サードパーティソフトに関する Steve Jobs の公開書簡

Open Letter-1

10月17日、ついにアップルは、iPhone についてサードパーティのネイティブソフト開発を認め、そのために開発キット SDK を出すことを Steve Jobs の公開書簡の形で明らかにした。

Apple: “Third Party Applications on the iPhone“: 17 October 2007[注:Hot News の一項目なので直接のリンクはできない]

     *     *     *

ちょっといわせて欲しい。我々だって iPhone で動くネイティブなサードパーティのアプリケーションを望んでいる。そのため2月には SDK[Software Development Kit:ソフトウェア開発キット]がデベロッパの手に届くようにするつもりだ。活気溢れるサードパーティの開発者コミュニティが iPhone を中心にでき、何百という新しいアプリケーションがユーザーのために出来ると思うとワクワクする。革新的なマルチタッチ・インターフェイスに加えて、強力なハードウェアと先端を行くソフトウェアというアーキテクチャによって、かつてないすばらしいモバイル・プラットフォームを開発者に提供できたと我々は信じている。

Let me just say it: We want native third party applications on the iPhone, and we plan to have an SDK in developers’ hands in February. We are excited about creating a vibrant third party developer community around the iPhone and enabling hundreds of new applications for our users. With our revolutionary multi-touch interface, powerful hardware and advanced software architecture, we believe we have created the best mobile platform ever for developers.

SDK のリリースには2月までかかると思う。なぜなら、全く正反対の二つのこと、すなわちデベロッパに先進的でオープンなプラットフォームを提供するということと同時に、ユーザーをウイルスやマルウェア、プライバシー攻撃などとから守るという二つの異なったことをやらなければならないからだ。これは決して容易なことではない。ウイルスやマルウェアは、携帯電話に関しては問題ないというひともいる。しかしそれはまったく正しくない。すでに他社の携帯電話には深刻なウイルスが存在している。なかには、携帯電話のネットワークを通じて電話から電話へ気付かれないまま伝染していくものもある。電話がますます強力になるにつれて、悪意のプログラムもますます危険なものになる。iPhone は最も進んだ電話であるため、非常に目立つターゲットになる。

It will take until February to release an SDK because we’re trying to do two diametrically opposed things at once—provide an advanced and open platform to developers while at the same time protect iPhone users from viruses, malware, privacy attacks, etc. This is no easy task. Some claim that viruses and malware are not a problem on mobile phones—this is simply not true. There have been serious viruses on other mobile phones already, including some that silently spread from phone to phone over the cell network. As our phones become more powerful, these malicious programs will become more dangerous. And since the iPhone is the most advanced phone ever, it will be a highly visible target.

既に行動を起こしている会社もいくつかある。例えば Nokia は、最新の電話については、デジタル署名(digital signature)のないアプリケーションは一切インストールを認めていない。このデジタル署名をたどれば既知のデベロッパに行き着くことが可能だ。このことによって電話は「完全にオープン」とは言い難くなるが、これが正しい方向への第一歩だと我々は確信している。我々は先進的なシステムについて目下作業中だ。このシステムによって、デベロッパは iPhone のすばらしいソフトウェア・プラットフォームにアクセスして、ネイティブなプログラムを書くことができ、同時に悪意のプログラムからユーザーを守ることができるのだ。

Some companies are already taking action. Nokia, for example, is not allowing any applications to be loaded onto some of their newest phones unless they have a digital signature that can be traced back to a known developer. While this makes such a phone less than “totally open,” we believe it is a step in the right direction. We are working on an advanced system which will offer developers broad access to natively program the iPhone’s amazing software platform while at the same time protecting users from malicious programs.

数か月我慢すれば、サードバーティのすばらしいアプリケーションが安全かつ確実に iPhone で動く輝かしき未来が開け、報われることになるのだ。

We think a few months of patience now will be rewarded by many years of great third party applications running on safe and reliable iPhones.

スティーブ

Steve

追伸:それから SDK を使えば、iPod touch のアプリケーションを作ることも可能だ。

P.S.: The SDK will also allow developers to create applications for iPod touch.

Technorati Tags: , , , , , ,

コメント / トラックバック2件 to “サードパーティソフトに関する Steve Jobs の公開書簡”

  1. Thunk Different. Says:

    “Thanks for the update Maclalala!”

  2. Top Posts « WordPress.com Says:

    […] サードパーティソフトに関&#1… [image] […]

コメントは受け付けていません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。