Archive for the ‘Carl Howe’ Category

新しい時代の働き方

2008年 5月 23日

Telecommute-1

Telecommuting

WWDC 基調講演は完売だそうだ。

しかし誰もがみな Steve Jobs のようにプレゼン上手というわけではない。

マーケティングの達人でベストセラー作家の Seth Godin が、プレゼンについて心すべきことを説いている。

Seth’s Blog: “The new standard for meetings and conferences” by Seth Godin: 19 May 2008

     *     *     *

プレゼン当事者が心得べきこと

プレゼンターが原稿を読み、箇条書き(bullet points)のスライドを見せる・・・それが立派なプレゼンテーションだなどと考えているならあなたは間違っている。あるいはまた、出席者が他の出席者と交流する時間がほとんどなかったり、もっとひどい場合は、他のひとと交流したいという気を起こさせないようなら、それも間違っている。

If you think a great conference is one where the presenters read a script while showing the audience bullet points, you’re wrong. Or if you leave little time for attendees to engage with others, or worse, if you don’t provide the levers to make it more likely that others will engage with each other, you’re wrong as well.

セールスコールに来るひとは、相手につぎのようなことを期待している。準備ができていて、話も絞られ、熱心で、次に話を進める気があること。もしそうでないのなら、会ったりなんかすべきではない。

Here’s what someone expects if they come to see you on an in-person sales call: that you’ll be prepared, focused, enthusiastic and willing to engage honestly about the next steps. If you can’t do that, don’t have the meeting.

同様に、直接話を聞くためにわざわざやって来た聴衆に対して、スピーカーは原稿を読めば分かること以上のものを与える義務がある。プレゼンテーションのオーガナイザーも、出席者に対して、サプライズや、いろんな考え、ドラマ、相手への関わり、持ち帰るべき土産、それにできれば刺激といったものを与える義務があるのだ。

Here’s what a speaker owes an audience that travels to engage in person: more than they could get by just reading the transcript.And here’s what a conference organizer owes the attendees: surprise, juxtaposition, drama, engagement, souvenirs and just possibly, excitement.

     *     *     *

また、職場で働くことの意味についても、Seth Godin はつぎのように述べる。

     *     *     *

家にいる方がまし

たくさんの間仕切りオフィスで働く、たくさんの社員がいる大きな会社で三度も仕事をしたことがある。終日あちこち歩き回って過ごしたものだ。それが仕事だと思っていた。席に座ったまま仕事らしくみえることをやっていたのは、仕事が一番はかどっていないときだった。わざわざオフィスまで来させて、間仕切りの中に座らせ、タイプさせるなんて、なんでそんなことをするのかサッパリ分からなかった。

I’ve worked in three companies that had lots of people and lots of cubes, and I spent the entire day walking around. I figured that was my job. The days where I sat down and did what looked like work were my least effective days. It’s hard for me to see why you’d bother having someone come all the way to an office just to sit in a cube and type.

人とじかに顔を突き合わせるために時間とカネをかけているのなら、ちゃんとそうすべきだ。そうできないのなら、家にいた方がましだ!

The new rule seems to be that if you’re going to spend the time and the money to see someone face to face, be in their face. Interact or stay home!

     *     *     *

この話を紹介した Carl Howe は、Seth Godin に同意を示しつつも、別の視点から在宅勤務の難しさについて指摘する。

Yankee Group Blog: “The new standards for experiences somewhere and Anywhere” by Carl Howe: 19 May 2008

在宅勤務という新しい時代の働き方は、孤立して、一方通行で、「パジャマを着ていてもかまわない」(I-can-do-this-in-my-pajamas)環境での仕事で、そこにはみんなが気付かない難しさがあるというのだ。

     *     *     *

在宅勤務の難しさ

今日の在宅勤務は、オフィスで仕事をするのに比べてはるかに難しいというのが本当のところだ。もちろんどこからでもインターネットに繋がる環境はますます整備されつつあるが、電話会議で質問しようとしたり、ビデオ会議での討論に苦労し、共通のポータルである Sharepoint サーバで悪戦苦闘するのに比べれば、実際に顔と顔を突き合わせ、チームで作業しながら価値を生み出す方がはるかにやさしいのだ。

The truth of the matter is that today, working from Anywhere is much harder than working in an office. Despite the wonders of ever-increasing ubiquitous connectivity, most of us are still a whole lot better at creating value as a team when we can interact face to face rather than asking questions during conference calls, struggling to discuss a topic over a videoconference, or fighting through a Sharepoint server.

     *     *     *

たかだか10年の知恵だ

人類が村の広場でたき火を囲んで何世代にもわたって培(つちか)ってきたやり方に頼るほうが、たかだか10年しか経っていない[インターネットの]やり方よりはるかに容易だ。新しく学習したスキルを使って、遠く離れていても眼前に相対している(in person)のと同じような効果を得るためには、意識的な努力と強固な決意が必要なのだ。

It’s always easier to draw on the tools we humans learned from generations sitting around the communal fire than on ones that only have arrived on the scene in the last decade. It takes conscious effort, newly learned skills, and dogged determination to have the same impact at a distance as we might have in person.

     *     *     *

在宅でも仕事ができるインターネット環境は緒(ちょ)に就(つ)いたばかりなのだ。

・・・ところで、この話を紹介するとしたら、Seth Godin の記事かそれとも Carl Howe の記事か。

丸ごとを避け、ポイントを絞って要約するにはどうしたらいいか。

ベストセラー作家や複眼思考の達人が相手となるととてもむずかしい。

試行錯誤はなかなか尽きない・・・

Technorati Tags: , , ,

新しいプラットフォームを立ち上げる意味をアップルはちゃんと理解している

2008年 3月 8日

Sdk 2.0

Carl Howe が3月6日の iPhone SDK イベント日本語訳]について興味深い第一印象を述べている。

新しいプラットフォームを立ち上げるということがどういうことか、アップルはちゃんと理解しているというのだ。

Notes From Anywhere: “Apple knows how to launch a platform” by Carl Howe: 06 March 2008

     *     *     *

デベロッパのエコシステム

アップルは、「デベロッパのエコシステム」(developer ecosystemをどうやって育てるかということをみんなに示してみせた。

Apple just showed everyone how to grow a developer ecosystem.

     *     *     *

企業向けの新機能

まず手始めは企業向けの新機能だ。企業で iPhone の使用が認められるために必要だとされていた機能だ。

Apple kicked off the announcement by giving enterprises features they had requested to approve iPhone uses in business, including:

・電子メールの安全性のために ActiveSync をビルトイン、リモートワイプ、Exchange サーバとの統合

• Microsoft ActiveSync built in for secure push email and remote wipe and Exchange integration,

・802.1x および WPA2 WiFi の安全性

• 802.1x and WPA2 WiFi security,

・通信安全のため VPN をサポート

• Cisco VPN support for secure communication

     *     *     *

iPhone SDK の詳細

それから、SDK についてひとつずつ詳しい紹介をした。

But then Apple kicked things up a notch with the SDK details, which included:

・これまでのアップルの開発者向け Xcode との完全な統合

• Complete integration with Apple’s existing developer framework, Xcode,

・iPhone アプリケーションを高速化するためのパフォーマンスツール

• Performance analysis tools to make apps run fast on the iPhone

・OpenGL、マルチタッチ、WiFi、accelerometer など、ほとんどの API に対するアクセス

• Access to nearly every API on the device, including OpenGL, multi-touch, WiFi, accelerometers

・デバッギングのための完全な iPhone シミュレータ

• A full iPhone simulator to help with debugging.

     *     *     *

二週間でこれだけ出来る

これが単なる誇大宣伝ではないことを示すため、数社に二週間で何が出来るかをやらせてみて、その結果を披露した。Electronic Arts の Spore、Salesforce の Salesforce Automation program、AOL の instant messenger、Hippocrates の Drug Identifier、Sega の Super Monkey Ball などだ。二週間という限られた期間の仕事にしては悪くない出来だ。

Just to prove this wasn’t hype, Apple gave the SDK to a group of companies for about two weeks to see what they could do with it. Each of those companies created versions of their applications in that time, including Electronic Arts’ Spore, Salesforce’s Salesforce Automation program, AOL’s instant messenger, Hippocrates Drug Identifier, and Sega’s Super Monkey Ball. Not bad for two weeks of work.

     *     *     *

アップルが本当にやったこと

しかし、真に驚くべきはアップルの払った努力だ。サードパーティの iPhone 開発エコシステムを発展させ、市場化するためにアップルが行なった取り組みだ。マーケティングとアプリケーション配信に関する要点はつぎのとおり。

But the real surprise was Apple’s efforts to market and develop an ecosystem for third-party iPhone development. Marketing and distribution terms were:

・サードパーティのアプリケーションはすべて新しい iPhone AppStore を通じて配信される。デベロッパは99ドル支払えば、自分のソフトの価格を自由に設定でき、無料にすることもできる。

• All third-party applications will be distributed through a new iPhone AppStore. Developers wishing to do so pay a $99 fee, but can set their own prices for their apps, including free should they choose to do so.

・iTunes ストアにはサードパーティのアプリケーション専門のコーナーが設けられ、トップダウンロードも宣伝する。有料アプリケーションの売り上げの70%をデベロッパはもらう。

• iTunes will have a part of its store dedicated to third-party apps and promoting the top downloads. Developers get 70% of revenues for paid apps.

・クライナーパーキンスは iPhone のソフト開発企業を支援するため1億ドルの iFund を創設する。有望なサードパーティの iPhone ソフトビジネスを立ち上げるのにカネは問題でなくなる筈だ。

• Kleiner Perkins is launching a $100 million iFund to fund iPhone developer companies. That means money shouldn’t be a barrier to getting an great third-party iPhone software business off the ground.

     *     *     *

これだけやって出来なければ・・・

みんなが細かいところまで同意しているわけではないし、iPhone 開発のためアップルが SDK をシードするだろうとみんなが期待したのも知っている。だがアップルが本当にやったこととは、企業向けの新機能のために土地を耕し、SDK で種をまき、マーケティングや流通に水をやり、カネで肥料を施すことだった。これだけのサポートがあってもサードパーティのアプリケーションが増えないということなら、何をやってもダメだろう。

Now I know that not everyone will agree with all the details, and I think everyone expected Apple to seed iPhone development with its SDK. But what Apple actually did is till the ground for development with enterprise features, seed it with the SDK, water it with marketing and distribution, and fertilize it with cash. If third-party apps don’t grow with that kind of support, nothing will.

Technorati Tags: , , , , , ,

新しい iPod を予想する:Carl Howe

2007年 8月 27日

Ipodnano By Isamu

せめてこんなのが欲しい

9月5日のアップルイベントでどんな iPod が登場するか予測しきりだ。

少し前になるが[9月5日の予測記事が出る前の記事]、とてもユニークな予想がある。アップルならどうするだろうという視点から検討されているのだ。

優れたアップルウォッチャーのひとり Carl Howe の話に耳を傾けてください。

Blackfriars’ Marketing: “Predicting Apple’s new iPods: evolutionary, but borrowing from the iPhone too” by Carl Howe: 21 August 2007

     *     *     *

iPod を盛り上げるには

9月が近づくにつれて、2007 年のショッピングシーズンにアップルストアに並ぶのは何かというウワサで一杯だ。そこで私はマーケティングという観点から(技術的観点はさておいて)、アップルがどんな iPod のラインナップを準備して、年末商戦に臨むのかを考えてみたい。

As September looms, rumors abound on what’s going to be in Apple stores for 2007 holiday shopping. So I thought I’d take a whack on what the marketing — not technology — criteria are for Apple’s upcoming refresh of the iPod line to power Apple’s holiday sales.

アップルにとっては、今年が iPod をマーケットに投入して6年目になるということが課題のひとつだ。更に悪いことに、iPod は 2005 年以来目立ったデザイン変更がなく、一方 iPhone が話題を攫ってしまっていることだ。アップルとしては年末商戦で iPod を盛り上げるためには何をすべきだろうか。アップルの新商品は、つぎの要件を満たすことが必要だと私は思う。

One of the challenges facing the iPod this holiday season is that this will be its sixth year in the consumer market. Worse, the iPhone has stolen a lot of the iPod thunder over the last year, while the iPod has not had a significant redesign since 2005. So what does Apple have to do to create iPod excitement this holiday season? Apple’s new design must:

     *     *     *

3つの必須要件

1)音楽とビデオに絞って iPod 体験を強化すること

何よりもまず iPod 体験は、音楽とビデオを中心としたものでなければならない。iPhone みたいに通信が中心であってはならないのだ。ということは、丈夫で、バッテリーの持ちが長く、ディスプレイが優れていて、音質もすばらしいということだ。

• Bolster the music and video experience for iPod owners. First and foremost, the iPod experience must center on music and video, not communication as the iPhone does. That means a rugged device, long battery life, great displays, and excellent audio.

2)iPod iPhone を差別化すること

video iPod に 249 ドル払い、iPhone に 499 ドル払うことの違いが消費者にはっきりと分かり、混乱させるものであってはならない。それぞれの製品の価値がはっきり定義され、明確に異なるものでなければならない。

• Differentiate iPod from iPhone. Consumers shouldn’t be confused about whether they should spend $249 for a video iPod or $499 for an iPhone. The value of each product should be clearly defined and clearly different.

3)iPod のこれまでのマージンがこれからも確保できること

iPhone から携帯電話やラジオを除いたものを iPod として売りたいという誘惑は大きいが、それによる利益はアップルのビジネス目標を満足させるほど大きくはない。たとえば、 GSM[Global System for Mobile Communications:ヨーロッパやアジアを中心に利用されている携帯電話の事実上の世界標準、日本の通信方式とは異なる]のパーツを省いたとしても、230 ドルの部品コストからたかだか 25 ドル安くなる程度の話だ。アップルのビジネスにとっても満足いくものとなるためには、video iPod で 100 ドル、iPod nano で 75 ドル程度、部品コストが削減されることが必要だ。

• Continue delivering iPods traditionally strong margins. While it’s tempting to consider just selling an iPhone without the cell phone radios as an iPod, the profits on such a product would be insufficient to satisfy Apple’s business goals. Dropping the parts for GSM would save Apple only $25 in parts cost out of a total of $230 in iPhone parts. The parts cost needs to be more in the range of $100 for a video iPod and $75 for an iPod nano equivalent for those products to be successes for Apple’s business.

     *     *     *

では、新しい iPod モデルとは・・・

これら三つの要件を満たすデザインとはどんなものだろうか。9月のスペシャルイベントで私が予想する iPod のモデルとは、つぎのようなものだ。

So what types of designs would meet these criteria? Here are my takes on what we’ll see in a September special event for an iPod refresh:

1)ワイドスクリーン video iPod

新しい video iPod は 80 〜 160 GByte のディスクドライブを使用する。そして新たに iPhone の高解像度スクリーンとタッチパネルインターフェイスを備えることになる。WiFi ワイヤレスネットワーキングはないと思う。機能はなるべく簡単で分かりやすく、インターフェイスもシンプルにする。その代わり iPhone より大きい容量で音楽・ビデオ愛好家の期待に応えるだろう。これらの機能を考慮すると、ハイエンド iPod の価格は 299 ドルおよび 349 ドルとなるだろう。

• A wide-screen video iPod. Apple’s new video iPod will still rely on disk storage in 80 and 160 GByte capacities, but will gain the iPhone’s high-resolution screen and touch panel interface. I do not believe that Apple will add WiFi wireless networking to these iPods, choosing instead to keep the functions simple to understand and the interface simple, while providing music and video lovers with storage far beyond that available on an iPhone. These features will set the prices of the high-end of the iPod line at $299 and $349.

2)ビデオ機能を備えた iPod nano

iPod nano は video iPod の小型版という感じだろう。ディスプレイの横幅は本体の全部とはいかないが大部分を占める。ストレージはフラッシュだけで、それぞれ 4 および 8 GByte の容量となる。スクリーンサイズは video iPod よりはかなり小さい。さらにこの nano は現在のタッチホィールを温存して、コストを抑えるとともに、多くの iPod ユーザーが馴染んできた片手操作も維持するだろう。価格は現在と同じ 149 ドルから 249 ドルまで。

• iPod nanos with video support. The iPod nanos will look much like smaller versions of the video iPods, with displays across more (but not all) of their bodies. But these iPods will only sport flash storage in 4 and 8 GByte sizes, and their screens will be considerably smaller than the video iPod. I further expect these nanos to retain the touch wheel of today’s iPod nanos to keep costs down and to retain one-handed operation, a key attribute for many iPod users. Price points here will range from $149 to $249, just as today.

3)容量を増やした iPod shuffle

iPod のローエンドモデルは現在と同じくディスプレイ無しだ。その代わり、iTunes plus の曲を入れられるように容量を増やすだろう。2 GBytes の容量で 79 ドルだ。

• More storage in the iPod shuffle. The low end of the iPod line will continue to eschew displays, focusing instead on delivering more storage to accommodate large iTunes plus songs. Expect the iPod shuffles to now sport 2 GBytes of storage for $79.

     *     *     *

現行の延長線上にあるもの

私の考えでは、新しい iPod ラインナップは今日のものとさほど変わらず、機能が改良され、ユーザー体験がややよくなるという程度だと思う。また、価格設定もあまり変化ないだろう。ハイエンドモデルだけは iPhone 化する影響で少し高くなる。iPod は iPhone とは明確に差別化され、これまでと同じメリットを享受できるだろう。

My view is that Apple’s updated iPod product line largely matches that of today, just with slightly better feature sets and better user experiences. Further, pricing remains relatively constant as well, with prices actually rising slightly at the high end to accommodate trickle-down demand from the iPhone. iPods would remain clearly differentiated from the iPhone, yet would provide many of the same benefits.

     *     *     *

革新的ではなく発展的

私はアップルの計画に関するインサイダー情報は一切持っていない。ただ、アップルが頭のいいマーケティング会社だということは熟知している。上に述べたラインナップなら、iPhone の技術を iPod に持ち込むことができ、尚かつ、アップルとして iPod のマーケティングや製品の位置付けをさほど変えずに済む。私が考える iPod のモデルチェンジとは、現行の延長線上にある発展的な(evolutionary)もので、iPhone のように革新的な(revolutionary)ものではない。250 億ドルのビジネス経営にとって、革新的なものなんて一年にひとつあればそれで十分なのだ。

I don’t have any inside line on what Apple is actually planning here, but I do know Apple is a savvy marketer. This product lineup introduces iPhone technology into the iPod line without requiring Apple to significantly change its iPod marketing or positioning. The iPod update I’ve proposed is simply an evolutionary update, while the iPhone was a revolutionary introduction. But when you’re running a $25 billion business, one revolution a year is probably enough.

     *     *     *

アップルとしては技術的にこんなことが出来る筈だとか、こんなものを出して欲しいと、つい考えてしまい勝ちだ。

Carl Howe のようなマーケティングの観点からの予想も傾聴に値するのではないだろうか。

Technorati Tags: , , ,