which was obtained by AppleInsider. “Our stock is being buffeted around by factors a lot larger than ourselves.”

     *     *     *

ファンダメンタルズを信じる

アップルの共同設立者は、損を蒙ったかもしれない多くの投資家に対し遺憾の意を表するとともに、過去2年間のアップルの業績を精査して事態を大局的に見るようにと励ましている。

The Apple co-founder expressed sadness for many of the company’s investors who may have seen their investments fall under water, but encouraged those with positions to put the matter into perspective by examining the performance of Apple shares over the past 24 months.

業績比較チャートを添付して Jobs はつぎのようにいう。「見てのとおり我々の業績は、グーグルを含む一流企業より優れている。アップルのファンダメンタルズを私は信じている。すばらしい従業員、明確で焦点を絞った戦略、準備中の新製品、200 を超える小売りチェーン、180 億ドルの現金保有高、無借金、などなど・・・。これらのファンダメンタルズは、今後数か月、数か年にわたって我々の役に立ってくれるはずだ。」

“As you can see, we have outperformed many other blue-chip tech companies, including Google,” he wrote, tacking on a stock performance comparison chart for illustration. “I continue to believe that our fundamentals – our remarkable people, our clear and focused strategy, our new product pipeline, our 200+ retail stores, our $18 billion of cash in the bank with no debt, etc., will serve us well in the coming months and years.”

     *     *     *

3億ドルを超える損害

Jobs は 554 万株を保有し、Fidelity Investments を除くと最大の筆頭個人株主だが、ウォール街が売りを浴びせたことにより大きな被害を被り、保有株だけでも3億 7750 万ドルの被害を被ったと推定される。

Jobs, whose 5.54 million shares make him the single largest shareholder in Apple behind Fidelity Investments, was among the hardest hit by Wall Street’s recent sell-off, with losses in company shares alone totaling an estimated $377.5 million on paper.

     *     *     *

必ずや報われる

Jobs は、従業員に対する文面を次のようなことばで結んでいる。Jobs としては楽観的に考えていること、アップルに対し忠実な投資家たちは必ずや勝利を収めるものと確信していると・・・。

In closing out his remarks to employees, Jobs remained upbeat, reiterating confidence that those who remain loyal to their positions in Apple will inevitably come out on top.

「我々と共にある投資家は、マーケットに対する信頼がいずれ回復したとき、必ずや報われるだろう。くじけずに頑張ってほしい。」

“I believe that investors who stay with us will be rewarded as the market’s confidence is restored over time,” he wrote. “Hang in there.”

     *     *     *

今回のメッセージは、社内のEメールという内向きのものだ。(このメールが実際に発信されたことを Ars Technica も確認している。)

添付された各社の業績比較チャートが大変興味深い。

アップル、グーグル、マイクロソフト、HP、デルの5社を比較したものだが、アップルがトップに来るように配慮されている。

2年前で一斉にスタートを切るようにして、その後伸び率で比較するので、結果的にアップルがグーグルより上にくるようになっている。

こういうチャートひとつまで細心の注意で作られていることが窺えて興味深い。

     *     *     *

参考:

・AppleInsider: “Steve Jobs to Apple investors: ‘hang in there’” by Kasper Jade: 28 January 2008

・Ars Technica: “Steve Jobs reassures investors, employees over stock drop” by Jacqui Cheng: 28 January 2008

・Macsimum News: “Jobs says Apple positioned well for coming months, years” by Dennis Sellers: 28 January 2008

・Mac Rumors: “Steve Jobs Reassures Employees and Investors” by Arnold Kim: 28 January 2008

・Engadget: “Steve Jobs tells Apple employees and investors to ‘hang in there’” by Nilay Patel: 28 January 2008

・TUAW: “Jobs reassures Apple investor” by Cory Bohon: 28 January 2008

・The Secret Diary of Steve Jobs: “About this ‘Hang in there’ memo“: 28 January 2008

・ringo-sanco: “Steve Jobs, 株価急落で社員と投資家にコメント“: 29 January 2008

Technorati Tags: , ,