Archive for the ‘Macworld’ Category

チップを見れば全体像が見える

2008年 1月 25日

Otellini

今回のマックワールドや MacBook Air については、ひとによってその評価が必ずしも一致しないようだ。

例の Robert X. Cringely が興味深い見方をしている。これは周到に計算された壮大な計画のワンステップに過ぎない、チップを見れば全体が見えてくるというのだ。

PBS [The Pulpit]: “The Big Picture: Apple’s methodical moves show it takes time to change the world.” by Robert X. Cringely: 18 January 2008

     *     *     *

株価が下がった

上がるのか、それとも下がるのか。ほとんどのニュースメディアにとって、今週のマックワールドは煎じ詰めればそういうことだった。アップルが発表する新製品はアップルの株価を上げるのか、それとも下げるのか。株価は下がった。マックワールドは失敗だったと、まるでそのこと自体に意味があるかのように何度もいわれた。私自身はアップルの株を持っていない。だから上がろうと下がろうとどうでもいい。たいていのひとがそうだろう。アップルは iPod や iPhone に代わる「i」のついた何か(iSomething)を発表して、今後 200 日の間に 400 万台、1000 万台と売って株価を上げるはずだった。しかしそうはならなかった。確かにクールな製品をいくつか発表した。しかし 400 万台も売れるようなものではなかった。かくて株価は下がった。

Up or down? That’s what this week’s Macworld show came down to for most news organizations. Would the new Apple products make the company’s shares go up or down? They went down. Macworld was a bust, we were told repeatedly, as if it really mattered. I don’t own Apple stock so I couldn’t care less whether it goes up or down, nor could most customers. Apple was supposed to introduce another iPod or iPhone, or iSomething that would sell four million or 10 million copies in the next 200 days, driving share prices higher. But it didn’t happen. Apple introduced some cool stuff, but nothing that would sell four million units this year, hence the letdown.

まったくナンセンスだ。

Hogwash.

     *     *     *

マックワールドとはいったい何だったか

マックワールドの期間中に手早く1割の儲けを出そうというデイトレーダーはたくさんいたが、今年はそうできず失望することとなった。デイトレーダーのことなんかどうでもいい我々一般人はといえば、今回の発表がいったい何を意味するのか、雲をつかむような気持ちだった。そこでじっくり考えてみて、この問題をはっきりさせたいと思う。

A bunch of day traders that used to making a quick 10 percent on their money during Macworld week didn’t make that 10 percent this year, so they were disappointed. A bunch of reporters eager to write about those day traders making their 10 percent were disappointed, too. Meanwhile, the rest of us who don’t care about day traders were left without much perspective on what any of these announcements actually mean. So I’ll do the heavy lifting here and gratefully get back to something non-Apple next week.

     *     *     *

MacBook Air の何が重要か

まず、MacBook Air について考えてみよう。確かにクールな製品だ。しかし名前が悪い。マイケルジョーダンならピッタリだったが[注:Air Jordan のこと、付記参照]、だからどうだというのだ。MacBook Air が来年 100 万台売れるかどうか極めて疑わしい。半分の 50 万台でもどうかと思う。それは Steve Jobs にもよく分かっている。ここで重要なのはサブノートブックコンピュータではない。アップルがいずれ出すことになるより興味深い製品に、MacBook Air の何が影響を与えるだろうかということが重要なのだ。

First let’s look at the MacBook Air, which is a cool product with a bad name, though I guess it worked well for Michael Jordan, so what the heck. It is very doubtful that Apple will sell a million Airs in the next year. It is doubtful Apple will sell even half a million Airs and Steve Jobs knows this. What’s important here is not the subnotebook computer but the bits of it that will likely make their way into much more interesting Apple products to come.

     *     *     *

インテルを納得させるには・・・

Little Chip

例えば、インテルがアップルのために特別にパッケージにした CPU はどうやって生まれたのか。50 万台にも満たぬハコに入れる小さな CPU のために、インテルの Paul Otellini の尻を叩くなんてことを Steve Jobs はしない。Steve Jobs のやり方はいつも同じだ。彼はこういって Paul Otellini を督励したのだ。この小さな CPU はいずれ何百万というアップル製品が搭載することになると約束したのだ。その製品は MacBook Air なんかよりはるかに安い筈だ。また向こう半年の間はアップルだけが独占的に使用するという話にした筈だ。

Take that specially packaged Intel CPU, how did that come about? Steve Jobs didn’t beat the heck out of Intel CEO Paul Otellini to get a little CPU that would go into fewer than half a million boxes. Steve did what he always does. He beat the heck out of Paul Otellini with the promise that this little CPU — for which we can expect Apple will hold some exclusive for the next six months — will end up in millions and millions of Apple products, nearly all of them costing a lot less than a MacBook Air.

     *     *     *

アップルタブレット

インテルにとってアップルは大変重要な存在だ。誰も口にしないが、100% インテルプロセッサを使う最後の有力コンピュータメーカーなのだ。ぎりぎりムダを省いて多くのことを成し遂げるアップルのやり方(Apple’s ability to do more with less)は、他のメーカーにとっても常に刺激となっている。アップルが家電とネットワークにより傾斜していくとき、インテルもまたそうするのだ。今年中にはアップルタブレットが登場すると私は今でも信じている。そのタブレットには、これと同じインテル CPU を使う筈だ。

Apple is very important to Intel. Though nobody says it out loud, Apple is the last of the major computer companies that uses 100 percent Intel processors. And Apple’s ability to do more with less has to be a continual inspiration to its competitors. As Apple slides further and further into the consumer electronics and networking markets, Intel will be right there, too. I still expect we’ll see an Apple tablet this year, for example, and it will use this same Intel CPU.

     *     *     *

マルチタッチトラックパッド

じゃあ、マルチタッチのトラックパッドはどうか。私がかつて予言したように、マウスに代わるものが今年初めて登場するということか。そうかもしれない。今後いたるところでトラックパッドを目にするようになることだけは確かだ。

How about that new trackpad with the multi-touch interface? Could that be the first look at that mouse replacement I predicted would be coming from Apple this year? Maybe. You can be sure we’ll see a lot more of that baby.

     *     *     *

光学ドライブ

MacBook Air が光学ドライブをなくしてしまったことはどうか。あんなに薄いのでは、光学ドライブの収納スペースを確保するなんて至難の業だ。でも、Steve Jobs がアップルに復帰したとき、ノートブックからリムーバブルメディアをなくすることには激しく反対したのではなかったか。PowerBook 100 や 2400 も PowerBook Duo もそうではなかったか。なぜ Steve は今になって考えを変えたのだろうか。それは、すべての光学ドライブをネットワーク経由のものへ、出来れば iTunes に置き換えたいと彼が考えているからなのだ。Blu-ray について今週アップルが触れなかったのはそういうわけだ。Jobs のやり方がこのまま通るなら、今後とも Blu-ray について目にすることはないだろう。

What about the Air’s lack of an optical drive? It’s hard to find a place for an optical drive in such a thin computer, but isn’t Steve Jobs the guy who when he returned to Apple railed against notebooks without removable media, like the PowerBook 100 and 2400 and the various PowerBook Duos? Why did Steve change his mind now? Because Steve wants to replace optical drives of any sort with bits provided over the network, preferably from iTunes. That’s also why we didn’t see an Apple Blu-ray announcement this week and — if Jobs has his way — we’ll never see one.

     *     *     *

Apple TV

第二世代 Apple TV について考えてみよう。私以外は誰も尋ねなかった質問がある。  229 ドルに値下げしたのは何故かという質問だ。99 ドルに下げたのなら、「うん、レンタルマーケットを育成するためには、持ち出しになってもいいと判断したのだな」と考えるだろう。でも何故 229 ドルなのだ。どこかのフォーカスグルーブが Apple TV は 230 ドルでも売れると入れ知恵したのだろうか。所詮これはセットトップボックス(set-top box)に過ぎない。セットトップボックスなんかにカネを払いたいひとはいないし、払うにしても 299 ドルや 229 ドルなんてとんでもない。

Let’s turn now to the second-generation Apple TV and the question I seem to be the only one asking: why did they drop the price to $229? Had they dropped the price to $99 I’d say, “Okay, they’ve decided to lose money on this thing to grow the rental market.” But why $229? Did some focus group tell Apple there was price resistance to the Apple TV above $230? It’s a set-top box! People don’t want to pay anything for a set-top box and if they do pay something they sure don’t want to pay $299 OR $229.

     *     *     *

Apple TV はマックだ!

Apple TV にからむ分野はどれも Steve Jobs にとっては地雷原だ。ここで注目すべきは、Apple TV が小さなマックだということだ。ただ、生まれながらに備えているマックとしての能力(innate Macness)は注意深く隠されている。映像出力こそ HDMI ディスプレイに限られているものの、実は Apple TV は正真正銘のマックなのだと発表していたら、マックワールドはぶっ飛んだに違いない。大型液晶テレビ(HDTV)に繋いで、ウェブサーフィンその他 Apple TV で出来ることならなんでも出来るマックが、たとえ当初の 299 ドルという価格であってもそれで買えるなら、これはもう間違いなく大ヒットだろう。しかし、そうなれば Mac mini や iMac の売上げを大きく食ってしまうおそれがあるので、Steve としてはそうはいえないのだ。

The entire Apple TV category is a minefield for Steve Jobs. It’s a tiny Macintosh, remember, though with its innate Macness carefully hidden. Steve COULD HAVE blown the doors off Macworld if he had simply allowed the Apple TV to BE a Mac, albeit limited to HDMI displays. If you could buy a Mac that attaches to your HDTV for web surfing as well as all the other Apple TV functions, even at the original $299 price, it would have been a HUGE hit. But it might also have hurt Mac Mini and iMac sales, so Steve couldn’t bring himself to do it.

     *     *     *

Apple TV Nano

長期的にみれば、Apple TV の関連製品はいずれテレビそのものに組み込まれると思う。ここにもまた地雷原がある。なぜなら、コンピュータは次々に買い替えられるが、テレビとなるとそうはいかないからだ。だから、 デルや HP がやったようにアップルがテレビ部門に進出しても、確かに初めは売上げが伸びるだろうが、いずれは伸びが止まる。結局アップルの進む道は、ケーブルカードに Apple TV を組み込んだような製品、いわば Apple TV Nano を作る方向に向かうことになるだろう。これは技術的には今でも可能だ。1年半もすればどこでも見られる存在になるだろう。大型液晶テレビのベンダーはこれに飛びつくはずだ。ケーブルカードを備えた大型液晶テレビは、爆発的とはいわないまでも大いに売れる筈だからだ。

In the long run I think the whole Apple TV product category will be subsumed into the television, itself. Here, too, is another minefield because people replace their computers a lot more often than they replace their televisions, so Apple going into the TV business (like Dell and HP have) might help sales at first but later hurt. The more likely move for Apple, therefore, is to eventually create the Apple TV Nano, which is an Apple TV built into a CableCard. This is technically feasible right now and 18 months from now it will be a no-brainer. The big HDTV vendors would jump on that one like crazy since it would drive CableCard-equipped HDTV sales, which have been less than stellar.

     *     *     *

映画レンタルサービス

アップルの映画レンタルサービスも大きな話題だ。私にとって興味があるのはブロードバンド ISP[Internet service provider:インターネット接続サービス業者]に与える影響だ。アップルに限らない。アマゾン、Netflix、その他たくさんいる。アップルのおかげで競争が激しくなっているのは事実だ。

Apple’s movie rental service offers a lot to talk about, too, though the part I find most interesting is simply the likely impact on broadband ISPs. It’s not just Apple, but also Amazon, Netflix, and others that will drive this impact, though those competing efforts are accelerating right now because of Apple.

     *     *     *

料金値上げの絶好のチャンス

ブロードバンド業者は今でも優位を保とうと、回線容量を制限したり、HD 映画をダウンロードする周波数帯域に30ドル課金する話を持ち出したりしている。しかしそんな回線容量のサポートに必要なバックボーンの増強についてカネを出す気はさらさらない。それなのにブロードバンド業者が動き出した理由は、料金値上げの絶好のチャンスが到来したと見ているからだ。これらのブロードバンド業者(ケーブル会社や電話会社)は、これまでの電話やテレビといったサービスより、ブロードバンドの売上げから利益を上げている。ケーブル料金が上がり続けているのは事実だが、そのほとんどはコンテンツ料金の値上げによるものだ。ブロードバンド業者にとってインターネットのコンテンツそのものにはコストはかからない。しかしコストがかからないからといって、みんなからカネがとれるものなら、それを辞めるというわけでもないのだ。

The broadband ISPs are already jostling for advantage, talking about limiting throughput and making people pay $30 for the bandwidth to download an HD movie. They simply don’t want to pay for the additional backbone capacity required to support this level of traffic. But the even bigger reason why the ISPs are moving right now is they perceive a perfect storm that will allow them to RAISE PRICES. Whether we are talking about a cable company or a phone company, these ISPs make more profit from selling broadband than they do from selling their original service, whether it is phone or TV. Cable prices keep going up, true, but nearly all of that goes for increasing costs for content. Internet content costs an ISP nothing, but that doesn’t mean they won’t try to charge us more if they can.

     *     *     *

グーグルがダークホース

もっと奇妙なことは、みんながビックリする HD コンテンツが静的だ[static:増加したりせず変化がないの意か]ということだ。これまで制作されたあらゆる映画を1台のサーバーに入れ、ケーブル会社や DSL マシンルームに置いておいて、以後そのコンテンツのバックボーンには一切手を触れないというのも、完全に合理的なのだ。大手ブロードバンド業者は IP マルチキャストを通じてすでにそれを始めている。ただし彼らはカネを取りたいと考えているのだ。この分野でのダークホースはグーグルだ。この数年グーグルは、消費者のために、ブロードバンド業者に成り代わって、これらのサービスの提供者として自らを位置づけ、注力してきた。我々がコマーシャルをちょっと見てくれさえすればという話だが・・・。決めるのが消費者ということなら、成功するのはグーグルになるだろう。

What’s crazy about this is that most of the HD content we’re getting upset about is static. It is perfectly reasonable to put every movie ever made on a server and put just such a server in every cable company or DSL machine room and never have to touch the Internet backbone for that content, which is exactly what I’ve explained the big ISPs are already starting to do through IP multicast. But now they’ll want to be paid for it. The dark horse here is Google, which has spent a couple years positioning itself to offer to handle this service on behalf of ISPs and consumers alike in exchange for us watching some commercials. If it is up to consumers, Google will succeed.

     *     *     *

Jobs は知っている

Steve Jobs はこのことを知っている。アップルとグーグルは、それぞれ役員が重複していることから、相手が何をしようとしているのか正確に把握している筈なのだ。

And Steve Jobs knows this, because with their interlocking boards, Apple and Google have to know precisely what the other is up to.

     *     *     *

周到に計算され尽くした計画

したがって、マックワールドは十分に計算され尽くした計画に至るステップのひとつに過ぎないのだ。アップルが(多分グーグルも)情報メディアの世界支配を図るという計画の・・・。この計画には忍耐がいる。この点をプレスは理解できないし、理解しようともしない。結局、これが良いことかどうかを決めるのは我々ひとりひとりだということになる。現時点では、まだその評決が出ていないようだ。

So Macworld was just another step in a very measured plan to establish global media dominance for Apple and probably for Google, too. But it’s a plan that requires patience, which the press can’t — or doesn’t want to — understand. So it is up to us as individuals to decide whether this is good or bad. I’d say the jury is still out on that one.

     *     *     *

なるほど話は壮大だ。

ISP にまで広がって、門外漢にはよく分からないところもあるが、アップル特注のチップの話は確かにこれだけではあるまい。

Cringely のいうとおり、マックワールドで明らかになったのはほんの一部に過ぎないのだろう。

なお、MacBook Air 搭載のチップについては、Anand Lal Shimpi の記事が詳細で興味深い。

AnandTech: “The MacBook Air CPU Mystery: More Details Revealed” by Anand Lal Shimpi: 17 January 2008

★初出はこちら[maclalala:annex

     *     *     *

付記:ナイキの Air Jordan(1月27日)

Michael Jordan

Michael Jordan poses with the new Air Jordan XX3 basketball shoe

ナイキが生み出したスニーカーシリーズの最高傑作。

Air Jordan

Air Jordan – Michael Jordan won the NBA Slam Dunk Contest in 1987 and 1988.

Michael Jordan の脅威のジャンプにあやかって Air と命名したといわれる。

たくさんのシリーズが出て、爆発的にヒットした。

Air Jordan のコマーシャルはこちら

教えてくださった ryo さんに感謝します。

Technorati Tags: , , , , , ,

広告

Jobs のキーノート中にアップル株が下落

2008年 1月 16日

Apple Stock Chart

Steve Jobs のキーノートとしては前代未聞?

TechCrunch Japanese: “Apple株、Steve Jobs氏の基調講演中に暴落“: 16 January 2008[Nobuko Fujieda 訳]

TechCrunch: “Apple Stock Tanks During Stevenote” by Erick Schonfeld: 15 January 2008

     *     *     *

スティーブ・ジョブスの講演に、ウォールストリートはあくびをしているようだ。Stevenote(スティーブノート:ここではスティーブ・ジョブスの基調講演のことを指す)はまだ終わっていないが、アップル株はすでに$7ドル$9ドル下落。MacBook AirとiTnes Movie Rentalsでは(ウォールストリートで株を上げるには)ダメということらしい。[Nobuko Fujieda 訳]

Steve Jobs is giving Wall Street a big yawn. The Stevenote isn’t even over yet, and Apple’s stock is already down $7 $9. The MacBook Air and iTunes Movie Rentals just doesn’t do it for them.

     *     *     *

ライブ中継中にこのニュースを流した TechCrunch はお手柄だ!

簡潔なことばでピタリ雰囲気を伝えていて、TechCrunch のライブブログは光っていた。satomi さん、日本語版編集部のみなさん、ご苦労さま!

TechCrunch: “Macworld 2008 スティーブ・ジョブズ基調講演ライブ” by TechCrunch 日本語版編集部: 15 January 2008

TechCrunch: “Steve Jobs Keynote Live From Macworld” by Duncan Riley: 15 January 2008

     *     *     *

World's Thinnest

10:16am: 1.6ghzか1.8ghzのインテルCore Duo。

(10:16am: Apple株が4.5%落ちた。詳報

10:13am: iSight内蔵。フルサイズのキーボードはバックライト付きだ。

10:12am: 13.4″型ディスプレイ

10:11am: オフィスの連絡用に使う標準サイズのマニラ封筒(あのちっちゃい防水の封筒だ)から製品を引っ張り出した。信じられないぐらい薄い。

10:09am: 「これは世界で最も薄型のノートだ」。紹介の前に、ソニー製品と比べてる。

10:08am: Macbook Air!

10:16am: 1.6ghz or 1.8ghz Intel Core Duo.

(10:16am: Apple sock down 4.5%)

10:13am: comes with built-in iSight and full size keyboard that’s back-lit as well

10:12am: 13.4″ display

10:09am: SJ says its the “world’s thinest [sic] notebook,” comparing it to a Sony before the introduction

10:08am: Macbook Air!

     *     *     *

No 11 12Inch Display

アップルの the world’s thinnest notebook なるものが、フルサイズキーボード、スタンダードスクリーンだったこともショック。超小型ノートブックはアップルからは望めないということか・・・

Technorati Tags: , , ,

There’s something in the air.

2008年 1月 15日

Something In The Air

アップルサイトもマックワールド一色。ついに例の “There’s something in the air.” がトップページを飾った。

元の意味は「何かが起きそうな気配がする、そんな予感がする」ということだろうが、文字通りに解釈して「空にみなぎっているもの」、「空中にあるもの」が何かを求めて議論が沸騰している。

その中で次のビジネスウィークの記事は特におもしろい。WiMax の可能性にも触れたあと、次のように述べている。

BusinessWeek: “What’s ‘In The Air’ At MacWorld? WiMax? Or Ultra-WideBand?” by Arik Hesseldahl: 13 January 2008

     *     *     *

ひょっとしてアップルが UWB[Ultra-Wideband:超広帯域無線]技術を展開する準備ができたということだろうか。

… Could Apple be ready to deploy Ultra-Wideband technology?

そうだとすると、そのもたらす可能性は非常に興味深い。例えば2台以上のマックがファイル共有をするところを想像して欲しい。それも、1台のマックが他のマックの一定範囲内にくると即座に形成されるワイヤレスネットワークを通じて、だ。もちろん設定許可は Bluetooth の場合と同じで必要だ。インスタントとはいえ、あなたのネットワークにつなぐためには許可が必要だ。でも、どんな話かということは分ってもらえるだろう。ネットワークを通じたファイル共有のためには、多分アップルの Bonjour 技術も使われるだろう。

The potential is very interesting. Imagine sharing files between two or more Macs through a wireless network that creates itself instantly on the fly simply when one Mac is brought within range of another. Of course there would be permission settings involved, just like Bluetooth pairing. You’d have to give another Mac permission to join your own in any instant network and then set the terms of sharing, but you get the idea. Apple’s Bonjour technology for sharing over the network would probably come into play as well.

この UWB については、2005 年の終わりに記事にしたことがある。いよいよ時機到来なのだと思う。

I wrote about UWB at the end of 2005 and I think it’s time has come.

基本的にこれは、ひとつの場所から他の場所へ大量のデータを搬送するのに、ケーブルやコードは要らなくなるという短距離間高速無線技術なのだ。それは例えば、一定の範囲以内にあれば、STB[set top box]とテレビがケーブルで接続されていなくても、HD 品質のビデオをテレビへ伝送することができる。UWB は既に登場し始めており、CES でも Philips や Westinghouse Digital などから「ワイヤレス HDMI」の名前で発表されているのだ。

Essentially it’s a short-range high-speed wireless technology that is intended to replace the cables and cords usually required to convey big batches of data from one place to another. For instance, it’s suitable for pushing a stream of HD-quality video from a set top box to a TV without the need for a cable connection between them, so long as they’re within reasonable range of each other. UWB is already showing up in TVs announced at CES under the name “wireless HDMI from Philips and Westinghouse Digital among others.

     *     *     *

ケーブルで繋がなくても大量のデータ転送が可能になる。たとえ、HD 映画やビデオでも・・・

ほんとにそうなら、これまで考えられなかったようなスゴい展開もあるのではないか。

果たしてそうなるのか、あと数時間の辛抱だ・・・

Technorati Tags: , , , ,

Newton タブレットの発表はなし?

2008年 1月 13日

Macbook Touch-4

[タブレットのひとつ:MacBook Touch mockup by Edwin Tofslie

AppleInsider によれば、来週のマックワールドで「Newton タブレット」(ウェブ端末)を期待するのは次期尚早らしい。

AppleInsider: “Sources: Apple Newton-tablet not ripe for Macworld“: 11 January 2008

     *     *     *

Newton デバイスの発表はなし

すでに廃止になっているかつての「Newton デバイス」の後継機をアップルが開発するかどうかは、来週のマックワールドエクスポでは話題にならないだろう。

An initiative on the part of Apple Inc. to develop a modern day successor to its now defunct Newton handheld device is not expected to play a role in next week’s Macworld Expo.

     *     *     *

タイムテーブルは未定

このプロジェクトは、事情通の話では今でも続いているという。しかし、昨年のマックワールドエクスポ直前に iPhone が見舞われたように、いろいろな試練に直面しているため、タイムテーブルが未だ定まらないのだそうだ。

The project, however, remains a work-in-progress, according to people familiar with the matter, who attribute its floating timetable to a number of challenges similar to those that threatened to plague iPhone in the months leading up to last year’s expo.

     *     *     *

Newton デバイス / Mac タブレット

この「Newton デバイス」(Mac タブレットと呼ばれることもある)は、形の上ではアップル風タブレット PC というより、 iPod touch または iPhone を大きくしたものだといわれる。

In its current form, the Newton device — sometimes dubbed a Mac tablet or slate — has been described along the lines of a larger iPod touch or iPhone rather than an Apple adaptation of the modern day tablet PC.

     *     *     *

マルチタッチ技術

このプロジェクト完成の暁には、アップルのマルチタッチ技術は、iPhone や iPod touch にはまだ取り入れられていない機能やコンセプトを備え、さらに高度化したものになると期待されている。

When the project does come to fruition, it’s expected to leverage a more advanced implementation of Apple’s multi-touch technology, featuring concepts and functionality not yet available on the company’s iPhone and iPod touch handhelds.

     *     *     *

マックワールドでは・・・

その代わり、来週のマックワールドエクスポでは、Mac ノートブックや iTunes のコンテンツ配信、iPhone のアップグレードなどに焦点が絞られるものと考えられる。

Apple is instead expected to use next week’s Macworld Expo to focus on Mac notebooks, iTunes content distribution, and iPhone advancements.

発表の準備が出来ているものとしては、シックな超軽量サブノートブック、iTunes 映画レンタルサービス、iPhone ソフトのアップデートなどだと思われる。

Among the specific announcements believed to be on tap are a chic and ultra-lightweight sub-notebook, a new iTunes movie rental service, and an updated version of the iPhone software.

     *     *     *

Silverthorne についても未定

インテルのウルトラモバイルプロセッサ Silverthorne に関して、アップルがなんらかの発表を行なうかどうかは、今の時点でははっきりしない。チップセットがまだ未発表なこと、大量入手が不可能なためだ。

It remains unclear whether Apple will make any announcements related to its planned adoption of the Intel Silverthorne ultra-mobile processor, as that chipset is neither launched nor available in production quantities at this time.

     *     *     *

超小型のウェブ端末を待ち兼ねている筆者としてはいささかガッカリだが、Silverthorne についてすらまだハッキリしない段階では無理なのかもしれない。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2008 年は小型ノートブックの年

2008年 1月 6日

Macbooktouch

ウワサの小型マックのひとつ:MacBook Touch

ついに、ビジネス誌トップのビジネスウィークまでマックワールド予想に名乗りをあげた。

小型マックがどんなデザインになろうと、使わざるを得ないチップの方から考えてみようというわけ・・・

これがなかなか説得力があっておもしろい。

BusinessWeek: “A Little ‘Intel’ on Apple’s Next Move” by Arik Hesseldahl: 04 January 2008

     *     *     *

Steve Jobs が1月15日のマックワールドで何を発表するのか気になるって? アップルにチップを提供している唯一のメーカーの最新のチップを見れば、心躍るヒントが得られるよ。

Wondering what Steve Jobs will announce in his Macworld keynote on Jan. 15? The newest chips from Apple’s sole supplier offer some intriguing hints

     *     *     *

ウワサの渦

マックワールドエクスポが数日後に迫った。Steve Jobs のキーノートを待ちかねてそこら中ウワサの渦だ。iTunes の映画レンタルサービスか、Apple TV か、それとも新しいタブレット PC か・・・

With Macworld Expo just days away, the pre-“Stevenote” buzz is building fast. The rumors about what Apple Chief Executive Steve Jobs might unveil in his keynote speech run the gamut from a new movie-rental service for iTunes and Apple TV to a new tablet PC.

     *     *     *

インテルがカギ

アップルがこの新しい年に何をやろうとしているのか、それを知るにはインテルのロードマップが大いに役立つ。インテルこそ 2006 年以来アップルにチップを提供している唯一のサプライヤーだからだ。どうやら見るところ、このチップメーカーは 2008 年の後半には、アップルを未踏の、しかも実入りがいいと思われる領域に導いてくれそうだ。

But when guessing what Apple will do in the coming year, it’s particularly helpful to look at the roadmap of Intel, which has been Apple’s only chip supplier since 2006. And from the looks of things, the chipmaker may help lead Apple into uncharted, possibly lucrative, territory starting in late 2008.

     *     *     *

ノートブックに変化が・・・

アップルは小型のノートブックコンピュータを導入すると予測するものが多い。私の考えでも、これは的を得ていると思う。ひとつには、2006 年にアップルが PowerPC チップからインテルのプロセッサに移行したことを除くと、ノートブックのラインナップについてアップルはここしばらく大きな変更を加えていないからだ。サブノートブックというカテゴリーはアップルのラインナップで明らかに欠けているものだ。一番小さい MacBook でも 13.3 インチで、5ポンドも重量がある。

A lot of the speculation has focused on Apple’s apparent plan to introduce a small notebook computer, and I think these rumors are pretty close to the mark. For one thing, beyond switching from PowerPC chips to Intel processors in 2006, Apple hasn’t made any serious revisions to its notebook line in some time. And the most obvious hole in Apple’s computer lineup is in the subnotebook category. Right now, the smallest MacBook sports a 13.3-inch screen and weighs a hefty 5 pounds.

     *     *     *

Silverthorne ファミリー

だから、スクリーンサイズが10インチ以下で、重さが2ポンド以内の、一部のひとが「MacBook Mini」と呼ぶ新しい製品をアップルは出すに違いないと考えるわけだ。インテルチップの Silverthorne ファミリーが、今後長い期間にわたってそれを助けることになるだろう。このチップは、大変小さなサイズ、かなりの処理能力、大幅に少ない電力消費量で知られている。

That’s why it’s time for Apple to launch a new product some are calling the MacBook Mini, with a screen of less than 10 inches and weighing no more than 2 pounds. A new family of Intel chips named Silverthorne may go a long way toward helping Apple get there. These chips will be notable for their very small size, relatively beefy computing power, and very low power consumption.

     *     *     *

Menlow から Moorestown

Silverthorne ファミリーの第一弾は Menlow(コード名)チップで、今年前半、それも6月以前に登場すると考えられている。第二弾は 2008 年後半ないしは 2009 年初頭に登場すると考えられている Moorestown だ。インテルの 32 ナノ技術によって製造される。Menlow よりさらに小さく、より強力で、消費電力もより少ない。これはサブノートブック用の候補というだけでなく、新世代 iPhone の候補にもなるのだ。

The first chip of the Silverthorne family, code-named Menlow, is expected to arrive in the first half of this year, probably before June. A second, known as Moorestown, due in late 2008 or early 2009, will be built on Intel’s 32-nanometer manufacturing process, which means it will be even smaller and more powerful and it will consume even less power than the Menlow. This will make it a contender for use not only in subnotebooks, but in a new generation of iPhone devices.

     *     *     *

2008 年は小型ノートブックの年

インテルチップを使用する他のベンダーを見ると、2008 年はサブノートブックの年になるだろうと予測出来る。Asus Eeepc は 350 ドルでスクリーンは7インチ、重さは1ポンドという小型ノートブックだ。インテルの Celeron を搭載し、リナックスで動き、Wi-Fi をサポートする。聞くところでは全世界で40万台を売り上げたという。富士通にも、5.6 インチでスクリーンが回転する LifeBook U810 がある。重さは1ポンド半、チップはインテルの A110 モバイルチップだ。

There are hints from other vendors using Intel chips that the subnotebook category could be a winner in 2008. Consider the Asus Eeepc, a tiny, $350 notebook with a 7-inch screen that weighs less than a pound and uses an Intel Celeron chip. It runs Linux, supports Wi-Fi, and from what I’m hearing has sold some 400,000 units worldwide. There’s also the tiny LifeBook U810 from Fujitsu that sports a 5.6-inch rotating screen, weighs about a pound and a half, and uses an Intel A110 mobile chip.

     *     *     *

x86 命令セットのサポート

小さな Silverthorne は、最上級の Core2 や Core2 Duo ほどの力はないけれど、それでも PC チップが PC チップたる所以の x86 命令セット(x86 instruction set)をサポートしている。これは特に iPhone に関して注目される点だ。現在 iPhone が搭載するチップはインテル製ではなくサムスンのもので、x86 チップではなく英国の ARM Holdings のコアを採用している。

Although the tiny Silverthorne is not as powerful as Intel’s top-of-the-line Core2 or Core2 Duo, it will support the x86 instruction set that makes a PC chip a PC chip. That’s especially noteworthy in terms of the iPhone. Right now, the main chip inside the iPhone comes not from Intel, but from Samsung. And the Samsung chip is not an x86 chip, but one based on a core from Britain’s ARM Holdings.

     *     *     *

マックから iPhone

将来の iPhone が Silverthorne のような x86 チップを搭載するようになれば、アップルの携帯機器用に将来マックが出すソフトを iPhone 向けに適応させるのは大幅に容易になるということだ。(アップルが iPhone のソフト開発を容易かつオープンなものにするという公約を守るという前提での話だが・・・。)かくて iPhone は、突如、マックのソフトならどれでも、ほとんどプログラミング変更を加えることなく動かせることになる。

The possibility of squeezing an x86 chip like Silverthorne inside a future iPhone would make adapting software from a future Mac computer for Apple’s handheld substantially easier. (This assumes that Apple makes good on its promise to make the iPhone software development process easy and open.) Suddenly, the iPhone would be capable of running pretty much any Mac software with few, if any, programming changes.

     *     *     *

サプライズはほかにも・・・

インテルの小型チップの重要性はいうまでもないが、その他にもアップルはドラマチックなサプライズを用意しているのだ。

While Intel’s tiny new chips will be an important factor, Apple may have more dramatic changes in store.

     *     *     *

ソリッドステートのストレージ

新しい小型のノートブックには、従来型のハードドライブは搭載されないと思う。その代わりストレージには 32GB のフラッシュメモリーを使うだろう。アップルは SanDisk に次いで NAND フラッシュメモリーの最大の顧客だ。アップルはどのベンダーよりもソリッドステートのストレージを主流にできるいい立場にいる。Samsung や Toshiba、Micron などと長期の供給契約を結んでいることは、フラッシュメモリーのユニークな特徴を生かすソフトを設計しようとする上で大きなインセンティブになる。Dell や Hewlett-Packard のようなウインドウズをベースとするベンダーもこれには従わざるを得ない。

I’d expect the new little notebook to ship without a traditional hard drive, relying instead on at least 32 gigabytes of flash memory for storage. Already the world’s largest consumer of NAND flash memory after SanDisk, Apple is in a better position to popularize solid-state storage in mainstream computing devices than any other vendor. Long-term supply contracts with Samsung, Toshiba, and Micron give Apple plenty of incentive to design software that can take advantage the unique properties of flash memory. Windows-based vendors such as Dell and Hewlett-Packard will have to follow its lead.

     *     *     *

マルチタッチスクリーン

ところで、この新しいミニ MacBook は、 iPhone と同じようなタッチスクリーンを採用するだろうか。そうかもしれないが、多分そうはならないだろう。スクリーンサイズを大きくすればコストも大きくなる。小売価格を抑えるために、アップルはマルチタッチスクリーンを見送るだろうと私はみる。

But will this new mini-MacBook also get a touch screen like the iPhone’s? Perhaps, but probably not. The bigger the screen, the more it will cost. I think that means Apple will skip the multitouch screen to keep the retail price manageable.

     *     *     *

One More Thing…

MacBook Mini は、多分 Jobs のキーノートの最後の場での「Just One More Thing」として登場するだろう。発表後直ちに発売されるかどうか分らない。Menlow はまだ大量出荷の段階には至っていないと考えられるからだ。ただアップルとインテルのことだからサプライズがあるかもしれない。インテルが昨年出荷したコンピュータチップは2億 1000 万個だが、そのうちの 700 万個はマック用だ。ということはアップルはインテルにとって一番大切な顧客のひとりだということであり、みんなの予想を裏切って変化が起きてもおかしくはないからだ。

The MacBook Mini could conceivably be unveiled as the “Just One More Thing” that appears at the end of every Jobs keynote. It’s doubtful the machine would be available for immediate sale because Menlow isn’t thought to be shipping in volume yet. But Apple and Intel could surprise us. Intel shipped some 210 million PC chips last year, 7 million of which were for Macs, making Apple one of Intel’s most important customers and giving it a reason to move faster than anyone expects.

     *     *     *

あれこれウワサに振り回されていると、基本に立ち返ったこのような考え方は大変新鮮に見える。

インテルのロードマップから振り返るというのは、なかなか説得力があるように思われる。みなさんはどうお考えだろうか。

★初出はこちら[maclalala:annex

Technorati Tags: , , , , ,

アップルのドッキングステーションはウルトラスリム MacBook にぴったり

2008年 1月 4日

Imac Dock

アップルのドッキングステーションに関する特許が明らかになって、大きな話題になっている。

ポンチ絵付きで、こんなの目くらましだというものもいる一方で、Gizmodo がすばらしいフォトショップ画像を起こしていて、これがなかなかのインパクトだ。

Gizmodo: “BREAKING: Apple Docking Patent Works Perfectly with Ultra-Slim MacBook” by Jesus Diaz: 03 January 2008

     *     *     *

このアップルの特許では、スクリーンを備えたドッキングステーションに、側面のスロットから MacBook をスライドして挿入できるようになっている。もちろん現行モデルでは困難だが、マックワールドに登場するというウワサの極軽・極薄の MacBook ならまさに打ってつけだ。

This Apple docking station patent shows a screen base in which you can slide in a MacBook through its side. While this would be difficult to do with current MacBook models, it fits perfectly with the idea of the ultra-light, ultra-slim MacBook that allegedly will be presented at MacWorld.

特許のポイントは、iMac に似たベース本体に必要なポートやコンポーネントと、スロットローディングができるベイを備えているところだ。ちょうどかつての PowerBook Duo と DuoDock ベースステーションみたいな関係だ。DuoDock は水平に置いたが、今回は縦置きのところが異なる。

Basically, the patent shows an iMac-like unit with all the necessary ports and components, with a slot-loading right bay. The system works similarly to the old PowerBook Duo and its DuoDock base station, but vertically instead of horizontally.

特許文書や図表を見て、ひとつひとつフォトショップでレンダリングしてみると、これが完璧なアイデアであることは疑いもない。

The complete patent text and diagrams, along with our own step-by-step rendering, leave no doubt about how this works:

Patent Doc

アップルの特許のポンチ絵

Macbook の現行モデルでは大きすぎるが、ウワサのウルトラスリムで,ウルトラライトなポータブルなら、完全にぴったりだ。

While this concept would have been impossible with the current Macbooks, which are too big and heavy, the rumored ultra-slim, ultra-light portable could work perfectly in this kind of configuration.

     *     *     *

画像化すると実にインパクトが大きい。

マックワールド前夜もいよいよ盛り上がってきた。

     *     *     *

参考:

・US Patent & Trademark Office: “United States Patent Application: 0080001787“: 03 January 2008

・Gizmodo: “BREAKING: Apple Docking Patent Works Perfectly with Ultra-Slim MacBook” by Jesus Diaz: 03 January 2008

・Mac Rumors: “Apple Creating iMac-like Docking Station” by Jeff Longo: 03 January 2008

・AppleInsider: “Apple filing proposes iMac-like notebook docking station“: 03 January 2008

・Ars Technica: “Apple patents idiosyncratic docking station” by Charles Jade: 03 January 2008

・MacDailyNews: “New Apple docking patent app shows portable sliding into side of display, iMac“: 03 January 2008

・Macworld: “Apple patent reveals docking station for ultramobile PC” by Elizabeth Montalbano: 04 January 2008

Technorati Tags: , , , , ,

ハイエンドのラップトップ/タブレットだって・・・

2008年 1月 4日

Macbook Plus Freestanding

マックワールドが近づくにつれて、みんなソワソワし出す。

誰も彼もが予想を始める。

ついに、コンピュータとはあまり縁のない Popular Mechanics マガジンまで予想を始める有様だ。

その予想ではハイエンドマシンの「MacBook Plus Tablet Laptop」だそうだ。

ネーミングがいまいちだが、アニメーションまでつける頑張りよう。

Popular Mechanics: “Macworld 2008 Prediction: Apple’s MacBook Plus Tablet Laptop” by Glenn Derene: 03 January 2008 [Animation by Axel de Roy]

     *     *     *

Animation

アニメーションはこちら。 [Animation by Axel de Roy]

     *     *     *

1月は、どのエレクトロニクス業界もこの一年の秘密をさらけ出すときだ。だから、土曜日にラスベガスで始まる CES(Consumer Electronics Show)や、その次の週のアップル Macworld では、しこたま発表があるというわけ。どちらもたっぷりライブでカバーする予定。昨年アップルは iPhone を発表してくれた。今年はタブレットマックをラインナップに加えるのではないかとそこら中のウワサだ。今年もアップルの連中に電話して、15日のキーノートで Jobs が何を発表するのか聞いてみた。連中は、毎年そうだが、今年もなんにも教えてくれなかった。

It’s January, which means time has come for the electronics industry to release all its secrets for the year ahead. That means plenty of announcements at the Consumer Electronics Show beginning Saturday in Las Vegas, and then at Apple’s Macworld the week after that. (We’ll be live at both with video and analysis, so bookmark here and here now.) Last year, Apple upstaged pretty much every other company in the gadget world with the unveiling of the iPhone, and this year, the rumor mill is hot and heavy with speculation about a tablet for the Mac line. As I do every year at this time, I recently called up the folks at Apple and asked them what to expect from Steve Jobs when he takes the stage for his keynote on Jan. 15. And as they do every year, the folks at Apple told me nothing.

そっちが教えてくれないのなら、こっちが欲しいものを教えてやろうじゃないか。Popular Mechanics のデザインチームと一緒になって、ドリームマシン「MacBook Plus」をデザインしてみた。iPhone から最新のラップトップに至る、アップルのあらゆる技術とインターフェイス、デザインをベースに、まったく新しいハードを作ってみた。値段は 3000 ドルと高いが、現行ハイエンドの MacBook Pro より 200 ドル高いだけだ。熱狂的マックファンなら、こんなカッコいいマシンのためだ、このぐらいのカネは工面できるだろう。カッコいいところを見てもらうため、このドリームマシンをアニメーションにしてみた。以下このアップルタブレットについて、ひとつひとつ詳しく述べてみたい。皆さんのコメントを歓迎する。

So if they won’t tell me what they’re working on, I’ll tell them what I want for the new year. I’ve worked with the Popular Mechanics design team to create the “MacBook Plus” computer of my dreams. It takes Apple’s current technology, interface and design language—from iPhone to the latest Mac laptops—and uses them in a totally new hardware format. I’m guessing it would be pricey at, say, $3000, but that’s only $200 more than the current top-of-the-line MacBook Pro, and I suspect Apple fanboys would cough up that kind of cash for something this slick. To help illustrate just how slick the concept is, we’ve even made the above animation of our hypothetical device. But my wish list for an Apple tablet goes further, so read on for my piece-by-piece breakdown, and leave all your thoughts and ideas in the comments section below.

     *     *     *

以下、このマシンをラップトップ、デスクトップ、タブレットと何役にも使おうというわけ・・・。

     *     *     *

1)ラップトップモード(Laptop Mode

Macbook Plus Laptop

・フルサイズキーボードで、スクリーンは13インチ

・重量は 2.5 ポンド以下

・32 GB のフラッシュドライブ、ハードディスクはなし

・Penryn チップで、Menlow プラットフォーム

     *     *     *

2)スタンドモード(Free-Standing Mode

Macbook Plus Freestanding02

・Bluetooth キーボード

・本体下部は二つに折り曲げられる

     *     *     *

3)タブレットモード(Tablet Mode

Macbook Plus Tablet

・ヒンジで本体上に倒して使う

・下部にキーボードを収納可

・マルチタッチスクリーン

・UI は OS X ではなく iPhone UI 修正版にスイッチ

・ウェブカメラ、スピーカー、Wi-Fi も付属

     *     *     *

4)ドックモード(Desktop/Dock Mode

Macbook Plus Dock

・ドックも不可分の一体として付属

・DVD バーナーや 500GB 2.5 インチハードディスクも

・グラフックスカードや RAMの増設が可能

・デスクトップマシンとしても使える

     *     *     *

いやあ、夢はどこまでも広がる・・・というか、みんなが勝手に夢想する・・・

Technorati Tags: , , ,

これがウワサのサブノートブック?

2008年 1月 3日

Apple Subbook

マックワールドでの登場がウワサされる新しいサブノートブック(sub-notebook)は Slim MacBook かそれとも MacBook Nano か・・・

サブノートブックのウワサ話を新年最初に伝えたのは Mac Rumors だった。

そのウワサのノートブックを目撃したという情報が現われた。

CrunchGear: “New Apple notebook spotted, we told you so” by Peter Ha: 02 January 2008

     *     *     *

上の写真は、フォトショップ気違いの作品か、それとも本物か。とまれ、ウワサ系サイトはマックワールドの噂で持ち切りだ。今回のポイントは、マルチタッチトラックパッド。に紹介したものだ。10月登場というのにはだまされたが、でも何にもないよりはまし。またウワサでは、新しいサブノートブックの光学ドライブは外付けになるという。15日には Matt とぼくがハッキリさせるよ。

The above photo may be the work of a PS junkie or it may just be the real thing. In any case, the rumor mill is abuzz surrounding Macworld. This time around it’s all coming back to the purported multi-touch trackpad we told you about during the summer. Sure our sources duped us by saying it’d be out in October, but it’s better late then [sic] never. There’s also some talk going around about an external optical drive that will accompany the new sub-notebook. Matt and I will get everything sorted out on the 15th.

     *     *     *

参考:

[新年初のウワサ]

・Mac Rumors: “Apple Sub Notebook Hints: External Optical Drive, MultiTouch Trackpad?” by Arnold Kim: 01 January 2008

・Engadget: “Macworld rumors du jour: external optical drives, multi-touch trackpad” by Donald Melanson: 01 January 2008

・Engadget Japanese: “Macworld予報:Macサブノート・外付け光学ドライブ・マルチタッチトラックパッド“: 01 January 2008

・AppleInsider: “Apple may offer external optical drive with new sub-notebook“: 02 January 2008

・Ars Technica: “‘Reliable confirmation’ of Apple subnotebook details” by David Chartier: 02 January 2008

・Wired: “No Internal Optical Drive in Mini-MacBook?” by David Becker: 02 January 2008

・Times Online: “Talk of ‘super-thin’ laptop whets Apple aficionados’ appetite” by Rhys Blakely: 03 January 2008

[目撃情報]

・CrunchGear: “New Apple notebook spotted, we told you so” by Peter Ha: 02 January 2008

・Engadget: “Is this the ultraportable MacBook? (Answer: probably not)” by Joshua Topolsky: 02 January 2008

・Engadget Japanese: “「超薄型MacBook」の流出画像?“: 02 January 2008

・ParisLemon: “As the MacBook Nano Nears, Buzz Gets Louder” by MG Siegler: 02 January 2008

・Geek Speaker: “Huge Multi-touch Macbook Mini?” by Jason Bogovich: 02 January 2008

・MacDailyNews: “Photo of Apple’s rumored subnotebook Mac?“: 02 January 2008

Technorati Tags: , , , , ,

アップルタブレットがやって来る!

2007年 12月 11日

Itablet

iTablet by Steini Freyr

Robert X. Cringely がまた興味深い記事を書いている。

アップルタブレットがほんとに出るだろうというのだが、その考え方がおもしろい。

PBS [Pulpit]: “Kindling: WebKit is the key to Apple’s near future including a new tablet computer.” by Robert X. Cringely: 07 December 2007

     *     *     *

現実とのギャップ

新しいスタイルを決め、プラットフォームを造り出すのがアップルのいつものやり方だ。来月書く予定の 2008 年予測コラムの先回りになるが、アップルの現在のプロダクトラインからヒントを得ることにしよう。もし現実との間に明らかなギャップがあれば(実際にあるのだが)、そこが埋めるべき製品ということになる。それもなるべく早く・・・

Apple is used to setting styles and inventing platforms, but at the risk of undercutting next month’s 2008 predictions column, let’s first look at where the product line could use some help. If there are obvious gaps (there are) then they probably need filling, and soon.

1)Mac Pro タワーのための新しいフォームファクター。

2)もっと上質の LCD ディスプレイ。アップルのディスプレイは大画面だが高価だ。スペックを見ても最早競合他社より上質とはいえず、ほとんど同程度だ。 HDMI 端子や内蔵 iSight カメラはいったいどうなったのか。

3)Blu-ray ないしは HD 光学式ストレージはどうなったのか。何年も前からの約束ではないか。

4)H.264 ハードウェアの実装。

5)黒ないしはダークグレーの MacBook Pro。

6)AT&T がリークした 3G iPhone も忘れてはいけない。

1) A new form factor for the Mac Pro towers.

2) Better LCD displays. Apple’s are big but expensive and the specs are no longer better than the competition — or even close. Where are the HDMI ports and the built-in iSight cameras?

3) Blu-ray or, for that matter ANY HD optical storage. This was promised years ago.

4) H.264 hardware support.

5) Black or dark gray MacBook Pros.

6) And of course the now-leaked-by-AT&T 3G iPhone.

     *     *     *

WebKit がカギ

Webkit

アップルからは出ないだろうと信ずる製品がひとつだけある。iPhone 用の Flash メディアプレーヤのプラグインだ。かつて出すと約束したことがあるが、アップル WebKit の持つ戦略的重要性を考えると、どの程度本気だったか分からない。戦略的重要性とは、Safari ブラウザの基礎をなすのが WebKit であり、マックやウインドウズだけでなく今や iPhone や iPod Touch でも使われることになったという点だ。

One product I believe WON’T be coming soon from Apple is a Flash plug-in for the iPhone. Though this was at one time promised, it is hard to say how real that promise ever was because of the strategic importance of Apple’s WebKit — the basis of the Safari browser on Mac, Windows, and now the iPhone and iPod Touch.

Iphone Pro

iPhone Pro by Alberto Berio

WebKit とはオープンソースのウェブブラウザエンジンだ。それ自体はウェブブラウザではないが、ブラウザを作ろうとすればどうしても必要となるすべてのパーツことだ。コンピュータと電話の中間的存在である iPhone や iPod Touch をアップルがどう考えるかという点で WebKit はカギとなる。そして将来のアップルのモバイル戦略を決定するという意味でもカギとなる。

WebKit, an open source web browser engine (not a web browser in its own right but all the parts you’d need to build a web browser), is key to Apple’s vision for devices like the iPhone and the iPod Touch that live somewhere between computers and phones and define where Apple is headed with its mobile strategy.

     *     *     *

Acid2 をパスするのは KHTML だけ

WebKit についてはあまり語られることがないが、大きな成功を収めていることを考えるとこれは驚きだ。グーグルのスマートフォンプラットフォームである Open Handset Alliance Android は、ウェブのレンダリングエンジンとして WebKit を使っている。またオープンソースの KDE および GTK+ プロジェクトは両方とも WebKit のベースとなっている KHTML を使っている。

Not much is said about WebKit and this is a surprise to me since it is such a big hit. Google’s Open Handset Alliance Android smartphone software platform uses WebKit as its web rendering engine, and the open source KDE and GTK+ projects both use KHTML, on which WebKit was based.

アップルに対して WebKit が持つ意味は、すべてのウェブ端末(Internet-enabled devices)上でウェブページをレンダリングするオープンソース規格を決めるという点だ。これはまた、なぜアップルが Safari に Gecko やアップル自身のウェブエンジンを採用せず、代わりに KHTM を使ったかということを説明してくれる。Internet Explorer に最適化されたウェブページを KHTML がレンダリングするとひどいものになるにも拘らずだ・・・。ウェブレンダリングの Acid2 テストをパスできるレンダリングエンジンは KHTML が唯一のものだ。出来の悪いウェブページを正しくレンダリングすることより、オープンソースのスタンダードに従うことの方が、アップルにとってはより重要だったのだ。

The point of WebKit for Apple was to define an open source standard for rendering web pages on all sorts of Internet-enabled devices. This also explains why Apple used KHTML instead of Gecko or its own web engine for Safari — even though KHTML was terrible at rendering web pages that were optimized for Internet Explorer. KHTML is the only rendering engine that can pass the Acid2 web-rendering test, and following a standard was more important to Apple than correctly rendering poorly written web pages.

     *     *     *

自らの運命は自ら切り開く

Mac Tablet

Mac Tablet by Isamu Sanada

そこで Flash に話を戻すと、iPhone にはプラグイン用の Flash プレーヤが欠けている。これこそが、まだサードパーティ製 iPhone アプリがない最大の理由だ。もしアップルが Flash プレーヤを許せば、iPhone ウェブアプリの開発環境において Flash が支配的になってしまうというリスクを冒すことになる。アップルにとっては Ajax の方が好ましいのだ。

Which brings us back to the lack of a Flash player or plug-in for the iPhone, which is the single greatest reason why we do not yet see true third-party iPhone applications. Had Apple allowed a Flash player on the iPhone, it risked having Flash — rather than the Apple-preferred Ajax — become the dominant iPhone web application development environment.

Macbook Touch-3

MacBook touch by Logan Lape

アップルはウェブ端末(Internet-enabled consumer appliances)にこそアップルの未来があると見ている。アップルにとってネットワーク端末というコンセプトは、三たび、四たびと蘇る。今回は、持ち運び(mobility)とメディア(media)という味付けが加わって、やっとちゃんとしたものになったのだ。然るに、アップルのプラットフォームが第三者の祝福を受けて初めて成立するというのであれば、この戦略自体が成り立ち得ないのだ。昨今みんなの考えるオプションといえば、マイクロソフト(.NET および Silverlight)やサン(Java)、アドビー(Flash)などを取り込むことだ。しかしアップルにしてみれば、競争相手を潰すのにジグザグと手間がかかっても、自らの運命は自ら切り開きたいのだ。だからこそ WebKit なのだ。みんなが話題にしないこと自体がアップルにとっては上出来というわけ・・・

Apple sees much of its future in Internet-enabled consumer appliances. It’s the third or fourth rebirth of the whole Network Appliance concept, only this time mobility and media are added and the mix may finally be right. But this strategy won’t work as well if Apple has to depend on a third party to bless its platform. These days the options are to embrace Microsoft (.NET and Silverlight), Sun (Java), or Adobe (Flash), but Apple wants to control its own destiny, zigging and zagging as it likes to crush competitors, hence WebKit. It’s a huge success for Apple that people just aren’t talking about.

Flash プレーヤやプラグインは登場しないといっている訳ではない。ただアップルは、 WebKit/iPhone/iPod Touch プラットフォームがそれ自体自立し安泰になるまでは、決してその登場を許さないだろう。

I’m not saying that a Flash player or plug-in won’t eventually appear, but Apple won’t allow it to happen until Cupertino feels the WebKit/iPhone/iPod Touch platform is established well enough to stand on its own.

     *     *     *

さあ、アップルタブレットの登場だ

Apple Tablet-1

[Apple Tablet]

論理的に考えて、アップルにとって次の WebKit 製品は、iPod Touch のより大きなバージョンだと私は思う。それはアップルにとって初めてのタブレットコンピュータ(tablet computer)になる。OS X で動くことを強調するだろうが、決してマックとは呼ばないはずだ。

The next logical WebKit product for Apple, it seems to me, is a much larger version of the iPod Touch. It would be Apple’s first tablet computer and, while they’ll still claim it runs OS X, Apple WON’T call it a Mac.

こう考えるのは私独りではない。古くからの友人で、私よりずっと頭のいいヤツが次のようにいっている。1月にはアップルタブレットがやってくる。それは単純明快な五つの理由からだ。

I’m not the only person thinking like this. Here’s more from an old friend who is much smarter than me. He sees an Apple tablet coming in January for five simple reasons:

     *     *     *

マックワールドにうってつけ

1)1月のマックワールドは、アップルが進歩と革新を引っさげて世界をあっといわせる時だからだ。考え抜かれたデザインのタブレットは偉大な技術革新といえる。2月に登場する SDK は、iPhone だけのものではなく、マルチタッチデバイス一般向けなのだ。それには新しい iTablet も含まれる。スゴいことじゃないか。

1) Because MacWorld in January is when Apple stuns the world with improvements and innovations. A well-designed tablet could be a great innovation. An SDK for February 2008, not for just iPhone but for multi-touch devices in general, including a newly available iTablet– that would be stunning.

     *     *     *

特許で保護されたインターフェイス

2)マルチタッチのタブレットは、通信とコンピュータが複合したこの新しい製品に、特許で保護されたインターフェイスを提供することになるからだ。マイクロソフトやそのパートナーたちはクローン製品を出さざるを得なくなる。問題はマックかそれとも PC かということになるが、デザインの洗練されたマックタブレットに敵う PC 製品はないから、iTablet の方が勝るということになり、問題はいつ入手できるかということになるのだ。

2) Because a multi-touch tablet would provide a patent-protected interface for a new class of communication and computer device that Microsoft and its hardware partners would be hard-pressed to clone. The question now is does one get a Mac or a PC? There would be no PC analog to a well-designed Mac tablet, so if an iTablet is compelling, the question then becomes more like, when can I get one?

     *     *     *

ビデオ視聴エコシステム

3)カッコいいフォームファクター(form-factor)のタブレットは、ビデオ視聴エコシステム(video-viewing ecosystem)への重要な追加となるからだ。アップルが音楽で成功したのはデザイン的に洗練された音楽プレーヤだけがその理由ではない。iPod が iTunes とうまく機能すること、携帯デバイスに CD コレクションを取り込み、再生するのが非常に容易であることもその理由なのだ。すてきな iTablet もビデオを見るのに適しているかもしれない。Handbrake 風の DVD リッピング(DVD ripping ala Handbrake)をアップルが搭載するかどうかはまだ明らかではない。もしそうすれば(CD の場合と同じように、すでに所有しているものはコピー出来るはずだという法律的考え方をすればだが)、ビデオエコシステムはさらに一歩を進めることになる。そこにビデオのストーレッジオプションを加える。ローカルディスクに、ホームネットワークに、そして「クラウド」に・・・。それに HD オプションの可能性をパラパラと振りかけ、それを全部ミックスして iPod や iPhone でビデオが見れるようにする、マックや PC でも、 Apple TV 経由で大スクリーンでも、さらにはカッコいいポータブルの iTablet でも・・・。そうなれば、Disney 以外の主だった映画会社が、押し合いへし合い、わめき合い、揉み手をして、歯を食いしばり、ビデオライブラリを提供したいという図になるだろう。

3) Because a nice form-factor tablet could be a significant addition to a video-viewing ecosystem. Apple’s success in music is not just about well-designed music players, but the way iPods work with iTunes, and the fact that people could easily move their CD collections over and play them on these new portable devices. A nice iTablet could be great for viewing videos. It’s not clear that Apple can build in DVD ripping ala Handbrake, but if they did (on the legal grounds that people can make a copy of what they already own, like a CD), then that would be another significant video ecosystem factor. Add good video-storage options on local disks, home networks, and “the cloud,” sprinkle in the option for HD viewing, and then mix all that with being able to view videos on iPods and iPhones, Macs and PCs, big screens via Apple TV, and then sleek, portable iTablets… Well, then we’ll watch the major studios start to provide their video libraries, all but Disney kicking, screaming, wringing hands, and gnashing teeth.

     *     *     *

ビデオ通信の可能性

4)カメラを内蔵した iTablet は、ポータブルビデオ通信を可能にするパワーと回線を持つからだ。アップルはビデオ通信についても基礎を構築しつつあると私は信ずる。

4) Because an iTablet with a camera built in could potentially have the power and bandwidth to enable portable video communication. Video communication is another ecosystem for which I believe Apple is laying the groundwork.

     *     *     *

Eブックリーダーの可能性

Perfect Reader

Ideal eBook Reader

5)iTablet はEブックリーダー(e-book reader)としても利用可能だ。それが主な理由というわけではないけれど、なかなかいい機能だ。本を読み、映画を見る。そしてアマゾンの Kindle が炎上するの見る。

5) The fact that an iTablet could be a great e-book reader, too, is not a driving reason for such a device, I don’t believe. But it’s a nice capability. Read the book and watch the movie. Then watch Amazon’s new Kindle go up in flames.

     *     *     *

ギャフンといわせられる

iTablet が登場する第6の理由を考えてみたい。というのも、先週 AT&T が 3G iPhone を発表するという栄誉をアップルから奪ってしまったからだ。Jobs には、何かもっとすごいものが必要なのだ。

To this I might add a sixth reason for an iTablet intro, which is because AT&T last week stole the thunder from an Apple 3G iPhone announcement. Jobs sorely needs something even better to announce.

はっきりいって、5つ目の理由を読むまで、必ずしも十分納得できたわけではなかった。Kindle を潰し、アマゾンの Jeff Bezos をギャフンといわせる・・・。これこそ Jobs とアップルにとって意味があることなのだ。

Frankly, I wasn’t fully convinced until reaching point five. Killing the Kindle and deflating Amazon.com’s Jeff Bezos — now that’s something worthy of Jobs and Apple.

     *     *     *

「古くからの友人で、私よりずっと頭のいいヤツ」というのは誰のことだろうか。ひょっとして Cringely 自身だったりして・・・

Technorati Tags: , , , , , , , , , ,

マックワールドに12インチウルトラポータブルが・・・

2007年 12月 8日

Cnbc-3

CNBC が取り上げたことから、一斉にウルトラポータブルのウワサが広がった。

CNBC: “Apple Future Headline: New Products Including Super Laptop?” by Jim Goldman: 06 December 2007

     *     *     *

ソースはアジアのメーカー

アジアの製造メーカーにコネのある信頼すべき情報筋が、今朝電話してきていくつかネタをくれた。アップル新製品のホットニュースが、数週間あるいは数か月のうちに大見出しを飾るという。ホットな新製品とは iPod Touch、iPhone それに新しい ultra-portable laptop だ。

A very good source of mine with good connections to Apple’s Asian manufacturing partners called me this morning with some news: Seems like Apple will be making headlines in the next few weeks and months with some of its hottest products: the iPod Touch, the iPhone and a new ultra-portable laptop.

     *     *     *

そう書き出した Jim Goldman は、iPod Touch の増産、登場が早まりそうな 3G iPhone に加えて、ウルトラポータブルについて次のようにいう。

マックワールドで発表

それから次はこれだ。情報元の彼がアジアの製造パートナーから聞いたところによれば、来月のサンフランシスコのマックワールドで、アップルは新しいウルトラポータブルのラップトップを発表するという。

And then there’s this: this source says he has now heard from manufacturing partners in Asia that Apple is preparing to unveil a new, ultra portable laptop computer at the company’s Macworld event next month in San Francisco.

     *     *     *

12インチサイズで 1500 ドル

ブログでは盛んにウワサが流れているが、情報ソースによれば、数週間もすればアップル最小のラップトップが登場する確たる証拠を掴んだという。それによれば、このラップトップは12インチのスクリーンを備え、現行の MacBook Pro より 50% 薄く、ハードドライブの代わりにフラッシュメモリーを内蔵し、小売価格は 1500 ドル程度だという。

The blogs have speculated about this, but he says he now has hard evidence that the smallest laptop ever from Apple is only weeks away. He says the device will feature a 12-inch screen and will be 50 percent thinner–and lighter–than current versions of the MacBook Pro. He says the product will not have a hard-drive, but rely on Flash memory instead and likely retail for around $1,500.

     *     *     *

Jim Goldman のビデオはこちら

(なお、こちらのビデオでも同じニュースを伝えているが、タブレットマックについては切って捨てている。)

Streetcomtv

PowerBook が MacBook Pro ラインになったとき、12インチ PowerBook が姿を消した。

IT 戦士に人気のあった12インチを惜しむ声は今でも大きいが、その再来ということだろうか。

ウルトラポータブルというのでスワと思ったら、12インチというのでいささかガッカリ・・・。やっぱりアップルは、フルサイズキーボードを備えたものしか念頭にないのか。

     *     *     *

軽量小型のマックのカテゴリーについてはいろんな呼び名があって、そのイメージが微妙にぶれているような気がする。

現行の MacBook/MacBook Pro ラインより小さなものがサブノートブック(subnotebook)というのは分かるが、ウルトラポータブル(ultra-portable)とか UMPC(ultra mobile PC)となると、みんなはどんなものをイメージしているのだろうか。

例えば、つぎのような機種はどのカテゴリーに属するのだろうか。

Kohjinsha Sh8-1

Sony VAIO model C1

OLPC

Asus Eee PC

工人舎 SH-series

HTC Omni [mockup]

Htc Omni Mockup-1

これらのカテゴリーの共通点として、小さいながらもキーボードを備え、スクリーンが蓋になっているというフォームファクター(形状、form factor)がある。

マックの世界では、MacBook より小さいマックが存在しないことから呼び名もまちまちだが、PC の世界だと統一的な名称があるのだろうか。

     *     *     *

さらにマックの世界では、iPhone/iPod touch が登場したことから話がややっこしくなった。

iPhone/iPod touch をより大きくした形状のデバイス(最早マックとは呼べない?)の可能性が出てきたからだ。

ハンドヘルド(携帯型、handheld)やタブレット(tablet)と呼ばれることが多く、むき出しのスクリーンというフォームファクターが共通のように思える。

Oqo Model02-1

たとえば、OQO Model 02 など。想像上の MacBook touch もこの線だ。

Macbook Touch-2

Apple-Style アンケート[vol.4をみると、UMPC(42%)が圧倒的人気で、タブレット(11%)と大きな差がついている。

投票された方の UMPC やタブレットのイメージはどんなものだったのだろうか。

筆者がどうしても欲しいのは、いつでもどこでもインターネットにアクセスできるウェブ端末だ。フォームファクターとしては、iPhone/iPod touch をより大きくしたタブレットに限りなく近いもの。

アンケート結果からみると、そんな希望は例外的なものにみえるけれど・・・

Technorati Tags: , , , , , , ,