Archive for the ‘Marketing’ Category

MacBook Air にはピッタリのマーケットがある

2008年 1月 19日

Macbookair-2

今年から新たにヤンキーグループに移籍した Carl Howe が、興味深い記事を寄稿している。

MacBook Air にはピッタリのマーケットがあるではないかというのだ。

Blackfriars’ Marketing: “The MacBook Air is an ideal product — in the right market” by Carl Howe: 18 January 2008

     *     *     *

つのる不満

MacBook Air の欠点について、そこら中のブログが不平をいっている。プロセッサのスピードが遅い、光学ドライブやイーサネットが付いていない、ユーザーがバッテリーを交換できない、値段が高いなどなどだ。これで誰かが、アップルはお終いだ、またマイクロソフトの出番だなどと言い出せば、不平不満も完璧というわけだ。

Blogs worldwide are moaning about the MacBook Air’s deficiencies, ranging from its slow processor, its lack of an optical drive and wired ethernet, its lack of a user-replaceable battery, and of course, its high price. All we need now is someone predicting that it will be the death of Apple and the second coming of Microsoft, and the moaning will be complete.

     *     *     *

ファッション・ホスピタリティ業界

いろいろ不満をいっている連中は、フェラーリには十分なトランクスペースがないと文句をいう連中と同じだ。アップルは MacBook Air をゴマンと売ろうとしているわけじゃない。初年度は数百万台売れればいいのだ。何故かって? MacBook Air は、未開拓だが儲けが大きく、かつマーケットシェアも拡大できるニッチェマーケット[market niche]に狙いを定めているからだ。それは、ファッションデザイナーや高級ホスピタリティ[luxury hospitality]業界なのだ。

Frankly, it strikes me that these people who about the feature set are a bit like the thsose [sic] who complain that Ferraris don’t have enough trunk space. Apple’s going to sell if not a gazillion, at least a few million MacBook Airs in its first year. Why? Because Apple has identified an untapped and very profitable market niche for the MacBook Air that will expand its market share: fashion designers and luxury hospitality companies.

     *     *     *

アルマーニのスーツに似合うコンピュータ

あなたがラルフローロンやプラダの重役だとしよう。デルのラップトップを持ち歩くと考えただけでジンマシンがでる。彼らにとってスタイルやデザインは贅沢品ではない。仕事上どうしても必要なものなのだ。コンピュータ業界はこのテの顧客をこれまで無視してきた。ごつい箱のようなデザイン、ギークしか通じない専門用語、そもそもファッションの価値自体を一般的には否定してきたといえる。言い換えれば、アルマーニのスーツに似合うコンピュータがどれだけあったかということだ。

If you’re an executive at Ralph Lauren or Prada, the ugliness of carrying around a Dell laptop would give you hives. For these people, style and design isn’t a luxury; it’s an essential job requirement. And its a category of people whom the computer industry has not served well to date with boxy designs, techie jargon, and a general rejection of the value of fashion. Said another way, how many computers look good with an Armani suit?

     *     *     *

ホスピタリティ産業

フォーシーズンズのコンシエルジュ、W ホテルのレセプションについても同じことだ。ホスピタリティ産業では二つのコンピュータしかない。顧客と対面するフロントで使うものと、バックエンドで使う業務上のものだ。ほとんどコンピュータはバックエンドで使うことを目的に設計されている。しかし MacBook Air なら、フロントのガラス製デスクに置いてもピッタリフィットする。MacBook Air はまさにこのマーケットを念頭においてデザインされたものなのだ。

The same could be said for the concierge desk at the Four Seasons, or the reception area at the W Hotel. In the hospitality industry, there are two types of products: those for the front of the house (customer-facing) and those for the back of the house (production). Most computers are designed for the back of the house. But you could put a MacBook Air on a glass desk in any one of those front of house environments, and it would fit right in. It’s a product designed for this market.

     *     *     *

MacBook Air はピッタリだ

もう一度 MacBook Air について書かれた欠点なるものを見てみよう。すると、新しいラップトップを探しているファッション業界の重役が、いかに MacBook Air のデザインを気に入るかよく分る。

To give you a better concept of this target market, let’s do a quick rundown of the published MacBook Air deficiencies with a synthetic fashion executive who is looking for a new laptop, and has admired the design of a MacBook Air:

1)プロセッサが遅い 「スピードは十分だと思う。それに表計算ということなら、ちゃんとやってくれる連中がうちにはいるよ。」

– Slow processor: “Seems fast enough to me. I have people who can do spreadsheets if it doesn’t suit my needs.”

2)光学ドライブやイーサネットがない 「余分なものなんか持ち運びたくない。ケーブルや物理的メディアなんて20世紀の遺物だよ。」

– No optical drive or wired ethernet: “I don’t want to have to lug around extraneous baggage, and wires and physical media are so last century.”

3)バッテリー交換ができない 「バッテリー交換が必要になったらサービスに廻せばいいさ。アップルストアでやってくれるなんて結構じゃないか。」

– No user replaceable battery: “If I need it replacing, I’ll send it out. I like the fact that the Apple store will service it for me.”

4)値段が高い 「高いって? 私のスーツより安いもんだよ。」

– High price: “Expensive? It costs less than my suit.”

     *     *     *

イメージが重要な業界

スピードが何ギガヘルツとか、どんな機能があるかなんて、ファッションにとってはメじゃない。デザイン、エレガンス、ライフスタイル、それこそが重要なのだ。言い換えれば、本質的で美しいものに焦点を絞り、それ以外のものをすべて削ぎ落とすことが大切なのだ。ファッションやホスピタリティ業界、テレビ番組、その他イメージが重要な業界にとって、MacBook Air はまさにドンピシャリだ。

Fashion isn’t about gigahertz and feature sets. It’s about design, elegance, and lifestyle — said another way, it’s about focusing on a few, essential and beautiful things, and leaving everything else out. And for the fashion industry — and the hospitality industry and TV shows and countless other image-driven businesses — the MacBook Air will be right at home.

     *     *     *

確かにアップルが新たなビジネスマーケットを狙っているとするとこれはおもしろい。

力仕事の分野ではなく、ファッション系・ホスピタリティ系が狙い目だとすると、いささか中途半端に見える MacBook Air も、その輝きが一段と増すような気がするのだが・・・

Technorati Tags: , , ,

ブロックバスターホリデイへまっしぐら

2007年 12月 1日

Expressshopping

Express Shopping

今年の年末はアップルにとってかつてないブロックバスターホリデイ(Blockbuster Holiday)になると言われている。

アップルが年末商戦に賭ける意気込みには並々ならぬものがあるようだ。

アップルストアが大きな売り上げを誇る背景には、綿密に計算され尽くしたプラノグラム(planogram)があるからだといわれる。

それに加えてアップルは、キャッシュレジスタを廃止して、万全の構えで過去最大の年末商戦を迎えるのだという。

Blackfriars’ Marketing: “How Apple achieves that Zen Apple Store look” by Carl Howe: 28 November 2007

     *     *     *

アップルストアのプラノグラム

Walldisplayshelf

Apple Store Planograms

アップルストアはとても広々としてクリーンだ。我々凡人には、どうしたらこんな店舗を建てたり、運営したらいいのか困ってしまう。しかし、その心配はもう要らない。ifoAppleStore.com がアップルストアのプラノグラム[planogram : 顧客の購買意欲を増加させることを目的とした効率の良い商品陳列方法]のコレクションをみつけたからだ。そこには、200 を超えるアップルストアを世界一の売り上げマシンに変化させる秘密が、信じられないほどたくさん目に見える形で詰まっている。なにせ、年間1平方フィート当たり 4000 ドルを売り上げるのだから・・・

Apple Stores look so spare and clean that we mortals struggle to visualize the conceptual work needed to build and run them. Well, struggle no longer, because ifoAppleStore.com has found a collection of Apple Store Planograms, which visually show the incredible amount of logistical detail Apple needs to make those 200 Apple Stores the most efficient retail engines in the world, pulling in more than $4,000 in annual revenue per square foot.

     *     *     *

キャッシュレジスタを全廃

Ministore

キャッシュレジスタのないアップルストア

このプラノグラムを見ても仰天しないというのなら、この話はどうか。アップルはストアをすっかりデザインし直して、キャッシュレジスタを完全に廃止してしまった。その代わり、従業員全員にワイヤレス POS システム(wireless Point Of Sale systems)を持たせたのだ。どういうことかというと、人数の限られたレジカウンタがアップルストアのネックにならないように、アップル従業員すべてをレジ係にしたということなのだ。

Lest you are not already bowled over by those planograms, consider this: Apple just underwent a complete redesign of its stores to eliminate the cash registers, preferring instead to empower employees with wireless Point Of Sale (POS) systems. Said another way, instead of having Apple store sales bottleneck on a few checkout employees, every Apple employee now is a checkout person.

     *     *     *

ブロックバスターホリデイ

Blackfriday

Black Friday の5番街アップルストア

この年末はアップルにとって 2007 年で最大の売り上げが期待出来るホリデイシーズンになるといっている。プラノグラムや関連のプランを見ると、これは予測というより確実なこととしか思えない。

Apple has already announced that it expects to have its best holiday selling season ever in 2007. After looking at the planograms and planning associated with the Apple Stores, we suspect that that announcement is less of a projection than a sure thing.

     *     *     *

なるほどキャッシュレジスタを廃止するとはそういうことなのか・・・

     *     *     *

参考:

[かつてない年末商戦]

・Blackfriars’ Marketing: “How Apple achieves that Zen Apple Store look” by Carl Howe: 28 November 2007

・Blackfriars’ Marketing: “Ten reasons for Apple’s booming holiday sales season” by Carl Howe: 28 November 2007

・Wired [Cult of Macintosh]: “Don’t Discount Apple’s Bid for a Blockbuster Holiday” by Leander Kahney: 28 November 2007

・Bloomberg: “Apple Bucks Trend as Stores Show ‘Gravitational Pull’ (Correct)” by Connie Guglielmo: 27 November 2007

・Ars Technica: “Piper Jaffray: Apple Stores work ‘gravitational pull’ on passers-by” by Jacqui Cheng: 26 November 2007

[プラノグラム]

・ifoAppleStore: “Store Organization Revealed in Planograms“: 22 November 2007

[キャッシュレジスタの廃止]

・AP: “Apple Retail Stores Revamp for Holidays” by May Wong: 23 November 2007

・USATODAY [AP]: “Apple retail stores geared up for the holidays” by May Wong: 23 November 2007

Technorati Tags: , , , , ,

Jobs の本当の狙い

2007年 9月 21日

$399

iPhone の大幅値下げについては多くのひとが話題にしている。

批判的なひとが多い中で、Carl Howe はこれは iPhone を本流の製品に導くために(to take the gadget mainstream)必要な措置だったという。

いささか長文の記事だが大変興味深いので、ポイントの部分だけ抜き出して以下に紹介する。

Blackfriars’ Marketing: “The gutsy marketing and strategy behind Apple’s iPhone price cut” by Carl Howe: 20 September 2007

     *     *     *

これはアップルが仕掛けた戦争だ

みんながよく分かっていないのは、アップルが携帯電話業界に対してバリューチェーンそのものを変えてしまうマーケティングの戦争を仕掛けようとしているということだ。みんなはアップルがどの塹壕に篭ろうとしているのか知ろうとしているが、Jobs はジェット戦闘機に乗って空から局部攻撃を仕掛けているのだ。

What people don’t get is that Apple is waging a marketing war to reshape the value chain for the mobile phone industry. Everyone is trying to figure out which trench Apple is occupying, when Jobs is flying in jet fighters for surgical strikes.

     *     *     *

双方にマイナスしかもたらさないバンドル

消費者は価値に対して対価を支払う。彼らはタダだと見なしたものには価値を認めない。それこそが、米国の携帯電話業界が過去10〜15年の間マーケティングに持ち込んできた過ちなのだ。携帯キャリア各社は、「無料」で特徴のない電話機と携帯電話サービスをバンドルすることによって、携帯電話機メーカーのブランド価値も、また自らのサービスそのものもずっとこれまで貶(おとし)めてきたのだ。電話機製造メーカーは、キャリアが無料の電話機には低い価値しか置かないことによって傷つけられ、コスト削減以外の意欲を失ってきた。キャリアもまた電話機メーカーに対し補助金を払わなければならないことによって傷つけられてきた。その額は2年の契約期間で 150 ドルから 250 ドルにも達し、無料の電話機を買い上げるのと実質同じになってしまっている。双方に利益をもたらす取引(win-win deal)について聞いたことがあるかもしれないが、これは双方にマイナスしかもたらさない取引(lose-lose deal)なのだ。

Consumers value what they pay for. They don’t value things the perceive as free. And that’s the marketing blunder the US mobile phone market has bought into over the last 10 to 15 years. By bundling “free” and generic phones with cell phone service, mobile carriers have devalued both the brand values of the handset makers and their own services. The handset makers are hurt because the low values that carriers will pay for free phones eliminates the incentive for those manufacturers to do anything but cut costs. The carriers are hurt because they have to pay subsidy fees to the handset makers of anywhere between $150 and $250 over a two-year contract to actually buy those free handsets. You’ve heard of a win-win deal? This is a lose-lose deal.

     *     *     *

価値に対する考え方を逆転させる

アップルのやったことは、価値に対する考え方を逆転させようとしたのだ。アップルはまず消費者がセクシーだと考えて欲しがるような電話を造り出した。とても欲しくて実際に 400 ドルないし 600 ドル(地域によって異なるけれど)支払おうとする電話だ。みんなが欲しがるので、アップルはキャリアに対し独占契約まで要求できる。キャリアにとってみれば、iPhone を対象とすることで貴重な差別化が可能になり、そうでないキャリア(そうだ、あなたたち Verizon および Vodaphone のことをいっているのだ)に対して有利に働くことになる。アップルはキャリアの差別化という貴重なものを提供するので、キャリアがこれまで携帯電話機メーカーに流してきた補助金の流れを手にすることができる。どうせこのカネはこれまで「無料の」、したがってパッとしない電話機に払ってきたものなのだから・・・

What Apple has done is inverted the value proposition. It has created a phone that consumers see as sexy and desirable, so desirable in fact that they will actually pay $400 to $600 for one (depending on geography). And because the device is desirable, Apple can demand exclusive deals with carriers, which creates valuable differentiation for those carriers that have iPhones and disadvantages for those that don’t (yes, I’m talking about you, Verizon and Vodaphone). Because Apple is providing valuable carrier differentiation, Apple can then capture the subsidy revenue stream that the carrier would have normally paid to the handset manufacturers anyway for “free” (and undesirable) phones.

     *     *     *

消費者のための価格が 399 ドル

もしアップルが iPhone の価格をゼロにしていたとしたらこんなことが起きただろうか。そんなことはあり得ない。

Now, if Apple were to cut the iPhone price to zero, would any of this be happening? Not a chance.

そうだ。アップルはかつて iPod でやったのと同じことをまたやっているのだ。初代の 5GB iPod は 2001 年に 399 ドルで発売された。今や 16GB iPod touch が、そう、 399 ドルで売られている。アップルはこの価格を消費者の要求と利益に基づいて設定しているのだ。つぎつぎと機能を加えることにより、消費者が買いたいと思う価格は価値をベースにしたもの(value-oriented price point)により近づいていく。それでもなおアップルは、新しくて、もっと欲しくなるような製品を従前の価格で出すのだ。こうしてアップルがエンジン全開で走り続ける限り、どんどん利益を出し続ける。残りの携帯電話機メーカーはどうしたらいいのかと頭を悩ますことになる。

So Apple is going to use its iPod playbook all over again. The original 5 gigabyte iPod went on sale for $399 in 2001. Today, a 16 gigabyte iPod touch sells for — you guessed it — $399. Apple chose the price points based on consumer demand and interest. A constant set of features will move down the price scale to more value-oriented price points, but Apple will introduce new and even more desirable products at the old price points. And so long as it can keep that engine going, it will make money hand over fist. And the rest of the handset makers will bang their heads against the wall trying to figure out how they do it.

     *     *     *

携帯電話業界に価値転換をもたらし、iPhone を本流製品とするために考え抜かれたのが 399 ドルだという視点は大変興味深い。

家電製品が大衆商品となるためには 600 ドルが分水嶺だといわれたものだが、Jobs のイメージではそれが 399 ドルということか・・・

下げ幅の 200 ドルが問題なのではなく、399 ドルという価格が重要だということなのだろう。

さて、読者諸氏はどうお考えになるだろうか。

Technorati Tags: , , , ,

アップルと組む代償

2007年 9月 20日

Jobs Uk

ロンドンのアップルイベントを皮切りに、iPhone の欧州展開戦略が姿を現してきた。

イベントの前日、地元紙 The Guardian はアップルと欧州キャリアとの折衝状況を伝え、それを各紙が取り上げた。

翌日のイベントおよびその後の一連の動きをみると、記事の内容は正確のように思える。

イベントからは見えてこない、地元紙ならではの交渉の内幕が赤裸々に語られていることがショッキングだった。

The Guardian: “O2 wins Apple iPhone deal – at a hefty price” by Richard Wray: 17 September 2007

     *     *     *

とんでもないカネ食い虫

英国最大の携帯オペレータが最後の土壇場で背後から現れ、英国での iPhone 販売契約をかっ攫って Steve Jobs と合意した。しかし他のオペレータのひとりは、この契約が「とんでもないカネ食い虫」(madly money-losing)だといっている。

The UK’s largest mobile operator came from behind at the last minute to seal an agreement with Steve Jobs, Apple’s chief executive, to market the iPhone in the UK, but one other operator described the deal as “madly money-losing”.

     *     *     *

40%を吐き出す

O2 はアップルと小売価格のマージンについて合意したものと考えられている。(明日確認がとれるはず[注:ロンドンのアップルイベントのこと]。)それはなんと、顧客から生じる全 iPhone 収入の40%をアップルに戻すというものだ。

O2 is understood to have agreed a margin on the retail price – to be confirmed tomorrow – but will return to Apple as much as 40% of any revenues it makes from customers’ use of the device.

     *     *     *

それだけではない

電話との組み合わせ価格および iPod の価格は、いつでもアップルが変更できることになっており、先日アメリカで見たとおりだ。また、O2 の取り分の中からコミッションや今後 Carphone Warehouse と行うレベニューシェアも支払われる。ちなみに Carphone は、O2 の唯一の iPhone 販売店となる権利を取得したものと考えられている。

The price of the combined phone and iPod can be changed by Apple at any time, as happened recently in the US. Out of O2’s share also comes a commission and further revenue share with Carphone Warehouse, which is understood to have secured the right to be the sole independent retailer of the device on behalf of O2.

     *     *     *

さらに Carphone も・・・

Carphone が引き入れられたのは、O2 が英国で十分なプレゼンスがないのではないかとアップルが恐れたためと思われる。O2 は昨年 The Link の店舗を取得して英国全土にかなりの店舗を展開しているにも拘らず・・・。また急いで iPhone の独占契約を結んだことは、iPod Touch が登場したことからも疑問視されている。iPod Touch は電話を除き iPhone ができることはすべてできる。これはアップルと交渉したどのオペレータにとっても想定外のことだった。

Carphone appears to have been drafted in because of Apple’s fears that O2 did not have a big enough presence in the UK even with its sizeable store portfolio which was enlarged by last year’s acquisition of The Link stores. The rush to secure an exclusive iPhone deal has also been called into question by the arrival of the iPod Touch device, which does everything the iPhone does except make phone calls. This was not expected by any of the operators involved in negotiations with Apple over the phone.

     *     *     *

互いを競わせる戦法

欧州での iPhone 販売交渉に当たって、アップルは英国の主要四大ネットワーク、すなわち O2、Orange、T-Mobile、Vodafone を互いに競わせた。各社とも交渉のある段階では、自分たちだけが英国市場の独占権を握るものと信じていた。

Throughout discussions over marketing the iPhone in Europe, Apple has played off the UK’s four main networks – O2, Orange, T-Mobile and Vodafone – against each other. All of them, at one stage, believed they had an exclusive deal for the British market.

その結果、オペレータ会社の経営者たちの多くは、このカリフォルニアの会社が大西洋のこちら側で行ったビジネスの進め方にひどく印象を悪くした。たとえアメリカではそんなやり方をするものだとしても・・・

As a result, many mobile phone company executives are unimpressed with the way the Californian computer group has conducted businesses this side of the Atlantic, although similar tactics were used in the US.

     *     *     *

それぞれの事情

Vodafone は、レースのかなり早い時期に身を引いたと考えられている。アップルの「分割統治」(divide and conquer)作戦を見て、特定の一社に欧州主要国である英仏独の iPhone を一手に扱わせる気がないことを見てとったからだ。

Vodafone is understood to have dropped out of the race relatively early as Apple pursued a “divide and conquer” strategy and decided against having just one operator stock the phone across the three initial territories of France, Germany and the UK.

当初計画によると、ドイツでは T-Mobile が、フランスでは Orange が iPhone 販売に当たることになっていた。(ドイツについては水曜日、フランスについては木曜日に発表の予定。)当初英国については、この二社がシェアする筈だった。というのも英国市場は二つの大陸国よりはるかに細分化されているからだ。

The plan is believed to have switched to T-Mobile providing the device in Germany, which will be confirmed on Wednesday, and Orange in France, to be announced on Thursday. In the UK, the idea initially was for both operators to share the device because the British market is much more fragmented than in either continental country.

Orange および T-Mobile の二社は契約に署名し、少なくとも一社ではアップルの職員が彼らのネットワークで iPhone を使うのを手助けしていたと考えられている。然るに最後の最後になって O2 が英国の権利を攫ってしまった。競合他社ではとても手のでない額をアップルに申し出て・・・。いずれにせよその額では競合二社とも、たとえ3年後でも収益はだせないと思われた。まったく損失しか生まないマーケティングをするぐらいなら、別なところで金を使った方がずっとましだと・・・

Orange and T-Mobile are understood to have signed contracts and at least one had Apple employees helping to implement the device on their networks. But at the 11th hour O2 snatched the UK deal with an offer that gave such a high proportion of revenues to Apple that none of its competitors could see any way of making any return on the phone, even over three years. They believed that even if it was treated as purely a loss-leading marketing product, a better return could be had by spending the money elsewhere.

     *     *     *

将来 iPhone が日本に投入される日がきたとき、O2 の役回りを果たすのは誰だろうか。

「分割して統治する」というかつての植民地支配方式で臨むことになるのだろうか。

Technorati Tags: , , ,

iPhony:信頼性を取り戻すチャンスだったかも・・・

2007年 9月 15日

Iphone Credit

iPhone の早期購入者に対する 100 ドルクレジットの詳細が発表された。

今回の大幅値下げをめぐる騒ぎについて Harvard Business Online が興味深い指摘をしている。

Harvard Business Online: “Apple’s ‘Phony’ Reaction to iPhone Customers” by Joseph Pine and James Gilmore: 10 September 2007

     *     *     *

違う考え方をすべきだった

最近 Steve Jobs は iPhone の値段を 399 ドルに値下げすると発表したが、その直後消費者から多数の苦情をもらって、iPhone を買ったすべてのひとに(値下げの半額に相当する)100 ドルを払い戻すことにした。・・・で、その後大騒ぎになった。アップルとしては違う考え方をすべきだったと思う。

So Steve Jobs recently announced that Apple is reducing the price of the iPhone to $399. And shortly thereafter, following many consumer complaints, Apple offered to refund $100 — half the amount of the price reduction — to everyone who bought the phone (and all the hype) right out of the gate. Maybe Apple should have thought differently about this one.

     *     *     *

アップルの信頼性にかかわる問題だ

ここで問題にしているのは、料金値下げによる需要・供給の直接的効果ではない。信頼性がどう受け取られるかということにも影響してくる問題なのだ。近々刊行予定の「Authenticity: What Consumers Really Want」の中で、我々はアップルを「真の信頼性」(original authenticity)のお手本として取り上げた。アップルがデザインするものならほとんどすべて、ゴージャスなコンピュータからカッコいい iPod、アップルストアでの体験にいたるまで、それは顧客の発見のよろこびと自己探求を刺激するように計算されている。しかしながら今回の料金値下げの決定と、それに対する iPhone の早期購入者の反応が示すところを見ると、そういうすばらしいコンセプトが損なわれる方向に働いている。それは明らかにデザインのユニークさを信じた多くの大衆に罰を与えたものだ。iPhone は他の電話となんら異なる商品ではなく、それをデザインしたものにとっても一般商品より高い価格設定をするだけのオリジナリティーがあるといえないといっているようなものだ。我々の考える真のアップルは、それよりもっとずっといいはずではないか。

The immediate effect on supply-and-demand is not the only issue at stake when it comes to this (or any other) price-cutting decision: it also impacts the perception of authenticity. In our forthcoming book, Authenticity: What Consumers Really Want, we treat Apple as an exemplar of what we call “original authenticity.” Almost everything Apple designs — from its gorgeous computers and sleek iPods to its retail experiences — seeks to stimulate in customers a sense of discovery and self-exploration. But what this decision seems to do — and what the reaction from early iPhone adopters bears out — is lessen the originality of the concept. It’s clearly a swing for the masses, leaving behind those who saw themselves in the uniqueness of the design. It says the iPhone is a commodity like any other phone, not original enough even in its own designer’s eyes to maintain a premium price. We thought the real Apple was better than that.

     *     *     *

iPhony

Jobs が「これはテクノロジーの世界ではよくあることだ」と述べたのはいささか不誠実だった。ノーだ、そんな急激な値下げは極めて異常であり、やけくその行為だ。もしかしたら iPhone は、アップルがいうような画期的な発明ではなく、インチキ(iPhony)[注:phony インチキ、まがい物からの造語]なのではないか。ここには全てのビジネスが学ぶべき教訓がある。長い間かかって築き上げてきたブランドやビジネスの信頼性を短期の収益が増えるからといって犠牲にしてはならない。今後の長期にわたる収益がかかっているのだから・・・

Jobs is being a bit disingenuous when he says, “This is life in the technology lane.” No, such an immediate price decrease is highly unusual, smacking of desperation. Perhaps the iPhone isn’t really the original breakthrough that Apple says it is — but an iPhony! In this lies a lesson for all businesses: don’t sacrifice long-term authenticity of your brand or your business for short-term revenue gain, as sustaining revenue over time hangs in the balance.

     *     *     *

もうひとつのシナリオ:違う考え方

この値下げの発表は、アップルに対する消費者の信頼を増すような方向で行なうこともできた。まず、過去の購入者に対しては値下げの発表と同時に全額払い戻しがなされるべきだった。すべての過去の購入について払い戻せといっているわけではない。200 ドル以上の差額が生じた場合でいいのだ。そういうやり方なら真のアップルにふさわしいし、iPhone を最初に手に入れるために行列した購入者に対しても真に報いることになっただろう。そうしておれば、似た者ぞろいで代わり映えのしないテクノロジーの世界で、ひとと違った、オリジナルな考え方の守護者としてアップルの立場を強化することにもなっただろう。

Of course, such a price-reduction announcement could have been used to further render the authenticity of Apple in the eyes of consumers. First, refunds for past purchases should have been offered simultaneously with the announcement. Not just for the full refund for past purchases, but for more than the $200 difference. That would have been true to Apple and a real reward to those who stood in line to be one of the iPhone’s first buyers. And it would have solidified Apple’s positioning as the purveyor of different, original thought in a technological sea of sameness.

     *     *     *

「テクノロジーの世界ではよくあること」ということばが Jobs の口から出たと聞いて、正直いってガッカリしたものだ。

ハーバードのビジネスの専門家も、醒めた目で今回の騒ぎを見ていたということだろう。

そんな思惑とは関係なしに、アップルの商品購入に向けられる 100 ドルクレジットはいよいよ配られることになった・・・

Technorati Tags: , ,

サンタの秘密兵器は iPod touch

2007年 9月 11日

Santaclaus-1

iPhone 値下げ騒動をみて Scott Moritz が今年はアップルにとって「お寒いクリスマス」になると書いた。

そんなことはない。今年のクリスマスは最高だ。サンタの秘密兵器は iPod touch だからだ、とお馴染みの Carl Howe が反論している。

Blackfriars’ Marketing: “Apple’s secret holiday weapon: the iPod Touch” by Carl Howe: 10 September 2007

     *     *     *

iPod touch が何故そんなヒットになるのか。何故なら私はつぎのように考えるからだ。

Why do I think that the iPod touch will be such a hit? Because the iPod Touch –

1)すでに売れに売れている

アマゾンの売れ筋リストをみると、iPod touch は現在すでに一番人気のミュージックプレーヤだ。アマゾンのデジタル製品全体でも2位に位置している。まだ出荷すらされていないというのに・・・

• Already is selling well. The iPod touch is currently the most popular music player on Amazon’s list and the #2 top seller in all of Amazon Electronics — and it isn’t shipping yet.

2)即(そく)世界中で売れるだろう

iPhone の場合は、キャリアの6か月認証やら何やらがそれぞれの国でいろいろ必要になる。しかし iPod touch は、ありふれたコンシューマ家電製品の範疇に属するから、火を吹いたり、安全上の規則からきちんと包装するよう要求されたりしない限り、世界中どこの国でも直ちに販売することが可能だ。アメリカで発売されてから数週間もしないうちに・・・

• Instantly offers world-wide appeal. Unlike the iPhone, which requires six month carrier certification and blessing in each country in which it will be offered, the iPod touch is a garden-variety piece of consumer electronics. That means that so long as it doesn’t spontaneously burst into flame and complies with all necessary packaging and safety guidelines, it can be sold in almost every country in the world within weeks of it being offered in the US.

3)一般の流通チャンネルにのせられる

iPhone は AT&T を唯一のキャリアとする独占契約があるので、アメリカで販売出来るのはアップルと AT&T の2社だけだ。外国に iPhone を販売できる会社は今のところ存在しない。だが iPod touch にはそんな制限はない。Amazon でも Target や Best Buy、その他アメリカの無数の小売店で入手することが可能だ。それだけではない。外国のいろんな店で、例えばロンドンの Dixon’s、パリの FNAC、それに日本中のセブン・イレブンで買うことができるのだ。

• Can be sold through distribution. Because of its exclusivity carrier relationship, only Apple and AT&T can sell the iPhone in the US, and no one can yet sell the iPhone internationally. But the iPod touch has no such restrictions. iPod touches will be available at Amazon, Target, Best Buy and countless other stores in the US. You’ll also be able to buy them in other countries in such varied venues as Dixon’s in London, FNAC in Paris, and 7-11 stores throughout Japan.

4)特定の会社に縛られて儲けさせることにはならない

消費者の多くは、すでに Verizon や Sprint の電話を持っているという理由で iPhone を買わない。あるいは、現在持っている電話で満足しているのかもしれない。あるいはまた多機能型が嫌いということかもしれない。iPhone が対象としないこんな消費者に対しても iPod touch はアッピールする。ということは対象となるマーケットが大変大きいということだ。

• Isn’t locked to another company’s fortunes. A lot of consumers won’t buy an iPhone because they already have a phone with Verizon or Sprint. Or, they may simply know and like their current phone. Or they don’t like converged devices. The iPod touch appeals to all these consumer segments that the iPhone doesn’t address — and that makes its available market considerably larger.

     *     *     *

さて、賢明な読者はどうお考えだろうか。

Technorati Tags: , , ,

iPology

2007年 9月 9日

Steve Jobs-1

iPhone の大幅値下げをめぐる騒動について、ロンドンの MarketWatch が大変皮肉な記事を書いている。

MarketWatch: “Apple introduces the iPology” by Tom Bemis: 07 September 2007

     *     *     *

“iPology”

アップルは、消費者の苦情を PR の只乗りに変えてしまう新しい革新的なマーケティング手法を開発した。その名は「iPology」だ。[注:謝罪 apology からの造語]

LONDON (MarketWatch) — Apple Computer has developed and introduced an entirely new marketing innovation called the iPology that turns customer complaints into free publicity.

     *     *     *

Steve Jobs のオープンレター

木曜日遅く Steve Jobs は、早期購入者に宛てたレターという形で iPology を発表した。200ドルの大幅値下げより前に iPhone を600ドルで早期購入した消費者に宛てたものだ。

Late Thursday Apple CEO Steve Jobs unveiled the iPology in a letter to early purchasers of the company’s iPhone who paid $600 for the devices just weeks before the company dropped the price by $200. See related story.

     *     *     *

それがテクノロジーの世界というものだ

Jobs のレターは消費者の一部をがっかりさせたことについて謝罪しているが、テクノロジー製品の値下げはシリコンバレーではよくあることだとも述べている。

The letter apologized for disappointing some of them, but noted that price cuts on technology products are common in Silicon Valley.

「特定の打切日前に製品を買って、新料金の恩恵に浴しないということは必ずあることだ。新製品であれ、新しい OS であれ、あるいはどんなものであれ常にあることだ。それがテクノロジーの世界というものだ」とレターの中で Jobs は書いている。

“There is always someone who bought a product before a particular cutoff date and misses the new price or the new operating system or the new whatever,” Jobs wrote. “This is life in the technology lane.”

     *     *     *

100ドルのクーポン

そんなことは乗り越えなければならないと顧客にいったあと、それでも怒りの解けないひとには全て、どこでも自由に使える100ドルを与えると述べた。「どこでも」というのは「アップルストアの中なら」どこでもという意味だが・・・

After telling the customers to get over it, Apple said it would give everybody who was still mad $100 to spend anywhere they want … inside an Apple store.

アップルが「ギフト」クーポンを配ったところで、損はしないだろうと皮肉な見方をするひともいる。例えば、そのクーポンで iPod を買ったとすると、アップルとしては iTunes ストアの売り上げが増えた分で「コスト」をカバーできることになるからだ。

Cynical observes suggested that the company won’t suffer from issuing the “gift” certificates, noting that if they are used to buy iPods, for instance, the company will likely make up the “cost” through increased sales at its iTunes store.

     *     *     *

謝罪は本気か

この「iPology」がまったく新しい手法なので、一部のメディアやアナリストの中には、これをアップルが過ちを犯したことを認める本当の謝罪だと間違えてとったひともいる。

The iPology is so new a concept that some media and industry analysts mistook it for an actual apology and suggested that Apple might have somehow made a mistake.

しかし、金曜日の各紙の第一面を見れば、このやり方でアップルが何千万ドルにも相当する宣伝をやってのけたことは明らかだ。これによって、大衆の意識にはこの製品のブランドイメージが強く植え付けられたのだ。

But a quick glance at the number of front page stories Friday makes clear that Apple has generated tens of millions of dollars worth of publicity through the scheme, contributing to the nearly continuous branding of the gadget into the public consciousness.

     *     *     *

ライセンスはできない

アップルとしては、これからのマーケティングにおいても「iPology」を戦略的に利用するものと思われる。しかしながら他社にとっては、複雑な技術的要件を伴わなければこのテクニックで成功するのはむずかしいので、アップルとしてはこのやり方を他社にライセンスすることはないだろう。

Apple is expected to make strategic use of the iPology in future marketing campaigns but is unlikely to license the concept to other companies because of the complex technical requirements needed for successful implementation of the strategy.

     *     *     *

ロンドン発だけあって大変皮肉な見方だが、100ドルクーポンを真の謝罪とみるか、それともマーケティングの手のうちとみるか、意見の分かれるところだろう。

この点について GigaOM ではまったく対照的な二つの記事を載せている。主筆の Om Malik が書いた「iPhone 払い戻しは民衆の力」と寄稿者 Kevin Kelleher の「Jobs の謝罪はアップルの勝利」がそれだ。

たしかに「iPology」を理解することは、我々「並みの頭」ではなかなか難しいようだ。

Technorati Tags: , ,

新しい iPod を予想する:Carl Howe

2007年 8月 27日

Ipodnano By Isamu

せめてこんなのが欲しい

9月5日のアップルイベントでどんな iPod が登場するか予測しきりだ。

少し前になるが[9月5日の予測記事が出る前の記事]、とてもユニークな予想がある。アップルならどうするだろうという視点から検討されているのだ。

優れたアップルウォッチャーのひとり Carl Howe の話に耳を傾けてください。

Blackfriars’ Marketing: “Predicting Apple’s new iPods: evolutionary, but borrowing from the iPhone too” by Carl Howe: 21 August 2007

     *     *     *

iPod を盛り上げるには

9月が近づくにつれて、2007 年のショッピングシーズンにアップルストアに並ぶのは何かというウワサで一杯だ。そこで私はマーケティングという観点から(技術的観点はさておいて)、アップルがどんな iPod のラインナップを準備して、年末商戦に臨むのかを考えてみたい。

As September looms, rumors abound on what’s going to be in Apple stores for 2007 holiday shopping. So I thought I’d take a whack on what the marketing — not technology — criteria are for Apple’s upcoming refresh of the iPod line to power Apple’s holiday sales.

アップルにとっては、今年が iPod をマーケットに投入して6年目になるということが課題のひとつだ。更に悪いことに、iPod は 2005 年以来目立ったデザイン変更がなく、一方 iPhone が話題を攫ってしまっていることだ。アップルとしては年末商戦で iPod を盛り上げるためには何をすべきだろうか。アップルの新商品は、つぎの要件を満たすことが必要だと私は思う。

One of the challenges facing the iPod this holiday season is that this will be its sixth year in the consumer market. Worse, the iPhone has stolen a lot of the iPod thunder over the last year, while the iPod has not had a significant redesign since 2005. So what does Apple have to do to create iPod excitement this holiday season? Apple’s new design must:

     *     *     *

3つの必須要件

1)音楽とビデオに絞って iPod 体験を強化すること

何よりもまず iPod 体験は、音楽とビデオを中心としたものでなければならない。iPhone みたいに通信が中心であってはならないのだ。ということは、丈夫で、バッテリーの持ちが長く、ディスプレイが優れていて、音質もすばらしいということだ。

• Bolster the music and video experience for iPod owners. First and foremost, the iPod experience must center on music and video, not communication as the iPhone does. That means a rugged device, long battery life, great displays, and excellent audio.

2)iPod iPhone を差別化すること

video iPod に 249 ドル払い、iPhone に 499 ドル払うことの違いが消費者にはっきりと分かり、混乱させるものであってはならない。それぞれの製品の価値がはっきり定義され、明確に異なるものでなければならない。

• Differentiate iPod from iPhone. Consumers shouldn’t be confused about whether they should spend $249 for a video iPod or $499 for an iPhone. The value of each product should be clearly defined and clearly different.

3)iPod のこれまでのマージンがこれからも確保できること

iPhone から携帯電話やラジオを除いたものを iPod として売りたいという誘惑は大きいが、それによる利益はアップルのビジネス目標を満足させるほど大きくはない。たとえば、 GSM[Global System for Mobile Communications:ヨーロッパやアジアを中心に利用されている携帯電話の事実上の世界標準、日本の通信方式とは異なる]のパーツを省いたとしても、230 ドルの部品コストからたかだか 25 ドル安くなる程度の話だ。アップルのビジネスにとっても満足いくものとなるためには、video iPod で 100 ドル、iPod nano で 75 ドル程度、部品コストが削減されることが必要だ。

• Continue delivering iPods traditionally strong margins. While it’s tempting to consider just selling an iPhone without the cell phone radios as an iPod, the profits on such a product would be insufficient to satisfy Apple’s business goals. Dropping the parts for GSM would save Apple only $25 in parts cost out of a total of $230 in iPhone parts. The parts cost needs to be more in the range of $100 for a video iPod and $75 for an iPod nano equivalent for those products to be successes for Apple’s business.

     *     *     *

では、新しい iPod モデルとは・・・

これら三つの要件を満たすデザインとはどんなものだろうか。9月のスペシャルイベントで私が予想する iPod のモデルとは、つぎのようなものだ。

So what types of designs would meet these criteria? Here are my takes on what we’ll see in a September special event for an iPod refresh:

1)ワイドスクリーン video iPod

新しい video iPod は 80 〜 160 GByte のディスクドライブを使用する。そして新たに iPhone の高解像度スクリーンとタッチパネルインターフェイスを備えることになる。WiFi ワイヤレスネットワーキングはないと思う。機能はなるべく簡単で分かりやすく、インターフェイスもシンプルにする。その代わり iPhone より大きい容量で音楽・ビデオ愛好家の期待に応えるだろう。これらの機能を考慮すると、ハイエンド iPod の価格は 299 ドルおよび 349 ドルとなるだろう。

• A wide-screen video iPod. Apple’s new video iPod will still rely on disk storage in 80 and 160 GByte capacities, but will gain the iPhone’s high-resolution screen and touch panel interface. I do not believe that Apple will add WiFi wireless networking to these iPods, choosing instead to keep the functions simple to understand and the interface simple, while providing music and video lovers with storage far beyond that available on an iPhone. These features will set the prices of the high-end of the iPod line at $299 and $349.

2)ビデオ機能を備えた iPod nano

iPod nano は video iPod の小型版という感じだろう。ディスプレイの横幅は本体の全部とはいかないが大部分を占める。ストレージはフラッシュだけで、それぞれ 4 および 8 GByte の容量となる。スクリーンサイズは video iPod よりはかなり小さい。さらにこの nano は現在のタッチホィールを温存して、コストを抑えるとともに、多くの iPod ユーザーが馴染んできた片手操作も維持するだろう。価格は現在と同じ 149 ドルから 249 ドルまで。

• iPod nanos with video support. The iPod nanos will look much like smaller versions of the video iPods, with displays across more (but not all) of their bodies. But these iPods will only sport flash storage in 4 and 8 GByte sizes, and their screens will be considerably smaller than the video iPod. I further expect these nanos to retain the touch wheel of today’s iPod nanos to keep costs down and to retain one-handed operation, a key attribute for many iPod users. Price points here will range from $149 to $249, just as today.

3)容量を増やした iPod shuffle

iPod のローエンドモデルは現在と同じくディスプレイ無しだ。その代わり、iTunes plus の曲を入れられるように容量を増やすだろう。2 GBytes の容量で 79 ドルだ。

• More storage in the iPod shuffle. The low end of the iPod line will continue to eschew displays, focusing instead on delivering more storage to accommodate large iTunes plus songs. Expect the iPod shuffles to now sport 2 GBytes of storage for $79.

     *     *     *

現行の延長線上にあるもの

私の考えでは、新しい iPod ラインナップは今日のものとさほど変わらず、機能が改良され、ユーザー体験がややよくなるという程度だと思う。また、価格設定もあまり変化ないだろう。ハイエンドモデルだけは iPhone 化する影響で少し高くなる。iPod は iPhone とは明確に差別化され、これまでと同じメリットを享受できるだろう。

My view is that Apple’s updated iPod product line largely matches that of today, just with slightly better feature sets and better user experiences. Further, pricing remains relatively constant as well, with prices actually rising slightly at the high end to accommodate trickle-down demand from the iPhone. iPods would remain clearly differentiated from the iPhone, yet would provide many of the same benefits.

     *     *     *

革新的ではなく発展的

私はアップルの計画に関するインサイダー情報は一切持っていない。ただ、アップルが頭のいいマーケティング会社だということは熟知している。上に述べたラインナップなら、iPhone の技術を iPod に持ち込むことができ、尚かつ、アップルとして iPod のマーケティングや製品の位置付けをさほど変えずに済む。私が考える iPod のモデルチェンジとは、現行の延長線上にある発展的な(evolutionary)もので、iPhone のように革新的な(revolutionary)ものではない。250 億ドルのビジネス経営にとって、革新的なものなんて一年にひとつあればそれで十分なのだ。

I don’t have any inside line on what Apple is actually planning here, but I do know Apple is a savvy marketer. This product lineup introduces iPhone technology into the iPod line without requiring Apple to significantly change its iPod marketing or positioning. The iPod update I’ve proposed is simply an evolutionary update, while the iPhone was a revolutionary introduction. But when you’re running a $25 billion business, one revolution a year is probably enough.

     *     *     *

アップルとしては技術的にこんなことが出来る筈だとか、こんなものを出して欲しいと、つい考えてしまい勝ちだ。

Carl Howe のようなマーケティングの観点からの予想も傾聴に値するのではないだろうか。

Technorati Tags: , , ,

PR らしい PR をしなかったアップル

2007年 7月 21日

Stevejobs Moneybags

iPhone を機にアップルが大々的な PR 活動をやったのか、そうでなかったのか。iPhone の発表当日に書かれた大変興味深い指摘がある。

Blackfriars’ Marketing: “iPhone Buzz breaks 11,000 for iDay; let the consumer revolution begin” by Carl Howe: 29 June 2007

iPhone を扱ったニュースの数はすごかった。

Carl Howe によれば、iPhone が発表された当日 iDay(米国時間6月29日)には、iPhone がらみのニュースは 11,690 を超えたが、その後もそれを超える数に高止まりし、ハリーポッター・シリーズを超える勢いを見せている。

Iphonebuzz-720

これをアップルのマーケティング戦略の勝利といわずして何といおうか。

ところがアップルはほとんど PR らしい PR を行なっていない(Apple’s non-marketing)というのだ。

この点について Carl Howe は、アップルがいわゆる広告宣伝をまったくしなかったという、ウォールストリートジャーナルの Paul Kedrosky の記事(”The Jesus Phone”)を引用している。

Wall Street Journal: “The Jesus Phone” by Paul Kedrosky: 29 June 2007

     *     *     *

情報を小出しに?

で、アップルはどうやったかって? つぎのようにいうひともいる。製品に関する情報を巧妙に小出しにして、消費者やジャーナリストが、つぎの新しい機能は何かと待ちかねるように興味をかき立ててきた、と。大きな明るいタッチスクリーン、その次は本格的ウェブブラウザ。そして、指で使えるインターフェイス。これはなんとしても手に入れなきゃ!

So, how has Apple done it? Some people argue it has cleverly drip-dripped product information to the market, tantalizing consumers and journalists alike, everyone hanging on to learn about the next nifty feature. A big, bright touch screen! A real Web browser! A finger-flickable interface! I gotta get one!

しかし事実はそうではない。アップルは製品情報を小出しにしたりはしなかった。Steve Jobs が1月に初めて説明してみせた iPhone と今日実際に出荷されたものとはまったく変わらない。半年前とは異なった機能があるのではないかと、カバーフローに至るまで細かく調べてみてもそんなものはない。

But this theory is wrong. Apple hasn’t steadily dripped product information. As a matter of fact, the iPhone that Steve Jobs described and demonstrated back in January, when he first announced the product, is pretty much the same as what is being launched today. I am hard-pressed to think of a single material feature in the product that wasn’t announced six months ago, right down to the nifty new way you can scroll through songs.

大げさなキャンペーンなんてなかった

みんなが iPhone を認知するようになるまで特段の活動をアップルがしなかったとしても、こうなったのはアップルが何百万ドルも使った大マーケティングキャンペーンを張ったからだというひともいる。しかし、そんなアップルのマーケティングキャンペーンなんて存在しなかったのだ。アップルは製品を発表しただけで、そのあとなんにもしなかった。やっと先月になって、何本かのテレビコマーシャルを出しただけだ。それも、音楽に合わせた製品のデモにすぎなかった。確かに音楽はすばらしかったが、音楽に合わせて iPhone を見せただけで、大げさな宣伝というわけではなかった。

So if Apple hasn’t teased and tantalized its way to iPhone ubiquity, another theory goes, surely it has been the company’s massive, multibillion-dollar marketing campaign that has done the deed. The trouble is, there is no such multibillion-dollar Apple campaign. Apple simply announced the product, and then did nothing. It has only been in the last month that there have been some television advertisements, and those were merely product demonstrations set to music. Granted, it was nice music, but it was also just an iPhone being put through its paces, hardly the recipe for hype.

     *     *     *

Carl Howe は、アップルが PR らしい PR をしなかったことをドルに試算してみせる。

iPhone について書かれたひとつの記事が 2,500 ドルの有料広告に相当するとすると、11日間で 2億 1700 万ドル、この半年で10億ドル以上の広告宣伝費に相当するという。アップルはこれだけのカネを宣伝費として使わずに済み、その分純然たる利益とすることができたのだ。

さらに Carl Howe は、Paul Kedrosky の説得力ある記事を引用してつぎのように結んでいる。

     *     *     *

iPhone の成功は何故か

何百万というひとびとにまだ発売もされていない大変高価なものを買いたいと思わせることができたのが、広告キャンペーンでもなく、アップルのカルトでも、Steve Jobs のカリスマティックなショーマンシップでもないとすれば、iPhone の成功はいったい何故なのだ。

If it’s not the marketing campaign, nor the cult of Apple, nor the showmanship of the charismatic Steve Jobs, then how has the iPhone succeeded in getting millions of people interested in buying something so expensive that hasn’t even been launched?

みんなケイタイが嫌いだ

その訳をお教えしよう。まずみんなが、ケイタイを嫌っていたことだ。電話をかけるというまるで退屈なことを除けば、インターネットにエンターテインメント、その他なんであれとてもひどいものだった。ケイタイは中途半端でオヤジ的なデバイスだというのが一番当たっているだろう。夕方くつろいだときに着るのに、堅苦しい背広の方が似合うと考えるようなオヤジ的、かつ中途半端なデバイス・・・。ウェブブラウザたるやとんでもなくひどく、スクリーンはださく、インターフェイスに至ってはほとんどさっぱり分からないという代物だ。(iPhone の最も喧伝された機能のひとつである「地図」は、これまでのケイタイにも付いているのだが、どうやればその機能が見つかるのか分からないということなのだ。)

I’ll tell you. First, people hate their cell phones. Other than making phone calls — a downright dreary bit of business — using phones for Internet, entertainment and pretty much anything else has been abysmal. Cell phones are best characterized as crippled, paternalistic devices best suited for people who think straitjackets are comfortable evening wear. They have horrible Web browsers, crummy screens, and obscure-to-the point-of-opacity interfaces. (After all, some of the iPhone’s most hyped features, like maps, are on traditional cell phones as well. You just can’t find the feature.)

電話事業者も嫌いだ

ケイタイだけではない。携帯電話事業者もみんなは嫌いなのだ。嫌い、きらい、キライ、大嫌いなのだ。主だった電話事業者は、サポートと称して機器をコントロールし、ケイタイ固有のソフトでファッショ的にコントロールする。一般的ユーザーの反感と嫌悪を募らせるという点では IRS[Internal Revenue Service:アメリカ内国歳入庁、要すれば税務署のこと:徴税方法がアグレッシブで納税申告手続きが煩雑なことから一般のアメリカ人にとっては悪名高い存在]と同じなのだ。

But in addition to hating their phones, people hate their cell phone carriers. Hate, hate, hate, hate. The major cellular providers — with their ham-handed “support” and fascist control of software that can run on phones directly — are right up there with the IRS in terms of inspiring your average mobile phone user’s disgust and loathing.

消費者が望むこと

かかる消費者にとって、アップルの iPhone は一杯の冷たい水のように爽やかに感じられる。ひとびとはひどいケイタイからも、またひどい電話会社からも解放されたいと望んでいるのだ。自分が望むこと(電話を掛け、楽しみ、情報を得ること)のできるそんなデバイスを選びたいのだ。電話会社が必要と考えるものなんかじゃない。(それは、特定の機能の使用を認める代わりに、その機能ごとに毎月5ドルを徴収することになる。)wi-fi で電話が掛けられ、その結果電話会社なんて必要なくなるような、そんな電話が欲しいのだ。

To such consumers, Apple’s iPhone seems like a cool drink of water. These people want to be liberated either from bad phones or from bad phone companies. They want to choose a device that does all the things they want to do — calling, being entertained, consuming information — not all the things their phone company thinks they should do (and then be charged $5 a month per feature for the privilege). They want phones that make it possible to do calls over wi-fi, to the point that cellular companies could potentially become irrelevant.

マーケットのニーズに応える

iPhone に対して草の根の支持が大きく高まっていることは、革命の気運が盛り上がっていることを意味する。まさに時機到来だ。携帯電話会社は、契約期間を短縮し、特定の会社に縛り付けておく排他性を取り除くべく努力しなければならない。なによりも重要なことは、遂にマーケットのニーズに応えなければならなくなったということだ。さもなくば、iPhone (あるいはその後継機)が彼らの息の根を止めることになるだろう。

The massive upwelling of grassroots support for the iPhone shows that a revolution has been building for some time. Now it’s here. Cell phone carriers are going to have to respond by cutting the length of contracts and eliminating exclusivity, and most important, by finally being responsive to their market. If not, iPhones (or their successors) will finish them off.

     *     *     *

Carl Howe の結び・・・

iDay の到来だ。さあ、携帯電話業界に対する消費者革命の始まりだ!

iDay is here. Let the consumer revolution against the mobile phone business begin.

     *     *     *

参考:

・Blackfriars’ Marketing: “iPhone Buzz breaks 11,000 for iDay; let the consumer revolution begin” by Carl Howe: 29 June 2007
・Wall Street Journal: “The Jesus Phone” by Paul Kedrosky: 29 June 2007
・New York Times: “Eating the iPhone” [editorial]: 29 June 2007

Technorati Tags: , , ,