Archive for the ‘Subnotebook’ Category

Jobs のキーノート中にアップル株が下落

2008年 1月 16日

Apple Stock Chart

Steve Jobs のキーノートとしては前代未聞?

TechCrunch Japanese: “Apple株、Steve Jobs氏の基調講演中に暴落“: 16 January 2008[Nobuko Fujieda 訳]

TechCrunch: “Apple Stock Tanks During Stevenote” by Erick Schonfeld: 15 January 2008

     *     *     *

スティーブ・ジョブスの講演に、ウォールストリートはあくびをしているようだ。Stevenote(スティーブノート:ここではスティーブ・ジョブスの基調講演のことを指す)はまだ終わっていないが、アップル株はすでに$7ドル$9ドル下落。MacBook AirとiTnes Movie Rentalsでは(ウォールストリートで株を上げるには)ダメということらしい。[Nobuko Fujieda 訳]

Steve Jobs is giving Wall Street a big yawn. The Stevenote isn’t even over yet, and Apple’s stock is already down $7 $9. The MacBook Air and iTunes Movie Rentals just doesn’t do it for them.

     *     *     *

ライブ中継中にこのニュースを流した TechCrunch はお手柄だ!

簡潔なことばでピタリ雰囲気を伝えていて、TechCrunch のライブブログは光っていた。satomi さん、日本語版編集部のみなさん、ご苦労さま!

TechCrunch: “Macworld 2008 スティーブ・ジョブズ基調講演ライブ” by TechCrunch 日本語版編集部: 15 January 2008

TechCrunch: “Steve Jobs Keynote Live From Macworld” by Duncan Riley: 15 January 2008

     *     *     *

World's Thinnest

10:16am: 1.6ghzか1.8ghzのインテルCore Duo。

(10:16am: Apple株が4.5%落ちた。詳報

10:13am: iSight内蔵。フルサイズのキーボードはバックライト付きだ。

10:12am: 13.4″型ディスプレイ

10:11am: オフィスの連絡用に使う標準サイズのマニラ封筒(あのちっちゃい防水の封筒だ)から製品を引っ張り出した。信じられないぐらい薄い。

10:09am: 「これは世界で最も薄型のノートだ」。紹介の前に、ソニー製品と比べてる。

10:08am: Macbook Air!

10:16am: 1.6ghz or 1.8ghz Intel Core Duo.

(10:16am: Apple sock down 4.5%)

10:13am: comes with built-in iSight and full size keyboard that’s back-lit as well

10:12am: 13.4″ display

10:09am: SJ says its the “world’s thinest [sic] notebook,” comparing it to a Sony before the introduction

10:08am: Macbook Air!

     *     *     *

No 11 12Inch Display

アップルの the world’s thinnest notebook なるものが、フルサイズキーボード、スタンダードスクリーンだったこともショック。超小型ノートブックはアップルからは望めないということか・・・

Technorati Tags: , , ,

広告

Newton タブレットの発表はなし?

2008年 1月 13日

Macbook Touch-4

[タブレットのひとつ:MacBook Touch mockup by Edwin Tofslie

AppleInsider によれば、来週のマックワールドで「Newton タブレット」(ウェブ端末)を期待するのは次期尚早らしい。

AppleInsider: “Sources: Apple Newton-tablet not ripe for Macworld“: 11 January 2008

     *     *     *

Newton デバイスの発表はなし

すでに廃止になっているかつての「Newton デバイス」の後継機をアップルが開発するかどうかは、来週のマックワールドエクスポでは話題にならないだろう。

An initiative on the part of Apple Inc. to develop a modern day successor to its now defunct Newton handheld device is not expected to play a role in next week’s Macworld Expo.

     *     *     *

タイムテーブルは未定

このプロジェクトは、事情通の話では今でも続いているという。しかし、昨年のマックワールドエクスポ直前に iPhone が見舞われたように、いろいろな試練に直面しているため、タイムテーブルが未だ定まらないのだそうだ。

The project, however, remains a work-in-progress, according to people familiar with the matter, who attribute its floating timetable to a number of challenges similar to those that threatened to plague iPhone in the months leading up to last year’s expo.

     *     *     *

Newton デバイス / Mac タブレット

この「Newton デバイス」(Mac タブレットと呼ばれることもある)は、形の上ではアップル風タブレット PC というより、 iPod touch または iPhone を大きくしたものだといわれる。

In its current form, the Newton device — sometimes dubbed a Mac tablet or slate — has been described along the lines of a larger iPod touch or iPhone rather than an Apple adaptation of the modern day tablet PC.

     *     *     *

マルチタッチ技術

このプロジェクト完成の暁には、アップルのマルチタッチ技術は、iPhone や iPod touch にはまだ取り入れられていない機能やコンセプトを備え、さらに高度化したものになると期待されている。

When the project does come to fruition, it’s expected to leverage a more advanced implementation of Apple’s multi-touch technology, featuring concepts and functionality not yet available on the company’s iPhone and iPod touch handhelds.

     *     *     *

マックワールドでは・・・

その代わり、来週のマックワールドエクスポでは、Mac ノートブックや iTunes のコンテンツ配信、iPhone のアップグレードなどに焦点が絞られるものと考えられる。

Apple is instead expected to use next week’s Macworld Expo to focus on Mac notebooks, iTunes content distribution, and iPhone advancements.

発表の準備が出来ているものとしては、シックな超軽量サブノートブック、iTunes 映画レンタルサービス、iPhone ソフトのアップデートなどだと思われる。

Among the specific announcements believed to be on tap are a chic and ultra-lightweight sub-notebook, a new iTunes movie rental service, and an updated version of the iPhone software.

     *     *     *

Silverthorne についても未定

インテルのウルトラモバイルプロセッサ Silverthorne に関して、アップルがなんらかの発表を行なうかどうかは、今の時点でははっきりしない。チップセットがまだ未発表なこと、大量入手が不可能なためだ。

It remains unclear whether Apple will make any announcements related to its planned adoption of the Intel Silverthorne ultra-mobile processor, as that chipset is neither launched nor available in production quantities at this time.

     *     *     *

超小型のウェブ端末を待ち兼ねている筆者としてはいささかガッカリだが、Silverthorne についてすらまだハッキリしない段階では無理なのかもしれない。

Technorati Tags: , , , , , , ,

2008 年は小型ノートブックの年

2008年 1月 6日

Macbooktouch

ウワサの小型マックのひとつ:MacBook Touch

ついに、ビジネス誌トップのビジネスウィークまでマックワールド予想に名乗りをあげた。

小型マックがどんなデザインになろうと、使わざるを得ないチップの方から考えてみようというわけ・・・

これがなかなか説得力があっておもしろい。

BusinessWeek: “A Little ‘Intel’ on Apple’s Next Move” by Arik Hesseldahl: 04 January 2008

     *     *     *

Steve Jobs が1月15日のマックワールドで何を発表するのか気になるって? アップルにチップを提供している唯一のメーカーの最新のチップを見れば、心躍るヒントが得られるよ。

Wondering what Steve Jobs will announce in his Macworld keynote on Jan. 15? The newest chips from Apple’s sole supplier offer some intriguing hints

     *     *     *

ウワサの渦

マックワールドエクスポが数日後に迫った。Steve Jobs のキーノートを待ちかねてそこら中ウワサの渦だ。iTunes の映画レンタルサービスか、Apple TV か、それとも新しいタブレット PC か・・・

With Macworld Expo just days away, the pre-“Stevenote” buzz is building fast. The rumors about what Apple Chief Executive Steve Jobs might unveil in his keynote speech run the gamut from a new movie-rental service for iTunes and Apple TV to a new tablet PC.

     *     *     *

インテルがカギ

アップルがこの新しい年に何をやろうとしているのか、それを知るにはインテルのロードマップが大いに役立つ。インテルこそ 2006 年以来アップルにチップを提供している唯一のサプライヤーだからだ。どうやら見るところ、このチップメーカーは 2008 年の後半には、アップルを未踏の、しかも実入りがいいと思われる領域に導いてくれそうだ。

But when guessing what Apple will do in the coming year, it’s particularly helpful to look at the roadmap of Intel, which has been Apple’s only chip supplier since 2006. And from the looks of things, the chipmaker may help lead Apple into uncharted, possibly lucrative, territory starting in late 2008.

     *     *     *

ノートブックに変化が・・・

アップルは小型のノートブックコンピュータを導入すると予測するものが多い。私の考えでも、これは的を得ていると思う。ひとつには、2006 年にアップルが PowerPC チップからインテルのプロセッサに移行したことを除くと、ノートブックのラインナップについてアップルはここしばらく大きな変更を加えていないからだ。サブノートブックというカテゴリーはアップルのラインナップで明らかに欠けているものだ。一番小さい MacBook でも 13.3 インチで、5ポンドも重量がある。

A lot of the speculation has focused on Apple’s apparent plan to introduce a small notebook computer, and I think these rumors are pretty close to the mark. For one thing, beyond switching from PowerPC chips to Intel processors in 2006, Apple hasn’t made any serious revisions to its notebook line in some time. And the most obvious hole in Apple’s computer lineup is in the subnotebook category. Right now, the smallest MacBook sports a 13.3-inch screen and weighs a hefty 5 pounds.

     *     *     *

Silverthorne ファミリー

だから、スクリーンサイズが10インチ以下で、重さが2ポンド以内の、一部のひとが「MacBook Mini」と呼ぶ新しい製品をアップルは出すに違いないと考えるわけだ。インテルチップの Silverthorne ファミリーが、今後長い期間にわたってそれを助けることになるだろう。このチップは、大変小さなサイズ、かなりの処理能力、大幅に少ない電力消費量で知られている。

That’s why it’s time for Apple to launch a new product some are calling the MacBook Mini, with a screen of less than 10 inches and weighing no more than 2 pounds. A new family of Intel chips named Silverthorne may go a long way toward helping Apple get there. These chips will be notable for their very small size, relatively beefy computing power, and very low power consumption.

     *     *     *

Menlow から Moorestown

Silverthorne ファミリーの第一弾は Menlow(コード名)チップで、今年前半、それも6月以前に登場すると考えられている。第二弾は 2008 年後半ないしは 2009 年初頭に登場すると考えられている Moorestown だ。インテルの 32 ナノ技術によって製造される。Menlow よりさらに小さく、より強力で、消費電力もより少ない。これはサブノートブック用の候補というだけでなく、新世代 iPhone の候補にもなるのだ。

The first chip of the Silverthorne family, code-named Menlow, is expected to arrive in the first half of this year, probably before June. A second, known as Moorestown, due in late 2008 or early 2009, will be built on Intel’s 32-nanometer manufacturing process, which means it will be even smaller and more powerful and it will consume even less power than the Menlow. This will make it a contender for use not only in subnotebooks, but in a new generation of iPhone devices.

     *     *     *

2008 年は小型ノートブックの年

インテルチップを使用する他のベンダーを見ると、2008 年はサブノートブックの年になるだろうと予測出来る。Asus Eeepc は 350 ドルでスクリーンは7インチ、重さは1ポンドという小型ノートブックだ。インテルの Celeron を搭載し、リナックスで動き、Wi-Fi をサポートする。聞くところでは全世界で40万台を売り上げたという。富士通にも、5.6 インチでスクリーンが回転する LifeBook U810 がある。重さは1ポンド半、チップはインテルの A110 モバイルチップだ。

There are hints from other vendors using Intel chips that the subnotebook category could be a winner in 2008. Consider the Asus Eeepc, a tiny, $350 notebook with a 7-inch screen that weighs less than a pound and uses an Intel Celeron chip. It runs Linux, supports Wi-Fi, and from what I’m hearing has sold some 400,000 units worldwide. There’s also the tiny LifeBook U810 from Fujitsu that sports a 5.6-inch rotating screen, weighs about a pound and a half, and uses an Intel A110 mobile chip.

     *     *     *

x86 命令セットのサポート

小さな Silverthorne は、最上級の Core2 や Core2 Duo ほどの力はないけれど、それでも PC チップが PC チップたる所以の x86 命令セット(x86 instruction set)をサポートしている。これは特に iPhone に関して注目される点だ。現在 iPhone が搭載するチップはインテル製ではなくサムスンのもので、x86 チップではなく英国の ARM Holdings のコアを採用している。

Although the tiny Silverthorne is not as powerful as Intel’s top-of-the-line Core2 or Core2 Duo, it will support the x86 instruction set that makes a PC chip a PC chip. That’s especially noteworthy in terms of the iPhone. Right now, the main chip inside the iPhone comes not from Intel, but from Samsung. And the Samsung chip is not an x86 chip, but one based on a core from Britain’s ARM Holdings.

     *     *     *

マックから iPhone

将来の iPhone が Silverthorne のような x86 チップを搭載するようになれば、アップルの携帯機器用に将来マックが出すソフトを iPhone 向けに適応させるのは大幅に容易になるということだ。(アップルが iPhone のソフト開発を容易かつオープンなものにするという公約を守るという前提での話だが・・・。)かくて iPhone は、突如、マックのソフトならどれでも、ほとんどプログラミング変更を加えることなく動かせることになる。

The possibility of squeezing an x86 chip like Silverthorne inside a future iPhone would make adapting software from a future Mac computer for Apple’s handheld substantially easier. (This assumes that Apple makes good on its promise to make the iPhone software development process easy and open.) Suddenly, the iPhone would be capable of running pretty much any Mac software with few, if any, programming changes.

     *     *     *

サプライズはほかにも・・・

インテルの小型チップの重要性はいうまでもないが、その他にもアップルはドラマチックなサプライズを用意しているのだ。

While Intel’s tiny new chips will be an important factor, Apple may have more dramatic changes in store.

     *     *     *

ソリッドステートのストレージ

新しい小型のノートブックには、従来型のハードドライブは搭載されないと思う。その代わりストレージには 32GB のフラッシュメモリーを使うだろう。アップルは SanDisk に次いで NAND フラッシュメモリーの最大の顧客だ。アップルはどのベンダーよりもソリッドステートのストレージを主流にできるいい立場にいる。Samsung や Toshiba、Micron などと長期の供給契約を結んでいることは、フラッシュメモリーのユニークな特徴を生かすソフトを設計しようとする上で大きなインセンティブになる。Dell や Hewlett-Packard のようなウインドウズをベースとするベンダーもこれには従わざるを得ない。

I’d expect the new little notebook to ship without a traditional hard drive, relying instead on at least 32 gigabytes of flash memory for storage. Already the world’s largest consumer of NAND flash memory after SanDisk, Apple is in a better position to popularize solid-state storage in mainstream computing devices than any other vendor. Long-term supply contracts with Samsung, Toshiba, and Micron give Apple plenty of incentive to design software that can take advantage the unique properties of flash memory. Windows-based vendors such as Dell and Hewlett-Packard will have to follow its lead.

     *     *     *

マルチタッチスクリーン

ところで、この新しいミニ MacBook は、 iPhone と同じようなタッチスクリーンを採用するだろうか。そうかもしれないが、多分そうはならないだろう。スクリーンサイズを大きくすればコストも大きくなる。小売価格を抑えるために、アップルはマルチタッチスクリーンを見送るだろうと私はみる。

But will this new mini-MacBook also get a touch screen like the iPhone’s? Perhaps, but probably not. The bigger the screen, the more it will cost. I think that means Apple will skip the multitouch screen to keep the retail price manageable.

     *     *     *

One More Thing…

MacBook Mini は、多分 Jobs のキーノートの最後の場での「Just One More Thing」として登場するだろう。発表後直ちに発売されるかどうか分らない。Menlow はまだ大量出荷の段階には至っていないと考えられるからだ。ただアップルとインテルのことだからサプライズがあるかもしれない。インテルが昨年出荷したコンピュータチップは2億 1000 万個だが、そのうちの 700 万個はマック用だ。ということはアップルはインテルにとって一番大切な顧客のひとりだということであり、みんなの予想を裏切って変化が起きてもおかしくはないからだ。

The MacBook Mini could conceivably be unveiled as the “Just One More Thing” that appears at the end of every Jobs keynote. It’s doubtful the machine would be available for immediate sale because Menlow isn’t thought to be shipping in volume yet. But Apple and Intel could surprise us. Intel shipped some 210 million PC chips last year, 7 million of which were for Macs, making Apple one of Intel’s most important customers and giving it a reason to move faster than anyone expects.

     *     *     *

あれこれウワサに振り回されていると、基本に立ち返ったこのような考え方は大変新鮮に見える。

インテルのロードマップから振り返るというのは、なかなか説得力があるように思われる。みなさんはどうお考えだろうか。

★初出はこちら[maclalala:annex

Technorati Tags: , , , , ,

これがウワサのサブノートブック?

2008年 1月 3日

Apple Subbook

マックワールドでの登場がウワサされる新しいサブノートブック(sub-notebook)は Slim MacBook かそれとも MacBook Nano か・・・

サブノートブックのウワサ話を新年最初に伝えたのは Mac Rumors だった。

そのウワサのノートブックを目撃したという情報が現われた。

CrunchGear: “New Apple notebook spotted, we told you so” by Peter Ha: 02 January 2008

     *     *     *

上の写真は、フォトショップ気違いの作品か、それとも本物か。とまれ、ウワサ系サイトはマックワールドの噂で持ち切りだ。今回のポイントは、マルチタッチトラックパッド。に紹介したものだ。10月登場というのにはだまされたが、でも何にもないよりはまし。またウワサでは、新しいサブノートブックの光学ドライブは外付けになるという。15日には Matt とぼくがハッキリさせるよ。

The above photo may be the work of a PS junkie or it may just be the real thing. In any case, the rumor mill is abuzz surrounding Macworld. This time around it’s all coming back to the purported multi-touch trackpad we told you about during the summer. Sure our sources duped us by saying it’d be out in October, but it’s better late then [sic] never. There’s also some talk going around about an external optical drive that will accompany the new sub-notebook. Matt and I will get everything sorted out on the 15th.

     *     *     *

参考:

[新年初のウワサ]

・Mac Rumors: “Apple Sub Notebook Hints: External Optical Drive, MultiTouch Trackpad?” by Arnold Kim: 01 January 2008

・Engadget: “Macworld rumors du jour: external optical drives, multi-touch trackpad” by Donald Melanson: 01 January 2008

・Engadget Japanese: “Macworld予報:Macサブノート・外付け光学ドライブ・マルチタッチトラックパッド“: 01 January 2008

・AppleInsider: “Apple may offer external optical drive with new sub-notebook“: 02 January 2008

・Ars Technica: “‘Reliable confirmation’ of Apple subnotebook details” by David Chartier: 02 January 2008

・Wired: “No Internal Optical Drive in Mini-MacBook?” by David Becker: 02 January 2008

・Times Online: “Talk of ‘super-thin’ laptop whets Apple aficionados’ appetite” by Rhys Blakely: 03 January 2008

[目撃情報]

・CrunchGear: “New Apple notebook spotted, we told you so” by Peter Ha: 02 January 2008

・Engadget: “Is this the ultraportable MacBook? (Answer: probably not)” by Joshua Topolsky: 02 January 2008

・Engadget Japanese: “「超薄型MacBook」の流出画像?“: 02 January 2008

・ParisLemon: “As the MacBook Nano Nears, Buzz Gets Louder” by MG Siegler: 02 January 2008

・Geek Speaker: “Huge Multi-touch Macbook Mini?” by Jason Bogovich: 02 January 2008

・MacDailyNews: “Photo of Apple’s rumored subnotebook Mac?“: 02 January 2008

Technorati Tags: , , , , ,

マックワールドに12インチウルトラポータブルが・・・

2007年 12月 8日

Cnbc-3

CNBC が取り上げたことから、一斉にウルトラポータブルのウワサが広がった。

CNBC: “Apple Future Headline: New Products Including Super Laptop?” by Jim Goldman: 06 December 2007

     *     *     *

ソースはアジアのメーカー

アジアの製造メーカーにコネのある信頼すべき情報筋が、今朝電話してきていくつかネタをくれた。アップル新製品のホットニュースが、数週間あるいは数か月のうちに大見出しを飾るという。ホットな新製品とは iPod Touch、iPhone それに新しい ultra-portable laptop だ。

A very good source of mine with good connections to Apple’s Asian manufacturing partners called me this morning with some news: Seems like Apple will be making headlines in the next few weeks and months with some of its hottest products: the iPod Touch, the iPhone and a new ultra-portable laptop.

     *     *     *

そう書き出した Jim Goldman は、iPod Touch の増産、登場が早まりそうな 3G iPhone に加えて、ウルトラポータブルについて次のようにいう。

マックワールドで発表

それから次はこれだ。情報元の彼がアジアの製造パートナーから聞いたところによれば、来月のサンフランシスコのマックワールドで、アップルは新しいウルトラポータブルのラップトップを発表するという。

And then there’s this: this source says he has now heard from manufacturing partners in Asia that Apple is preparing to unveil a new, ultra portable laptop computer at the company’s Macworld event next month in San Francisco.

     *     *     *

12インチサイズで 1500 ドル

ブログでは盛んにウワサが流れているが、情報ソースによれば、数週間もすればアップル最小のラップトップが登場する確たる証拠を掴んだという。それによれば、このラップトップは12インチのスクリーンを備え、現行の MacBook Pro より 50% 薄く、ハードドライブの代わりにフラッシュメモリーを内蔵し、小売価格は 1500 ドル程度だという。

The blogs have speculated about this, but he says he now has hard evidence that the smallest laptop ever from Apple is only weeks away. He says the device will feature a 12-inch screen and will be 50 percent thinner–and lighter–than current versions of the MacBook Pro. He says the product will not have a hard-drive, but rely on Flash memory instead and likely retail for around $1,500.

     *     *     *

Jim Goldman のビデオはこちら

(なお、こちらのビデオでも同じニュースを伝えているが、タブレットマックについては切って捨てている。)

Streetcomtv

PowerBook が MacBook Pro ラインになったとき、12インチ PowerBook が姿を消した。

IT 戦士に人気のあった12インチを惜しむ声は今でも大きいが、その再来ということだろうか。

ウルトラポータブルというのでスワと思ったら、12インチというのでいささかガッカリ・・・。やっぱりアップルは、フルサイズキーボードを備えたものしか念頭にないのか。

     *     *     *

軽量小型のマックのカテゴリーについてはいろんな呼び名があって、そのイメージが微妙にぶれているような気がする。

現行の MacBook/MacBook Pro ラインより小さなものがサブノートブック(subnotebook)というのは分かるが、ウルトラポータブル(ultra-portable)とか UMPC(ultra mobile PC)となると、みんなはどんなものをイメージしているのだろうか。

例えば、つぎのような機種はどのカテゴリーに属するのだろうか。

Kohjinsha Sh8-1

Sony VAIO model C1

OLPC

Asus Eee PC

工人舎 SH-series

HTC Omni [mockup]

Htc Omni Mockup-1

これらのカテゴリーの共通点として、小さいながらもキーボードを備え、スクリーンが蓋になっているというフォームファクター(形状、form factor)がある。

マックの世界では、MacBook より小さいマックが存在しないことから呼び名もまちまちだが、PC の世界だと統一的な名称があるのだろうか。

     *     *     *

さらにマックの世界では、iPhone/iPod touch が登場したことから話がややっこしくなった。

iPhone/iPod touch をより大きくした形状のデバイス(最早マックとは呼べない?)の可能性が出てきたからだ。

ハンドヘルド(携帯型、handheld)やタブレット(tablet)と呼ばれることが多く、むき出しのスクリーンというフォームファクターが共通のように思える。

Oqo Model02-1

たとえば、OQO Model 02 など。想像上の MacBook touch もこの線だ。

Macbook Touch-2

Apple-Style アンケート[vol.4をみると、UMPC(42%)が圧倒的人気で、タブレット(11%)と大きな差がついている。

投票された方の UMPC やタブレットのイメージはどんなものだったのだろうか。

筆者がどうしても欲しいのは、いつでもどこでもインターネットにアクセスできるウェブ端末だ。フォームファクターとしては、iPhone/iPod touch をより大きくしたタブレットに限りなく近いもの。

アンケート結果からみると、そんな希望は例外的なものにみえるけれど・・・

Technorati Tags: , , , , , , ,