安いマック互換機はボクだって欲しい

2008年 4月 17日

Openpro Cases

Psystar’s OpenPro configured with three different fashion cases

Psystar[サイスター]のマッククローン Open Computer 登場で、そこら中火のついたような騒ぎだ。

TUAW: “Psystar: What’s the French Word for Lawsuit?” by Erica Sadun: 15 April 2008

     *     *     *

昨日、Psystar から出たハッキントッシュ(hackintosh)の新製品について Mike が記事にした。多くの読者はこう思ったはず、ワオ、訴訟を起こされるぞと。あるいは FSJ 流にいえば「もうすぐ店じまいだ」とフランス語でいっているようなものだと。

Yesterday, Mike posted about the new commercial hackintosh from Psystar. Many of our readers noted that, wow, that was a lawsuit waiting to happen — or as Fake Steve put it, Psystar is French for “We’re about to go out of business”.

・TUAW: “First commercial Hackintosh announced by Psystar” by Michael Rose: 14 April 2008

・Mac Rumors: “‘OpenMac’ Promises $399 Headless Mac… But Not From Apple” by Arnold Kim: 14 April 2008

・The Secret Diary of Steve Jobs: “Psystar — that’s a French word meaning ‘we’re about to go out of business.‘”: 14 April 2008

     *     *     *

InformationWeek の伝えるところによれば、Psystar はアップルの EULA[End User License Agreement:使用許諾契約書]が競争制限的で米国独禁法に違反していると 考えているという。おもしろい!

Update 11 am Tuesday: InformationWeek is reporting that Psystar believes that Apple’s EULA is anticompetitive and violates US monopoly laws. Interesting.

・InformationWeek: “Mac Clone Maker Psystar Vows To Challenge Apple EULA – Apple Unvarnished” by Paul McDougall: 14 April 2008

     *     *     *

TUAW が重要と考えるハイライトをいくつか・・・

Here are a few of the high points that TUAW is aware of:

マックという名前:

製品名に「マック」という名前を使うのはいかにもまずそうだ。そこで Psystar は「Open Computer」という名前に変えてしまった。

The Mac name Using “Mac” in the product name was probably a bad idea. Psystar just re-named the platform to “Open Computer” instead.

Leopard のプリインストール:

アップル以外のハードウェアに Leopard をインストールするのはアップルの EULA 違反だと考えられる。Parallels や VMware といった仮想化ソフトのベンダーは、ソフトの開発にこの制限があることをすでに認めている。さもなければ、両社とも Mac OS X Server だけでなく、どんな PC でも Leopard を走らせることが出来るバーチャルマシンをとっくに出していることだろう

Pre-installing Leopard It would seem that installing Leopard on non-Apple hardware is a violation of Apple’s EULA. Virtualization vendors such as Parallels and VMware have already acknowledged this constraint in their product development; otherwise, both would offer VMs capable of running Leopard on any PC and not just on Mac OS X Server.

無断使用の PC_EFI

Psystar は正規の作者の同意を得ることなく、またソフト頒布の許可を得ないで、EFI ブートローダを使用しているように思われる。

Unlicensed PC_EFI It looks like Psystar is using an EFI bootloader without properly acknowledging the actual author or receiving permission to distribute the software.

Digg のディスカッションスレッドをまだご覧になっていなければぜひチェックしていただきたい。ハードの限界とハッキントッシュに関する議論は特に有用だ。

If you haven’t yet checked out the discussion thread on Digg, I encourage you to do so. It’s especially useful with its discussions about hardware limitations and hackintoshes.

     *     *     *

ところで Psystar なる会社の実体がはっきりしない。住所がくるくる変わることもあって、その正体探しが始まった。

Guardian が火をつけ、Gizmodo が熱心だ。地図やら写真つきでストーカーそこのけ・・・

・Guardian Unlimited: “So exactly who or what is Psystar? We dig a little..” by Charles Arthur: 15 April 2005

・Gizmodo: “Psystar Exposed: Looks Like a Hoax” by Jason Chen: 16 April 2008

     *     *     *

一方、pc_efi v8 エミュレータを無断使用されたとして原作者の Netkas が Psystar を嘘つき呼ばわりしている。

・netkas.org: “psystar – liars” by netkas: 15 April 2008

・Engadget: “OSx86 Project not too happy with Psystar either” by Nilay Patel: 16 April 2008

     *     *     *

これだけの騒ぎになっているのに、アップル法務の動きがなにも聞こえてこないのも奇妙だ。

インテル移行によってハード的に PC とマックの差はほとんどなくなった。すでに仮想化ソフトもいくつも出ており、遅かれ早かれマック互換機が登場するのは時間の問題のような気がする。

Psystar に実体があるのかどうか不明だが、ここまで騒ぎが大きくなった背景には安価なマック互換機を求めるひとがたくさんいるということだろう。

Woz や若旦那だって欲しいといっている。ほんとに安価な互換機が出るのなら、筆者だって2台目マックとしてぜひ欲しいものだ。

・若旦那の独り言 Ver.X: “コレ欲しい! OpenMac??“: 14 April 2008

・Ars Technica: “Woz on Psystar OpenPro: ‘I like the price, so I may get one’” by Chris Foresman: 16 April 2008

Technorati Tags: , , , ,

Larry Lessig:法律は創造性を窒息させる

2008年 4月 15日

Larry Lessig

[Larry Lessig | How creativity is being strangled by the law]

Lessig「著作権廃止論者が増加している・・・著作権が意図するものそれ自体を拒否する世代だ。著作権を拒否し、著作権法なぞ無視されて当然のクソだと考える。」

Lessig: “A growing copyright abolitionism…a generation that rejects the very notion of what copyright is suppose to do. Rejects copyright and believes that the law is nothing more than an ass to be ignored.”

     *     *     *

TED[”Technology, Entertainment, Design”:TED カンファレンス]はすばらしいプレゼンテーションの宝庫だ。

スタンフォード大教授で著作権問題の権威 Larry Lessig のプレゼンテーションもそのひとつ。

少し前になるが、プレゼンテーションの専門家 Garr Reynolds が「Lessig メソッド」について解説している。

Presentation Zen: “Larry Lessig presents at TED: Nails it” by Garr Reynolds: 08 November 2007

     *     *     *

完璧な18分

今年初めの TED カンファレンスにおける Larry Lessig のプレゼンテーションビデオがアップされた。「法律は創造性を窒息させる」というタイトルでとてもすばらしい。Larry のプレゼンテーションはいくつも見てきたが、どれも常にすばらしく、「Lessig メソッド」ともいうべきユニークなスタイルで行われる。たいていは長時間で、45分から60分、あるいはそれ以上かかる。では時間が18分しかなかったら彼のスピーチはどうなるだろうか。もっとすばらしいスピーチになるというのが答えだ。スタンディングオベーションももっと大きくなる。18分という制約を課したことで、これまでにないすぱらしいスピーチとなった。彼はやってのけたのだ。内容がよかった。議論の進め方も(たとえ同意できないとしても)論理的なものだった。また、使ったスライドも、背後のスライドを雑作なく操ってみせるところも、まさに斯(か)くあるべしという完璧な見本だった。

TED put up a new video of Larry Lessig’s presentation at the TED Conference from earlier this year. The title of his fantastic talk: “How creativity is being strangled by the law.” I have seen many presentations by Larry. They are always good and delivered in his unique “Lessig-Method” style. Usually his talks are on the long side, 45-60 mins or more. Question: How would Larry’s talk be if he only had 18 minutes? Answer: Even better. Standing-ovation better. The 18-minute constraint forced Larry into making the best talk I have ever seen him make. He nailed it. His content was good, the argument was logical (even if you do not agree with it) and his visuals and the way he effortlessly controlled the visuals behind him is the perfect demo for the way it should be done.

     *     *     *

Lessig スタイル

Stage

Larry は通常、スクリーンの近くだが、演壇の後ろないしは近くに立つ。もちろんそれがいけないという訳ではない。個人的にはコンピュータの台をおかず、いっぱいにステージを使う方が好きだ。しかし同じ場所に立っているからといってそれが悪いわけではない。聴衆の近くにいて、彼らの目に「裸で晒されている」(naked)限りは・・・。Larry のスタイルはいささかプロ的だ。(そもそも彼は教授なのだから。)話に熱がはいり、感情を込め、聴衆を取り込む。それは優れた論理と、興味深くかつ関連のあるストーリーと、そしてスムーズに行われる効果的なマルチメディアサポートのおかげだ。箇条書き(bullet point)は使わない。出来合いのテンプレートも使わない。話は三つ、議論が一つ。そして核心となるメッセージは記憶し易く、かつ「記憶に残る」(sticky)。つぎのビデオを見て欲しい。

Ted Talks-1

TED Talks | Larry Lessig: How creativity is being strangled by the law

YouTube Video | Larry Lessig: How creativity is being strangled by the law

Larry usually stays behind or near the podium, though he is also close the screen. Nothing wrong with this. I personally prefer to get rid of the computer stand and use the whole stage. But there is nothing wrong with standing in one place so long as you are out there in the front “naked” close to the audience. Larry’s style is a bit professorial (he is after all a professor), but he is engaged, passionate, and certainly engages the audience with a combination of good logic, interesting and relevant storytelling, and simple, effective multimedia support delivered in a smooth fashion. No bullet points. No off-the-shelf template. Three stories, one argument, and a core message that is memorable and “sticky.” See video below.

     *     *     *

もう言い訳は許されない

Larry の演技は、それが可能だということを示している。あなただってスライド用ソフト(彼の場合は Keynote)を使って効果的に、説得力のある、気の利いた、そして論理的なプレゼンテーションを行うことが可能だ。もう言い訳は許されない。このビデオを見て、学び、共有してほしい。実にすばらしい。ブラボー、プロフェッサー Lessig!

Larry’s performance proves that it can be done. You too can make compelling, smart, and logical presentations enhanced by slideware (he’s using Keynote). There are no excuses. Watch, learn, and share this video. Excellent stuff. Bravo, Professor Lessig.

     *     *     *

Garr Reynolds の解説通り、これはプロのプレゼンだ。そして内容もまたすばらしい。

著作権をめぐる法制が如何に時代にそぐわないものであるか、緻密に練り上げられた論理が展開する。

・・・というと難解に聞こえるかもしれないが、実は楽しくておもしろい。とくにプレゼンの中で紹介されるリミックス(remix)には抱腹絶倒する。これだけでもこのプレゼンを見る(聴く?)価値がある。

英語の苦手なひとも、是非これだけは見ていただきたい。

プレゼンの大家はハウツー本など超えた世界にいるようだ。

Technorati Tags: , , ,

It’s Gonna Happen:偶然だぞ

2008年 4月 12日

Its Gonna Happen

It’s Gonna Happen

はしなくも Google 機械翻訳の実力が全世界に喧伝(けんでん)されてしまったようだ。

鮮烈のデビューを果たした福留孝介選手のホームランを「偶然だぞ」のポスターカードが見舞った。

カブズの地元紙シカゴトリビューンは次のように伝えている。

Chicago Tribune: “Fukudome debut spoiled by Cubs’ loss to Brewers” by Paul Sullivan : 31 March 2008

     *     *     *

Fukudome

Kosuke Fukudome hit a three-run homer | Phil Velasquez

月曜日のシーズン開幕戦、9回裏に福留孝介はミルウォーキーの切り札エリック・ガニエ投手から3点本塁打を奪った。リグリー球場のファンは総立ちで日本語と英語が両面に記されたサインボードを振りかざした。

When Kosuke Fukudome hit a three-run homer off Milwaukee closer Eric Gagne to tie the season opener in the bottom of the ninth inning Monday, fans all over Wrigley Field held up professionally made signs with English words on one side and Japanese on the other.

Cubs Fans

Cubs’ fans | Phil Velasquez

表が「It’s Gonna Happen.」、裏が同じ意味の日本語のはずだった。が、どこで間違えたのか「It’s An Accident.」(偶然だぞ)という意味の日本語になっていた。

It was meant to be a two-sided version of the phrase “It’s Gonna Happen.” But something got lost in translation, and the Japanese side read: “It’s An Accident.”

福留のすばらしい活躍は決して偶然などではなかった。しかし折角の活躍も、延長10回表に Tony Gwynn Jr. が Bob Howry に犠牲フライを放ってブルワースを4対3の勝利に導いたことで、長い、びしょぬれの夕方で幕を閉じた。

Fukudome’s heroics were no accident, but they wound up going to waste when Tony Gwynn Jr. hit a sacrifice fly off Bob Howry in the 10th to lift the Brewers to a 4-3 victory on a long, soggy afternoon.

     *     *     *

「It’s Gonna Happen」は、どうやらここぞというときにカブズファンが好んで使うフレーズらしい。「来るぞ、くるぞ、チャンスだぞ」ぐらいの意味のようだ。

それを「(まぐれだぞ、)偶然だぞ」とした翻訳ミスは中継画像を通じて多くにひとの目に触れることとなった。

YouTube Video | 福留孝介に対して「偶然だぞ」

もっとも当人は、「『偶然だぞ』ボードはちょっと笑ってしまいました(^_^;)」と、落ち着いたものだ。[福留孝介オフィシャルウェブサイト

     *     *     *

このミスがグーグルの機械翻訳のせいだと知って複雑な気持ちになった。

いくつか翻訳エンジンを試した中山隆氏の話では、「それは起こりそうです」とおおむね無難な訳になるのに、グーグルだけが苦笑をさそう「エンターテインメント路線を行く」結果になるのだそうだ。

横浜逍遙亭: “「偶然だぞ」でちょっと遊んだ“: 10 April 2008

     *     *     *

明らかにグーグルだけが突出しているのだが、なぜそうなるのか不思議で仕方なかった。

そのヒントを与えてくれたサイトがある。

iKnow!: “Lost In Translation” by cinnabar: 03 April 2008

この誤訳の原因は、グーグルが「happen」ということばを間違えて理解したことにあると思う。

I think this mis-translation is caused by the Google’s misunderstanding the word “happen” .

この「happen」という語は名詞ではなく動詞であるべきなのだ。

This “happen” is not the noun, but the verb.

     *     *     *

グーグルでも、「It’s going to happen」と入力すると、「それが起こるのだろう」と一応ちゃんと翻訳される。問題が生じるのは「It’s gonna happen」のときだけなのだ。

どうやら「It is +(名詞)」という構文として理解し、happen =「偶然」、gonna =「だぞ」というボキャブラリーを充てているらしいのだ。

一体全体どうしてこんなことになるのか、是非とも機械翻訳の専門家に解析していただきたいと思う。

     *     *     *

機械翻訳を使えばボタンひとつで簡単に英訳できると思い勝ちだ。

英語の文章を書くのは日本人にとってなかなかの難行だ。

自分のエントリー(あるいはサイト自体)がボタンひとつで英語化できるならこんなありがたいことはない。英語世界への情報発信もぐんと楽になる。

しかし現実にはグーグルの機械翻訳の実力がどの程度のものか、みんなの知ってのとおりだ。

例えば、シカゴトリビューンの冒頭の記事をグーグルにかけると、結果はつぎのようになる。

[原文]It was meant to be a two-sided version of the phrase “It’s Gonna Happen.” But something got lost in translation, and the Japanese side read: “It’s An Accident.”

[訳例]意図されていたバージョンの二つの側面がある”という言葉を勝ち取るまで起こる”と述べた。しかし、何かが失われてしまった訳では、日本側との読み:”これは事故だ。”

これでは理解しろという方がムリで、訳例にあるとおりまさに「これは事故だ」!

     *     *     *

自分の書いたエントリーがグーグルの機械翻訳でどのように変容するかテストしてみるのも一興だろう。

自分のエントリーを日本語から英語に「翻訳」し、その結果を英語から日本語へ「再翻訳」して最初のエントリー比べるのだ。

「これじゃ事故だ!」という結果にならないことを切に祈ろう。

     *     *     *

こうしてみるとグーグル機械翻訳を自分に使う決心はなかなかつかない。

数多あるブログの中から自分のブログに目を留めてもらうのは、日本語世界のみならず英語世界でも至難の業だ。

たまたま目を留めてもらっても、その出来がひどいものなら、一度は来てくれた読者も二度と戻ってこないだろう。

日本語と英語に関するかぎり、自分のサイトをグーグルで英語化するには相当な勇気が要りそうだ。

Technorati Tags: , , , ,

次の iPhone はオーストラリアか

2008年 4月 10日

Aus Iphone

オーストラリア発のウワサだがこれがなかなかおもしろい。

MacTalk Forums: “Australian iPhone Release Info Given to Resellers by Apple Australia” by decryption: 09 April 2008

     *     *     *

アップル・オーストラリアから漏れた話

2007 年に iPhone が登場して以来、オーストラリアでもその恩恵を味わえるかどうかウワサが絶えない。何度も出るという話や偽情報が出回って、とうとうオーストラリアで売り出されることはないのではないかと考えるひとまででてきた。しかしながら本日アップルは、オーストラリアにおける iPhone 戦略について販売業者に情報を与えたのだ。

Rumours have been rampant for months since the launch of the iPhone in the USA back mid-2007 regarding Australia’s chance to taste the iPhone. There have been many dates and leaks of false info, so much so that some people even think Australia is never going to get it. Today however, Apple have been informing resellers of their iPhone strategy for Australia.

販売業者が聞いた話とはつぎのようなものだ。

・6月最終週に発売される

・複数のキャリアで使える

・特定のキャリアに縛られない

・どの業者でも販売できる

Resellers have been informed of the following things:

  • Last week of June release

  • More than 1 carrier

  • No contract lock in

  • Current resellers will be able to sell iPhones

どれもオイシい話だが、俄に信じ難いものもある。ひとつひとつ精査してみよう。

That’s a lot of juicy info there and might not make sense off hand. Let me break down the significance of this.

     *     *     *

6月最終週に発売(Last week of June release

これはシドニーアップルストア開店や WWDC、iPhone 2.0 ソフト、オーストラリア向けのストック積み増しなどの話とも完全に符合する。

This ties in perfectly with the Sydney Apple store opening, any WWDC announcements, iPhone 2.0 software and time for stock to filter in to the country.

今年の WWDC は6月第1週だ。お待ちかねの 3G iPhone が発表されるかもしれないともいわれる。3G iPhone ということなら、販売業者が聞いた複数キャリアという話にも信憑性が出てきそうだ。オーストラリアの電話会社はすべて 3G ネットワークを持っているからだ。現行の iPhone では Telstra を使ってもデータスピードが増すだけだ。

WWDC is in the first week of June this year, which could be the announcement of the 3G iPhone we’re all waiting for. A 3G iPhone lends credence to the fact resellers have been told the iPhone will be on multiple carriers, as every telco in Australia has a 3G network. The current iPhone will only give high speed data on Telstra.

それまでには iPhone 2.0 ソフトも発表されているだろうから、6月末ということなら新製品のオーストラリア出荷にも十分時間ができるし、2.0 ソフトの新機能を搭載した新 iPhone も発売できることになる。

iPhone 2.0 software will be released then, and a late June release gives it time to be rolled out on new factory models for shipping to Australia, so the iPhone can be sold on the new features v2.0 brings.

また6月末発売ということなら、シドニーやメルボルンで工事中のアップルストアとも符合する。工事は順調なので6月開店に間に合いそうだという。新しい 3G iPhone を発表するのにこれほどピッタリのイベントがあるだろうか。Steve Jobs にとってもオーストラリアに来て、シドニーで休暇を楽しむ価値は十分あると思うけれど・・・

A late June release also ties in well with the Sydney and Melbourne Apple stores currently under construction. It’s well reported that at the progress of the Apple stores, a June opening is likely. What better grandstanding event to launch the store with than a new 3G iPhone? Would be [sic] be worthy of a visit to Australia from Steve Jobs – I’m sure he’d like to have a nice holiday in Sydney too.

販売業者たちは特定の期日を聞かされているという。ただしその日付は、同じ週だがそれぞれ異なった日付だという。もし特定の日付がメディアに漏れれば、誰が漏らしたのかアップルに分かるから、そいつを叩けばいいというわけだ。私に教えてくれた情報筋は友人でもあるので、日付は書かないことにした。海外の場合と違って、アップルが前広に期日を明らかにすることはないだろうし、むしろ「さあ iPhone は今日発売です。どうぞお求めください」というやり方をするのじゃないだろうか。

Resellers have been told specific dates, but they have all been told different dates within the same week. If a specific date is said in the media, then Apple knows who leaks it and can slap them around. As the sources of my info are also my friends, I haven’t included the dates. However, it is fairly certain Apple will not pre-announce the iPhone very far in advance, or at all, with a simple “iPhone is available now, come and buy it!” approach, compared to the dates given overseas to let people prepare.

     *     *     *

複数のキャリア(More than 1 carrier

キャリアが複数というのはショックだ。しかし考えられないわけではない。我が国の電話会社がアップルとの交渉で頑固なほど譲らなかった話は有名だ。iPhone を独占販売してもメリットがあると考えられなかったからだ。「アップルのいうことを聞かないというのなら、欲しいヤツには誰でもやろうじゃないか。ネットワークを独占的にできなくて、お前たちみんなの負けだぞ」とアップルがいったと考えてもおかしくない。

Having multiple carriers is a shock, but not unbelievable. Our telcos have been notoriously stubborn dealing with Apple, not seeing the potential benefits of having exclusivity of the device. It is highly likely Apple simply said “Seeing as you won’t play with us, we’ll give the iPhone to anyone who wants it, meaning you all lose out on exclusivity for your network”.

複数キャリアという話もまた 3G iPhone のウワサに行き着く。オーストラリアで現行の iPhone が使える唯一の高速ネットワークは Telstra 社の EDGE だけだ。オーストラリアで発売するのが iPhone の現行モデルだということなら、Telstra 社だけということになるか、あるいは他の電話会社が GSM から EDGE へアップグレードするように説得しなければならないことになる。(O2 が英国でやったのと同じことだ。)しかし発表されるのが 3G iPhone なら、問題はなくなる。どの電話会社も 3G HSDPA ネットワークを持っているからだ。(周波数は 2100mhz か 850mhz のどちらかだが、携帯の 3G チップセットは両方ともサポートしている。)

More than 1 carrier also leads to the rumours of a 3G iPhone. In Australia, the only high speed network the current iPhone works on is Telstra’s EDGE network. If Apple was to release the current model here in Australia, they would need to be exclusive to Telstra, or persuade another telco to upgrade their GSM network to EDGE to support it (like what O2 is doing in the UK). However, if a 3G iPhone is released, it won’t matter, as all telcos have a 3G HSDPA network (either running on the 2100mhz or 850mhz frequency, both of which are supported by multiple 3G chipsets in mobile devices).

     *     *     *

特定のキャリアに縛られない(No contract lock in

特定のキャリアに縛られないということは複数のキャリアということだ。アメリカや他の国とちがって、iPhone が使えるのを特定のプロバイダに限定する必要がないからだ。多分アップルは、iPhone を特定のプロバイダに縛り付けておく意味がないということを学んだのではないだろうか。どうせみんなロック解除してしまうのだから。それにオーストラリアは携帯電話の利用率が高いので、新技術の実験場(test-bed)として利用しているのだろう。万一失敗してもマーケットが小さいので被害は少なくて済むから・・・

No contract lock-in ties into the idea of multiple carriers, as there’s no need to hold anyone in to a certain provider to use the iPhone, unlike in the USA and other countries. Perhaps Apple have learned that there’s no point holding the iPhone back to a certain provider, as we’re all unlocking them anyway and are using Australia as a test-bed for rolling it out elsewhere due to Australia’s high adoption rate of mobile phones and new technology, but our small market that won’t hurt them if it fails.

     *     *     *

どの業者でも iPhone を販売できる(Current resellers will be able to sell iPhones

アメリカはじめ他の国では、iPhone を買えるのはアップルか、特定のプロバイダの販売店(例えば AT&T ストアなど)だけだ。しかしオーストラリアでは、一般商品と同じくどの販売業者でも iPhone を販売できるようにしようとしている。というのも、電話会社にしろアップルストアにしろ販売店がカバーできる範囲は広くないからだ。販売業者ならその点広い範囲をカバーできる。しかもマックを置いてある店に呼び込むことになるので、みんなはアップル製品も見る。アップル製品を売っているのが彼らだからこそ、まず最初に販売業者に話をしたのだ。さもないと、彼らの助けなしに自ら売る羽目になるからだ。

In the USA and other countries, you can only purchase iPhones from Apple, or from branded stores for the provider (AT&T stores for example). In Australia however, Apple are planning on letting resellers stock and sell iPhones, just like any other product, as the range of telco stores and official Apple stores is low, but resellers are wide-spread – together with driving people into stores where Macs are, so they’ll look at what else Apple does. Also, it’s the reason Apple is telling resellers in the first place, because they’ll be selling them – otherwise Apple would do what they need to do without them.

     *     *     *

iPhone について分かっているのは以上だ。これからもっと情報が出てくるだろう。オーストラリアでも遂に iPhone が手に入る。どういうことになるのか、3G の可能性があるのか、みんなで大いに予想してみようじゃないか。

So that’s what we know about the iPhone so far. No doubt more info will be released over the coming weeks. Australia finally gets the iPhone – now let us all speculate on the plans and whether it will be 3G or not!

     *     *     *

考え方がなかなかおもしろい。

「マーケットが小さいので 3G の実験場として使う」と聞いて思い出したのが Steve Jobs の言葉だ。レコード会社を iTunes ストアに参加させるのに Steve Jobs はつぎのようにいって説得したという。

「我々が完全に間違っていて、その結果マックの音楽マーケットが完全にダメになったとしても、砂場[マック向けのマーケット]はとても小さいから、音楽業界全体が被る被害はたいしたことないじゃないか。」

“If we’re completely wrong and you completely screw up the entire music market for Mac owners, the sandbox is small enough that you really won’t damage the overall music industry very much.”

オーストラリアを実験場にするとは Jobs なら言いかねない。

こうしてみると、オーストラリアが先というのも満更考えられないことではなさそうだ。

いよいよアジアの番だというので、つい日本か中国かと考えてしまい勝ちだが、オーストラリアという可能性がにわかに浮上してきたということかもしれない。

オーストラリアがアジアに入るとアップルが考えているのかどうか興味深いところだが・・・

それにしても早々とアップルに尻尾を巻くか、レベニューシェアリングにあくまで抵抗するか、その先に開ける未来は随分と違ってきそうだ。

Technorati Tags: , , ,

ハッカーとのライブ中継

2008年 4月 6日

Preved

iphone-dev.org

iPhone ハックツール「Pwnage」の OS X 版がついに公開された

その同じ日に、Erica Sadun が iPhone Dev Team とのライブ中継を試みている。

これがなかなかおもしろい。

ハッカーとの実際のやり取りについて窺わせてくれるだけでなく、ハッカーとの距離の置き方、ハッカーという存在の受容などに関して彼我の相違を考えさせてくれるからだ。

TUAW: “Liveblog with the iPhone Dev Team: iPwnage” by Erica Sadun: 03 April 2008

チャットの性格上、やりとりが少しずつずれるので、以下関係部分をまとめて紹介する。

     *     *     *

ライブチャット

エリカ: Pytey、聞こえる?

12:26  ericasadun -  Pytey are you with us?

pyteyハロー

12:45  pytey -    hello

12:46  pytey -    🙂

エリカ: Pytey、私たちオンラインになってるはずよ。iPwned についてのチャットに参加してくれてありがとう。

12:47  ericasadun -  Pytey, we should be live. I’m so glad we have you here to chat about iPwned

pyteyハーイ、エリカ。招待してくれてありがとう。

12:47  pytey -    Hi Erica, thanks for inviting me

     *     *     *

チャットはこんな調子で始まり、約1時間半続く。

Erica の相手は「iPwnage」(Pwnage Tool のこと)のデベロッパのひとり Pytey だ。

途中から参加する NerveGas はオライリーから iPhone プログラミングの本を出したハッカーで、iPhone Dev Team のメンバーでもある。

     *     *     *

非署名コード(unsigned code

エリカ:非署名コード(unsigned code)ってアップルが認めていないコードのこと? そもそも署名(signing)って何?

12:50  ericasadun -  By unsigned code, do you mean code that Apple hasn’t approved?

12:50  ericasadun -  What exactly is signing?

pytey 署名というのは暗号で使う方法のことで、ファイルに指紋をつけて特定のちゃんとしたソースからのものであることを明らかにするものだ。

12:51  pytey -    signing is a way of cryptographically fingerprintting a file to ensure that it has come from a particular source

pytey:タイプミス、ごめん。こちらは深夜なんだ。

12:51  pytey -    excuse my typos, it is late where I am 😉

エリカ:かまわないわよ。

12:51  ericasadun -  No worries

     *     *     *

IPSW ファイル

エリカ:Ipsw バンドルというのはファームウェアをアップグレードする際にダウンロードするヤツのことね?

12:50  ericasadun -  Ipsw bundles are those things you download when you want to upgrade your firmware, right?

pyteyそうだ。アップルが iPhone/iPod touch/iPod をアップデートするために配信するファイルが .ipsw files だ。

12:52  pytey -    yes, .ipsw files are the files usually distributed by apple to update the iPhone or iPod touch and iPods

     *     *     *

Pwnage Tool で出来ること

エリカ: pytey、「ipwning」ツールでどんなことが出来るか教えて。boot neutering(中性化ブート)や ipsw installation については話したけれど、あとどんなことが出来るの?

1:01  ericasadun -  pytey, tell us about the main features of ipwning. What can you do with this tool? You’ve mentioned boot neutering and ipsw installation. What else does it do?

pyteyエリカ、このプラットフォームのためにカネを出すと Kleiner Perkins のヤツがいってたことさ。iPhone は新しい C64[Commodore C64]なんだ。このデバイスをいじればデベロッパのやりたいことは何でもできる。無限の可能性だ。

1:02  pytey -  Erica, just like the dude stood up from Kleiner Perkins and offered money for this plaform, we think that the iPhone is the new C64, the process will allow developers to do what _they_ want on _their_ device. The possibilities are endless.

pyteyBoot Neutering はベースバンド信号のハックみたいなものだ。デベロッパのやりたいことが出来るようになる。いろんなことがね。もちろんロック解除もそのひとつだが・・・

1:04  pytey -    Boot Neutering is sorta like pwning the baseband, it allows developers to do what they want with it, lots of features,  of course one of those features is unlocking.

     *     *     *

Pwnage Tool の目的は?

エリカ:ハック済みのファームウェアをインストールできることがスゴイんじゃないの?

1:12  ericasadun -  Installing pre-jailbroken firmware is going to be a biggie, isn’t it guys?

pyteyエリカ、そうじゃないよ。このツールは現在のファームウェアバンドルをパッチして、いろんな機能を持たせることなんだ。

1:12  pytey -  erica: No it isn’t

1:13  pytey -    The tool will patch current firmware bundles today to offer this functionality

エリカ:そうじゃないって? もっと教えて!

1:14  ericasadun -  No? tell me more.

NerveGaspytey のいっていることだけど、牢破りしたファームウェアのブラックマーケットを作ろうという考えじゃないんだよ。そうじゃなくて、これでやっとユーザーが簡単な方法で牢破り出来るようになるということなんだ。アップグレードしたり、ダウングレードしたり、いろんなトリックを使いまくって苦労しなくても・・・

1:14  NerveGas -  WRT what pytey’s say, the idea isn’t to set up a black market for jailbroken firmware… the idea is to let users (finally) have an easy process by which they can jailbreak without dancing around all sorts of upgrades/downgrades and other tricks

     *     *     *

Pwnage Tool は上級者向き

Chris M[TUAW の読者]:サードパーティの iPhone アプリを手に入れたとき、このツールだけで(iTunes ストアを使わなくても)ちゃんとインストールできるだろうか。

1:22  [Comment From Chris M]  Once the new 3rd party iPhone apps come out… and I obtain one… would I be able to use this tool to ensure that it’s put on my iPhone instead of using the iTunes store?

NerveGasiLiberty はとても易しいから、おばあチャンでも使えるよ。だから初心者にすすめてる。

1:23  NerveGas -  iLiberty is easy enough for grandma to use… and is what i generally recommend beginners

エリカ:私も iLiberty を使ってる。そのとおりよ。

1:23  ericasadun -  I use iLiberty–so point proven

NerveGasPwnage は本格的なカスタマイズをしたい上級者向きだ。名前が Zibree だったり、女の子にいいところを見せたいヤツには ZiPhone がいい。

1:23  NerveGas -  Pwnage is ideal for advanced users who want to really customize… and ZiPhone is good for people whose names are Zibree and need to impress girls.

     *     *     *

Steve のロシア語

NerveGas pytey、俺たちのマンガ[冒頭画像参照]で Steve がロシア語をしゃべっているのは何故だい? それとも別のことばかな?

1:27  NerveGas -  pytey: why is our ‘toon steve speaking russian? or whatever language that is?

pyteyそうだ、ロシア語だよ。みんなが知ってるびっくりクマさん「Preved」だ。[?]「Preved medved!  Preved! Kagdila krosavchegi?!」[?]

1:28  pytey -    Yes, that is russian and it is a play on the popular surprise bear “Preved”

1:28  pytey -    Preved medved!  Preved! Kagdila krosavchegi?!

エリカ:ロシア語への改ざんね[?]

1:29  ericasadun -  It’s a russian meme

NerveGasそうか、ありがとう。

1:29  NerveGas -  dah. spaciba.

     *     *     *

再度 Pwnage Tool について

エリカ:Pwnage Tool の動作のもっと一般的な話をして・・・

1:44  ericasadun -  Guys, can you talk about how ipwning works in general terms?

NerveGasエリカ、iPwner の基本的役割は integrity check[整合性チェック、変更チェック、指紋照合]を無視するようにデバイスを変更することだ。それで無署名のファームウェアをインストールできるようになる。

1:48  NerveGas -  erica: iPwner basically modifies the device to ignore integrity checks, allowing you to install an unsigned firmware package

NerveGas無署名のパッケージとは基本的には iTunes からダウンロードするアップルのファームウェアアップデートのこと。あといくつかの追加のツール。例えば installer app、boot neuter app、そのほかやってみたいどんな改造でも・・・

1:49  NerveGas -  the unsigned package is basically Apple’s firmware update (which you downloaded via iTunes) along with some additional tools, such as the installer app, boot neuter application, and any additional mods you want to add in

     *     *     *

こんなやりとりが1時間半にわたって続く。

紳士的[エリカは淑女的?]やり取りであることがまず印象的だ。

ハッカー側にもふんぞり返ったところが全然ない。専門用語で相手を煙に巻こうともせず、相手の質問に一生懸命答えようという姿勢が見える。

対するエリカも練達のプログラマーに教えを乞うという感じ。

エリカが探ってくるハッカー情報の背景にはこんなやり取りがあるということだろう。ライブ中継に彼らが参加するだけの信頼を勝ち取ったということはスゴいことだ。

この背景には、ハッカー文化の受容に関する彼我の差があるのかもしれない。

     *     *     *

なお、ロシア語や時差について言及していることから、pytey はロシア人ではないかという感じを受ける。

そういえば、Pwnage のデモビデオの冒頭につぎのような画像が出てくる。[YouTube ビデオおよびこちら参照]

Pwnage In Russia

なぜロシアでのデモなのか不思議に思ったものだが、iPhone Dev Team はロシア人を含むインターナショナルな存在なのかもしれない。

以上紹介したのはほんの一部だ。他にもいろいろ興味深い点があるので、関心のある方は是非とも直接ご覧いただきたい。

     *     *     *

とまれ、ハッカーとアップルのせめぎ合いは新しい局面を迎えたような気がする。

iPhone/iPod touch というデバイスについて、自分が認めるやり方でなければ使わせないというアップルと、デバイスが潜在的に持つ可能性を解き放とうとするハッカー/プログラマーの間のせめぎ合いだ。

iPhone SDK とも絡み合って今後どういう展開を遂げるのか目が離せない。

Technorati Tags: , , , , , ,

[噂]3G iPhone らしき・・・

2008年 4月 5日

3Giphoneback

新しい 3G iPhone

iPod Observer: “Rumor: New iPhone to Sport Case Redesign” by Jeff Gamet: 03 April 2008

     *     *     *

3G iPhone が出るというウワサが日に日に激しくなっている。とうとう次世代 iPhone の写真と称するものまで登場した。新しい iPhone の背面は、これまでの滑らかなニッケル仕上げから変わって、光沢のある黒い仕上げになっている。

Rumors that Apple’s 3G iPhone is on the way are coming faster by the day, and now images of the alleged next generation iPhone are beginning to surface, too. Apparently the new iPhone will also sport a glossy black back, replacing the satin nickel look found on the current model.

もし PodOberver.com の情報ソースが正しければ、新デザインの iPhone の背面からは、アンテナをカバーしていた黒のプラスチック片もなくなる。 8GB モデルはどうやら存続の模様だ。

If iPodOberver.com’s source is correct, the redesigned iPhone back also drops the black plastic end piece that covers the antenna, and it appears that Apple will continue to offer an 8GB model.

もちろんウワサはウワサに過ぎないから、Steve Jobs が実際にポケットから取り出して見せるまでは分らない。ただこの画像がホンモノなら、光沢のある黒い仕上げは、お偉いさんが隠し持つハイテク製品にはピッタリでないだろうか・・・

Of course, rumors are just rumors until Steve Jobs pulls a new iPhone out of his pocket. If the image proves to be legit, however, the glossy black finish will make a nice addition to the up-and-coming executive’s tech stash.

     *     *     *

このウワサについて Mac Rumors は、そもそもリーク写真はほとんどが偽物であり、噂系でもない iPod Observer が取り上げた話なので真偽のほどは分らないが、フォーラムで盛んに議論されているので取り上げたとしている。

Technorati Tags: ,

アップルの次の一手

2008年 4月 4日

Intel Atom

Intel Atom processor

インテルのチップを見れば、アップルの次の一手が分かるという。

Forbes: “Why Apple Will Go Atomic” by Brian Caulfield: 02 April 2008

     *     *     *

Atom チップがカギ

Steve Jobs のつぎの一手はなんだろうか。

What will Steve Jobs do next?

秘密主義に包まれたアップル総帥の意図を読み解くカギはインテルの計画にありそうだ。この水曜日、上海で開催されるインテル開発者フォーラム(Intel Developer Forum)がヒントになるだろう。ハンドヘルド機器やチップを内蔵したデバイス向けの低コスト・低消費電力の Atom チップの新しいラインナップが発表されるからだ。

Intel’s plans may offer the best Rosetta stone for decoding the secretive Apple chief executive’s intentions. The latest clue will come Wednesday in Shanghai at the Intel Developer Forum, where the chip maker will detail its new lineup of low-cost, low-power processors, dubbed Atom, for handheld devices and embedded gizmos.

     *     *     *

未だ態度表明せず

しかし、インテルにとって最も興味ある顧客のアップルは、未だにその意向を明らかにしていない。新しいチップがより強力に、より効率的になり、アップルの採用は間違いなしとアナリストがいうにも関わらず、だ。「アップルは決して他社の引き立て役には終わらないから、必ず採用するはずだ」と Roger Kay(Endpoint Technologies Associates 社長)はいう。いずれアップルは「これらインテルチップを使って iPhone や iPod Touch よりやや大きめのもの」を作るだろう。

Intel’s most intriguing customer, however, isn’t showing its intentions. This is despite the fact that analysts say Apple will almost certainly dip into Intel’s new line of processors, as they grow both more power-efficient and more powerful. “They are going to pick and choose, they are not going to be anybody’s stooge,” said Roger Kay, president of tech-tracker Endpoint Technologies Associates. Eventually, however, Kay said he sees Apple building “what I imagine is a slightly bigger version of the iPhone, or the iPod Touch” around Intel’s chips.

     *     *     *

新しいクラスのデバイス

Intel Atom Logo

では Atom のスペックから分かることは何か。新しいプロセッサのスピードは1.83 Ghz に達するが、これは 2004 年当時のノートブックに匹敵するパフォーマンスだ。しかも消費電力はほんの少しで済む。その結果、ポケットサイズでバッテリーで動く新しいクラスのデバイスが登場することとなる。今四半期の後半にはそれが登場するとインテルはいっている。しかも今日の PDA とは異なり、PC クラスの OS(ウインドウズ Vista など) を駆動することも可能だという。

So what do Atom’s specs tell us? The new processors will run at speeds of up to 1.83 Ghz–cranking out performance comparable to a 2004 era notebook–while using only modest amounts of power. The result will be a new class of pocket-sized, battery-powered gizmos, which Intel says will begin shipping later this quarter. And, unlike today’s personal digital assistants, Intel boasts such devices will be able to run PC-class operating systems, such as Windows Vista.

     *     *     *

ウワサのアップル製品か

そうなるとどう考えてもアップルが開発中というウワサのデバイスになりそうだ。タブレットサイズ、Web サーフィンが可能で、タッチスクリーンを備えたヤツだ。もしそうなら、決して安くはないだろう。最新のインテルチップはキットで45ドルはするから、新しいデバイスの価格は 500 ドルプラスマイナス 100 ドルというところか・・・

Such a gizmo sounds an awful lot like the tablet-sized, Web-surfing touch-screen gizmo some speculate Apple is working on. If so, it won’t come cheap. Intel will sell a kit including its latest chip starting at $45, and figures devices built around its new offering will go for $500, plus or minus $100.

     *     *     *

Atom を使わないテはない

アップルが新製品を投入するのは何時かということがいつも問題になる。それでもいつかはインテルの新しいプロセッサを iPhone にも採用するだろうと Endpoint の Kay はいう。アップルが Atom プロセッサの最初出荷分については見送ることがあっても、「このプラットフォームはあまりにスグレモノなので決して見過ごせないだろう。2009 年バージョンになると特にそうだ。」

Of course, with Apple, timing is always the big mystery. But, eventually Endpoint’s Kay says an iteration of Intel’s new processors will end up in the iPhone, even if Apple decides to pass on Intel’s first b of Atom processors. “I just think the platform is too good, particularly the 2009 version,” Kay said.

     *     *     *

Silverthorne-1

Silverthorne Layout

インテル発表は予定通り行われ Atom の詳細が明らかになりつつある。これまで Silverthorne のコード名で呼ばれていたプロセッサが Atom になり、同プロセッサをベースとするプラットフォームが Centrino Atom[コード名 Menlow]になったということらしい。

いよいよアップルにとって欠くべからざるプロセッサの登場だが、アップルの対応や如何というわけ・・・

新チップを搭載した他社製品がまず登場、しばらくしてデザインや UI のひと際目立つアップル製品が出るというのがこれまでのパターンだが、さて今回はどうなるか。

なお、Atom プロセッサについては、後藤弘茂氏の詳細な解説が大変参考になる。

Technorati Tags: , , , , , , ,

Pwnage で iPhone を完全ハック

2008年 4月 2日

Pwnagejoke

iPhone Dev Team による iPhone ハックソフト「Pwnage」が公開されるという。Erica Sadun がスクープしたように iTunes の牢破りが実現するわけだ。

Pwnage を使えば、事前にハックした iPhone firmware を iTunes を通じて読み込むことが可能になるのだという。アップデートした後にわざわざ牢破り(jailbreaking)しなくても、牢破り済みのシステムをインストールすればいいというわけ・・・

遂に iPhone は完全ハックされる[PWNED:付記参照]ことになる。

The iPhone Project: “The iPhone: finally PWNED“: 30 March 2008

     *     *     * 

iPhone PWNED プロジェクト大公開

明日3月30日(日)、いよいよ待望の「iPhone PWNED」プロジェクトが公開される! YouTube でも見かけたものだが、多くのひとは信じなかった。これは間違いなく本物だ。これでカスタムメイドのファームウェアを iPhone に読み込むことが可能になる。

As of tomorrow, Sunday, March 30?th, the long awaited project iPhone PWNED will be available to the public! – it’s what we’ve seen on YouTube and many of us have disbelieved. However, it is real and allows for custom unsigned firmware to be flashed on to the iPhone.

以下はデベロッパ[注参照]との簡単なインタビュー。

Here is a quick rundown interview with the developers:

[注]デベロッパとは iPhone Dev Team のつぎのメンバー。

asap18, bgm, Bugout, bushing, chris, dinopio, drudge, Fred_, ghost_000, gray, kroo, MuscleNerd, netkas, np101137, planetbeing, pr3d4t0r, pumpkin, pytey, roxfan, sam, Turbo, w___, wizdaz, Zf

     *     *     *

アップルからの完全な独立

質問:ユーザーは PWN で何が出来るのですか。

theiphoneproject: What does PWN accomplish for the users?

デベロッパ:iPhone(および iPod Touch)で何ができて何ができないかというアップルの考えから完全に独立できることです。今のところ牢破りされ(jailbroken)、あるいはロック解除された(unlocked)状態に復元することができます。その他にも、Installer、Cydia ほかのアプリをインストールするなどクールなことができます。いずれ将来は、iPhone の全内容をバックアップしたり、あるいはお望みの状態へそっくり復元することもできるようになります。例えば、インストーラを使って直接牢破りした状態にしたり、Linux のような他の OS(複数)をインストールしたりできるのです。

The Devs: Full independence from Apple’s vision on what the iPhone (and iPod Touch) can and cannot do. Currently it will allow you to restore to a jailbroken and unlocked state, and if you can figure it out – some extra cool stuff like Installer, Cydia, and other applications. You will eventually be able to backup your entire phone and restore to a state exactly the way you like it, restore straight to jailbroken state with installer, or even potentially install other OSes like linux (see iphonelinux.org) to your phone.

     *     *     *

iPhone を完全にコントロール

質問:ZiPhone など他の方法があるのに、なぜ Pwnage が必要なのですか。

theiphoneproject: Why should I use this instead of ZiPhone? (or any other method in that case)

デベロッパ:それは Pwnage によって iPhone が初めて完全にコントロールできるようになるからです。ZiPhone のようなこれまでのやり方は、搭載されている iPhone OS に侵入し、必要なものをインストールして攻撃する方法をとっています。これはアップルが OS に加えた制限を外そうとするものですが、やれることには限度があり、我々のやり方とは根本的に異なります。我々のやり方は iPhone の一番基礎となるレイヤーを完全にコントロールするものです。アップル自身がこれまでテストし、使ってきた復元メカニズムを使うのです。これはより安全な牢破りだともいえるでしょう。ハッカーがこの方法の可能性に気付き、それを利用するようになれば、もっといろんなことが出来るようになると思います。

The Devs: Because it is the first time you can fully take control over your device. Previous solutions such as ZiPhone rely on exploits to break into an existing installation of iPhone OS, and install stuff into your device that way. Those approaches are fundamentally different from ours, in that they attempt to correct what Apple’s restricted in the OS after the fact, and only have limited power in what they can do to it. Our approach takes full control of the lowest layers of Apple’s device, and allows a much safer kind of jailbreak, that uses Apple’s tried and tested restore mechanism. It will also allow much more when hackers realize all the new possibilities this method opens up and start taking advantage of them.

     *     *     *

お望みの状態に復元可能

YouTube | iPhone PWNED

質問:やり方を簡単に説明してください。

theiphoneproject: Can you give us an overview of the process?

デベロッパ:正直、とても簡単です。これは Pwnage の最初のバージョンですが、IPSW の構築はこれまで Mac OS X でのみサポートされていました。まず最初にやることは、現在使っているファームウェアの公式 IPSW を用意することです。(使っているのが 1.1.4 なら 1.1.4 をダウンロードしてください。)それから Pwnage ツールを立ち上げ、「.ipsw をブラウズする」をクリックして、ダウンロードしたファームウェアのファイルをブラウズします。つぎに「iPwner」ボタンをクリックして、Pwnage が iPhone ブートローダをパッチするのを見守ります。これでコードの符号チェックを迂回することが可能になります。その後 iPhone が再起動します。iPhone が再起動したら、Pwnage を終了し、それからもう一度立ち上げます。

The Devs: In all honesty, it’s quite simple. This is the first release of Pwnage, and the process of building an IPSW is thus far only supported on Mac OS X. The first thing to do is make sure you have the Official IPSW of the firmware you are running (eg. If you are running 1.1.4, download 1.1.4). Now open the Pwnage tool, and click “Browse .ipsw” and browse to the firmware file that you just downloaded. Next you click the “iPwner” button, and watch as PWNAGE patches the iPhone bootlader [sic], making it possible to circumvent any code signing checks. After this, your iPhone will reboot. As the iPhone reboots, exit the Pwnage app, and reopen it.

マジックはここからです。iPhone が再起動したら IPSW Builder をクリックします。ビルドのオプションがいくつか表示されます。牢破り、ロック解除などです。新しく BootNeuter もありますが、これは究極のロック解除です。一旦 IPSW をカスタマイズしたら OK ボタンを押し、Pwnage に復元ファイルを作成させます。つぎは iTunes です。復元ボタンをオプションクリックして作成したばかりのカスタム ipsw に進み、OK ボタンを押せばそれで完了です。あとは iTunes がお望みの状態(牢破りされたものであれロック解除されたものであれ)に復元してくれます。

Here is where the magic happens, once the phone has rebooted, click on “IPSW Builder,” and you are presented with a list of the building options (jailbreak, unlock, etc..) including the all new “BootNeuter,” the ultimate iPhone unlocking solution. Once you have customized your IPSW, hit OK and let Pwnage build the restore file. Next we head to iTunes, option+click on the restore button, and navigate to the custom ipsw that you just created,. Hit OK and we’re done! iTunes will restore the iPhone to the state of your choosing (Be it jailbroken, unlocked etc…).

     *     *     *

iPhone Dev Team の説明を聞くと、YouTube ビデオのやっていることも分かりやすくなる。

ハックされた iPhone をアップルが「レンガ化」するのと同じレベルで牢破りするのだとすると、これは大変なことになりそうだ。

すでにハッカーの手になる iPhone プログラミングの本も登場している。

iPhone SDK のベータバーションが出たばかりだが、6月までにはいろんなことが起きそうだ。

     *     *     *

ところで Pwnage のニュースには続きがあって、法律問題のチェックで公表が遅れるとか、公開するのをやめて匿名の第三者に一切譲渡するなどという話も流れた。

後者はエイプリルフールのジョークであることが判明したが、iPhone のハッキング情報に強い Erica Sadun も今回は振り回された感じがある。

     *     *     *

付記:PWNPWNAGE

今回のハッキングに関して、PWN とか PWNAGE ということばが至る所で使われている。

もともとはゲーマー用語で、相手をやっつけたときに “you just got pwned!” のように使う。他に “pwnage” といういい方もある。「勝った、やっつけた、制覇した」の意。

勝つ意味で “own” と綴るべきを、タイプミスで “pwn” と間違えたのが始まりらしい。読み方はいろいろあるらしいが、own の韻を踏んだ[ポウン]や pawn と同じ[ポーン]と発音するのが普通のようだ。

セキュリティの世界では to compromise(改ざんする)や to control(支配下におく)の意味で使われ、hacking や cracking と同意義にも使われる。

詳しくはこちら

     *     *     *

参考:

・The iPhone Project: “The iPhone: finally PWNED“: 30 March 2008

・iPhone Dev Team: “iPhone Dev Team Portal [main]“: 02 April 2008

・YouTube Video: “iPhone PWNED

・Engadget: “Video of the iPhone Pwned project in action” by Nilay Patel: 29 March 2008

・Engadget Japanese: “動画:iPhone完全ハックツール「PWNAGE“: 31 March 2008

・Engadget: “iPhone Dev Team claims to be dismantled, Pwnage tool dead for good? Update: nope.” by Ryan Block: 31 March 2008

・Gizmodo: “iPhone Pwnage Tool to Be Released Someday” by Haroon Malik: 29 March 2008

・Mac Rumors: “iPhone Pwnage Project Opens Up Possibilities [Update]” by Arnold Kim: 30 March 2008

・Ars Technica: “Totally pwn your iPhone… sometime next week” by Chris Foresman: 31 March 2008

・TUAW: “iPhone pwnage tool delayed” by Erica Sadun: 31 March 2008

・TUAW: “iPhone Dev Team cancels pwnage, sells IP” by Erica Sadun: 31 March 2008

・InsanelyMac Forum: “Greedy Fascist Hackers…, or April Fool’s Day joke?” by Numberzz: 31 March 2008

・Wikipedia: “Pwn“: 01 April 2008

・iPhone Hacks: “iPhone Dev Team reveal more details about their method to Jailbreak iPhone using iTunes“: 09 March 2008

・iPod Plus: “iTunesを使ったJailbreakの新たな真相 Pwnage Project“: 11 March 2008

・Ars Technica: “iPhone Dev Team pwns with modded 2.0 firmware” by Chris Foresman: 12 March 2008

Technorati Tags: , , , , , ,

Good-Bye Desktop PC, Hello iPhone

2008年 3月 29日

Iphone-7

iPhone as a pocket-size PC

iPhone SDK によって時代遅れのデスクトップ PC の終わりが始まったという。(The Apple iPhone SDK marks the beginning of the end for the venerable deskbound PC.)

PC Magazine: “Good-Bye Desktop PC, Hello iPhone” by Lance Ulanoff: 25 March 2008

     *     *     *

20ポンドの箱

私の世代が考えるコンピュータとは20世紀の古くさい考え方に深く根差している。今の若者や十代のひとたちは、10年後、20年後、20ポンドも重さがあるボックスの前に座って仕事をした私みたいな人間のことをきっと笑うに違いない。(その意味では両親や祖父の世代でも同じだ。)

My generation’s concept of what it means to compute is so quaint and firmly rooted in the 20th century. Young people and teens computing 10 or 20 years from now will look back and laugh at people like me (and, most likely, their own parents and grandparents) who sat down at desks and worked on 20-pound boxes.

     *     *     *

デスクトップコンピュータの凋落

デスクトップコンピュータの凋落は何年来続いているが、最近の出来事でデスクトップ離れが猛烈なスピードで起きていることを確信せざるを得なくなった。次に来るものは何か? 今日主流のラップトップですらいずれ同じ運命をたどると思う。

The decline of the deskbound PC has been under way for years, but recent events convince me that the transition to desktopless computing is accelerating at a breakneck pace. What’s next? I have a feeling that mainstream laptops could someday meet the same fate.

     *     *     *

それ以上の存在へ

変化をもたらすものは何か。いうまでもない、iPhone の登場だ。電話としてはまあまあ、マルチメディアのデバイスとしてはすばらしい。しかし、Apple SDK が約束する未来と Exchange ActiveSync ソフト導入によって、iPhone はそれ以上の存在に変化しようとしている。

What precipitated these changes? The arrival of the Apple iPhone , of course. It’s an okay phone and an excellent multimedia device, but now, with the promise the Apple SDK holds and the introduction of the Exchange ActiveSync software, it’s about to become much, much more.

     *     *     *

近視眼的な私の考え

iPhone には物理的キーボードが欠けているし、バーチャルキーボードなんて使いものにならないと私は激しく批判したものだ。しかし私の考えは近視眼的だった。私がキーボードを使えないことなんかアップルは気にもしなかった。アップルが狙うヒップな20代の若者はすぐさま iPhone を受け入れ、メッセージ、テキスト、Safari の検索などでバーチャルキーボードを使う方法を考え出したのだ。私が出来なくてもどうでもよかった。

I know I railed against the iPhone’s lack of physical keys and what I saw as a nearly impossible-to-use virtual keyboard. My shortsighted evaluation, however, failed to take into account that Apple couldn’t care less if I could use the keyboard. Its target market (young, hip 20-somethings) adopted the iPhone immediately and figured out how best to use the virtual keyboard to message, text, and search in the Safari browser, and so on. So what if I couldn’t figure it out.

     *     *     *

ポケットサイズコンピュータ

Eメールの同期、コンタクトなどのビジネス向けツールに加えて、いろいろなアプリの新しい世界が期待できるので、iPhone は賢いスマートフォンからポケットサイズのコンピュータへと変化することになる。

The addition of business-class tools, such as synchronized e-mail and contacts, and the promise of a whole new world of other apps will transform this product from a really smart phone to a pocket-size PC.

これまでも数えきれないほどスマートフォンやウルトラポータブルのラップトップが(それに中ぐらいのサイズの UMPC まで)あった。しかし iPhone は特別なのだ。

Yes, there are countless smartphones and ultraportable laptops (and even mid-size UMPCs) out there, but the iPhone is special.

     *     *     *

みんなが欲しがる

Blackberry Pearl

BlackBerry Pearl

未来を変えるという意味で iPhone が頭抜けている理由のひとつは、みんなが欲しがるということだ。若い世代にとって iPhone は同世代のクールさ、仲間意識、よき思い出へのパスポートともいうべきもので、だからみんなが買うのだ。ヒップに見せたいビジネスマンも買い求めるが、買い控えるひとの方が多かった。[iPhone の]Eメールが同期されないのでは、どうしても BlackBerry を持ち運ばなければならなくなる。確かに BlackBerry Pearl はセクシーだが、iPhone のすばらしさには及ばない。

One of the reasons Apple’s iPhone stands to be a game changer is because people lust after it. Young people buy it because it’s something of a passport to coolness, acceptance, and good times among their demographic. Businesspeople who like to appear hip want it, too, but many have held off. Without synchronized e-mail, they’d still have to carry their BlackBerrys. Sure, the BlackBerry Pearl is sexy, but it doesn’t have the iPhone’s cachet.

     *     *     *

記事を載せているのが PC Magazine であるところがおもしろい。

Technorati Tags: , , ,

次世代コンピューティングはアップルが席巻する

2008年 3月 27日

Iphone Os

iPhone SDK が発表された直後に書かれた興味深い記事がある。

ReadWriteWeb: “Why Apple Will Dominate Next Gen Computing” by Alex Iskold: 09 March 2008

プログラミングというものに対するアップルの考え方をよく反映しているように思えるからだ。

3月6日のイベントではマイクロソフトの Exchange サポートという企業向け対策と iPhone SDK が発表されたが、後者の方がはるかに重要だという。

     *     *     *

iPhone SDK でゲームが変わる

Exchange  のサポートによる企業への対策がいかにクールに見えても、もうひとつのより重要な発表の前では影が薄くなる。iPhone SDK のことだ。アップルが MacOS や iPhone のアプリケーション作成に使うこの強力なプラットフォームは、いまや完全にオープン化された。この Objective-C をベースとする[プログラミング技術の]蓄積は、10年という時間をかけて完璧なものとなった。ソケット、グラフィックス、オーディオ、モーションコントロール、ユーザーインターフェイスの構成要素などといった OS のためのインターフェイスが完璧なものとなったのだ。このプラットフォームには完全な iPhone シミュレータ、XCode 開発環境、ワンクリックによるコンパイル/ビルド/展開プロセスが含まれている。まさにこのプラットフォームによってゲームが変わるのだ。

No matter how cool the exchange support and the enterprise play is, that news is dwarfed by the other, much more important announcement – the iPhone SDK. The powerful platform that Apple uses to create beautiful applications for MacOS and iPhone is now completely open. Over a decade in making, this Objective-C based stack is complete with interfaces for operating system, sockets, graphics, audio, motion control and UI components; just to name a few. The platform comes with complete iPhone simulator, XCode development environment and 1-click compile/build/deploy process. This platform is a game changer.

     *     *     *

言語よりライブラリが重要

ハッキリさせておきたい。重要なのは開発言語ではなく、ライブラリの方なのだ。新しい言語が登場するたびにこれこそベストだとデベロッパはいうが、私はそうは思わない。今日では、ライブラリがちゃんと整っていない開発言語なんて使用に耐えないのだ。ソフトウェアの複雑さが増すにつれ、ますますライブラリが重要になる。マイクロソフトですらこのことを .Net が何年も遅れるという苦い経験から学んだのだ。当時 Java を採用して最適化していたら、他社に何年も先んずることができた筈だ。

Let’s be clear. It is not the language, but the libraries that matter. Every time I hear developers talk about a new language and say it is by far the best one, I just shake my head. A new language is not going to be usable in today’s world unless all of the libraries are in place. As the complexity of our software increases, so do demands on libraries. Microsoft learned it the hard way with years of set backs when it rolled out .Net. Had it simply embraced and optimized Java, it could have been years ahead instead.

     *     *     *

コードを築いてきたアップル

アップルの選んだ道はまったく異なるものだった。この10年アップルは、非の打ち所のないすばらしいやり方で、顧客や投資家の賞賛を勝ち得てきた。アップルが新しい発表をするたびに、もうこれ以上はないだろうと何度も考えたものだが、しかしその都度 Jobs とその仲間たちは新しい手品を帽子から出してみせたのだ。アップルが実行という技を完璧なものにしたマシンであることは明らかだ。それだけではない。アップルの秘密はソフトウェアにある。他の連中は、新しい言語とその骨格を作ったかもしれないが、アップルはそのコードを完成させ、蓄積してきたのだ。

Apple choose a different path. For the last decade Apple has been wowing the crowds and investors with its flawless and lightning quick execution. Every new Apple announcement, we keep thinking that they won’t top it. But every time, Jobs and his crew pulls another trick out of the hat. Clearly, Apple is a well-oiled machine that has perfected the art of execution. But beyond that, Apple’s secret sauce has been its software. While others have been inventing new languages and frameworks, Apple kept perfecting and building up its code.

     *     *     *

Objective-C

アップルはその初期から Objective-C と呼ばれる言語を取り入れてきた。手続き型言語の中でオブジェクト指向の言語だ。Jobs がアップルに復帰したとき、それまでの OS をボツにして Unix 支持に方針転換したが、それは正しい選択だった。そうすることでアップルは、美しくシンプルなユーザーインターフェイスを保持しながら、本格的プログラマーを直ちに利用できるようになった。Java が登場したときもアップルは動かされなかった。あまりにスピードが遅かったからだ。概していえば、アップルはずっと新しい言語を無視し、[Objective-C という]プラットフォームに固執し続けたのだ。賢く、よく規律がとれて、慎重なやり方だった。

Since the early days, Apple embraced a language called Objective-C – an object-oriented flavor of the popular procedural language. When Jobs returned to Apple, one of the early smart decisions was to ditch the old operating system in favor of Unix. This moved [sic] allowed Apple to instantly tap into serious programmers while retaining a beautiful and simple UI. When Java came along, Apple was unmoved, because it was just too slow. In general, over the years Apple has ignored new languages and just stuck with its platform. Smart, disciplined and mature.

     *     *     *

iPhone プラットフォーム

アップルの iPhone プラットフォームは MacOS の開発で得られたものとその多くを共有している。アップルがそれまでの OS を iPhone でも動くようにしたのはすばらしいことだった。これまで蓄積してきたコードのすべてが瞬時にして新しいデバイスで利用可能になったのだ。唯一の例外はユーザーインターフェイスのライブラリだった。マルチタッチスクリーン、モーション、iPhone 特有のグラフィックスやサウンド、そういったものを取り入れなければならなかったからだ。

The Apple iPhone platform shares a lot with the MacOS developer stack. Brilliantly, Apple made its operating system run on iPhone, instantly leveraging its entire code base on a new device. The one exception is the UI libraries, which had to be designed specifically for multi-touch screen, motion, unique graphics and sound on iPhone.

     *     *     *

開発ツールのワンセット

Iphone Tools

iPhone Development Offering

デベロッパが利用できるのは非常に安定した API だけではない。入り口から出口まで目的に応じて開発ツールが揃っているのだ。XCode(無料ではない)が開発アプリケーションの中心だ。それには最新のエディタ、デバッガ、ソースコード統合などが含まれ、ドラッグ&ドロップが可能なユーザーインターフェイスビルダではウィジェットの形で iPhone の標準的コントロールが利用できる。iPhone の診断分析にはインスツルメントと呼ばれるツールセットが準備されている。ツールセットの中で最もすごいのは iPhone の本格的シミュレータだろう。デベロッパは、iPhone がなくても書いたコードをマック上で直ちにテストできるのだ。

Beyond rock-solid APIs, developers get an end-to-end set of development tools. XCode is the studio for developing applications (not free) and it includes a modern editor, debugger and source code integration. It also features a drag-and-drop UI builder, which has all the standard iPhone controls available as widgets. For profiling and diagnostics of iPhone, Apple offers a set called Instruments. And the most impressive piece of the tool set is a fully-fledged iPhone simulator. Developers can write and immediately test the code right on their Macs, without deploying it to iPhone.

     *     *     *

デスクトップのさらに先へ

これまでのウェブアプリケーションは、様々の点でデスクトップアプリケーションに追いつこうとしてきた。今やハンドヘルドデバイスの方が大きく進歩している。現行のいかなるブラウザより何年分も先に進んでいる。アップルのグラフィックスやモーション、サウンド API の力そのものによって、これまでウェブでは不可能だったものへの扉が開いたのだ。

In a lot of ways, web applications have been playing catch up with Desktop apps. Now, a handheld device has lept forward, years ahead of what is available inside any modern browser. The sheer power of Apple’s graphics, motion and sound APIs just opened the door for things that have not been possible before on the web.

     *     *     *

最後の一花

6月の App Store 発表のときには、何千というアプリケーションが登場するだろう。多くの会社がこの偉大な新しいプラットフォームでアプリケーションを作成しようと殺到し、デベロッパは書店で Objective-C の本を買おうと押し掛ける。この言語も最後の一花を咲かせるというわけ。かつて JavaScript の人気が沸騰したのはウェブで使用可能な言語がそれしかなかったためだが、Objective-C だって新しいパワフルなプラットフォームで使えるベストの言語というわけではないのだ。[注:ここは Objective-C を積極的に解すべきとの意見もある。コメント参照。]

When the App Store launches in June, there will be thousands of applications. Companies are rushing to build apps using this great new platform. Developers are rushing to the stores and are creating Objective-C books. This language is having the last laugh now. Like JavaScript, which bubbled up because it was the only choice in the web medium, Objective-C is not a language of choice in this new and powerful platform.

     *     *     *

次世代コンピューティングはアップルが席巻する

アップルはこの移行を見事にやってのけた。企業向け対策と SDK は両々相俟って、iPhone を未来のハンドヘルドデバイスとしての地位に高めるだろう。PC は最後の一撃をくらったことになるが、皮肉なことにそれは MacBook(増加しているのは確かだが)のせいではなく、新しいちっちゃなコンピュータのせいなのだ。アップルは優雅に、容赦なく、そして創造的に復讐を成し遂げた。次世代のコンピューティングはアップルが席巻することになるだろう。果たしてそれはいいことか? 多分そうだ。マイクロソフトが牛耳る世界よりは間違いなくいいに違いない。

Apple has made this play flawlessly. The enterprise and SDK solutions will go hand-in-hand to propel the iPhone to be THE handheld device of the future. Ironically, the PC just got its final blow not from a MacBook (which has been on the rise too!), but from a small new computer. Apple got its revenge elegantly, relentlessly and creatively. The next era of computing will be dominated by Apple. Is this a good thing? Likely yes, and it is surely better than one dominated by Microsoft.

     *     *     *

★初出はこちら[maclalala:annex | アップルは次世代コンピューティングを席巻する

Technorati Tags: , ,