Archive for the ‘Steve Jobs’ Category

Jobs なしでもやっていけるか:フォーチュン誌

2008年 3月 9日

Fortune Steve

[フォーチュン誌 2008 年 4 月 21 日号表紙]

先週来、株主総会や iPhone SDK イベントの記事で花盛りだが、Steve Jobs のインタビュー記事がフォーチュン誌に載っている。

Fortune: “Steve Jobs speaks out” by Betsy Morris: 05 March 2008

同誌の企画「アメリカで最も賞賛される企業」(アップルがトップ)の一環で、家族旅行中のハワイ(コナ)で、今年の2月に行なわれたインタビューだという。

多岐にわたる話題をカバーしているが、その中に次のような興味深い部分がある。

     *     *     *

Jobs がいなくてもアップルはやっていけるか

On whether Apple could live without him

「アップルには大変優れたひとたちがいる。 Tim Cook を COO にしてマック部門をまかせたが、彼は立派にやった。『Jobs がバスに轢(ひ)かれでもしたら、アップルは大変なことになる』というひとがいるのを知っている。まさかパーティはしないと思うけど、アップルにはほんとにすばらしいひとたちがいるんだ。だから取締役会は CEO に誰を選ぶか、何人も然るべき心づもりがある筈だ。現在の役員の誰もが後継者となり得るようにすること、それが私のなすべきことであり、そうしようと心掛けている。」

“We’ve got really capable people at Apple. I made Tim [Cook] COO and gave him the Mac division and he’s done brilliantly. I mean, some people say, ‘Oh, God, if [Jobs] got run over by a bus, Apple would be in trouble.’ And, you know, I think it wouldn’t be a party, but there are really capable people at Apple. And the board would have some good choices about who to pick as CEO. My job is to make the whole executive team good enough to be successors, so that’s what I try to do.”

     *     *     *

いささか優等生的答えだが、Tim Cook とはっきりいっているようにも思える。

後継者に関する話題を Steve Jobs が口にしたのはこれが初めてではないだろうか。3月4日の株主総会での彼の発言もこのラインに沿っていることが分る。

このインタビューでは広範囲の話題が取り上げられていること、Jobs の生のことばがそのまま載っていることの二つの点で大変興味深い。

ウェブ上で 15 ページにも及ぶものだが、アップル社内での仕事ぶりに触れた「月曜マラソン会議」(marathon Monday meetings)など興味深い話題満載なので、是非とも全訳が出ることを期待したい。

     *     *     *

もっとも記事の構成については、John Gruber がつぎのように苦言を呈している。

Daring Fireball: “Fortune Interview With Steve Jobs” by John Gruber: 04 March 2008

     *     *     *

「アメリカで最も賞賛される企業」の企画(アップルがトップ)の一環として、フォーチュン誌は Steve Jobs との稀有なインタビューを載せている。ただ、その構成はひどいものだ。3000 語の文章がウェブの 15 ページにわたって点在し、各ベージ 200 語程度の記事になっている。ページビューを増やそうという恥知らずなやり方だ。しかし中味そのものは一読に値する。

As part of their “America’s Most Admired Companies” package (Apple placed first), Fortune has a rare interview with Steve Jobs. The format is horrible ― 3,000 words spread over 15 web pages, averaging just 200 words per page. Shameless page-view-inflation at its worst, but it’s worth it.

Technorati Tags: , ,

広告

新しいプラットフォームを立ち上げる意味をアップルはちゃんと理解している

2008年 3月 8日

Sdk 2.0

Carl Howe が3月6日の iPhone SDK イベント日本語訳]について興味深い第一印象を述べている。

新しいプラットフォームを立ち上げるということがどういうことか、アップルはちゃんと理解しているというのだ。

Notes From Anywhere: “Apple knows how to launch a platform” by Carl Howe: 06 March 2008

     *     *     *

デベロッパのエコシステム

アップルは、「デベロッパのエコシステム」(developer ecosystemをどうやって育てるかということをみんなに示してみせた。

Apple just showed everyone how to grow a developer ecosystem.

     *     *     *

企業向けの新機能

まず手始めは企業向けの新機能だ。企業で iPhone の使用が認められるために必要だとされていた機能だ。

Apple kicked off the announcement by giving enterprises features they had requested to approve iPhone uses in business, including:

・電子メールの安全性のために ActiveSync をビルトイン、リモートワイプ、Exchange サーバとの統合

• Microsoft ActiveSync built in for secure push email and remote wipe and Exchange integration,

・802.1x および WPA2 WiFi の安全性

• 802.1x and WPA2 WiFi security,

・通信安全のため VPN をサポート

• Cisco VPN support for secure communication

     *     *     *

iPhone SDK の詳細

それから、SDK についてひとつずつ詳しい紹介をした。

But then Apple kicked things up a notch with the SDK details, which included:

・これまでのアップルの開発者向け Xcode との完全な統合

• Complete integration with Apple’s existing developer framework, Xcode,

・iPhone アプリケーションを高速化するためのパフォーマンスツール

• Performance analysis tools to make apps run fast on the iPhone

・OpenGL、マルチタッチ、WiFi、accelerometer など、ほとんどの API に対するアクセス

• Access to nearly every API on the device, including OpenGL, multi-touch, WiFi, accelerometers

・デバッギングのための完全な iPhone シミュレータ

• A full iPhone simulator to help with debugging.

     *     *     *

二週間でこれだけ出来る

これが単なる誇大宣伝ではないことを示すため、数社に二週間で何が出来るかをやらせてみて、その結果を披露した。Electronic Arts の Spore、Salesforce の Salesforce Automation program、AOL の instant messenger、Hippocrates の Drug Identifier、Sega の Super Monkey Ball などだ。二週間という限られた期間の仕事にしては悪くない出来だ。

Just to prove this wasn’t hype, Apple gave the SDK to a group of companies for about two weeks to see what they could do with it. Each of those companies created versions of their applications in that time, including Electronic Arts’ Spore, Salesforce’s Salesforce Automation program, AOL’s instant messenger, Hippocrates Drug Identifier, and Sega’s Super Monkey Ball. Not bad for two weeks of work.

     *     *     *

アップルが本当にやったこと

しかし、真に驚くべきはアップルの払った努力だ。サードパーティの iPhone 開発エコシステムを発展させ、市場化するためにアップルが行なった取り組みだ。マーケティングとアプリケーション配信に関する要点はつぎのとおり。

But the real surprise was Apple’s efforts to market and develop an ecosystem for third-party iPhone development. Marketing and distribution terms were:

・サードパーティのアプリケーションはすべて新しい iPhone AppStore を通じて配信される。デベロッパは99ドル支払えば、自分のソフトの価格を自由に設定でき、無料にすることもできる。

• All third-party applications will be distributed through a new iPhone AppStore. Developers wishing to do so pay a $99 fee, but can set their own prices for their apps, including free should they choose to do so.

・iTunes ストアにはサードパーティのアプリケーション専門のコーナーが設けられ、トップダウンロードも宣伝する。有料アプリケーションの売り上げの70%をデベロッパはもらう。

• iTunes will have a part of its store dedicated to third-party apps and promoting the top downloads. Developers get 70% of revenues for paid apps.

・クライナーパーキンスは iPhone のソフト開発企業を支援するため1億ドルの iFund を創設する。有望なサードパーティの iPhone ソフトビジネスを立ち上げるのにカネは問題でなくなる筈だ。

• Kleiner Perkins is launching a $100 million iFund to fund iPhone developer companies. That means money shouldn’t be a barrier to getting an great third-party iPhone software business off the ground.

     *     *     *

これだけやって出来なければ・・・

みんなが細かいところまで同意しているわけではないし、iPhone 開発のためアップルが SDK をシードするだろうとみんなが期待したのも知っている。だがアップルが本当にやったこととは、企業向けの新機能のために土地を耕し、SDK で種をまき、マーケティングや流通に水をやり、カネで肥料を施すことだった。これだけのサポートがあってもサードパーティのアプリケーションが増えないということなら、何をやってもダメだろう。

Now I know that not everyone will agree with all the details, and I think everyone expected Apple to seed iPhone development with its SDK. But what Apple actually did is till the ground for development with enterprise features, seed it with the SDK, water it with marketing and distribution, and fertilize it with cash. If third-party apps don’t grow with that kind of support, nothing will.

Technorati Tags: , , , , , ,

アップルから Kindle キラー?

2008年 3月 4日

Jobsitouch

Steve Jobs by Robert Galbraith

どうやらアップルから新製品が登場しそうな気配らしい。

ニューヨークタイムズの John Markoff が Kindle キラーの可能性を示唆している。

New York Times [Bits]: “Reading Steve Jobs” by John Markoff: 03 March 2008

     *     *     *

Jobs を読む

Steve Jobs のいうことをあれこれ詮索する、それはシリコンバレーで最も人気のある観戦スポーツだ。一ダースを超える噂系サイトが、Jobs の語る一言ひとことをあたかも教皇の言葉のように恭しく聞き、新しい製品や戦略のヒントがないかと詳しく調べるのだ。

Second-guessing Steve Jobs — or actually first-guessing — is Silicon Valley’s most popular spectator sport. Dozens of Web rumor sites pore over every one of his pronouncements as if he were the pope, looking for product and strategy hints.

     *     *     *

ウラを読む

先のマックワールドで Jobs 氏は私にいったものだ。たいていのアメリカ人は読書をしなくなったから、アマゾンの Kindle ブックリーダーについては懐疑的だ、と。彼のことばは非難と憶測の嵐を巻き起こした。私の読みはこうだ。彼もブックリーダーを準備中なのだな、と。お馴染みの Jobs 流戦術というヤツだ。まずあるカテゴリーを根こそぎけなす。それからアップル流のやり方でそれを再発明する。携帯電話でやったように・・・

At Macworld Mr. Jobs told me he was skeptical about the Amazon Kindle book reader because most Americans don’t read. That touched off a firestorm of criticism and speculation. My favorite bit of analysis was that this must mean he is readying his own book reader. A familiar Jobsian strategy is to denigrate an entire category — he did this with cellphones, for example — before reinventing it with Apple panache.

     *     *     *

「読書」の再発明

じゃあ、読書というものを再発明するには Jobs 氏ならどうするだろうか?

So if he were going to reinvent reading, how would Mr. Jobs do it?

ジグソーバズルの断片を組み合わせてみよう。

Let’s put together the pieces of the puzzle:

     *     *     *

Safari Pad

アップルのマルチタッチ技術は携帯電話用として生まれたのではなかった。アップル社内で「Safari Pad」という名で呼ばれたノートパッドサイズの新製品、その秘密開発プロジェクトから生まれたのがマルチタッチ技術だ。プロジェクトを率いたのは当時マックハードウェアの長をしていた Tim Bucher だ。Jobs は彼の業績を多としてこれを採用し、iPhone に変化させたのだ。

Apple’s multitouch technology began life not as a cellphone, but as a notepad-sized skunkworks project internally dubbed Safari Pad, run by Tim Bucher, then Apple’s head of Macintosh hardware. To his credit, Mr. Jobs seized on the technology and morphed it into the iPhone.

マックワールドで私は Jobs 氏に、iPod touch をより大きな Safari Pad の形式にするという考えはどうかと質問した。「発表されていない製品については話せない」と、彼はピシャリと答えた。

At Macworld, when I asked Mr. Jobs about the idea of an iPod Touch in a larger “Safari Pad” format, he snapped at me, “I can’t talk about unannounced products.”

実に興味をそそられるではないか。

Intriguing.

     *     *     *

iPod touch はプラットフォーム

水曜日のある財務会議で、アップルの COO Tim Cook は、iPod touch が単なる製品であるに止まらずプラットフォームであると認めた。ということは、何か Safari Pad のようなものが間もなく登場するということを意味する。Wi-Fi 接続のデバイスで、デジタルメディアリーダーをスケールアップしたものだ。

On Wednesday, at a financial conference, Apple chief operating officer Tim Cook, confirmed that the iPod Touch was a platform, not a single product. That would indicate that there is something like a Safari Pad in the offing — a Wi-Fi connected device that would be a scaled-up digital media reader.

     *     *     *

インテルプロセッサ Atom

確かにインテルは、携帯電話とノートブックコンピュータの中間に位置する低価格製品をプッシュしている。同社の Diamondville および Silverthorne プロセッサを使用した製品だ。この月曜日、両プロセッサは Atom という商品名になった。

Intel, to be sure, is encouraging the market for low-cost devices that fit somewhere in size between cellphones and notebook computers with its Diamondville and Silverthorne microprocessors that it branded Monday as the Atom.

     *     *     *

音楽でやったことを読書でも・・・

アメリカ人の読書能力に異を唱えたことで非難を浴びた Jobs 氏は、ひょっとすると音楽でやったのと同じことを読書についてもやれると信じているのかもしれない。(つまり、 Safari Pad のやれることがウェブブラウジングだけなら、いささか期待外れではないかということだ。)Kindle が成功したかどうかについては未だ分からないとしても(売り切れたという話もあれば、出版筋の話では不透明だとも)、Kindle の真にすばらしいところは iPod-iTunes をベースとするビジネスモデル教本の一頁を借用しているという点だ。そのことは Jobs 氏も心すべきなのだ。

So despite all the criticism Mr. Jobs has taken for impugning American literacy, maybe he actually believes he can do for reading what he for listening to music? (I mean, if all a Safari Pad does is Web browsing, that would be a bit of an anticlimax.) And despite the mixed reports on the success of the Kindle to date ム there are reports that it has sold out, but the word from the publishing world is murkier ム Mr. Jobs has to have taken note that the Kindleユs real genius was in borrowing a page from the iPod-iTunes business-model playbook.

     *     *     *

アップルのインダストリアルデザイン

[Kindle と]大体同じサイズで、厚さは Macbook Air より薄い「何か」だとしたら、みんなの反応はどうだろうか。そんなデジタルブックを実現するのに、アップルのインダストリアルデザイン部門ならアマゾンより立派にやってのけることは疑いない。

What would the reaction be to something about the same size and less than the thickness of the Macbook Air? Without a doubt the Apple industrial design department could do a better job than Amazon in conceptualizing a digital book.

     *     *     *

デジタル時代の読書

これまでもいろいろ奇妙なことが起きたのは確かだ。結局のところ、このデジタル時代に読書というものを救ったのは Jobs 氏だということになったら、実に皮肉なことではないだろうか。

Certainly stranger things have happened. Wouldn’t it be ironic if Mr. Jobs could ultimately claim to have saved reading books in the digital age?

     *     *     *

iPhone を事前に当てた John Markoff のいうことだけに見過ごせない。

iPhone と MacBook の間の空白が「Safari Pad」で埋まるのだろうか・・・

Technorati Tags: , , , , , , ,

チップを見れば全体像が見える

2008年 1月 25日

Otellini

今回のマックワールドや MacBook Air については、ひとによってその評価が必ずしも一致しないようだ。

例の Robert X. Cringely が興味深い見方をしている。これは周到に計算された壮大な計画のワンステップに過ぎない、チップを見れば全体が見えてくるというのだ。

PBS [The Pulpit]: “The Big Picture: Apple’s methodical moves show it takes time to change the world.” by Robert X. Cringely: 18 January 2008

     *     *     *

株価が下がった

上がるのか、それとも下がるのか。ほとんどのニュースメディアにとって、今週のマックワールドは煎じ詰めればそういうことだった。アップルが発表する新製品はアップルの株価を上げるのか、それとも下げるのか。株価は下がった。マックワールドは失敗だったと、まるでそのこと自体に意味があるかのように何度もいわれた。私自身はアップルの株を持っていない。だから上がろうと下がろうとどうでもいい。たいていのひとがそうだろう。アップルは iPod や iPhone に代わる「i」のついた何か(iSomething)を発表して、今後 200 日の間に 400 万台、1000 万台と売って株価を上げるはずだった。しかしそうはならなかった。確かにクールな製品をいくつか発表した。しかし 400 万台も売れるようなものではなかった。かくて株価は下がった。

Up or down? That’s what this week’s Macworld show came down to for most news organizations. Would the new Apple products make the company’s shares go up or down? They went down. Macworld was a bust, we were told repeatedly, as if it really mattered. I don’t own Apple stock so I couldn’t care less whether it goes up or down, nor could most customers. Apple was supposed to introduce another iPod or iPhone, or iSomething that would sell four million or 10 million copies in the next 200 days, driving share prices higher. But it didn’t happen. Apple introduced some cool stuff, but nothing that would sell four million units this year, hence the letdown.

まったくナンセンスだ。

Hogwash.

     *     *     *

マックワールドとはいったい何だったか

マックワールドの期間中に手早く1割の儲けを出そうというデイトレーダーはたくさんいたが、今年はそうできず失望することとなった。デイトレーダーのことなんかどうでもいい我々一般人はといえば、今回の発表がいったい何を意味するのか、雲をつかむような気持ちだった。そこでじっくり考えてみて、この問題をはっきりさせたいと思う。

A bunch of day traders that used to making a quick 10 percent on their money during Macworld week didn’t make that 10 percent this year, so they were disappointed. A bunch of reporters eager to write about those day traders making their 10 percent were disappointed, too. Meanwhile, the rest of us who don’t care about day traders were left without much perspective on what any of these announcements actually mean. So I’ll do the heavy lifting here and gratefully get back to something non-Apple next week.

     *     *     *

MacBook Air の何が重要か

まず、MacBook Air について考えてみよう。確かにクールな製品だ。しかし名前が悪い。マイケルジョーダンならピッタリだったが[注:Air Jordan のこと、付記参照]、だからどうだというのだ。MacBook Air が来年 100 万台売れるかどうか極めて疑わしい。半分の 50 万台でもどうかと思う。それは Steve Jobs にもよく分かっている。ここで重要なのはサブノートブックコンピュータではない。アップルがいずれ出すことになるより興味深い製品に、MacBook Air の何が影響を与えるだろうかということが重要なのだ。

First let’s look at the MacBook Air, which is a cool product with a bad name, though I guess it worked well for Michael Jordan, so what the heck. It is very doubtful that Apple will sell a million Airs in the next year. It is doubtful Apple will sell even half a million Airs and Steve Jobs knows this. What’s important here is not the subnotebook computer but the bits of it that will likely make their way into much more interesting Apple products to come.

     *     *     *

インテルを納得させるには・・・

Little Chip

例えば、インテルがアップルのために特別にパッケージにした CPU はどうやって生まれたのか。50 万台にも満たぬハコに入れる小さな CPU のために、インテルの Paul Otellini の尻を叩くなんてことを Steve Jobs はしない。Steve Jobs のやり方はいつも同じだ。彼はこういって Paul Otellini を督励したのだ。この小さな CPU はいずれ何百万というアップル製品が搭載することになると約束したのだ。その製品は MacBook Air なんかよりはるかに安い筈だ。また向こう半年の間はアップルだけが独占的に使用するという話にした筈だ。

Take that specially packaged Intel CPU, how did that come about? Steve Jobs didn’t beat the heck out of Intel CEO Paul Otellini to get a little CPU that would go into fewer than half a million boxes. Steve did what he always does. He beat the heck out of Paul Otellini with the promise that this little CPU — for which we can expect Apple will hold some exclusive for the next six months — will end up in millions and millions of Apple products, nearly all of them costing a lot less than a MacBook Air.

     *     *     *

アップルタブレット

インテルにとってアップルは大変重要な存在だ。誰も口にしないが、100% インテルプロセッサを使う最後の有力コンピュータメーカーなのだ。ぎりぎりムダを省いて多くのことを成し遂げるアップルのやり方(Apple’s ability to do more with less)は、他のメーカーにとっても常に刺激となっている。アップルが家電とネットワークにより傾斜していくとき、インテルもまたそうするのだ。今年中にはアップルタブレットが登場すると私は今でも信じている。そのタブレットには、これと同じインテル CPU を使う筈だ。

Apple is very important to Intel. Though nobody says it out loud, Apple is the last of the major computer companies that uses 100 percent Intel processors. And Apple’s ability to do more with less has to be a continual inspiration to its competitors. As Apple slides further and further into the consumer electronics and networking markets, Intel will be right there, too. I still expect we’ll see an Apple tablet this year, for example, and it will use this same Intel CPU.

     *     *     *

マルチタッチトラックパッド

じゃあ、マルチタッチのトラックパッドはどうか。私がかつて予言したように、マウスに代わるものが今年初めて登場するということか。そうかもしれない。今後いたるところでトラックパッドを目にするようになることだけは確かだ。

How about that new trackpad with the multi-touch interface? Could that be the first look at that mouse replacement I predicted would be coming from Apple this year? Maybe. You can be sure we’ll see a lot more of that baby.

     *     *     *

光学ドライブ

MacBook Air が光学ドライブをなくしてしまったことはどうか。あんなに薄いのでは、光学ドライブの収納スペースを確保するなんて至難の業だ。でも、Steve Jobs がアップルに復帰したとき、ノートブックからリムーバブルメディアをなくすることには激しく反対したのではなかったか。PowerBook 100 や 2400 も PowerBook Duo もそうではなかったか。なぜ Steve は今になって考えを変えたのだろうか。それは、すべての光学ドライブをネットワーク経由のものへ、出来れば iTunes に置き換えたいと彼が考えているからなのだ。Blu-ray について今週アップルが触れなかったのはそういうわけだ。Jobs のやり方がこのまま通るなら、今後とも Blu-ray について目にすることはないだろう。

What about the Air’s lack of an optical drive? It’s hard to find a place for an optical drive in such a thin computer, but isn’t Steve Jobs the guy who when he returned to Apple railed against notebooks without removable media, like the PowerBook 100 and 2400 and the various PowerBook Duos? Why did Steve change his mind now? Because Steve wants to replace optical drives of any sort with bits provided over the network, preferably from iTunes. That’s also why we didn’t see an Apple Blu-ray announcement this week and — if Jobs has his way — we’ll never see one.

     *     *     *

Apple TV

第二世代 Apple TV について考えてみよう。私以外は誰も尋ねなかった質問がある。  229 ドルに値下げしたのは何故かという質問だ。99 ドルに下げたのなら、「うん、レンタルマーケットを育成するためには、持ち出しになってもいいと判断したのだな」と考えるだろう。でも何故 229 ドルなのだ。どこかのフォーカスグルーブが Apple TV は 230 ドルでも売れると入れ知恵したのだろうか。所詮これはセットトップボックス(set-top box)に過ぎない。セットトップボックスなんかにカネを払いたいひとはいないし、払うにしても 299 ドルや 229 ドルなんてとんでもない。

Let’s turn now to the second-generation Apple TV and the question I seem to be the only one asking: why did they drop the price to $229? Had they dropped the price to $99 I’d say, “Okay, they’ve decided to lose money on this thing to grow the rental market.” But why $229? Did some focus group tell Apple there was price resistance to the Apple TV above $230? It’s a set-top box! People don’t want to pay anything for a set-top box and if they do pay something they sure don’t want to pay $299 OR $229.

     *     *     *

Apple TV はマックだ!

Apple TV にからむ分野はどれも Steve Jobs にとっては地雷原だ。ここで注目すべきは、Apple TV が小さなマックだということだ。ただ、生まれながらに備えているマックとしての能力(innate Macness)は注意深く隠されている。映像出力こそ HDMI ディスプレイに限られているものの、実は Apple TV は正真正銘のマックなのだと発表していたら、マックワールドはぶっ飛んだに違いない。大型液晶テレビ(HDTV)に繋いで、ウェブサーフィンその他 Apple TV で出来ることならなんでも出来るマックが、たとえ当初の 299 ドルという価格であってもそれで買えるなら、これはもう間違いなく大ヒットだろう。しかし、そうなれば Mac mini や iMac の売上げを大きく食ってしまうおそれがあるので、Steve としてはそうはいえないのだ。

The entire Apple TV category is a minefield for Steve Jobs. It’s a tiny Macintosh, remember, though with its innate Macness carefully hidden. Steve COULD HAVE blown the doors off Macworld if he had simply allowed the Apple TV to BE a Mac, albeit limited to HDMI displays. If you could buy a Mac that attaches to your HDTV for web surfing as well as all the other Apple TV functions, even at the original $299 price, it would have been a HUGE hit. But it might also have hurt Mac Mini and iMac sales, so Steve couldn’t bring himself to do it.

     *     *     *

Apple TV Nano

長期的にみれば、Apple TV の関連製品はいずれテレビそのものに組み込まれると思う。ここにもまた地雷原がある。なぜなら、コンピュータは次々に買い替えられるが、テレビとなるとそうはいかないからだ。だから、 デルや HP がやったようにアップルがテレビ部門に進出しても、確かに初めは売上げが伸びるだろうが、いずれは伸びが止まる。結局アップルの進む道は、ケーブルカードに Apple TV を組み込んだような製品、いわば Apple TV Nano を作る方向に向かうことになるだろう。これは技術的には今でも可能だ。1年半もすればどこでも見られる存在になるだろう。大型液晶テレビのベンダーはこれに飛びつくはずだ。ケーブルカードを備えた大型液晶テレビは、爆発的とはいわないまでも大いに売れる筈だからだ。

In the long run I think the whole Apple TV product category will be subsumed into the television, itself. Here, too, is another minefield because people replace their computers a lot more often than they replace their televisions, so Apple going into the TV business (like Dell and HP have) might help sales at first but later hurt. The more likely move for Apple, therefore, is to eventually create the Apple TV Nano, which is an Apple TV built into a CableCard. This is technically feasible right now and 18 months from now it will be a no-brainer. The big HDTV vendors would jump on that one like crazy since it would drive CableCard-equipped HDTV sales, which have been less than stellar.

     *     *     *

映画レンタルサービス

アップルの映画レンタルサービスも大きな話題だ。私にとって興味があるのはブロードバンド ISP[Internet service provider:インターネット接続サービス業者]に与える影響だ。アップルに限らない。アマゾン、Netflix、その他たくさんいる。アップルのおかげで競争が激しくなっているのは事実だ。

Apple’s movie rental service offers a lot to talk about, too, though the part I find most interesting is simply the likely impact on broadband ISPs. It’s not just Apple, but also Amazon, Netflix, and others that will drive this impact, though those competing efforts are accelerating right now because of Apple.

     *     *     *

料金値上げの絶好のチャンス

ブロードバンド業者は今でも優位を保とうと、回線容量を制限したり、HD 映画をダウンロードする周波数帯域に30ドル課金する話を持ち出したりしている。しかしそんな回線容量のサポートに必要なバックボーンの増強についてカネを出す気はさらさらない。それなのにブロードバンド業者が動き出した理由は、料金値上げの絶好のチャンスが到来したと見ているからだ。これらのブロードバンド業者(ケーブル会社や電話会社)は、これまでの電話やテレビといったサービスより、ブロードバンドの売上げから利益を上げている。ケーブル料金が上がり続けているのは事実だが、そのほとんどはコンテンツ料金の値上げによるものだ。ブロードバンド業者にとってインターネットのコンテンツそのものにはコストはかからない。しかしコストがかからないからといって、みんなからカネがとれるものなら、それを辞めるというわけでもないのだ。

The broadband ISPs are already jostling for advantage, talking about limiting throughput and making people pay $30 for the bandwidth to download an HD movie. They simply don’t want to pay for the additional backbone capacity required to support this level of traffic. But the even bigger reason why the ISPs are moving right now is they perceive a perfect storm that will allow them to RAISE PRICES. Whether we are talking about a cable company or a phone company, these ISPs make more profit from selling broadband than they do from selling their original service, whether it is phone or TV. Cable prices keep going up, true, but nearly all of that goes for increasing costs for content. Internet content costs an ISP nothing, but that doesn’t mean they won’t try to charge us more if they can.

     *     *     *

グーグルがダークホース

もっと奇妙なことは、みんながビックリする HD コンテンツが静的だ[static:増加したりせず変化がないの意か]ということだ。これまで制作されたあらゆる映画を1台のサーバーに入れ、ケーブル会社や DSL マシンルームに置いておいて、以後そのコンテンツのバックボーンには一切手を触れないというのも、完全に合理的なのだ。大手ブロードバンド業者は IP マルチキャストを通じてすでにそれを始めている。ただし彼らはカネを取りたいと考えているのだ。この分野でのダークホースはグーグルだ。この数年グーグルは、消費者のために、ブロードバンド業者に成り代わって、これらのサービスの提供者として自らを位置づけ、注力してきた。我々がコマーシャルをちょっと見てくれさえすればという話だが・・・。決めるのが消費者ということなら、成功するのはグーグルになるだろう。

What’s crazy about this is that most of the HD content we’re getting upset about is static. It is perfectly reasonable to put every movie ever made on a server and put just such a server in every cable company or DSL machine room and never have to touch the Internet backbone for that content, which is exactly what I’ve explained the big ISPs are already starting to do through IP multicast. But now they’ll want to be paid for it. The dark horse here is Google, which has spent a couple years positioning itself to offer to handle this service on behalf of ISPs and consumers alike in exchange for us watching some commercials. If it is up to consumers, Google will succeed.

     *     *     *

Jobs は知っている

Steve Jobs はこのことを知っている。アップルとグーグルは、それぞれ役員が重複していることから、相手が何をしようとしているのか正確に把握している筈なのだ。

And Steve Jobs knows this, because with their interlocking boards, Apple and Google have to know precisely what the other is up to.

     *     *     *

周到に計算され尽くした計画

したがって、マックワールドは十分に計算され尽くした計画に至るステップのひとつに過ぎないのだ。アップルが(多分グーグルも)情報メディアの世界支配を図るという計画の・・・。この計画には忍耐がいる。この点をプレスは理解できないし、理解しようともしない。結局、これが良いことかどうかを決めるのは我々ひとりひとりだということになる。現時点では、まだその評決が出ていないようだ。

So Macworld was just another step in a very measured plan to establish global media dominance for Apple and probably for Google, too. But it’s a plan that requires patience, which the press can’t — or doesn’t want to — understand. So it is up to us as individuals to decide whether this is good or bad. I’d say the jury is still out on that one.

     *     *     *

なるほど話は壮大だ。

ISP にまで広がって、門外漢にはよく分からないところもあるが、アップル特注のチップの話は確かにこれだけではあるまい。

Cringely のいうとおり、マックワールドで明らかになったのはほんの一部に過ぎないのだろう。

なお、MacBook Air 搭載のチップについては、Anand Lal Shimpi の記事が詳細で興味深い。

AnandTech: “The MacBook Air CPU Mystery: More Details Revealed” by Anand Lal Shimpi: 17 January 2008

★初出はこちら[maclalala:annex

     *     *     *

付記:ナイキの Air Jordan(1月27日)

Michael Jordan

Michael Jordan poses with the new Air Jordan XX3 basketball shoe

ナイキが生み出したスニーカーシリーズの最高傑作。

Air Jordan

Air Jordan – Michael Jordan won the NBA Slam Dunk Contest in 1987 and 1988.

Michael Jordan の脅威のジャンプにあやかって Air と命名したといわれる。

たくさんのシリーズが出て、爆発的にヒットした。

Air Jordan のコマーシャルはこちら

教えてくださった ryo さんに感謝します。

Technorati Tags: , , , , , ,

知られざる iPhone 物語

2008年 1月 11日

Iphone Debut

Wired マガジンが iPhone 開発秘話を載せて話題になっている。

情報の出所については触れていないがなかなかおもしろい。

Jobs の試作機却下に縮み上がる話だとか、部屋に閉じ込められたプロダクトマネージャの話など裏話的なものもあるが、モトローラとの共同開発が失敗したことから、アップルが携帯電話本体に手をつけるように変わっていくところが興味深い。

個人的にはつぎの二つが特におもしろかった。

Wired Magazine: “The Untold Story: How the iPhone Blew Up the Wireless Industry” by Fred Vogelstein: 09 January 2008 [Issue  16.02]

     *     *     *

タッチスクリーンダブレットも開発していた

Jobs には自信を持つ理由があった。アップルのハードウェアエンジニアたちはかれこれ1年近くタブレット PC 用にタッチスクリーン技術を開発していたが、同様のインターフェイスを電話用にも作れると Jobs を説得していたのだ。

Jobs had reason to be confident. Apple’s hardware engineers had spent about a year working on touchscreen technology for a tablet PC and had convinced him that they could build a similar interface for a phone.

さらに、ARM11 チップが開発されたおかげで、携帯電話用のプロセッサがやっと電話とコンピュータと iPod の機能をすべて備えたデバイスでも動かせるだけ強力になった。

Plus, thanks to the release of the ARM11 chip, cell phone processors were finally fast and efficient enough to power a device that combined the functionality of a phone, a computer, and an iPod.

また、ワイヤレス料金も十分安くなったので、顧客に再販することも可能になった。Virgin のような会社はすでにやっていたことだけれど・・・

And wireless minutes had become cheap enough that Apple could resell them to customers; companies like Virgin were already doing so.

     *     *     *

数日後のマックワールドとの関係で大変気になる点だ。

iPhone 前にタッチスクリーンタブレットが開発されていたのなら、ウワサの小型ノートブック(ウェブ端末)の信憑性はぐんと上がるのではないか・・・

このほか、iPhone プロジェクトのコード名の話も興味深い。

     *     *     *

iPhone の機密保持には極端に気を使った

iPhone の開発を通じ、Jobs は最高レベルの機密保持を図った。iPhone プロジェクトは内部では P2 というコードで呼ばれた。かつて放棄された iPod phone Purple 1 と呼ばれていたので、今回は Purple 2 すなわち P2 というわけ・・・

Through it all, Jobs maintained the highest level of secrecy. Internally, the project was known as P2, short for Purple 2 (the abandoned iPod phone was called Purple 1).

開発チームは細分化され、カリフォルニアのクパチーノキャンパスのあちこちに分散された。アップルの重役が Cingular に出張したときは、Infineon[電話のトランスミッタ製造会社]の社員として登録した。

Teams were split up and scattered across Apple’s Cupertino, California, campus. Whenever Apple executives traveled to Cingular, they registered as employees of Infineon, the company Apple was using to make the phone’s transmitter.

iPhone のハードチームとソフトチームですら別々だった。ハードウェアのエンジニアは偽のソフトを載せた回路で作業し、ソフトのエンジニアは見えないように木箱に入れた回路についてソフトを書いた。

Even the iPhone’s hardware and software teams were kept apart: Hardware engineers worked on circuitry that was loaded with fake software, while software engineers worked off circuit boards sitting in wooden boxes.

Jobs 2007 年1月のマックワールドで iPhone を発表したとき、プロジェクトに携わった上級社員でも iPhone を目にしたのはほんの30人程度だった。

By January 2007, when Jobs announced the iPhone at Macworld, only 30 or so of the most senior people on the project had seen it.

     *     *     *

本来ならばこの話は Steven Levy John Markoff などが書きたかったのではないか。Wired に抜かれて切歯扼腕(せっしやくわん)していそうな気がする。

彼らならばアップル内部の人間に対する詳細なインタビューを踏まえたものになったような気がする・・・

それにしてもなかなかおもしろいので、日本版 Wired あたりからの全文訳出を期待したい。

     *     *     *

参考:

Wired Magazine: “The Untold Story: How the iPhone Blew Up the Wireless Industry” by Fred Vogelstein: 09 January 2008 [Issue  16.02]

Cult of Mac: “The Untold Tale of the iPhone” by David Drupa : 09 January 2008

Electronista: “iPhone’s secrecy, development flips wireless industry“: 09 January 2008

Mac Rumors: “The Origins and Development of the iPhone” by Arnold Kim: 10 January 2008

AppleInsider: “Wired on the untold history of the iPhone“: 10 January 2008

Ars Technica: “Wired tells of the trials and tribulations of iPhone’s birth” by David Chartier: 10 January 2008

CrunchGear: “Amazing article explores iPhone’s history, development: totally worth the read” by Nicholas Deleon: 10 January 2008

Macin’ Blog: “iPhoneの語られなかったストーリー“: 11 January 2008

Technorati Tags: , ,

Steve Jobs の世界

2008年 1月 2日

Newsvisual

The Steve Jobs Empire

古くからのマックユーザーにとって、Steve Jobs はアップル30年の歴史を凝縮した存在だが、iPod などを契機にマックに触れるようになった世代には異なって見えるかもしれない。

NewsVisual が Steve Jobs の世界を図示化する試みをしている。

Seeking Alpha: “A Glance Into The Steve Jobs Empire“: 30 December 2007

     *     *     *

アップルの人気はなぜ

ヒップな消費者がトレンディな iPhone や iPod、MacBook などに群がったこの一年は、アップルにとってすばらしい年だった。もうひとつ、アップルの売り上げに貢献しているのは、アップルのものなら何でも扱うアップルストアだ。今や全売り上げの20%を叩き出している。アップルストアのデザインを見ると、カスタマーサービスがユニークなことに加えて、初めてのお客でも入りやすく、一度来たお客はリピーターになってしまう。ニューヨークタイムズの Katie Hafner がこの点について詳しく触れている。

This past year has been a good one for technology giant Apple Inc, which saw consumers scrambling for iPhones, iPods, MacBooks and all the trendy accessories that hipsters couldn’t do without. Another growing factor into the company’s success is now its physical retail stores devoted to everything Apple, from which 20 percent of revenues are derived. The physical design and details of the stores combined with the unique approach to customer service is said to be what draws first-time customers in and brings them back time and again (see article by Katie Hafner in The New York Times).

     *     *     *

IntellectSpace Knowledge Map

アップルの人気を分析するには、同社の共同設立者であり CEO である Steven P Jobs を直接分析することが必要だ。そこで NewsVisual では、よく知られている Jobs の過去、現在のコネクションを図示化した「IntellectSpace Knowledge Map」をつくってみた。Jobs が30年前にアップルを立ち上げたときには、これほど世界に知られたブランドになるとは夢想だにしなかったに違いない。

In analyzing the mass appeal and success of Apple, we must look directly to the company’s Co-Founder and CEO, Steven P Jobs. NewsVisual created an IntellectSpace Knowledge Map of the notable past and present connections of Jobs, who likely had no idea more than three decades ago when he co-founded Apple, the global presence the company would eventually achieve.

     *     *     *

NeXT Pixar

Jobs といえばアップルのことだと考えるが、IntellectSpace Knowledge Map によれば、Jobs が設立に手を染めた会社は他にもある。彼は、後にアップルが吸収することになるソフトウェア会社 NeXT Inc の共同設立者でもある。また、過去10年にわたる CG 技術の発展のおかげで大成功を収めた Pixar Animation の共同設立者でもある。

Though Jobs is most commonly associated with Apple, the IntellectSpace Knowledge Map reveals other notable companies that he has had a large hand in forming. He is the Co-Founder of NeXT Inc, a software company now owned by Apple, and also Co-Founder of Pixar Animation, which has seen huge success over the last decade thanks to the growth of CG technology.

     *     *     *

DisneyGap Reed College

IntellectSpace Knowledge Map で分るもうひとつのコネクションは、Walt Disney Company と Gap の重役を務めていることが有名であり、さらには Jobs がたった一学期しか在籍しなかったオレゴン州ポートランドの Reed College がある。

Other noteworthy connections illustrated on the Knowledge Map are his ties as a Director to The Walt Disney Company and Gap, as well as to Reed College in Portland, Oregon, where Jobs was enrolled for only one semester.

     *     *     *

今後も成功は続く

今日最も成功を収めている会社の幾つかについて、その設立と運営に Jobs が与っていることを考えれば、今後何年にもわたって彼の名前がニュースのヘッドラインを飾るであろうことは疑いない。

Given Jobs’ roles in forming and leading some of the most successful companies of today, it’s not unlikely that we’ll be seeing his name in headlines for years to come.

注:Knowledge Maps で使用した情報は、いずれも米国証券取引委員会(SEC)の公開資料の基づくものです。

(Note: the information contained and presented in Knowledge Maps is public information from the Securities and Exchange Commission of the United States of America).

     *     *     *

とくに目新しい情報はないのだが、アップルの Jobs から、メディア、家電、小売へと世界が広がっていることは、改めて記憶に留めておいていいと思う。

     *     *     *

参考:

・Seeking Alpha: “A Glance Into The Steve Jobs Empire“: 30 December 2007

・NewsVisual: “A Glance Into The Steve Jobs Empire With An IntellectSpace Knowledge Map“: 28 December 2007

Technorati Tags: ,

トップの座まであと一歩

2007年 12月 21日

Jony And Steve

Jonathan Ive and Steve Jobs

エセックス生まれのデザイナーが、いったいどうやってアメリカ大企業の CEO に擬せられるようになったのか・・・

ロンドンのタイムズが、興味深いシンデレラストーリーを載せている。

Times: “One step from the top, Essex boy who reached Apple’s core” by Chris Ayres: 08 December 2007

     *     *     *

セレブの顧客

彼はアメリカでも最も強力な会社の仕事に就いている。彼の崇拝者や顧客には、ボノ、ジョージ・ブッシュ、エリザベス女王などがいる。今年タイム誌の読者投票ではこの世で最も影響力のある100人のひとりに選ばれた。

He holds one of the most powerful corporate jobs in America. His admirers (and customers) include Bono, George W. Bush and the Queen. This year the readers of Time magazine put him among the 100 most influential people on Earth.

Jonathan Ive はエセックス生まれ、シャイで人前にでるのを嫌う。彼の最初のキャリアは化粧道具をデザインすることだった。そんな彼が、アメリカのビジネスの歴史でもごく稀な、大きな成功に最も近い位置にいるということなのか。

Could Jonathan Ive, the publicity-shy Essex boy who started his career designing toilets and combs, be close to performing one of the most extraordinary coups in American business history?

彼は40才で、ジムで鍛えたような身体を持ち、頭を剃って、Aston Martin に乗るイギリス人だ。歴史家の奥さんと双子の息子と一緒に、サンフランシスコのツインピークスに住んでいる。その彼が、アップルコンピュータを動かす次の人間だということなのか。

Could this 40-year-old gym-toned, shaven-headed, Aston Martin-driving Brit, who lives in Twin Peaks, San Francisco, with his wife, who is a historian, and their twin sons, be the next man to run Apple Computer?

     *     *     *

勲章をもらったジョニー

Ive 氏は仲間内ではジョニー(Jony)で通っている。今やアップルのインダストリアルデザイン担当上級副社長だ。iMac から iPhone まで、あらゆるアップル製品の開発に携わっていることで有名だ。

Mr Ive, known to colleagues as Jony, is already Apple’s senior vice-president of industrial design, credited widely with the development of every Apple product from the iMac to the iPhone.

ヨーロッパで売り出された Ive 氏の iPhone はすでに50万に達し、アナリストの予測を大きく上回っている。9年前に Ive 氏がパリで初代 iMac を披露したとき、グレープフルーツみたいなデザインにしたといったものだ。その iMac は、ムダのないすっきりとしたデザインとシンプルでバグの少ない OS によって、今もなお多くの PC ユーザーをアップルに改宗させ続けている。

Sales of Mr Ive’s iPhone in Europe are already set to reach half a million – way ahead of analysts’ forecasts. Meanwhile, the iMac, which Mr Ive first revealed nine years ago in Paris, explaining that he wanted it to look like a grapefruit, is continuing to convert more and more PC users to its anorexic design and simpler, less buggy operating system.

Ive 氏の努力に報いて、昨年英国女王は CBE[Commander of (the Order of) the British Empire:上級勲爵士]勲章を贈った。女王陛下の思し召しはみんなの想像以上だったことが後ほど分かった。81才の女王陛下は、アンドリュー王子から贈られた 6GB Royal iPod を持っていたのだ。

Mr Ive’s efforts were rewarded by the Queen last year with a CBE. It has since been revealed that Her Majesty’s appreciation went deeper than many thought: the 81-year-old monarch is the owner of a 6Gb Royal iPod, a gift from Prince Andrew.

     *     *     *

後継者は誰に

それにしても、東ロンドンの Chingford 出身のこの若者は、いったいどうしてアップルの共同設立者であり CEO である Steve Jobs の後を継いだりできるのだろうか。52 才の Jobs を暴君だと考えるひともいるが(アップルでは「スティーブされた」とはクビになったという意味)、しかし彼は象徴的な偶像であり、悪口をいわれる以上に崇拝されているのだ。

But how could a boy from Chingford, East London, ever replace Steve Jobs, Apple’s co-founder and CEO. Although Mr Jobs, 52, is considered by some a tyrant (“being Steved” is shorthand for being fired at Apple), he also an icon and more revered than he is reviled.

Steve Jobs の最終的後継者を明らかにするようにという圧力は日増しに高まっている。特定の一個人のパーソナリティの上に築かれた会社には、はっきりとした後継者プランが必要だと多くのひとが考えるからだ。シリコンバレーの有名ブロガー Jess McMullin は、アップルの取締役会に対し、「後継者プランを立てることは株主の受託者である取締役会の責務」であり、後継者リストのトップに来るのが Jonathan Ive だという公開書簡まで出しているほどだ。

And yet he is under growing pressure to name his ultimate replacement, as many fear that a company built on one man’s personality needs a clear succession plan. Jess McMullin, a prominent Silicon Valley blogger, has gone as far as to write an open letter to Apple’s board of directors, pointing out that it is their “fiduciary duty to develop a succession plan”, and that Jonathan Ive should be at the top of their list.

MacUser の共同編集者である Dan Moren も同意して次のようにいう。Ive 氏こそが「アップルを一番有名にしたもの、すなわちデザインを体現した人間」だ、と。

Dan Moren, co-editor of MacUser, agrees. He describes Mr Ive as “the man who embodies what Apple is perhaps most famous for – design”.

     *     *     *

ストックオプションスキャンダル

アップルの後継者が話題になる理由はほかにもある。アップルのことというと口を出したがる連中がよくいうように、「スティーブ後のシナリオ」が必要なのだ。ストックオプションスキャンダル(底値で買って後で高く売り抜いて利益を出すチャンスのこと)によってアップルは傷つき易くなった。昨年8月に話が表に出て以来、いつまで経っても消えないのだ。

There are other reasons for all the talk of succession at Apple – or, as the company’s obsessive followers like to say, the need for a “postSteve scenario”. The company has been made vulnerable by a scandal over stock options – essentially, the opportunity to buy stock for aknockdown price in the hope of selling it at a profit later – that emerged in August last year and has refused to go away.

アップルは、違法なストックオプションを悪用して重役に棚ぼたを与えたと訴えられた何百社のうちの一社に過ぎない。ウォール街では、著名な犠牲者が続出している。例えば木曜日には、United-Health Group の前 CEO が、ストックオプションの約半分を没収され、700万ドルの罰金を支払う代わりに、アメリカ金融界の番犬 SEC の調査を終結させることで話がついたのだ。

Apple is one of hundreds of companies accused of unfairly rigging its stock options programme to ensure guaranteed windfalls for executives. On Wall Street, high-profile casualties continue to mount: on Thursday the former chief executive of United-Health Group agreed to forfeit almost half a billion dollars in stock options and pay a $7 million fine to settle an investigation by the Securities and Exchange Commission, America’s financial watchdog.

SEC は、アップルに対しては如何なる措置をとる予定もないといっている。しかしながら、アップルの元総合弁護士 Nancy Heinen に対しては詐欺罪で告発する一方、元最高財務責任者の Fred Anderson に対しては調査終結の話をつけている。

The SEC has indicated that it has no plans to take action against Apple, but it has filed fraud charges against Nancy Heinen, the company’s former general counsel, and settled an investigation into Fred Anderson, the computer company’s former chief financial officer.

     *     *     *

SEC はまだ探っている

アップルは、外部に対してはもう事は終わったといっているが、SEC はまだアップルを探っているのではないかと考えるもひとも多い。Heinen 氏への審理が進むにつれて(本人は悪事をしていないと否定しているが)アップルの内情に対する関心は高まる一方だろう。

Despite Apple’s reassurances to the public, many are convinced that the SEC is still circling – and as the case against Ms Heinen progresses (she denies any wrongdoing) interest in Apple’s internal politics is only likely to heighten.

Jobs 氏自身、事件の過程で、正式の宣誓供述書を求められたものと考えられている。Jobs 氏はなんら悪い事をしていないというのがアップルの立場であり、むしろ「緊急かつ徹底的で、例を見ない協力ぶりについて」SEC から賞賛されたと指摘するのにやぶさかでない。それでもなお、Jobs 氏が違法なストックオプションから何百万ドルものカネを手にしたと主張するサンフランシスコの強力な弁護士事務所から、改めて訴えを起こされる可能性があるのだ。

It is thought that Mr Jobs himself has been asked to give an official statement, or deposition, as part of the case. Apple maintains that Mr Jobs did nothing wrong, and is eager to point out that the company has been praised by the SEC for its “swift, extensive and extraordinary cooperation”. Yet Apple is also facing a revised lawsuit from a powerful San Francisco law firm that claims that Mr Jobs made hundreds of millions of dollars from unfairly “backdated” stock options.

     *     *     *

クリーンな Ive

Jobs 氏が訴えを起こされる可能性がどんなに小さいものであれ、もし Ive 氏がアップル CEO の後継者として正式に命名されれば、アップルの将来への疑念が消えると胸を撫で下ろす投資者は少なくないのだ。

No matter how remote the possibility of Mr Jobs standing down might be, some investors would be happier if Mr Ive was named officially as the Apple CEO’s successor to avoid future doubt.

アップルに対し訴訟を起こそうとしている弁護士の Mark Molumphy は、Ive 氏がストックオプション訴訟に関する限りアンタッチャブルだということを、渋々タイムズ紙に対し認めた。「我々がみた証拠には、彼について触れているものはない」と。

Mark Molumphy, the lawyer who is filing the revised lawsuit against Apple, conceded to The Times that Mr Ive was more or less untouchable as far as the stock options litigation goes. “The evidence we’ve seen does not implicate him,” he said.

     *     *     *

コンピュータは苦手

Ive 氏自身、自分はコンピュータギークというより、デザイナーであると認めている。2003 年に行われた珍しいスピーチで、彼は語っている。「専門学校時代、自分はコンピュータにはとても手こずった。自分はテクニカルなものには向いていないと確信した。専門学校の終わりの頃になって、マックと出会った。それまで使ったものよりずっとすばらしかったのでビックリしたことを覚えている。」

Mr Ive has admitted that he is more of a designer than a computer geek. “I went through college having a real problem with computers,” he said at a rare speech in 2003. “I was convinced that I was technically inept. Right at the end of my time at college, I discovered the Mac. I remember being astounded at just how much better it was than anything else I had tried to use.”

     *     *     *

ニューキャッスル技術専門学校(Newcastle Polytechnic)、タンジェリン(Tangerine)デザインスタジオなどを経て、1992 年にアップルに移籍、その後復帰した Jobs に見いだされることになる。

     *     *     *

最初の作品が iMac

Ive 氏は早速頭角を現し、デザインチーフになった。最初の重要な作品が半透明の iMac G3 だ。なんとそれはガムドロップ(英国流にいえばワインガム)に似せてデザインしたものだった。Ive 氏はそのリサーチの過程で、ジェリービーンズ工場に調査にまで行ったのだ。パリで iMac がデビューしたとき、Ive 氏は PC の「ベージュボックス」文化について激しく非難したものだ。

Mr Ive was quickly promoted to design chief and launched his first key product: the translucent iMac G3, modelled defiantly on a gumdrop (or, more likely given his British heritage, a wine gum). As part of his research, Mr Ive went on a field trip to a jelly bean factory. At the iMac’s debut in Paris, Mr Ive railed against the “beige box” culture of PCs.

「コンピュータ業界のクリエイティビティは破綻している」と彼は宣(のたも)うた。「iMac が速いのは分かっている。だから不細工なものにする必要はないんだ。」

“The computer industry is creatively bankrupt,” he declared. “We knew that the iMac was fast, we didn’t need to make it ugly.”

このときこそ、アップルが大きく舵を切り、沢山のヒット作品を出し始めたときだった。オールホワイトの iMac、iPod、そして iPhone などのヒット作品を・・・。おかげで会社の株は10年間で 1000% も上昇した。

It was the beginning of a remarkable turnaround for Apple, and a series of hit products – including the all-white iMac, the iPod and now the iPhone – that have helped the company’s stock to rise by more than 1,000 per cent in ten years.

     *     *     *

Ive を見込んだ Jobs

Ive 氏と Jobs 氏は、少なくとも日に一度は会話を交わすという。完全主義という点で Ive 氏はボスの Jobs 氏と共通点がある。その一例として、iMac には目に見えるネジを一本たりと残すなと Jobs 氏が要求したといわれる。

Mr Ive and Mr Jobs are said to talk at least once a day, and Mr Ive shares his boss’s perfectionism (it is claimed that Mr Jobs demanded that the iMac not have a single visible screw).

Ive 氏の給料がいくらなのかアップルは明らかにしていない。しかしアップルが立ち直ったおかげで Ive 氏は大変リッチになったと考えられている。だから Aston Martin も買えたし、Bono、David Byrne(Talking Heads のリード歌手)、Paul Smith(デザイナー)といった有名人の友だちもできたというわけ・・・

Mr Ive’s salary is not disclosed by Apple, but the company’s revival is thought to have made him very, very wealthy – hence the Aston Martin. It has also brought him many celebrity friends, including Bono, David Byrne, the Talking Heads lead singer, and the designer Paul Smith.

かつてビジネスウィークが彼のことを「スターバックスに行く途中で迷子になった大学院生みたいだ」といったことがあるが、Ive 氏がアップル内部で権力の階段を上り詰めたことについて驚きを隠さないインサイダーもいる。結局アップルは、外からは隔離された(カルト的というひともいる)世界なのだ。そして今や Ive 氏は、カーテンの後ろにいる男と考えられるようになった。

Once described by Business Week magazine as “looking like a graduate student who got lost on the way to Starbucks”, Mr Ive’s rise to power at Apple has astonished company insiders. Apple, after all, is a insular organisation – cultish, some say – and Mr Ive is now considered the Man Behind the Curtain.

Ive 氏が珍しく自己を語る場となったイベントを4年前に主催した Chee Pearlman はつぎのように語る。「Steve Jobs は、ジョニーの中に、完成を目指す術(すべ)を心得た人間、Steve 自身のビジョンを超えることができ、しかも何度もそれを繰り返してみせる人物を見いだしたのだと思う」と。

“I think Steve Jobs has found somebody in Jony who knows how to complete or even exceed his vision, and do it time and time again,” said Chee Pearlman, who hosted the event at which Mr Ive spoke four years ago.

     *     *     *

不安視するひとも・・・

もちろん懐疑的なひともいる。「Steve 2.0」になるには Ive 氏はカリスマ性に欠けるというひともいる。ハリウッドのプレス発表を思わせるキーノート、YouTube でも繰り返し再生される、そんなキーノートは決して彼にはやれないだろう、と。

There are sceptics, of course. Some have suggested that Mr Ive lacks the charisma to become “Steve 2.0”, and that he could never deliver Mr Jobs’s Hollywood-style press conferences, replayed endlessly on YouTube.

それでも、後継者候補の一番の本命は、テクノロジーは苦手と称したことのあるこの英国人なのだ。いつものように彼はとても控え目だが・・・

And yet of all the potential succession candidates, the Briton who once described himself as technically inept is by far the favourite. True to form he is keeping a low profile.

アップルの女性広報官 Susan Lundgren はタイムズ紙に向かっていったものだ。「インタビューを受けるよりデザインの仕事をやっていた方が、ジョニーとしては時間を有効に使ったと思うんじゃない」って・・・

Susan Lundgren, an Apple spokeswoman, told The Times: “Jony feels his time would be better spent doing his job than doing interviews.”

     *     *     *

なお、ジョニーの珍しいインタビュー記事についてはこちら[細部へのこだわり:Jonathan Ive]・・・

また、その仕事ぶりについてはこちら[Jonathan Ive とその仲間たち]をご覧下さい。

★初出はこちら[maclalala:annex

     *     *     *

参考:

・Times: “One step from the top, Essex boy who reached Apple’s core” by Chris Ayres: 08 December 2007

・BusinessWeek [Byte of the Apple]: “Is Ive Apple’s Next CEO?” by Arik Hesseldahl: 10 December 2007

・Ars Technica: “Ive could eventually replace Jobs at Apple, says paper” by Justin Berka: 10 December 2007

・Engadget: “Jonathan Ive being groomed to take over for Jobs one fateful day?” by Ryan Block: 08 December 2007

・InsanelyMac Forum: “Just Who Will Replace Steve Jobs?” by Numberzz: 11 December 2007

Technorati Tags: , ,

Steve Jobs の肉声がうかがえるインタビュー

2007年 10月 24日

Leopard Jobs-1

Paul Sakuma/AP/New York Times

Leopard の発売を直前に控え、ニューヨークタイムズの John Markoff が久しぶりにアップルの記事を書いている。

市場予想を大幅に上回る増益に沸く四半期決算発表のあった10月22日の記事だが、書かれたのはそれ以前だ。

Steve Jobs の喜びと自信を肉声で窺わせるようなインタビューだ。

New York Times: “As Apple Gains PC Market Share, Jobs Talks of a Decade of Upgrades” by John Markoff: 22 October 2007

     *     *     *

コンピュータも売っている

社名から「コンピュータ」ということばを落としたとはいえ、アップルはちゃんと沢山のマックを売っている。

SAN FRANCISCO, Oct. 21 — It may have dropped the word “computer” from its name, but Apple is certainly selling plenty of Macs.

     *     *     *

ヘイロー効果

いわゆるアナリストがいうところの iPod や iPhone のヘイロー効果(halo effect)もあって、アップルのパーソナルコンピュータのマーケットシェアは急増している。

Driven in part by what analysts call a halo effect from the iPod and the iPhone, the market share of the company’s personal computers is surging.

     *     *     *

全米第3位

コンピュータマーケットをカバーする二つのリサーチ会社が先週述べたところによれば、アップルは、月曜日の第4四半期の決算報告および製品出荷報告の時点で、Hewlett-Packard および Dell に続く全米第3位のコンピュータメーカーとなる。

Two research firms that track the computer market said last week that Apple would move into third place in the United States behind Hewlett-Packard and Dell on Monday, when it reports product shipments in the fiscal fourth quarter as part of its earnings announcement.

     *     *     *

大きな弾みが・・・

「今やマッキントッシュには大きな弾みがついている」とアップルの CEO Steven P. Jobs は、先週の電話インタビューで語った。「業界を凌駕するペースだ。」

“The Macintosh has a lot of momentum now,” said Steven P. Jobs, Apple’s chief executive, in a telephone interview last week. “It is outpacing the industry.”

     *     *     *

Leopard の発表

金曜日にアップルは OS X の新バージョン Leopard の販売を開始する。これは様々な機能を備え、あるものは Windows Vista と並び、またあるものはそれ以上だ。

On Friday, Apple will start selling the new Leopard version of its OS X operating system, which has a range of features that in some cases match those in Windows Vista and in others surpass them.

     *     *     *

10年は続く OS

Jobs 氏は、今後少なくとも10年間は、Leopard が皮切りとなって OS アップグレードが予定に組み込まれることなるだろうと語った。

Mr. Jobs said that Leopard would anchor a schedule of product upgrades that could continue for as long as a decade.

     *     *     *

12〜18か月のペースで

「今後当分の間、12〜18か月のペースで新しい OS のアップグレードが出来ることを大変よろこんでいる。メジャーなリリースはこれまでのところ平均して毎年一回だった。そうすることで我々は、磨きに磨きをかけ、改良に改良を加えることができたのだ。」

“I’m quite pleased with the pace of new operating systems every 12 to 18 months for the foreseeable future,” he said. “We’ve put out major releases on the average of one a year, and it’s given us the ability to polish and polish and improve and improve.”

     *     *     *

成熟期にはいったコンピュータ

アップルはマイクロソフトからウインドウズの顧客を奪って好調な伸びを示すかもしれないが、しかしこの二つの会社は同じような問題に直面している。業界自体が成熟期にはいり、成長を飛躍的に活性化するほど明白かつラジカルな技術革新が見られなってしまったことだ。

Although Apple may be able to grow briskly by taking Windows customers from Microsoft, the two companies face a similar problem: the industry is maturing and there have been no obvious radical innovations to jump-start growth.

     *     *     *

マルチタッチインターフェイスこそ核心

確かに Leopard の新機能の多くは漸進的な改良(incremental improvements)だ。しかし Jobs 氏はいう。iPhone 向け OS X の核心をなすマルチタッチインターフェイス(multitouch interface)が成功したのはスゴいことだと。このインターフェイスのお陰で、ユーザーはスクリーンの複数のポイントに触れることによって、例えば写真の一部をズームして拡大することが可能になるのだ。

Indeed, many of the new features in the Leopard operating system version are incremental improvements. But Mr. Jobs said he was struck by the success of the multitouch interface that is at the heart of the iPhone version of the OS X. This allows a user to touch the screen at more than one point to zoom in on a portion of a photo, for example.

     *     *     *

これは新しいインターフェイスだ

「我々が発明したのは新しい種類のインターフェイスだということを、みんなはまだ分かっていない。」

“People don’t understand that we’ve invented a new class of interface,” he said.

彼は、マイクロソフトがタブレットコンピュータで採用したスタイラスインターフェイス(stylus interface)と比較してみせた。それは多くのコンピュータが 1980 年代半ばから使っていたインターフェイスとさして変わりないものだ。

He contrasted it with stylus interfaces, like the approach Microsoft took with its tablet computer. That interface is not so different from what most computers have been using since the mid-1980s.

それに比べてマルチタッチは、コンピュータを制御する方法を大幅に単純化したのだ、と Jobs 氏はいう。

In contrast, Mr. Jobs said that multitouch drastically simplified the process of controlling a computer.

     *     *     *

iPhone UI には「動詞」が存在しない

Jobs 氏はいう。iPhone のインターフェイスには「動詞」(verb)が存在しないと。例えばこれまでのマウスやスタイラスの場合、ユーザーは写真のような対象を選択(select)し、そしてそれとは別に動作(action)、即ち「動詞」を選択することによって何かをさせた。

There are no “verbs” in the iPhone interface, he said, alluding to the way a standard mouse or stylus system works. In those systems, users select an object, like a photo, and then separately select an action, or “verb,” to do something to it.

     *     *     *

うまくいかないのではと恐れていた

Jobs 氏は更にいう。アップルの開発チームはいつも恐れていたんだ。この[マルチタッチインターフェイスによる]アプローチは iPhone を造っている間に失敗することになるのではないかと。

The Apple development team worried constantly that the approach might fail during the years they were creating the iPhone, he said.

「我々は Newton を笑いモノにした Garry Trudeau のマンガのことをいつも心に思い浮かべていた」と、手書き文字認識システム[注:Newton]のことをからかった Doonesbury の 1993 年の4コママンガのことに触れて彼はいった。「今度はうまくやらなきゃ・・・」

“We all had that Garry Trudeau cartoon that poked fun at the Newton in the back of our minds,” he said, citing Doonesbury comic strips that mocked an Apple handwriting-recognition system in 1993. “This thing had to work.”

     *     *     *

バカにされた Newton のことを思いながら頑張っていたという秘話は、iPhone 成功のよろこびがひとしおであることを窺わせる。

電話のインタビューだそうだが、Steve Jobs の肉声が伝わってきそうなところはさすがだ。

10月26日の Leopard 発表とともに、次の10年が始まる・・・

Technorati Tags: , , ,

サードパーティソフトに関する Steve Jobs の公開書簡

2007年 10月 18日

Open Letter-1

10月17日、ついにアップルは、iPhone についてサードパーティのネイティブソフト開発を認め、そのために開発キット SDK を出すことを Steve Jobs の公開書簡の形で明らかにした。

Apple: “Third Party Applications on the iPhone“: 17 October 2007[注:Hot News の一項目なので直接のリンクはできない]

     *     *     *

ちょっといわせて欲しい。我々だって iPhone で動くネイティブなサードパーティのアプリケーションを望んでいる。そのため2月には SDK[Software Development Kit:ソフトウェア開発キット]がデベロッパの手に届くようにするつもりだ。活気溢れるサードパーティの開発者コミュニティが iPhone を中心にでき、何百という新しいアプリケーションがユーザーのために出来ると思うとワクワクする。革新的なマルチタッチ・インターフェイスに加えて、強力なハードウェアと先端を行くソフトウェアというアーキテクチャによって、かつてないすばらしいモバイル・プラットフォームを開発者に提供できたと我々は信じている。

Let me just say it: We want native third party applications on the iPhone, and we plan to have an SDK in developers’ hands in February. We are excited about creating a vibrant third party developer community around the iPhone and enabling hundreds of new applications for our users. With our revolutionary multi-touch interface, powerful hardware and advanced software architecture, we believe we have created the best mobile platform ever for developers.

SDK のリリースには2月までかかると思う。なぜなら、全く正反対の二つのこと、すなわちデベロッパに先進的でオープンなプラットフォームを提供するということと同時に、ユーザーをウイルスやマルウェア、プライバシー攻撃などとから守るという二つの異なったことをやらなければならないからだ。これは決して容易なことではない。ウイルスやマルウェアは、携帯電話に関しては問題ないというひともいる。しかしそれはまったく正しくない。すでに他社の携帯電話には深刻なウイルスが存在している。なかには、携帯電話のネットワークを通じて電話から電話へ気付かれないまま伝染していくものもある。電話がますます強力になるにつれて、悪意のプログラムもますます危険なものになる。iPhone は最も進んだ電話であるため、非常に目立つターゲットになる。

It will take until February to release an SDK because we’re trying to do two diametrically opposed things at once—provide an advanced and open platform to developers while at the same time protect iPhone users from viruses, malware, privacy attacks, etc. This is no easy task. Some claim that viruses and malware are not a problem on mobile phones—this is simply not true. There have been serious viruses on other mobile phones already, including some that silently spread from phone to phone over the cell network. As our phones become more powerful, these malicious programs will become more dangerous. And since the iPhone is the most advanced phone ever, it will be a highly visible target.

既に行動を起こしている会社もいくつかある。例えば Nokia は、最新の電話については、デジタル署名(digital signature)のないアプリケーションは一切インストールを認めていない。このデジタル署名をたどれば既知のデベロッパに行き着くことが可能だ。このことによって電話は「完全にオープン」とは言い難くなるが、これが正しい方向への第一歩だと我々は確信している。我々は先進的なシステムについて目下作業中だ。このシステムによって、デベロッパは iPhone のすばらしいソフトウェア・プラットフォームにアクセスして、ネイティブなプログラムを書くことができ、同時に悪意のプログラムからユーザーを守ることができるのだ。

Some companies are already taking action. Nokia, for example, is not allowing any applications to be loaded onto some of their newest phones unless they have a digital signature that can be traced back to a known developer. While this makes such a phone less than “totally open,” we believe it is a step in the right direction. We are working on an advanced system which will offer developers broad access to natively program the iPhone’s amazing software platform while at the same time protecting users from malicious programs.

数か月我慢すれば、サードバーティのすばらしいアプリケーションが安全かつ確実に iPhone で動く輝かしき未来が開け、報われることになるのだ。

We think a few months of patience now will be rewarded by many years of great third party applications running on safe and reliable iPhones.

スティーブ

Steve

追伸:それから SDK を使えば、iPod touch のアプリケーションを作ることも可能だ。

P.S.: The SDK will also allow developers to create applications for iPod touch.

Technorati Tags: , , , , , ,

iPod touch のハックはむずかしそう・・・

2007年 9月 24日

Oldphone-Mtr-1

TUAW のポッドキャストがおもしろい。[別館参照] 第7話は iPhone unlock の舞台裏だ。

TUAW: “TUAW Talkcast #7: Inside the iPhone Dev Team” by Michael Rose: 22 September 2007

TalkShoe: “TUAW Talkcast #7: iNside the iPhone Dev Team“: 16 September 2007

第7話の紹介はつぎのとおり。

「iPhone unlock が盛んだ。詳細が分かるのはたった一か所、TUAW のポッドキャストだけだ。ブロガーの Erica Sadun と一緒にインサイドスクープを聞こう。」

The iPhone unlock is in the wild, and there’s only one place to go for the full story: TUAW’s talkcast. Join blogger Erica Sadun for the inside scoop.

第7話には9月16日の日曜日に公開録音されたものらしい。iPhone ハックに関心のあるひとには見逃せない(聞き逃せない)ポッドキャストだろう。

すっかりお馴染みになった Erica Sadun の肉声が聞ける。今や彼女はすっかりスターになってしまった。

個人的におもしろいかったのは、iPod touch を入手していじってみた Erica の感想だ。

iPod touch がハックできるかどうかと聞かれた彼女の返事はこうだ。「残念ながらとてもむずかしい。」

“Unfortunately, the news is really bad.”

iTunes とのコミュニケートのやり方が、 比較的単純明快だった iPhone と比べ、iPod touch では大幅に変更されてしまったのがその原因らしい。

iPod touch と iTunes のコミューニケーションは “incredibly frustrating but beautiful” だという。要すれば、間にハッカーが割り込む隙がないということか・・・

そのことを除けば、iPod touch は「安物」(cheap and tacky)で「やっつけ仕事」(rush job)に感じられるとまで言い切る。

「明らかに iPod touch は、iPhone のソフトをより安価な機材に載せただけのものだ。材質は安物だし、ソフトの大部分はちゃんとした品質管理ができていない。」

“Clearly they just took the iPhone softwere, put it on a much cheaper device… The material is cheaper, they don’t seem to have done quality control on most of the software.”

ハックを試みてうまくいかなかったいらだちが感じ取れるようだ。

ハッカーから見ればいらだちだが、アップルにすればハッカーを見事に食い止めたということになるのではないか。

ただ、iPhone の次期モデルも、iPod touch と同じようにクローズ化される方向で変更されだろうという Erica のことばは気に懸かる。

     *     *     *

training wheel

Jobs In London-1

ポッドキャストを聴きながら、ロンドンの iPhone 発表で Steve Jobs が語ったことばを思い出していた。

iPhone と iPod touch は異なるマーケットのセグメントだ。一方は電話であり、もう一方は電話ではない。それぞれ異なる製品だ。iPod touch ではユーザー体験を学べる。iPod touch のユーザーはこう考えるのだ。「この iPod の全部を私の電話と一緒にできるのに・・」と。iPod touch は iPhone の練習台[training wheel:補助輪、練習台、入門機]なのだ。

“The touch and iPhone are different segments of the market place,” he said.

Jobs added: “One’s a phone and one’s not a phone. They are pretty different products. The iPod touch teaches the experience. iPod touch users will realize ‘I could have it all and combine my phone with this iPod.’ The iPod touch is training wheels for the iPhone.”

Macworld: “iPhone in the UK: Apple, O2 take on iPhone questions” by Jonny Evans: 18 September 2007

明らかに Jobs の意識では、iPod touch は iPhone の練習台に過ぎず、格オチの製品だということなのだろう。

     *     *     *

そこまでやるか・・・

Ars Reivew

いつも Ars Technica のレビュー記事には絶大なる信頼をおいている。Eric Bangeman の iPod touch レビューも読み応えのあるものだった。

その中に次の下りがある。[別館参照]

Ars Technica: “The iPod meets the iPhone: a review of the iPod touch” by Eric Bangeman: 17 September 2007

Notes を削除し、Calendar を一部機能停止にする然るべき理由があったとは考えられない。これはアップルが iPhone と iPod touch を明確に差別化しようとしてとった意図的措置だったと思われる。

There’s no good reason for Notes to be missing and for Calendar to be crippled. It appears to be a deliberate choice on Apple’s part to further differentiate the iPod touch from the iPhone.

iPod touch では電話ができないということだけで十分に差別化されていると考えた私がおバカだった。

Silly me… I thought the fact that you can’t make phone calls on the iPod touch would be enough.

本来持っている筈の機能にわざわざ枠をはめ機能停止しようとする姑息な考えに、Eric Bangeman が慨嘆している様子が窺える。

     *     *     *

Not Operable

そんな iPhone ハックとも、iPod touch に対する感慨とも無縁だった日本でいよいよ iPod touch が出荷された。

待ち受けていたのは「iPod touchが一切操作を受け付けない」というニュースだった。

CNET Japan:”iPod touch、商品到着と同時にWinユーザーから不具合報告多数「確認できていない」とアップル” by 鳴海淳義:23 September 2007

Engadget Japanese:”iPod touch国内で出荷開始、日本語Windowsで操作不可の不具合“:23 September 2007

気になる、記になる…:”iPod TouchWinで動かない?!“:23 September 2007

iPod nanoなの:”史上最高の商品に、史上最悪の不具合発生中!!“:24 September 2007

デジイチ最新情報:”アップルはiPod touchへの対応が遅い!“:24 September 2007

イラストレーター’s ファイン ライフ:”Appleのミス“:24 September 2007

一部の日本語ウインドウズユーザーに限った問題のようだが、その一部こそ日本の iPod ユーザーの大宗を占めるのではないか・・・

こんなこと出荷以前に簡単にチェックできて、大騒ぎを防げたのではないかと思うが、アップルの日本サイトには何も出ていないので詳細は分からない。

iPod touch に対する期待は大きいだけに、その一挙手一投足が話題になる。

Technorati Tags: , , , ,