Archive for the ‘Hacking’ Category

自作マックについて考える

2008年 4月 29日

Apple I-1

Apple I Computer – Smithsonian National Museum of American History

マックワールド誌編集者 Rob Griffiths の自作マック記事は大きな反響を呼んだ。

その後マックワールド誌は、趣味の自作者という「自作コミュニティ」(Homebuilt Mac Community)についてさらなる問題提起をしている。

Macworld: “Apple and the homebuilt Mac community” by Rob Griffiths: 19 April 2008

     *     *     *

自作コミュニティ

つい最近、私は自作マック(Homebuilt Mac)に関する記事を書いた。今回は自作マックがアップルのビジネスに与える影響について私の考えを述べてみたい。・・・その上で、読者諸氏がこの「自作コミュニティ」についてどう考えるかお尋ねしてみたいのだ。

I recently chronicled my adventures building and using a homebuilt Mac. Now it’s time to step back and opine on how I think homebuilt Macs impact Apple’s business…and ask you, our readers, what you think Apple should do about this community.

     *     *     *

アップルのビジネスに悪影響を与えるか

まず最初の質問は、熱狂的マック自作ファン(Homebuilt Mac enthusiasts)がアップルのビジネスに悪影響を与えると心配すべきかどうかという問題だ。部品を集めることから始めて、パーツをコンピュータにくみ上げ、それから OS X が動くように一生懸命頑張る、それをアップルが心配すべきかどうかと聞かれれば、私の答えはノーだ。アップルは趣味の自作者(hobbyist builders)を恐れる必要はない。本当だ。私の場合、強力なクヮッドコアマシンを作るため 982 ドルを投じた。それだけではない。バーツを探し、買い求め、マシンを組み立て、ちゃんと動くようにするのに多大の時間を費やした。私が費やした時間を計算に入れれば、すてきな iMac を買ってそれで済ませた方が(経費的にも)ずっとよかったことは明らかだ。しかもこのマシンの保証はひとつでないので、ひとたびハードの問題が生じた場合は複数のベンダーを相手にせざるを得なくなる点も考えておく必要がある。

The first question to ask is whether or not Apple should fear the impact these homebuilt Mac enthusiasts may have on their business. Given that one has to start with a collection of parts, assemble those parts into a computer, then work quite diligently to make that computer an OS X-enabled machine, my general answer is “no,” Apple need not fear the hobbyist builders. True, I spent only $982 to build a powerful Quad-core machine…but I also spent a large number of hours searching for and buying the parts, assembling the machine, and making it all work. If you add in the value of my time, it’s clear that I would’ve been much better off (financially) just buying a nice iMac and calling it done. Also consider that the finished machine has not one but many warranties, and that any hardware issues may mean dealing with multiple vendors.

自作マックが文字通り自分用のマックを作るというものである限り、アップルが恐れることは何もないと思う。趣味の自作者たちが自分のためのマシンを作っても、アップルの毎期の売り上げに影響を与えるものでないことは明らかだ。そもそもそんな大きな苦労をしてまで自作マックを製作し、それをメンテして、アップルの収益に影響を与えようとするひとがそんなにいるわけはない。(Psystar のマッククローンビジネスは、すぐにもアップルから訴訟を起こされると思われる。もしそれを生き延びたとしたらそれはまた別な話だ・・・)

As long as building your own Mac requires literally building your own Mac, I don’t think Apple has anything to fear—hobbyists and tinkerers may choose to build their own machines, but this is clearly nothing that will have any sort of impact on Apple’s quarterly sales. There just aren’t that many people out there willing to go all of the effort required to build and maintain a do-it-yourself-Mac to have a real bottom-line impact on Apple. (If Psystar’s pre-built Mac clone business survives its probably-imminent legal challenge, then that may be a different story.)

     *     *     *

アップルは対抗措置をとるべきか

もし[自作マック]コミュニティがアップルに対して大きなマイナスを与えるものではないとしたら、熱狂的マック自作ファンたちに対してアップルは何らかの措置を講じる必要があるのだろうか?

So if the community isn’t going to have a tremendous negative impact on Apple, what, if anything, should Apple do regarding these homebuilt Mac enthusiasts?

     *     *     *

その1:無視する

ひとつの方法は、これら趣味のハッカー(hobbyist hackers)をまったく無視することだ。これまでアップルはそうしてきたように思える。アップルに実質的影響を与えるわけではないので、ホビイストと争うことは有益というよりむしろ面倒の方が多い。アップルがこういうグループを無視してきたことを示す証拠はあるだろうか。例えばそのひとつとして、OSx86 プロジェクトをウェブから駆逐しようとしなかったことが挙げられる。OSx86 プロジェクトのサイトは、generic PC[ホワイトボックス PC、無印  PC]で OS X を走らせるための事実上の情報源(de facto source)となっている。

One approach—which appears to be the approach Apple’s taken thus far—is to simply ignore these hobbyist hackers. Since there’s no real measurable impact on Apple, fighting the hobbyists may be more trouble than it’s worth. What evidence do we have to support the theory that Apple is ignoring this segment thus far? For one, there’s been no apparent effort to remove the osx86 project web site, which is the defacto source for information on running OS X on generic PCs.

自作者たちを無視すべきだと考えるもうひとつの理由は、長い目で見れば、結局これらのユーザーはアップルのハードの売り上げを増加させる可能性があるからだ。例えば自作マックを作った連中は、システムアップデートの都度それに遅れず付いていくために必要な作業がいやになり、本物のマックを買おうと決心するかもしれないからだ。あるいはまた、それほど技術に詳しくない友人に対して OS X の良さを説き、次に買うときは iMac か他のアップルマシンにするように薦めるかもしれないのだ。

Another reason to ignore the homebuilders is that, in the long run, in fact, this group of users may actually help increase Apple’s hardware sales—people who build their own Mac may then decide they’re tired of the work required to keep up with system updates, for instance, and decide to purchase a real Mac. Or perhaps they’ll tell their less-technically-inclined friends about the benefits of OS X, and recommend that they purchase an iMac or other Apple product for their next machine.

     *     *     *

その2:相手を取り込む

[無視する代わりに]もうひとつの方法として、自作者のコミュニティを取り込むというやり方もある。問題はどんな方法でやるかということなのだが・・・。OS X の新しいバージョンをアップル以外のコンピュータでもインストールできるようにするか。マザーボードと無印 PC パーツ(generic PC parts)だけという「Mac Lite」を実際に出してみるか。自作マシンのために限られた組み合わせの CPU とマザーボードを認めてやるか。あるいはまったく別のやり方をするか・・・

Alternatively, Apple could embrace the homebuilt community…but the question would be how. Would that be a new version of OS X that doesn’t restrict installation to an Apple-labeled computer? An actual line of “Mac Lite” machines that are basically motherboards and generic PC parts? Sanctioning a few combinations of motherboards and CPUs for people to use as a basis for building their own machines? Something else entirely?

     *     *     *

読者の反応は?

あなたはどうお考えだろうか。アップルの世界には、アップルが正規にライセンスした OS X が動く自作 PC が存在する余地はあるのだろうか。自作マックが本物同様に動いても、アップルのビジネスは存続していけるのだろうか。アップルはクローンビジネスを開始すべきだろうか。かつて特定のベンダーにマックの製造を認めたような古いやり方ではなく、何か新しいやり方で・・・。是非ともみなさんの考えを聞いてみたい。

So what do you think? Is there room in Apple’s world for homebuilt PCs running OS X, complete with a legal OS X license from Apple themselves? Will their business survive if people can build their own Mac and have it work just as well as a “real” Mac? Should Apple be in the clone business—in a new way, not in the old “let’s authorize some vendors to build Macs” way? I’d love to hear (OK, read) your thoughts.

     *     *     *

どうやらマックワールド誌は本気のようだ。

Rob Griffiths の自作記事はポッドキャストでも取り上げられた。

Macworld: “Mac clones and accessibility” by Christopher Breen: 24 April 2008 [Podcast Episode #119]

同じマックワールド誌の Christopher Breen との対談だが、これが実に楽しそうだ。記事には載らなかった話も聞けるので、自作に関心のあるひとにとってはこたえられないだろう。

さらにマックワールド誌では、この自作マシンをマックワールドラボでとりあげ、ベンチマークほか徹底的に比較分析するということだ。

Macworld: “FrankenMac in the Lab” by Brian Chen: 26 April 2008 [Macworld Video #48]

YouTube: “Macworld Video: FrankenMac in the Lab

自作とかクローン、ハッカー、ハッキングとなると日本では今ひとつ反応が冷たいが、海の向こうではやることが徹底している。

考えてみればアップルの源流のひとつは Homebrew Computer Club にあったわけで、自作マックもその流れを汲むといえるのかもしれない。

     *     *     *

追記:Frankenmac のラボテスト(4月30日)

Frankenmac-1

さっそくマックワールド誌ラボテストの結果が出た。

予想どおりのすばらしいものだが、最後の感想が印象的だ。

Macworld: “Lab-testing the Frankenmac clone” by James Galbraith: 30 April 2008

     *     *     *

この自作マシンは確かに目覚ましいパフォーマンスを示している。これから考えるに、もしアップルが例の「ミッドレンジのマックミニタワー」(mid-range Mac minitowerを出したら、きっと大変なパフォーマンスに違いない。

… this particular build-it-yourself system definitely delivers impressive performance, perhaps suggesting how a mythical mid-range Mac minitower would perform if Apple ever released one.

     *     *     *

自作マックでこれだけのパフォーマンスなのだから、アップルが出す純正マシンはきっと大変なものに違いない。

これこそ若旦那のいう、このクラスの新製品を出さない理由なのだろうか・・・

Technorati Tags: , , , , , ,

これが自家製マック Frankenmac だ!

2008年 4月 19日

Frankenmac

これが自家製マック Frankenmac

Psystar はどうやら怪しげな気配になっているようだ。

ところがクローンマックの話は思わぬところへ飛び火した。なんとマックワールド誌の Rob Griffiths がやってのけたのだ。

市販の PC パーツから Mac OS X が動く自家製マックを組み立ててしまった!

Macworld: “Frankenmac! What’s in a Mac clone?” by Rob Griffiths: 18 April 2008

マックワールド誌の編集者で、常々「中クラスの Mac minitower」を渇望していた Rob Griffiths は、次のようにいう。

     *     *     *

待ちくたびれた

モニター一体型のマシンは欲しいとは思わないし必要もない。8コア Mac Pro のパワーも必要ない。しかしミニより速くて拡張性のあるマシンなら欲しい。

I don’t want or need a machine with a built-in monitor, I don’t need the power of an eight-core Mac Pro, but I’d like my Mac to be faster and more expandable than a mini. […]

しかし私のドリームマシンが出るのを待つのはもう待ちくたびれた。そこで自分の手で組み立てようと決心した。かくて OS X が動く自分のマシンを組み立てることになった。

Tired of waiting and hoping for the Mac of my dreams to appear, I decided to take the technology into my own hands and build it myself. And thus began my experiment to assemble my very own OS X-running machine.

     *     *     *

PC パーツを集める

かくて、1000 ドルの範囲内で自家製マックを組み立てるプロジェクトに取りかかる。

Windows Vista が動く PC パーツで、かつ Mac OS X も動くパーツを集めるのが最初の仕事だ。

Franken Parts

マザーボードは Asus P5K-E、CPU は Intel Q6600 Core 2 Quad(2.4GHz)。モニターやキーボードを除いて、集めたパーツは 980 ドルになった。

ハードそのものの組み立てはやさしかった。

     *     *     *

OS X のインストールは大変だ

次にこの PC に Vista をインストールした。ちゃんと動く。それからが事だった。ちゃんと OS X が動くようにするのに何時間もかかった。やることは簡単なのだが、その手間や BIOS 設定が込み入っていた。同じドライブから Windows と OS X を動かすには、いくつもの難題を片付けねばならなかった。何時間もかけて、説明書を読み、組み立てては分解し、うめき声をあげ、インストール、アンインストール、再インストールを繰り返し、悪態をつき、みんなを困らせる。とても楽しいどころではなかったが、それでもなんとかすべてを終えることが出来た。私のマシンはちゃんと動いた。Windows Vista にでも Mac OS X 10.5.2 にでも、どちらにでも起動することができた。

Next, I installed Vista on the PC, just to be sure everything worked. From there, it then took many more hours to get OS X working right—while the process is relatively straightforward, there are a lot of steps involved, and BIOS settings to tweak. If you want to run Windows and OS X on the same drive, there are more hoops to jump through to get it all working. But after many hours of reading, assembling, disassembling, screaming, installing, uninstalling, reinstalling, saying bad words, pestering friends, and generally not having very much fun, I was done: my machine was up and running, and capable of booting into either Windows Vista or Mac OS X 10.5.2.

     *     *     *

Frankenmac

出来上がった自家製マックは Frankenmac[注:フランケンシュタインから]と名付けられた。

     *     *     *

テキストベースのブートローダ

起動中にこのマシンの前に座っていると、 BIOS のロードスクリーンになり、テキストベースのブートローダ(ここで Vista にするか OS X にするかを選択する)になる。それが普通のマックとは異なるところで、試供品のサンプルみたいだ。

And if you happen to be sitting in front of it when it starts up, the BIOS loading screen and black-and-white text-based boot loader (which lets me choose between Vista and OS X) is a dead giveaway that this is not your normal Mac.

     *     *     *

Frankenmac の本体を隠してモニターだけを見ていると、まったく普通のマックと変わらない。

しかし「この Mac について」ダイアログを見ると、「プロセッサ不明」(”unknown” processor)と表示される。

Aboutthismac

“unknown” processor

     *     *     *

性能は・・・

Rob Griffiths のベンチマークテストでは、値段が倍以上する Mac Pro と比べてもさして引けを取らないという。いずれマックラボのテストに委ねるそうだから、後ほど詳細が分るだろう。

     *     *     *

とてもみんなには勧められない

以上の結果をみて「スゴいっ!ボクもやってみよう!」と考えるひとがいるかもしれない。ちょっと待て!自家製マックにはいろんな(しかもたくさんの)落し穴があるのだ。

Given the above results, you may be thinking “Geez, I should go build one myself!” Before making such a decision, however, you need to consider the pitfalls of building your own Mac—and there are many.

     *     *     *

Rob Griffiths はつぎのような問題点を挙げていく。

・工作の手間

・パーツの仕様書を読み取る知識

・忍耐

・費用

・保証

まだある・・・

     *     *     *

奇妙な振る舞い

マシンが動くようになっても、奇妙なハードウェアの振る舞いを経験したりする。例えば Frankenmac の場合、ちゃんとシャットダウンしないのだ。OS X 自体は終了してスクリーンが暗くはなるのだが、ファンやハードドライブは動いたままだ。完全にマシンを終了するには、手動でパワーボタンを押す必要がある。

Even if your machine is running fine, you may experience odd hardware issues—the Frankenmac, for instance, doesn’t fully shut down properly. OS X itself shuts down, and the screen goes blank, but the fans and hard drive continue to run, so I have to manually press the power button to truly turn the machine off.

     *     *     *

アップデートや EULA の問題

また、将来システムアップデートによってはインストールした OS X に問題が生ずる可能性も大きい。今後の Software Update はむやみに受け入られなくなる。最後にもっと重要なことは、自作マシンで Mac OS X を動かすとアップルの EULA[End User License Agreement:使用許諾契約書]違反となり、やり方によっては著作権法違反にもなるかもしれないということだ。

There’s also a good chance that future system updates may cause problems with my Mac OS X installationムI can’t just blindly accept every Software Update that comes down the pipeline. Finally, and perhaps most importantly, to make your machine run Mac OS X, you have to violate the OS X end-user license agreementムand perhaps copyright law, depending on how you get things done.

     *     *     *

仕上がりの美しさ

その他にも仕上がりの美しさという点で、本物のマックにはとうてい及ばない。Mac Pro と Frankenmac の内部を比較した写真はつぎのとおりだ。

Inside Macs-2

Mac Pro vs. Frankenmac

そして Rob Griffiths は次のように結論する。

     *     *     *

結論は・・・

マックの自作を試してみた結果、自分でやるよりクパチーノの会社に作ってもらう方がずっといいという結論に達した。それに、いつの日か、私の夢である「中クラスの Mac minitower」が現実のものになるかもしれないのだから・・・

Having visited the build-your-own side of the Mac world, I’ve decided I’m more than happy letting Cupertino build my Macs for me—Apple has shown it’s much better at it than I am. And who knows? Maybe one day that mid-range Mac minitower of my dreams will no longer be mythical.

     *     *     *

本流も本流、マックワールド誌の編集者がやってのけたところがスゴい!

さすがに OS X インストールの詳細には触れていないが、マック誌の性格からして当然だろう。

しかし、インターネットを渉猟して得られる情報と市販の PC パーツを買い揃えれば、然るべき知識と技術があるひとなら誰でも「Mac OS X の走るマシン=自家製マック」を作ることが可能だと示した点で画期的だと思う。

Technorati Tags: , , , , , , , ,

ハッカーとのライブ中継

2008年 4月 6日

Preved

iphone-dev.org

iPhone ハックツール「Pwnage」の OS X 版がついに公開された

その同じ日に、Erica Sadun が iPhone Dev Team とのライブ中継を試みている。

これがなかなかおもしろい。

ハッカーとの実際のやり取りについて窺わせてくれるだけでなく、ハッカーとの距離の置き方、ハッカーという存在の受容などに関して彼我の相違を考えさせてくれるからだ。

TUAW: “Liveblog with the iPhone Dev Team: iPwnage” by Erica Sadun: 03 April 2008

チャットの性格上、やりとりが少しずつずれるので、以下関係部分をまとめて紹介する。

     *     *     *

ライブチャット

エリカ: Pytey、聞こえる?

12:26  ericasadun -  Pytey are you with us?

pyteyハロー

12:45  pytey -    hello

12:46  pytey -    🙂

エリカ: Pytey、私たちオンラインになってるはずよ。iPwned についてのチャットに参加してくれてありがとう。

12:47  ericasadun -  Pytey, we should be live. I’m so glad we have you here to chat about iPwned

pyteyハーイ、エリカ。招待してくれてありがとう。

12:47  pytey -    Hi Erica, thanks for inviting me

     *     *     *

チャットはこんな調子で始まり、約1時間半続く。

Erica の相手は「iPwnage」(Pwnage Tool のこと)のデベロッパのひとり Pytey だ。

途中から参加する NerveGas はオライリーから iPhone プログラミングの本を出したハッカーで、iPhone Dev Team のメンバーでもある。

     *     *     *

非署名コード(unsigned code

エリカ:非署名コード(unsigned code)ってアップルが認めていないコードのこと? そもそも署名(signing)って何?

12:50  ericasadun -  By unsigned code, do you mean code that Apple hasn’t approved?

12:50  ericasadun -  What exactly is signing?

pytey 署名というのは暗号で使う方法のことで、ファイルに指紋をつけて特定のちゃんとしたソースからのものであることを明らかにするものだ。

12:51  pytey -    signing is a way of cryptographically fingerprintting a file to ensure that it has come from a particular source

pytey:タイプミス、ごめん。こちらは深夜なんだ。

12:51  pytey -    excuse my typos, it is late where I am 😉

エリカ:かまわないわよ。

12:51  ericasadun -  No worries

     *     *     *

IPSW ファイル

エリカ:Ipsw バンドルというのはファームウェアをアップグレードする際にダウンロードするヤツのことね?

12:50  ericasadun -  Ipsw bundles are those things you download when you want to upgrade your firmware, right?

pyteyそうだ。アップルが iPhone/iPod touch/iPod をアップデートするために配信するファイルが .ipsw files だ。

12:52  pytey -    yes, .ipsw files are the files usually distributed by apple to update the iPhone or iPod touch and iPods

     *     *     *

Pwnage Tool で出来ること

エリカ: pytey、「ipwning」ツールでどんなことが出来るか教えて。boot neutering(中性化ブート)や ipsw installation については話したけれど、あとどんなことが出来るの?

1:01  ericasadun -  pytey, tell us about the main features of ipwning. What can you do with this tool? You’ve mentioned boot neutering and ipsw installation. What else does it do?

pyteyエリカ、このプラットフォームのためにカネを出すと Kleiner Perkins のヤツがいってたことさ。iPhone は新しい C64[Commodore C64]なんだ。このデバイスをいじればデベロッパのやりたいことは何でもできる。無限の可能性だ。

1:02  pytey -  Erica, just like the dude stood up from Kleiner Perkins and offered money for this plaform, we think that the iPhone is the new C64, the process will allow developers to do what _they_ want on _their_ device. The possibilities are endless.

pyteyBoot Neutering はベースバンド信号のハックみたいなものだ。デベロッパのやりたいことが出来るようになる。いろんなことがね。もちろんロック解除もそのひとつだが・・・

1:04  pytey -    Boot Neutering is sorta like pwning the baseband, it allows developers to do what they want with it, lots of features,  of course one of those features is unlocking.

     *     *     *

Pwnage Tool の目的は?

エリカ:ハック済みのファームウェアをインストールできることがスゴイんじゃないの?

1:12  ericasadun -  Installing pre-jailbroken firmware is going to be a biggie, isn’t it guys?

pyteyエリカ、そうじゃないよ。このツールは現在のファームウェアバンドルをパッチして、いろんな機能を持たせることなんだ。

1:12  pytey -  erica: No it isn’t

1:13  pytey -    The tool will patch current firmware bundles today to offer this functionality

エリカ:そうじゃないって? もっと教えて!

1:14  ericasadun -  No? tell me more.

NerveGaspytey のいっていることだけど、牢破りしたファームウェアのブラックマーケットを作ろうという考えじゃないんだよ。そうじゃなくて、これでやっとユーザーが簡単な方法で牢破り出来るようになるということなんだ。アップグレードしたり、ダウングレードしたり、いろんなトリックを使いまくって苦労しなくても・・・

1:14  NerveGas -  WRT what pytey’s say, the idea isn’t to set up a black market for jailbroken firmware… the idea is to let users (finally) have an easy process by which they can jailbreak without dancing around all sorts of upgrades/downgrades and other tricks

     *     *     *

Pwnage Tool は上級者向き

Chris M[TUAW の読者]:サードパーティの iPhone アプリを手に入れたとき、このツールだけで(iTunes ストアを使わなくても)ちゃんとインストールできるだろうか。

1:22  [Comment From Chris M]  Once the new 3rd party iPhone apps come out… and I obtain one… would I be able to use this tool to ensure that it’s put on my iPhone instead of using the iTunes store?

NerveGasiLiberty はとても易しいから、おばあチャンでも使えるよ。だから初心者にすすめてる。

1:23  NerveGas -  iLiberty is easy enough for grandma to use… and is what i generally recommend beginners

エリカ:私も iLiberty を使ってる。そのとおりよ。

1:23  ericasadun -  I use iLiberty–so point proven

NerveGasPwnage は本格的なカスタマイズをしたい上級者向きだ。名前が Zibree だったり、女の子にいいところを見せたいヤツには ZiPhone がいい。

1:23  NerveGas -  Pwnage is ideal for advanced users who want to really customize… and ZiPhone is good for people whose names are Zibree and need to impress girls.

     *     *     *

Steve のロシア語

NerveGas pytey、俺たちのマンガ[冒頭画像参照]で Steve がロシア語をしゃべっているのは何故だい? それとも別のことばかな?

1:27  NerveGas -  pytey: why is our ‘toon steve speaking russian? or whatever language that is?

pyteyそうだ、ロシア語だよ。みんなが知ってるびっくりクマさん「Preved」だ。[?]「Preved medved!  Preved! Kagdila krosavchegi?!」[?]

1:28  pytey -    Yes, that is russian and it is a play on the popular surprise bear “Preved”

1:28  pytey -    Preved medved!  Preved! Kagdila krosavchegi?!

エリカ:ロシア語への改ざんね[?]

1:29  ericasadun -  It’s a russian meme

NerveGasそうか、ありがとう。

1:29  NerveGas -  dah. spaciba.

     *     *     *

再度 Pwnage Tool について

エリカ:Pwnage Tool の動作のもっと一般的な話をして・・・

1:44  ericasadun -  Guys, can you talk about how ipwning works in general terms?

NerveGasエリカ、iPwner の基本的役割は integrity check[整合性チェック、変更チェック、指紋照合]を無視するようにデバイスを変更することだ。それで無署名のファームウェアをインストールできるようになる。

1:48  NerveGas -  erica: iPwner basically modifies the device to ignore integrity checks, allowing you to install an unsigned firmware package

NerveGas無署名のパッケージとは基本的には iTunes からダウンロードするアップルのファームウェアアップデートのこと。あといくつかの追加のツール。例えば installer app、boot neuter app、そのほかやってみたいどんな改造でも・・・

1:49  NerveGas -  the unsigned package is basically Apple’s firmware update (which you downloaded via iTunes) along with some additional tools, such as the installer app, boot neuter application, and any additional mods you want to add in

     *     *     *

こんなやりとりが1時間半にわたって続く。

紳士的[エリカは淑女的?]やり取りであることがまず印象的だ。

ハッカー側にもふんぞり返ったところが全然ない。専門用語で相手を煙に巻こうともせず、相手の質問に一生懸命答えようという姿勢が見える。

対するエリカも練達のプログラマーに教えを乞うという感じ。

エリカが探ってくるハッカー情報の背景にはこんなやり取りがあるということだろう。ライブ中継に彼らが参加するだけの信頼を勝ち取ったということはスゴいことだ。

この背景には、ハッカー文化の受容に関する彼我の差があるのかもしれない。

     *     *     *

なお、ロシア語や時差について言及していることから、pytey はロシア人ではないかという感じを受ける。

そういえば、Pwnage のデモビデオの冒頭につぎのような画像が出てくる。[YouTube ビデオおよびこちら参照]

Pwnage In Russia

なぜロシアでのデモなのか不思議に思ったものだが、iPhone Dev Team はロシア人を含むインターナショナルな存在なのかもしれない。

以上紹介したのはほんの一部だ。他にもいろいろ興味深い点があるので、関心のある方は是非とも直接ご覧いただきたい。

     *     *     *

とまれ、ハッカーとアップルのせめぎ合いは新しい局面を迎えたような気がする。

iPhone/iPod touch というデバイスについて、自分が認めるやり方でなければ使わせないというアップルと、デバイスが潜在的に持つ可能性を解き放とうとするハッカー/プログラマーの間のせめぎ合いだ。

iPhone SDK とも絡み合って今後どういう展開を遂げるのか目が離せない。

Technorati Tags: , , , , , ,

Pwnage で iPhone を完全ハック

2008年 4月 2日

Pwnagejoke

iPhone Dev Team による iPhone ハックソフト「Pwnage」が公開されるという。Erica Sadun がスクープしたように iTunes の牢破りが実現するわけだ。

Pwnage を使えば、事前にハックした iPhone firmware を iTunes を通じて読み込むことが可能になるのだという。アップデートした後にわざわざ牢破り(jailbreaking)しなくても、牢破り済みのシステムをインストールすればいいというわけ・・・

遂に iPhone は完全ハックされる[PWNED:付記参照]ことになる。

The iPhone Project: “The iPhone: finally PWNED“: 30 March 2008

     *     *     * 

iPhone PWNED プロジェクト大公開

明日3月30日(日)、いよいよ待望の「iPhone PWNED」プロジェクトが公開される! YouTube でも見かけたものだが、多くのひとは信じなかった。これは間違いなく本物だ。これでカスタムメイドのファームウェアを iPhone に読み込むことが可能になる。

As of tomorrow, Sunday, March 30?th, the long awaited project iPhone PWNED will be available to the public! – it’s what we’ve seen on YouTube and many of us have disbelieved. However, it is real and allows for custom unsigned firmware to be flashed on to the iPhone.

以下はデベロッパ[注参照]との簡単なインタビュー。

Here is a quick rundown interview with the developers:

[注]デベロッパとは iPhone Dev Team のつぎのメンバー。

asap18, bgm, Bugout, bushing, chris, dinopio, drudge, Fred_, ghost_000, gray, kroo, MuscleNerd, netkas, np101137, planetbeing, pr3d4t0r, pumpkin, pytey, roxfan, sam, Turbo, w___, wizdaz, Zf

     *     *     *

アップルからの完全な独立

質問:ユーザーは PWN で何が出来るのですか。

theiphoneproject: What does PWN accomplish for the users?

デベロッパ:iPhone(および iPod Touch)で何ができて何ができないかというアップルの考えから完全に独立できることです。今のところ牢破りされ(jailbroken)、あるいはロック解除された(unlocked)状態に復元することができます。その他にも、Installer、Cydia ほかのアプリをインストールするなどクールなことができます。いずれ将来は、iPhone の全内容をバックアップしたり、あるいはお望みの状態へそっくり復元することもできるようになります。例えば、インストーラを使って直接牢破りした状態にしたり、Linux のような他の OS(複数)をインストールしたりできるのです。

The Devs: Full independence from Apple’s vision on what the iPhone (and iPod Touch) can and cannot do. Currently it will allow you to restore to a jailbroken and unlocked state, and if you can figure it out – some extra cool stuff like Installer, Cydia, and other applications. You will eventually be able to backup your entire phone and restore to a state exactly the way you like it, restore straight to jailbroken state with installer, or even potentially install other OSes like linux (see iphonelinux.org) to your phone.

     *     *     *

iPhone を完全にコントロール

質問:ZiPhone など他の方法があるのに、なぜ Pwnage が必要なのですか。

theiphoneproject: Why should I use this instead of ZiPhone? (or any other method in that case)

デベロッパ:それは Pwnage によって iPhone が初めて完全にコントロールできるようになるからです。ZiPhone のようなこれまでのやり方は、搭載されている iPhone OS に侵入し、必要なものをインストールして攻撃する方法をとっています。これはアップルが OS に加えた制限を外そうとするものですが、やれることには限度があり、我々のやり方とは根本的に異なります。我々のやり方は iPhone の一番基礎となるレイヤーを完全にコントロールするものです。アップル自身がこれまでテストし、使ってきた復元メカニズムを使うのです。これはより安全な牢破りだともいえるでしょう。ハッカーがこの方法の可能性に気付き、それを利用するようになれば、もっといろんなことが出来るようになると思います。

The Devs: Because it is the first time you can fully take control over your device. Previous solutions such as ZiPhone rely on exploits to break into an existing installation of iPhone OS, and install stuff into your device that way. Those approaches are fundamentally different from ours, in that they attempt to correct what Apple’s restricted in the OS after the fact, and only have limited power in what they can do to it. Our approach takes full control of the lowest layers of Apple’s device, and allows a much safer kind of jailbreak, that uses Apple’s tried and tested restore mechanism. It will also allow much more when hackers realize all the new possibilities this method opens up and start taking advantage of them.

     *     *     *

お望みの状態に復元可能

YouTube | iPhone PWNED

質問:やり方を簡単に説明してください。

theiphoneproject: Can you give us an overview of the process?

デベロッパ:正直、とても簡単です。これは Pwnage の最初のバージョンですが、IPSW の構築はこれまで Mac OS X でのみサポートされていました。まず最初にやることは、現在使っているファームウェアの公式 IPSW を用意することです。(使っているのが 1.1.4 なら 1.1.4 をダウンロードしてください。)それから Pwnage ツールを立ち上げ、「.ipsw をブラウズする」をクリックして、ダウンロードしたファームウェアのファイルをブラウズします。つぎに「iPwner」ボタンをクリックして、Pwnage が iPhone ブートローダをパッチするのを見守ります。これでコードの符号チェックを迂回することが可能になります。その後 iPhone が再起動します。iPhone が再起動したら、Pwnage を終了し、それからもう一度立ち上げます。

The Devs: In all honesty, it’s quite simple. This is the first release of Pwnage, and the process of building an IPSW is thus far only supported on Mac OS X. The first thing to do is make sure you have the Official IPSW of the firmware you are running (eg. If you are running 1.1.4, download 1.1.4). Now open the Pwnage tool, and click “Browse .ipsw” and browse to the firmware file that you just downloaded. Next you click the “iPwner” button, and watch as PWNAGE patches the iPhone bootlader [sic], making it possible to circumvent any code signing checks. After this, your iPhone will reboot. As the iPhone reboots, exit the Pwnage app, and reopen it.

マジックはここからです。iPhone が再起動したら IPSW Builder をクリックします。ビルドのオプションがいくつか表示されます。牢破り、ロック解除などです。新しく BootNeuter もありますが、これは究極のロック解除です。一旦 IPSW をカスタマイズしたら OK ボタンを押し、Pwnage に復元ファイルを作成させます。つぎは iTunes です。復元ボタンをオプションクリックして作成したばかりのカスタム ipsw に進み、OK ボタンを押せばそれで完了です。あとは iTunes がお望みの状態(牢破りされたものであれロック解除されたものであれ)に復元してくれます。

Here is where the magic happens, once the phone has rebooted, click on “IPSW Builder,” and you are presented with a list of the building options (jailbreak, unlock, etc..) including the all new “BootNeuter,” the ultimate iPhone unlocking solution. Once you have customized your IPSW, hit OK and let Pwnage build the restore file. Next we head to iTunes, option+click on the restore button, and navigate to the custom ipsw that you just created,. Hit OK and we’re done! iTunes will restore the iPhone to the state of your choosing (Be it jailbroken, unlocked etc…).

     *     *     *

iPhone Dev Team の説明を聞くと、YouTube ビデオのやっていることも分かりやすくなる。

ハックされた iPhone をアップルが「レンガ化」するのと同じレベルで牢破りするのだとすると、これは大変なことになりそうだ。

すでにハッカーの手になる iPhone プログラミングの本も登場している。

iPhone SDK のベータバーションが出たばかりだが、6月までにはいろんなことが起きそうだ。

     *     *     *

ところで Pwnage のニュースには続きがあって、法律問題のチェックで公表が遅れるとか、公開するのをやめて匿名の第三者に一切譲渡するなどという話も流れた。

後者はエイプリルフールのジョークであることが判明したが、iPhone のハッキング情報に強い Erica Sadun も今回は振り回された感じがある。

     *     *     *

付記:PWNPWNAGE

今回のハッキングに関して、PWN とか PWNAGE ということばが至る所で使われている。

もともとはゲーマー用語で、相手をやっつけたときに “you just got pwned!” のように使う。他に “pwnage” といういい方もある。「勝った、やっつけた、制覇した」の意。

勝つ意味で “own” と綴るべきを、タイプミスで “pwn” と間違えたのが始まりらしい。読み方はいろいろあるらしいが、own の韻を踏んだ[ポウン]や pawn と同じ[ポーン]と発音するのが普通のようだ。

セキュリティの世界では to compromise(改ざんする)や to control(支配下におく)の意味で使われ、hacking や cracking と同意義にも使われる。

詳しくはこちら

     *     *     *

参考:

・The iPhone Project: “The iPhone: finally PWNED“: 30 March 2008

・iPhone Dev Team: “iPhone Dev Team Portal [main]“: 02 April 2008

・YouTube Video: “iPhone PWNED

・Engadget: “Video of the iPhone Pwned project in action” by Nilay Patel: 29 March 2008

・Engadget Japanese: “動画:iPhone完全ハックツール「PWNAGE“: 31 March 2008

・Engadget: “iPhone Dev Team claims to be dismantled, Pwnage tool dead for good? Update: nope.” by Ryan Block: 31 March 2008

・Gizmodo: “iPhone Pwnage Tool to Be Released Someday” by Haroon Malik: 29 March 2008

・Mac Rumors: “iPhone Pwnage Project Opens Up Possibilities [Update]” by Arnold Kim: 30 March 2008

・Ars Technica: “Totally pwn your iPhone… sometime next week” by Chris Foresman: 31 March 2008

・TUAW: “iPhone pwnage tool delayed” by Erica Sadun: 31 March 2008

・TUAW: “iPhone Dev Team cancels pwnage, sells IP” by Erica Sadun: 31 March 2008

・InsanelyMac Forum: “Greedy Fascist Hackers…, or April Fool’s Day joke?” by Numberzz: 31 March 2008

・Wikipedia: “Pwn“: 01 April 2008

・iPhone Hacks: “iPhone Dev Team reveal more details about their method to Jailbreak iPhone using iTunes“: 09 March 2008

・iPod Plus: “iTunesを使ったJailbreakの新たな真相 Pwnage Project“: 11 March 2008

・Ars Technica: “iPhone Dev Team pwns with modded 2.0 firmware” by Chris Foresman: 12 March 2008

Technorati Tags: , , , , , ,

iTunes の牢破り・・・

2008年 3月 2日

解き放たれた iPhone

どうやら牢破り(Jailbreak)の新手が登場しつつあるようだ。

Erica からのお知らせ・・・

TUAW: “Jailbreak from iTunes” by Erica Sadun: 29 February 2008

     *     *     *

「カボチャ畑ニュースサービス」[pumpkin patch news service:カボチャ畑 pumpkin patch、修正パッチ、ハッカーの Pumpkin をひっかけた「ハッカーニュース」の意か?]からこんどは何が飛び出すだろうか。ここにひとつのビデオがある。事前に牢破りした iPhone を、ハッカーが iTunes を使って 1.1.4 にアップデートするビデオだ。iPhone ソフトのセット(ipsw ファイル)は事前にハックされていて、iTunes によってアップデートされるのは完全にハックされたシステムだ。

Guess what’s come out of the pumpkin patch news service this time? A video that shows hackers using iTunes to restore an already-jailbroken and activated 1.1.4. The iPhone software bundle (the ipsw file) has been pre-hacked and updates through iTunes to a fully hacked system.

ほかのハック同様、これもまだ完成の域には達していない。proof-of-concept[コンセプトを実証するためのもの、実証コード]の例としてハッカーがデモしたものだ。実際に SDK が出たら、彼らはこの方法を公開することになるだろう。

Like other hack previews, this one is not yet ready for prime-time. The developers put this together as a proof-of-concept, but hey’ll [sic] likely be releasing this method when the actual SDK comes out.

Pumpkin、roxfan、Turbo、wizdaz、bgm、np101137 そして iPhone dev team のみんな、おめでとう!

Congratulations again to Pumpkin, roxfan, Turbo, wizdaz, bgm, np101137 and the iPhone dev team.

     *     *     *

iTunes を使ってハック済のシステムにアップデートするなんて・・・

Technorati Tags: , , , , , , ,

iPhone SDK のウワサあれこれ

2008年 2月 17日

Iphone Unlock

Erica Sadun による iPhone SDK のウワサのつづき・・・

TUAW: “Rumors: More iPhone SDK tidbits trickling in” by Erica Sadun: 13 February 2008

     *     *     *

iPhone SDK に関し、先日の話に引き続き、いくつかウワサが耳に入っている。

Following up to my recent post, I’m now hearing additional scuttlebutt regarding the iPhone SDK release. The latest:

1)SDK は予定どおり2月末に出荷する。ただし、機能の多くは間に合わないだろう。だから、せいぜいアルファないしはベータバージョンということになる。

1. The SDK will ship on time for late February, but many features will be delayed, so this will be at best an alpha or beta release.

2)アップルのドキュメンテーション部門の連中は、ひそかに通常の二倍、三倍、四倍の残業[?]をこなしている。

2. People who are in Apple’s documentation department are working triple-quadruple-double-secret overtime.

3)シミュレータも加わる。ただし、ドッキングケーブルでつないだハード上でも、直接アプリケーションをテストすることが可能だ。

3. Simulator will be there but you can also test applications directly on the hardware, via a docking cable tether.

日程から見て、二週間以内にはいろんなことがハッキリするだろう。ただし、いつものようにあくまで話半分のウワサであることに注意。

Looking at the calendar, we should know one way or another within, say, two weeks. As always, many grains of salt, rumors, rumors rumors.

     *     *     *

この記事についてはもうひとつウラがある。

SDK が遅れるという先日に記事に Mac Rumors が噛み付いたのだ。

Mac Rumors: “iPhone SDK Delay? Another Touch Device?” by Arnold Kim: 08 February 2008

     *     *     *

TUAW はこれまでもウワサに関してはあまり信頼性がなかった。自分で取り上げておいては、すべてウワサで「信頼できない」と切り捨て、知らん顔をすることがある。この記事も、興味を持つ人のために一応取り上げただけだ。そもそも元の記事を書いたひとが自信がないのでは、まじめに取り上げるわけにはいかない。

TUAW has traditionally not been a reliable source of rumors and are quick to wash their hands of their rumor reports by calling all rumors “unreliable”. This is posted for interest only, but without the confidence of the original rumor reporter, it’s difficult to take these reports too seriously.

     *     *     *

この点を心得た Erica Sadun は、今回の記事で Mac Rumors の批判にも触れている。

最後の方の「話半分のウワサ」の原文[many grains of salt, rumors, rumors rumors]のリンクをクリックすると Mac Rumors の記事に飛ぶ仕掛けになっている。

自分への批判をちゃっかり引用しているところは茶目っ気があるというか、余裕があるというか・・・

SDK が発表されても iPhone のプログラミングはそう簡単ではないという話がある。

また、噂系サイトのひとつがとうとう完全閉鎖になってしまったこともある。

筆者としては、ウワサそのものが当たるかどうかより、今現在この時期に何がハッカーの話題になっているか、ハッカーとも交流のある Erica Sadun が何を語るのかという点に興味があるのだが・・

[via 気になる、記になる…

Technorati Tags: , , , ,

iPhone SDK は予定どおりに発表されるか

2008年 2月 9日

Iphone Sdk-1

2月末のアップルイベントのウワサが出始めた。

予定どおりなら iPhone SDK[ソフト開発キット]関連のはずだが、デベロッパの間では SDK が遅れるという観測もあるようだ。

Erica Sadun が興味深い記事を書いている。

TUAW: “Will the iPhone SDK offer a built-in simulator?” by Erica Sadun: 07 February 2008

     *     *     *

リバース・エンジニアリング

リバース・エンジニアリングをやっていると、出くわしたものが何を意味するのかはっきりしないことがある。例えば、iPhone がサポートするプラットフォームにはつぎのようなものがある。

Platforms = (M68, N82, simulator);

Platforms = (N45);

When reverse engineering, it’s sometimes hard to figure out exactly what you’re looking at, and what it all means. For example, the iPhone’s supported platforms include the following.

Platforms = (M68, N82, simulator);

Platforms = (N45);

M68 プラットフォームが何かということはもう知っている。iPhone だ。また N45 が iPod touch だということも知っている。じゃあ N82 は何か。iPhone ファミリーの他の機種だろうか。そうかもしれない。もっとデータがないと呼び出すのはむずかしい。そこで N82 はほっておいて次の項目の「simulator」を見てみよう。

We know what the M68 platform is. It’s the iPhone. And we know what N45 is, the iPod touch. So what’s the N82? Could it be another member of the iPhone family? Perhaps. It’s hard to make that call without any more data — so rather than worry about N82, let’s consider the next entry: “simulator.”

     *     *     *

シミュレータ

まもなく発表される SDK には、マックベースの開発シミュレータ、すなわち「iPhone in a box」が含まれているということだろうか。そう願いたいものだ。そうなれば iPhone を持っていないプログラマーでも iPhone を買わなくてもすぐプログラミングが開始できる。しかしアップルがどちらを向いて進んでいるのか知るのはなかなか難しい。SDK についてはみんな手の内を見せたがらない。噂系サイトもダンマリで、iPhone 内部情報の雫(しずく)すらないほど干上がっている。iTunes でのアプリケーション販売方法が解決する前でも、シミュレータならデベロッパが iPhone プログラミングを開始するのに十分役に立つ。

Does this indicate that the upcoming SDK may offer a Mac-based developer simulator, an “iPhone in a box?” One would certainly hope so, and it would allow iPhoneless programmers to begin work immediately without buying devices — but with Apple it’s sometimes hard to tell where things are going. With this SDK everyone is playing their cards especially close to the vest. There’s been a lockdown on the rumor channels, and the small trickle of iPhone inside intelligence has been squeezed dry. A simulator would certainly help developers begin their iPhone projects even before any iTunes app-shipping solution had been ironed out.

iPhone 開発サポートの最初のユニットが出荷されるずっと前から、そのフルセットがあることは知られている。Mac OS X で頼りになる Shark パフォーマンスツール[注:付記参照]は、これまでも何度かちょっとだけ触れられたことがある。多分 SDK には、printf 命令などよりずっとちゃんとした完全なデバッギングツールがついているということだろう。

We know a rather full suite of iPhone development support was in place long before the first unit shipped. There have always been fleeting references to the Shark performance monitoring system that’s a Mac OS X standby. Perhaps a full debugging suite (a lot better than printf statements) will accompany the SDK as well.

     *     *     *

SDK が遅れる?

ウワサの雫といえば、最大のものは SDK が大幅に、それも WWDC までずっと遅れるかもしれないというものだ。ということは、近々ウワサのアップルショーは iPhone とは無関係かもしれないということ。SDK を公開できるように準備し、ドキュメントを整え、サードパーティが使えるようにテストするという作業は、とてつもなく大掛かりな仕事だということだろう。このためアップルは必死になってひとを雇っている。・・・しかしまた、アップルのウワサは必ずしも頼りにならない。マックワールドで約束したとおり、2月の末には出荷する準備がちゃんと出来るのかもしれない。

Speaking of the rumor trickle, the big one that I’m hearing right now is about big SDK delays — perhaps all the way to WWDC (which makes us think that the big Apple show coming up may not be for the iPhone). It sounds like putting together a public SDK, documented and tested for third-party use, is a huge, huge project, and that Apple is busy hiring people to make this happen. On the other hand, Apple rumors are…unreliable. Could be that Apple is right and ready to ship end of February, exactly as promised at MacWorld.

もしウワサが正しければ、発表の遅れは、アップルが最大限のコントロールを行使しようとしていることを示すものだろう。デベロッパが SDK を使って出来ること出来ないことを、セキュリティの観点から細かくコントロールしようというアップルの意図だ。牢破りされた iPhone のためのアプリケーションと同じようなものを、サードパーティのデベロッパが作れるようになると考えているひとが多いが、SDK がどんな形になるのかアップルは一度も明らかにしていない。

Something that may slow down the release–if these rumors are credible–is Apple’s desire to exercise the greatest amount of security-based control over exactly what the developers will and will not be able to do with that SDK. Although many have assumed that 3rd party developers will be able to build applications similar to the ones currently shipping for jailbroken iPhones, Apple has never announced what form the SDK will take.

     *     *     *

サンドボックス

もしアップルの出すのがサンドボックス[sandboxなんかだったりしたら、iPhone デベロッパの革命が起きることを覚悟した方がいい。でも、シミュレータが遅れて、iTunes を通じたサードパーティのアプリケーション発売が何か月も遅れることになっても驚かない方がいい。

Expect an iPhone developer revolution if Apple ships a sandbox, but don’t be shocked. And don’t be surprised if a simulator allows Apple to delay the release of third-party apps via iTunes for months to come.

     *     *     *

具体的に何がどうなのかシロウトの筆者にはよく分らない。

それでも、デベロッパが SDK について何を期待し、何を恐れているのかは窺えるような気がする。

     *     *     *

追記:Shark

Shark

Great White Shark

「Shark」は Xcode のパフォーマンスツールで、ソースコードレベルでの負荷状態を調べ、実行速度などを最適化するために使う。

関係記事はつぎのとおり。

シロウトの筆者に教えてくださった Y さん、tm さんのお二人に感謝します。

・Apple [Developer Connection]: “Shark User Guide: Introduction“: 31 October 2007

・Apple [Developer Connection]: “Optimize with Shark: Big Payoff, Small Effort“: 19 January 2004

・Spread Your Wings!: “Shark“: 24 October 2007[日本語]

・瀬戸亮平: “Shark — Xcode パフォーマンスツール“: 10 August 2007[日本語]

・Apple: “デベロッパ – Westlakeの手がけたヘイロー コンバット エボルヴ Mac 開発秘話に迫る“: n.d.[日本語]

Technorati Tags: , , ,

まもなく iPhone 1.1.2 が・・・

2007年 11月 5日

Uk Iphone Nov09

UK iPhone

iPhone をレンガ化した iPhone 1.1.1 Update のことはまだ記憶に新しい。

まもなく iPhone 1.1.2 update が出るという話が英国から伝わってきた。

T3: “It’s official: iPhone 1.1.2“: 04 November 2007

     *     *     *

iPhone のDデイ

英国では11月9日が iPhone のDデイ[D-day:第二次世界大戦で連合国軍がフランス・ノルマンディに上陸した日、攻撃開始日]だ。ひとつはっきりしていることは、この日が神を畏れる心を iPhone ハッカーにもたらすということだ。英国の iPhone はファームウェア 1.1.2 を搭載して発売されるが、そこらの jesus phones[ハックされた iPhone の意か]がどうなるかは時間の問題だ。

In the UK, November 9th is D-day for everything iPhone. One detail about this date strikes the fear of god into iPhone hackers, however: with the UK phone launching on firmware 1.1.2, it’s a question of time before the rest of the world’s jesus phones will follow.

     *     *     *

クールなアップデートも

新しい iPhone レビューの一環として、今週我々は新しいファームエウェアをいろいろ試してみた。アップルのケータイを真にグローバルならしめるクールなアップデートがたくさん入っている。

As part of our iPhone review, we’ve been having a play around with the new firmware this week, and there are plenty of cool new changes that will make Apple’s cell a truly global affair.

     *     *     *

複数の言語をサポート

まず、数十の言語をサポートする。だからあなたの話すのが広東語だったとしても、搭載する漢字セットのお蔭で iPhone は正確な表示ができるのだ。

First off, there’s support for dozens of languages, so if you happen to be a fluent Cantonese speaker, the phone has all the relevant character sets so you can display your language properly.

フランス語やドイツ語も完全サポートしていて、アクセント文字を扱える特別なキーボード配列も備えている。今月いくつものチャンネルで電話が発売されることを考えると当然だろう。

There’s full support for French and German, with special keyboard lay-outs on the ready to tackle accented characters – perfectly understandable, of course, what with the phone heading for launch across the channel this month too.

     *     *     *

Wi-Fi アクセスも可能

Thecloud

また、Cloud の WiFi ホットスポットへのアクセスも出来るが、これはすでに iPod Touch では可能だったものだ。英国の顧客は独占的な契約により、ウェブにアクセスしたり、Wi-Fi を利用して iTunes WiFi ストアから曲をダウンロードし、あるいはブロードバンドでウェブを巡回できることになる。しかもこれらはすべて無料なのだ!

And then there’s access to The Cloud WiFi hotspots, which is already available to iPod Touch customers. This exclusive iPhone deal will let UK punters get onto the web, and use wi-fi to download tunes using the iTunes WiFi store, or just zip around the web at broadband pace, all for free!

     *     *     *

TIFF の脆弱性は修正

間違いなくハッカーコミュニティにとっては大騒ぎになるだろう。以前のアップデートではそうだった。我々は決して iPod ハッキングを擁護するわけではないが、TIFF の脆弱性MacNN 参照)を衝いたあまり激しくないハッキングによって、1.1.1 iPhone の牢破りやハックが行われているが、その脆弱性は修正されてしまった。最新の牢破りは無効になったということだ。

Undoubtedly, 1.1.2 will send the hacking community into frenzy – the previous update certainly did. We’re not advocating hacking your iPod in any way, of course, but some gentle experimentation shows that the TIFF exploit (described over at MacNN) which could be used to jailbreak and hack the 1.1.1 iPhone has been closed, rendering the latest attempts to jailbreak the phone obsolete.

     *     *     *

さあ、今週の金曜日だ

今週金曜日に iPhone が英国で発表される際にすべては明らかになる。そしてその時点で、1.1.2 のアップデートはすべての iPhone ユーザーに提供されることになる。

It’ll all become clear this Friday when the iPhone finally launches here in Britain – and when the 1.1.2 update starts being seeded out to iPhone users all over the place.

     *     *     *

これでまた前回のような iBrick 騒動が繰り返されるのだろうか・・・

     *     *     *

参考:

・T3: “It’s official: iPhone 1.1.2“: 04 November 2007

・Gizmodo: “UK iPhone Launching with 1.1.2 Firmware, Jailbreak Broken” by Mark Wilson: 03 November 2007

・Engadget: “iPhone v1.1.2 breaks jailbreak — coming to the UK on Friday” by Thomas Ricker: 04 November 2007

・Engadget Japanese: “iPhone / iPod touch、脱獄不能な新FWまもなく登場“: 04 November 2007

Technorati Tags: , , , , ,

Leopard を PC にインストールするハック

2007年 10月 29日

Leopard On Pc-1

Screenshot by Mac.nub

Leopard が発売されたばかりだというのに、ハッカーたちが PC にインストールする方法を見つけてしまった。

Apple 2.0 [Fortune]: “Hackers Install Leopard on Intel PCs” by Philip Elmer-DeWitt: 28 October 2007

     *     *     *

アップルが OS X 10.5 Leopard をリリースしたばかりだが、あるプログラマーの一団がまっさらのインテル PC に新しい OS をインストールする方法をみつけてしまった。DailyApps のステップバイステップのやり方はこちら

Apple just released OS X 10.5 Leopard, but a team of programmers has already figured out how to install the new operating system on off-the-shelf Intel PCs. See DailyApps’ tutorial here for step-by-step instructions.

このやり方はまだ実験の域を出ず、十分にはテストされていない。音量やネットワークのような一部のシステム環境設定は動かなくなってしまう可能性がある。

The procedure is still experimental and has not been thoroughly tested. Some system preferences, like Sound and Network, may never work.

しかしこれはなかなかの力作だ。かつて今ほど開けていない時代に Samuel Johnson が女性説教師について語ったことばを思い起こさせる。彼がいうには、後ろ足で立って歩く犬のように「うまくはないが、しかしともかくやったことに驚かされる」と。

It’s a tour de force nonetheless, one that reminds us of the remark Samuel Johnson made in less enlightened times about women preachers. Like a dog walking on his hind legs, he said, “It is not done well, but you are surprised to find it done at all.”

注意:Leopard をこのような形で使うことは、アップルのライセンス契約に違反する。「本契約により、お客様は、一回につき一台の Apple 商標が付されたコンピュータに Apple ソフトウェアを1部インストールし、使用し、稼働させることができます。」

Warning: Using Leopard this way is a violation of Apple’s license agreement, which states: “This License allows you to install, use and run one (1) copy of the Apple Software on a single Apple-labeled computer at a time.”

     *     *     *

参考:

・Apple 2.0 [Fortune]: “Hackers Install Leopard on Intel PCs” by Philip Elmer-DeWitt: 28 October 2007

・dailyApps: “Hack Attack : Install Leopard on your PC in 3 easy steps!“: 27 October 2007

・The OSx86 Scene Forums: “[GUIDE] Installing Leopard 9a581 GM on a Hackintosh“: 25 October 2007

・Engadget: “Leopard hacked for Intel PC consumption” by Paul Miller: 27 October 2007

・TUAW: “Installing Leopard on a PC” by Scott McNulty: 28 October 2007

Technorati Tags: , ,

iJailbreak の作者は13才

2007年 10月 16日

Ijailbreak

「jailbreak」(牢破り)とはよくいったものだ。

iPhone/iPod touch にはすばらしい能力が隠されている。なんとかしてその能力を引っ張り出したい。そのためには「牢破り」(jailbreak)しかないというわけだ。

iPhone より難しいといわれた iPod touch の牢破りが成功した。しかも13才の少年の手によって・・・

Ars Technica: “iPod touch jailbroken even easier with iJailbreak” by David Chartier: 14 October 2007

     *     *     *

iPod touch がハックされた

とうとう OS X ベースのアップルガジェットを牢破りする楽しみは、iPhone の持ち主に限られなくなった。iPod touch に掛かっているロックは iPhone 以上といわれたものだ。iPhone の場合とちがって、iPod touch をクラックしてもアップルとしては AT&T との契約収入を失うわけではないのだからこれは奇妙なことだ。

At long last, iPhone owners are no longer the only ones who get to have any fun with jailbreaking OS X-based Apple gadgets. The iPod touch has proven to be even more locked down than the iPhone, which is surprising since cracking the iPod touch doesn’t mean Apple will lose out on AT&T contract revenues like it does when the iPhone is unlocked.

iJailbreak はもっとやさしい

それはともかく、iPod touch のための「iJailbreak」が公表された。これを使うと iPhone の AppTapp と同じように簡単になるという。(ウェブにはこれまでのやり方も詳細に載っているが、iJailbreak の方がもっと簡単だそうだ。)ユーザーは、iJailbreak を起動し、iPod touch とつなぎ、それから上部にあるロック/電源ボタンを入れて再起動するだけ。あとは全部 iJailbreak がやってくれる。その結果、ホームスクリーンに Installer アプリのアイコンが追加される。これでいつでもサードパーティ製アプリでロックンロールが楽しめるというわけ・・・

Regardless, iJailbreak for the iPod touch has been released, which claims to offer the same ease-of-use that AppTapp does for the iPhone (a previous process was detailed online, but iJailbreak is said to make the process much easier). Users simply need to run iJailbreak, hook up an iPod touch, and restart it using the lock/power button atop the device. iJailbreak handles the rest, eventually placing the Installer.app icon on the iPod touch’s home screen, ready to rock and roll with third-party apps.

     *     *     *

ご本人登場

iJailBreak の作者本人が、Mac Rumors のフォーラムにつぎのように書き込んだのがそもそもの始まりだ。

Mac Rumors [Mac Forums]: “iJailBreak Released!” by AriX: 14 October 2007

     *     *     *

AriX からみんなへ・・・

やあ、みんな。iJailBreak を出したことを知らせたくて。つぎのサイトを見てみて・・・

http://code.google.com/p/ijailbreak/…

Hey everyone, just wanted to tell you that I just released iJailBreak at http://code.google.com/p/ijailbreak/…

今のところ動くのはインテルマックと Tiger だけだけど、パワー PC 版も作業中だ。(バイナリーはユニバーサルだけど、まだ PPC じゃ動かないんだ。)

It’s only for Intel and Tiger at the moment, but I’m working on making a PPC version (the binary is universal, but it still won’t work on PPC).

このソフトはまだベータ版だからそのつもりで。なにかうまくいかなくてもボクのせいにしないでね。

Please note that this software is in BETA and if something goes wrong, don’t blame me.

JailBreaking バンザイ!

Happy JailBreaking! http://ijailbreak.com/

追伸:ボク、ほんとに13才だよ。

P.S. Yes, I am really 13

     *     *     *

どんなハックだったのか

13才のハッカーがやったことを MacNN が要領よくまとめている。

MacNN: “iJailBreak automates iPod touch hacking“: 15 October 2007

     *     *     *

これまでのハッキング結果を使う

「AriX」と名乗る13才のハッカーが、iPod touch のハッキングを自動化するツール iJailBreak を公開した。これまでの二つのハッキング成果を使っている。ひとつは、Niacin と Dre がやった「TIFF」ハック、もうひとつはデスクトップからコマンドラインで iPhone へのアクセスを可能にする「iPhuc」だ。一旦稼働すると、iJailBreak はアップル以外の非公式ソフトを Touch に簡単にインストールするのに使える。iJailBreak は GNU General Public License バージョン2に従っており、Google Code からダウンロードできる。現在のバージョンは v0.2.1、Mac OS X 搭載のインテルマックでしか動かない。パワー PC 版は開発中だという。

A 13-year-old coder going by the alias of “AriX” has released iJailBreak, a tool meant to automate the process of hacking the iPod touch. Two previous pieces of hacking code are used: first is the TIFF exploit developed by “Niacin” and “Dre,” while the second is iPhuc, a program meant to grant command-line access to an iPhone via desktops. Once run, iJailBreak can be used to simplify the installation of unofficial software on a Touch. iJailBreak is covered under v2 of the GNU General Public License, and available for download from Google Code; currently at v0.2.1, the app will only run on Intel Macs with Mac OS X Tiger, but a PowerPC version is said to be in development.

1.1.1 firmware でも問題ないが・・・

Niacin/Dre によるハックは先週公表されたばかりで、iPhone/iPod touch の read/write を可能にするものだった。非常に重要な点は、アップルの v1.1.1 firmware と互換性があるということだ。v1.1.1 firmware はすべてのサードパーティ製ソフト(AT&T 以外の SIM カードを使えるようにしたソフトを含む)を動かないようにしたことで悪名高い。Niacin および Dre によれば、このハッキングはまだ完全なものではなく、もしアップルが今後のアップデートで TIFF の欠陥を修復すれば、ハックはダメになり、ユーザーは手動でリセットしなければならなくなると警告している。

The Niacin/Dre hack was first revealed just last week, and allows read and write access to both iPhones and iPod touches. Critically, it is compatible with Apple’s v1.1.1 firmware, which notoriously disabled all previous third-party code, including software that allowed non-AT&T SIM cards in the iPhone. Niacin and Dre warn that their hack is currently very tenuous; should Apple fix the TIFF flaw in a later update, the hack will be broken, and users will have to manually reset their devices.

     *     *     *

なお、TUAW によれば、iJailBreak の他にも touchFree(ウインドウズのみ)というソフトもあるようだ。

TUAW: “Two GUIs for jailbreaking your iPod touch available” by Scott McNulty: 14 October 2007

     *     *     *

13才まで加わって、老若男女、国民的行事の iPhone/iPod touch ハックはとどまるところを知らない・・・

Technorati Tags: , , ,