iPhone SDK はなぜ出ないのか

Developers

iPhone ソフトの開発動向は直接 iPod touch にも影響を与えるので目が離せない。

しかるに、iPhone update 1.1.1 を見ても、サードパーティのソフト開発はますます疎外される感じを受ける。iPhone ソフト開発のための「SDK」[software development kit:ソフト開発キット]が一向に出てこないこともそのひとつだ。

どうして iPhone SDK はなかなか出ないのか、Carl Howe が興味深い解説をしている。

Blackfriars’ Marketing: “Those waiting for the iPhone SDK should think Leopard” by Carl Howe: 04 October 2007

     *     *     *

充満するデベロッパの不満

iPhone が6月に登場して以来、iPhone のための SDK(ソフト開発キット)がないことに対する嘆きの声や歯ぎしりのことはずっと聞いている。また、iPhone 1.1.1 ソフトウェアアップデートによってアプリケーションがロックされてしまったことや、今後も開発環境はウェブベースに止まるだろうというニュースのことも聞いており、それによって一部のデベロッパが「iPhone 1.0 よ、永遠なれ!」と宣言したり、iPhone にはキラーアプリの望みはなくなったと慨嘆しているのも知っている。

I’ve been listening to the wailing and gnashing of teeth about the lack of an iPhone software development kit (SDK) ever since the June iPhone launch. And the application lockdowns in the iPhone version 1.1.1 software update and the recent rumors that the development environment will remain Web-based have inspired some developers to proclaim iPhone 1.0 forever and to give up any hope that the iPhone will ever have a “killer app.”

     *     *     *

iPhone Leopard ベースだ

知恵と慰めに満ちた Steve JobsFSJ)のことばの向こうを張るつもりはないけれど、がっかりしているデベロッパにひとこと申し上げたい。

Not to take anything away from Fake Steve Jobs who has his own words of wisdom and encouragement, but I do have a message for frustrated developers:

『iPhone というプラットフォームについて見限る前に、今月末の Mac OS X 10.5 Leopard のリリースを待って欲しい。アップルは未だ SDK を出していないが、それはアップルが邪悪な(evil)ためではなく、iPhone Leopard をベースとするデバイスに他ならないからだ。』

“Wait for the Leopard Mac OS X 10.5 Leopard release later this month before you write off the iPhone platform. Apple hasn’t shipped an SDK yet, not because Apple is evil, but because the iPhone is a Leopard device.”

     *     *     *

すべては Leopard の全貌に

iPhone のカッコいいアニメーションが、iPhone だけのための単発のものだなどと思ったりはしていないだろうね。Steve Jobs が iPhone は Mac OS X をベースとしていると語ったとき、みんなはものすごくエキサイトしたじゃないか。そのあまり、OS X の何なのか彼がひと言も触れなかったのをすっかり忘れてしまったのだろうか。iPhone はコアアニメーション(Core Animation)と Leopard の基礎をベースとしていると私は確信している。そして、Leopard の機能のいくつかは未だ公開されていないので、アップルとしては「猫をおりから出す」前に(みんなもうすぐだと知っているね)SDK をリリースするわけにはいかないのだ。

You didn’t think all those nifty animations on the iPhone were all one-offs, did you? Everyone was so excited to hear Steve Jobs say that the iPhone was built on a Mac OS X foundation that I think many people never really thought about the fact that he never specified which one. I believe that the iPhone is built on a Core Animation and Leopard foundation, and since some Leopard functions are still not public, Apple can’t release the SDK without (you knew this was coming) “letting the cat out of the bag.”

     *     *     *

みんな Leopard 待ち

上に述べたことについて確証があるわけではないが、あらゆるアプリケーションの開発は Leopard のリリースを待って一時中断されていると複数のデベロッパから聞いたことがある。何故か。それは彼らが Leopard の基礎となるデータ構造や機能(Core Animationがその代表例だがそれ以外にもある。例えばここ。)に準拠しているためだ。私自身同じことを Apple TV について述べたことがある。Apple TV は Leopard がリリースされるまではアップグレードされないだろうと。なぜなら、ハイデフィニション画像や映画レンタルには新しい OS がサポートしている安全確実な配信方法を待つ必要があるからだ。

I have no direct confirmation of the statement above, but I have heard from developers that applications of all types are being held for the Leopard release. Why? Because they rely on either foundational data structures or features (typically Core Animation, but there are others; you can read about one rumored example here. I’ve made a similar claim about Apple TV as well; it won’t get its upgrades until after Leopard ships because it requires new OS-supported secure distribution services for high-definition and movie rental programming.

     *     *     *

ほかにも解決すべき問題が

Leopard が完全にリリースされ、Leopard の機能がすべて公開された暁には、これらの制約はすべて取り除かれることになる。ただしだからといって、アップルが直ちに SDK をリリースするとは限らない。アップルとしては、サードパーティソフトの開発に関連する iPhone 固有の問題を解決しておく必要がある。例えばすべての iPhone ソフトは管理者権限で作動していることとか、ヒットソフトは iPhone のバッテリーを使い尽くす恐れがあるといったことだ。アップルは、明確なロードマップやタイミングを考えることなしにリリースに踏み切ることは決してない。1月の MacWorld まで SDK のリリースを留保することもあり得るのだ。第4四半期の年末商戦騒ぎに埋没するのを避けるというマーケティング上の理由からだけでも・・・

Now once the Leopard launch is complete and all the Leopard functions are public, all of these constraints will be relaxed, but that doesn’t mean that Apple will release the SDK immediately thereafter. Apple still has to decide how it will deal with iPhone specific technical issues associated with third-party development, such as the fact that all iPhone application run with root privileges, and that runaway programs can drain the phone’s battery life. And Apple never does releases without a clear roadmap and tempo in mind; it may decide to hold the SDK until January MacWorld simply to keep it from being drowned out in marketing hubbub around fourth quarter holiday shopping.

     *     *     *

待つ価値は十分にある

だからといって、デベロッパは iPhone ブームから永久にはじき出されると絶望する必要もない。待てば海路の日和かな。Leopard そのものも、iPhone の諸機能に対するサポートも、待つだけの価値は十分にあるのだ。

But meanwhile, developers shouldn’t despair that they are permanently locked out of the iPhone boom. All good things come to those that wait. And Leopard and its support for iPhone functions is certainly worth waiting for.

     *     *     *

どうやらすべては Mac OS X を中心に動いているようだ。

こうしてみると、iPhone 開発のために Leopard が遅れたということも改めて合点がいく。

ウワサ[MacNNThink SecretAppleInsidersilvervine]では Leopard の発表は10月26日になるらしい。ますます楽しみになってきた・・・

Technorati Tags: , , ,

コメント / トラックバック3件 to “iPhone SDK はなぜ出ないのか”

  1. ノブヒョン Says:

    非常に納得のいく記事であります。今のAppleの動きはすべてLeopardが軸になっていると思います。だから私は前からLeopard,Leopardと叫んでいる訳です。

  2. 土岐正造 Says:

    All good things come to those that wait.を、待てば海路の日和ありとは適訳ですね。こういうこなれた訳に出会うと、なんか嬉しくなります。

    Leopardが発表された時に、iPhoneは本当の全貌をあらわすのではないか。そんな気がしています。実はLeopard発売に合わせて、iPhoneもApple純正のソフトがいくつか追加されるのではないかとも思っていますし、いろんな意味で楽しみになってきました。

  3. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] iPhone SDK はなぜ出ないのか [image] […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。