トップの座まであと一歩

Jony And Steve

Jonathan Ive and Steve Jobs

エセックス生まれのデザイナーが、いったいどうやってアメリカ大企業の CEO に擬せられるようになったのか・・・

ロンドンのタイムズが、興味深いシンデレラストーリーを載せている。

Times: “One step from the top, Essex boy who reached Apple’s core” by Chris Ayres: 08 December 2007

     *     *     *

セレブの顧客

彼はアメリカでも最も強力な会社の仕事に就いている。彼の崇拝者や顧客には、ボノ、ジョージ・ブッシュ、エリザベス女王などがいる。今年タイム誌の読者投票ではこの世で最も影響力のある100人のひとりに選ばれた。

He holds one of the most powerful corporate jobs in America. His admirers (and customers) include Bono, George W. Bush and the Queen. This year the readers of Time magazine put him among the 100 most influential people on Earth.

Jonathan Ive はエセックス生まれ、シャイで人前にでるのを嫌う。彼の最初のキャリアは化粧道具をデザインすることだった。そんな彼が、アメリカのビジネスの歴史でもごく稀な、大きな成功に最も近い位置にいるということなのか。

Could Jonathan Ive, the publicity-shy Essex boy who started his career designing toilets and combs, be close to performing one of the most extraordinary coups in American business history?

彼は40才で、ジムで鍛えたような身体を持ち、頭を剃って、Aston Martin に乗るイギリス人だ。歴史家の奥さんと双子の息子と一緒に、サンフランシスコのツインピークスに住んでいる。その彼が、アップルコンピュータを動かす次の人間だということなのか。

Could this 40-year-old gym-toned, shaven-headed, Aston Martin-driving Brit, who lives in Twin Peaks, San Francisco, with his wife, who is a historian, and their twin sons, be the next man to run Apple Computer?

     *     *     *

勲章をもらったジョニー

Ive 氏は仲間内ではジョニー(Jony)で通っている。今やアップルのインダストリアルデザイン担当上級副社長だ。iMac から iPhone まで、あらゆるアップル製品の開発に携わっていることで有名だ。

Mr Ive, known to colleagues as Jony, is already Apple’s senior vice-president of industrial design, credited widely with the development of every Apple product from the iMac to the iPhone.

ヨーロッパで売り出された Ive 氏の iPhone はすでに50万に達し、アナリストの予測を大きく上回っている。9年前に Ive 氏がパリで初代 iMac を披露したとき、グレープフルーツみたいなデザインにしたといったものだ。その iMac は、ムダのないすっきりとしたデザインとシンプルでバグの少ない OS によって、今もなお多くの PC ユーザーをアップルに改宗させ続けている。

Sales of Mr Ive’s iPhone in Europe are already set to reach half a million – way ahead of analysts’ forecasts. Meanwhile, the iMac, which Mr Ive first revealed nine years ago in Paris, explaining that he wanted it to look like a grapefruit, is continuing to convert more and more PC users to its anorexic design and simpler, less buggy operating system.

Ive 氏の努力に報いて、昨年英国女王は CBE[Commander of (the Order of) the British Empire:上級勲爵士]勲章を贈った。女王陛下の思し召しはみんなの想像以上だったことが後ほど分かった。81才の女王陛下は、アンドリュー王子から贈られた 6GB Royal iPod を持っていたのだ。

Mr Ive’s efforts were rewarded by the Queen last year with a CBE. It has since been revealed that Her Majesty’s appreciation went deeper than many thought: the 81-year-old monarch is the owner of a 6Gb Royal iPod, a gift from Prince Andrew.

     *     *     *

後継者は誰に

それにしても、東ロンドンの Chingford 出身のこの若者は、いったいどうしてアップルの共同設立者であり CEO である Steve Jobs の後を継いだりできるのだろうか。52 才の Jobs を暴君だと考えるひともいるが(アップルでは「スティーブされた」とはクビになったという意味)、しかし彼は象徴的な偶像であり、悪口をいわれる以上に崇拝されているのだ。

But how could a boy from Chingford, East London, ever replace Steve Jobs, Apple’s co-founder and CEO. Although Mr Jobs, 52, is considered by some a tyrant (“being Steved” is shorthand for being fired at Apple), he also an icon and more revered than he is reviled.

Steve Jobs の最終的後継者を明らかにするようにという圧力は日増しに高まっている。特定の一個人のパーソナリティの上に築かれた会社には、はっきりとした後継者プランが必要だと多くのひとが考えるからだ。シリコンバレーの有名ブロガー Jess McMullin は、アップルの取締役会に対し、「後継者プランを立てることは株主の受託者である取締役会の責務」であり、後継者リストのトップに来るのが Jonathan Ive だという公開書簡まで出しているほどだ。

And yet he is under growing pressure to name his ultimate replacement, as many fear that a company built on one man’s personality needs a clear succession plan. Jess McMullin, a prominent Silicon Valley blogger, has gone as far as to write an open letter to Apple’s board of directors, pointing out that it is their “fiduciary duty to develop a succession plan”, and that Jonathan Ive should be at the top of their list.

MacUser の共同編集者である Dan Moren も同意して次のようにいう。Ive 氏こそが「アップルを一番有名にしたもの、すなわちデザインを体現した人間」だ、と。

Dan Moren, co-editor of MacUser, agrees. He describes Mr Ive as “the man who embodies what Apple is perhaps most famous for – design”.

     *     *     *

ストックオプションスキャンダル

アップルの後継者が話題になる理由はほかにもある。アップルのことというと口を出したがる連中がよくいうように、「スティーブ後のシナリオ」が必要なのだ。ストックオプションスキャンダル(底値で買って後で高く売り抜いて利益を出すチャンスのこと)によってアップルは傷つき易くなった。昨年8月に話が表に出て以来、いつまで経っても消えないのだ。

There are other reasons for all the talk of succession at Apple – or, as the company’s obsessive followers like to say, the need for a “postSteve scenario”. The company has been made vulnerable by a scandal over stock options – essentially, the opportunity to buy stock for aknockdown price in the hope of selling it at a profit later – that emerged in August last year and has refused to go away.

アップルは、違法なストックオプションを悪用して重役に棚ぼたを与えたと訴えられた何百社のうちの一社に過ぎない。ウォール街では、著名な犠牲者が続出している。例えば木曜日には、United-Health Group の前 CEO が、ストックオプションの約半分を没収され、700万ドルの罰金を支払う代わりに、アメリカ金融界の番犬 SEC の調査を終結させることで話がついたのだ。

Apple is one of hundreds of companies accused of unfairly rigging its stock options programme to ensure guaranteed windfalls for executives. On Wall Street, high-profile casualties continue to mount: on Thursday the former chief executive of United-Health Group agreed to forfeit almost half a billion dollars in stock options and pay a $7 million fine to settle an investigation by the Securities and Exchange Commission, America’s financial watchdog.

SEC は、アップルに対しては如何なる措置をとる予定もないといっている。しかしながら、アップルの元総合弁護士 Nancy Heinen に対しては詐欺罪で告発する一方、元最高財務責任者の Fred Anderson に対しては調査終結の話をつけている。

The SEC has indicated that it has no plans to take action against Apple, but it has filed fraud charges against Nancy Heinen, the company’s former general counsel, and settled an investigation into Fred Anderson, the computer company’s former chief financial officer.

     *     *     *

SEC はまだ探っている

アップルは、外部に対してはもう事は終わったといっているが、SEC はまだアップルを探っているのではないかと考えるもひとも多い。Heinen 氏への審理が進むにつれて(本人は悪事をしていないと否定しているが)アップルの内情に対する関心は高まる一方だろう。

Despite Apple’s reassurances to the public, many are convinced that the SEC is still circling – and as the case against Ms Heinen progresses (she denies any wrongdoing) interest in Apple’s internal politics is only likely to heighten.

Jobs 氏自身、事件の過程で、正式の宣誓供述書を求められたものと考えられている。Jobs 氏はなんら悪い事をしていないというのがアップルの立場であり、むしろ「緊急かつ徹底的で、例を見ない協力ぶりについて」SEC から賞賛されたと指摘するのにやぶさかでない。それでもなお、Jobs 氏が違法なストックオプションから何百万ドルものカネを手にしたと主張するサンフランシスコの強力な弁護士事務所から、改めて訴えを起こされる可能性があるのだ。

It is thought that Mr Jobs himself has been asked to give an official statement, or deposition, as part of the case. Apple maintains that Mr Jobs did nothing wrong, and is eager to point out that the company has been praised by the SEC for its “swift, extensive and extraordinary cooperation”. Yet Apple is also facing a revised lawsuit from a powerful San Francisco law firm that claims that Mr Jobs made hundreds of millions of dollars from unfairly “backdated” stock options.

     *     *     *

クリーンな Ive

Jobs 氏が訴えを起こされる可能性がどんなに小さいものであれ、もし Ive 氏がアップル CEO の後継者として正式に命名されれば、アップルの将来への疑念が消えると胸を撫で下ろす投資者は少なくないのだ。

No matter how remote the possibility of Mr Jobs standing down might be, some investors would be happier if Mr Ive was named officially as the Apple CEO’s successor to avoid future doubt.

アップルに対し訴訟を起こそうとしている弁護士の Mark Molumphy は、Ive 氏がストックオプション訴訟に関する限りアンタッチャブルだということを、渋々タイムズ紙に対し認めた。「我々がみた証拠には、彼について触れているものはない」と。

Mark Molumphy, the lawyer who is filing the revised lawsuit against Apple, conceded to The Times that Mr Ive was more or less untouchable as far as the stock options litigation goes. “The evidence we’ve seen does not implicate him,” he said.

     *     *     *

コンピュータは苦手

Ive 氏自身、自分はコンピュータギークというより、デザイナーであると認めている。2003 年に行われた珍しいスピーチで、彼は語っている。「専門学校時代、自分はコンピュータにはとても手こずった。自分はテクニカルなものには向いていないと確信した。専門学校の終わりの頃になって、マックと出会った。それまで使ったものよりずっとすばらしかったのでビックリしたことを覚えている。」

Mr Ive has admitted that he is more of a designer than a computer geek. “I went through college having a real problem with computers,” he said at a rare speech in 2003. “I was convinced that I was technically inept. Right at the end of my time at college, I discovered the Mac. I remember being astounded at just how much better it was than anything else I had tried to use.”

     *     *     *

ニューキャッスル技術専門学校(Newcastle Polytechnic)、タンジェリン(Tangerine)デザインスタジオなどを経て、1992 年にアップルに移籍、その後復帰した Jobs に見いだされることになる。

     *     *     *

最初の作品が iMac

Ive 氏は早速頭角を現し、デザインチーフになった。最初の重要な作品が半透明の iMac G3 だ。なんとそれはガムドロップ(英国流にいえばワインガム)に似せてデザインしたものだった。Ive 氏はそのリサーチの過程で、ジェリービーンズ工場に調査にまで行ったのだ。パリで iMac がデビューしたとき、Ive 氏は PC の「ベージュボックス」文化について激しく非難したものだ。

Mr Ive was quickly promoted to design chief and launched his first key product: the translucent iMac G3, modelled defiantly on a gumdrop (or, more likely given his British heritage, a wine gum). As part of his research, Mr Ive went on a field trip to a jelly bean factory. At the iMac’s debut in Paris, Mr Ive railed against the “beige box” culture of PCs.

「コンピュータ業界のクリエイティビティは破綻している」と彼は宣(のたも)うた。「iMac が速いのは分かっている。だから不細工なものにする必要はないんだ。」

“The computer industry is creatively bankrupt,” he declared. “We knew that the iMac was fast, we didn’t need to make it ugly.”

このときこそ、アップルが大きく舵を切り、沢山のヒット作品を出し始めたときだった。オールホワイトの iMac、iPod、そして iPhone などのヒット作品を・・・。おかげで会社の株は10年間で 1000% も上昇した。

It was the beginning of a remarkable turnaround for Apple, and a series of hit products – including the all-white iMac, the iPod and now the iPhone – that have helped the company’s stock to rise by more than 1,000 per cent in ten years.

     *     *     *

Ive を見込んだ Jobs

Ive 氏と Jobs 氏は、少なくとも日に一度は会話を交わすという。完全主義という点で Ive 氏はボスの Jobs 氏と共通点がある。その一例として、iMac には目に見えるネジを一本たりと残すなと Jobs 氏が要求したといわれる。

Mr Ive and Mr Jobs are said to talk at least once a day, and Mr Ive shares his boss’s perfectionism (it is claimed that Mr Jobs demanded that the iMac not have a single visible screw).

Ive 氏の給料がいくらなのかアップルは明らかにしていない。しかしアップルが立ち直ったおかげで Ive 氏は大変リッチになったと考えられている。だから Aston Martin も買えたし、Bono、David Byrne(Talking Heads のリード歌手)、Paul Smith(デザイナー)といった有名人の友だちもできたというわけ・・・

Mr Ive’s salary is not disclosed by Apple, but the company’s revival is thought to have made him very, very wealthy – hence the Aston Martin. It has also brought him many celebrity friends, including Bono, David Byrne, the Talking Heads lead singer, and the designer Paul Smith.

かつてビジネスウィークが彼のことを「スターバックスに行く途中で迷子になった大学院生みたいだ」といったことがあるが、Ive 氏がアップル内部で権力の階段を上り詰めたことについて驚きを隠さないインサイダーもいる。結局アップルは、外からは隔離された(カルト的というひともいる)世界なのだ。そして今や Ive 氏は、カーテンの後ろにいる男と考えられるようになった。

Once described by Business Week magazine as “looking like a graduate student who got lost on the way to Starbucks”, Mr Ive’s rise to power at Apple has astonished company insiders. Apple, after all, is a insular organisation – cultish, some say – and Mr Ive is now considered the Man Behind the Curtain.

Ive 氏が珍しく自己を語る場となったイベントを4年前に主催した Chee Pearlman はつぎのように語る。「Steve Jobs は、ジョニーの中に、完成を目指す術(すべ)を心得た人間、Steve 自身のビジョンを超えることができ、しかも何度もそれを繰り返してみせる人物を見いだしたのだと思う」と。

“I think Steve Jobs has found somebody in Jony who knows how to complete or even exceed his vision, and do it time and time again,” said Chee Pearlman, who hosted the event at which Mr Ive spoke four years ago.

     *     *     *

不安視するひとも・・・

もちろん懐疑的なひともいる。「Steve 2.0」になるには Ive 氏はカリスマ性に欠けるというひともいる。ハリウッドのプレス発表を思わせるキーノート、YouTube でも繰り返し再生される、そんなキーノートは決して彼にはやれないだろう、と。

There are sceptics, of course. Some have suggested that Mr Ive lacks the charisma to become “Steve 2.0″, and that he could never deliver Mr Jobs’s Hollywood-style press conferences, replayed endlessly on YouTube.

それでも、後継者候補の一番の本命は、テクノロジーは苦手と称したことのあるこの英国人なのだ。いつものように彼はとても控え目だが・・・

And yet of all the potential succession candidates, the Briton who once described himself as technically inept is by far the favourite. True to form he is keeping a low profile.

アップルの女性広報官 Susan Lundgren はタイムズ紙に向かっていったものだ。「インタビューを受けるよりデザインの仕事をやっていた方が、ジョニーとしては時間を有効に使ったと思うんじゃない」って・・・

Susan Lundgren, an Apple spokeswoman, told The Times: “Jony feels his time would be better spent doing his job than doing interviews.”

     *     *     *

なお、ジョニーの珍しいインタビュー記事についてはこちら[細部へのこだわり:Jonathan Ive]・・・

また、その仕事ぶりについてはこちら[Jonathan Ive とその仲間たち]をご覧下さい。

★初出はこちら[maclalala:annex

     *     *     *

参考:

・Times: “One step from the top, Essex boy who reached Apple’s core” by Chris Ayres: 08 December 2007

・BusinessWeek [Byte of the Apple]: “Is Ive Apple’s Next CEO?” by Arik Hesseldahl: 10 December 2007

・Ars Technica: “Ive could eventually replace Jobs at Apple, says paper” by Justin Berka: 10 December 2007

・Engadget: “Jonathan Ive being groomed to take over for Jobs one fateful day?” by Ryan Block: 08 December 2007

・InsanelyMac Forum: “Just Who Will Replace Steve Jobs?” by Numberzz: 11 December 2007

Technorati Tags: , ,

コメント / トラックバック6件 to “トップの座まであと一歩”

  1. KEN Says:

    辞書によればanorexicは
    〔表現{ひょうげん}などが〕簡潔{かんけつ}な、装飾{そうしょく}を省いた
    という意味もありますね。

    http://eow.alc.co.jp/anorexic/UTF-8/

  2. kt Says:

    いつも読みやすく興味深い記事をありがとうございます。単語「anorexic」ですが、(拒食症の結果)very thinという俗語的な意味があるようです。参考までに。

  3. shiro Says:

    > KEN さん
    > kt さん
    ありがとうございました
    ご指摘をふまえて 修正してみました

  4. TORIO Says:

    ところで、ストックオプション問題はどうなるんでしょうね。

    ジョブズ氏がどうなろうがMacは不滅です。

    Mac自体がカリスマなんです。

  5. GNUE(鵺) Says:

    Ive の仕事で eMate 300 が忘れられてるのはちょっと悲しい。

  6. Macとえいちやin楽天広場 Says:

    Macユーザーは音楽好き――米調査・・他

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「TidBITS日本語版最新号」と「Macユーザーは音楽好き――米調査」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 今日は ゆ…

コメントは受け付けていません。


フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。